CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
古市古墳めぐり [2013年02月24日(Sun)]
 藤井寺市から羽曳野市にわたる古市古墳群をめぐるウォーキングに参加してきました(2/23、主催:南大阪歩け歩け協会、後援:朝日新聞社)。
 コースは、近鉄藤井寺駅近くの仏供田公園(9:45集合) → 辛国神社 → 葛井寺 → 仲津姫陵 → 道明寺天満宮 → 石川河川公園・星の広場 → 誉田八幡宮 → 応神陵古墳 → 峯ケ塚古墳・峰塚公園(昼食)→ 清寧天皇陵 → 白鳥陵 → 安閑天皇陵 → 白鳥神社 → 近鉄古市駅(ゴール、14:30)までの約13km(次の地図は今回のコースを示す)。
 主催団体が“歩く会”でもあり歩き始める前に全員(参加者は160名位)でストレッチを行い、出発してからは皆ひたすらハイペースで歩いていました。古墳めぐりとなっていましたが、今回は歩くのが目的で途中での説明もなく通り過ぎたのが心残りでした。
IMGL.jpg

 昼食場所の峰塚公園にある展望広場から撮影したものです。峯ケ塚古墳(写真左手前)、中央に白鳥陵、右後方には二上山が写っています。
IMG_3040m.jpg

 白鳥陵
IMG_3058m.jpg
 『日本書紀』には、日本武尊(景行天皇の皇子)は東征からの帰途病に倒れ、伊勢の能褒野(のぼの、三重県亀山市)で崩じ、その後白鳥と化(な)って能褒野から飛び立ち大和の琴弾原(ことひきはら、奈良県御所市)へ、次いで河内の旧市邑(ふるいちのむら、羽曳野市)に留まり、この3か所に陵墓が造られ(号けて白鳥陵)、ついには天高く飛び去ったと記されています。


 今回のウォーキングでは、遺跡の解説などがなかったので、古市駅からの帰途、再び藤井寺駅で下車して展示施設のある藤井寺市生涯学習センターを訪ねました。
 
 藤井寺市立生涯学習センター(アイセルシュラホール)
IMG_3112m.jpg
 古墳時代の巨石運搬機とみられる修羅(しゅら)と船形埴輪をモチーフにしたユニークな建物です。展示物の写真撮影は許可されていました。以下主なものを載せておきます。

 修羅(しゅら)、巨石運搬機
IMG_3075m.jpg
 土師の里遺跡内の三ツ塚古墳の濠の中から掘り出された二股の木ゾリ(大と小の2点が出土)で、大修羅(アカガシで出来ており全長約8.8m)は以前に大阪府立近つ飛鳥博物館で見たことがあります。

 船形埴輪(岡古墳出土)
IMG_3108m.jpg
 外洋航海に用いられた最も進んだ船をモデルにしたもので、船形埴輪としては日本最大のもの。

 西墓山古墳の鉄器出土状況の展示(写真右側に鉄製武器、左側に鉄製農工具)
IMG_3070m.jpg
 鉄製武器は刀・剣・矛・槍先など200点以上、鉄製の農具や工具は2000点以上 

 野中古墳出土の武器(11組の甲と冑が見つかっている)
IMG_3104m.jpg


 広瀬和雄氏(国立歴史民族博物館教授)は、『古市古墳群とその時代』(藤井寺市教育委員会)や『前方後円墳の世界』(岩波新書)の中で、古市古墳群の特徴について、以下のように考えられています。
@大量の鉄製武器・武具の副葬
 大和政権の政治的基盤は、膨大な武器の保有にあった(畿内以外の地域ではみられない)。初期大和政権は、古墳に副葬しても代替できるだけの鉄製武器再生産システムを構築していた。
A階層構成型古墳群
 前方後円墳同士でも大きさのばらつきがあり(方墳・円墳でも二重三重の格差)、主墳のまわりに陪冢とよばれる小さな古墳が多数随伴している(大和政権の地域首長の支配方式が変わったとの見方)。
B巨大古墳の環大阪湾シフト
 大阪湾北方からの進路(明石海峡)に五色塚古墳、大阪湾南方からの進路(紀淡海峡)に西陵古墳・宇度墓古墳、住吉津からの進路に百舌鳥古墳群、大和への進入口に古市古墳群を配置し、大和政権が西方の勢力(吉備や北部九州)や朝鮮半島の勢力に対し、自らの勢威を示すために造られた(これらの巨大古墳はその地域の勢力が造ったものではない)との見方。「荘厳性、威圧性、隔絶性にすぐれた巨大前方後円墳は、相互に連携しながら<可視的な前方後円墳国家>としての威力を存分なく発揮」と述べられています。

 Bの見解は大変興味深く思われます。
なお、広瀬氏については昨年の朝日カルチャー(中之島教室)で、「壱岐島の巨石墳と新羅外交」と題した講座でも話されています。その時の記事は
                  ↓
  URL http://blog.canpan.info/inagawamanyo/daily/201202/10

五色塚古墳の写真は次の記事の中に載せています
                   ↓
  URL http://blog.canpan.info/inagawamanyo/daily/201204/22
Posted by katakago at 21:55
この記事のURL
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/539
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml