CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
今城塚古墳、古代歴史館 [2011年05月28日(Sat)]

 雨が本降りになる前に、高槻市にある今城塚古墳と高槻市立古代歴史館に出かけて来ました。もともと今日の午後に、梅花学園生涯学習センター特別企画(茨木観光協会と共催)の「茨木の歴史と文化ぶらり散歩」に参加して、茨木市内の太田茶臼山古墳(宮内庁はこれを継体天皇陵に指定)や高槻市の今城塚古墳などを訪ねることになっていました。ところが、9時過ぎに、大雨注意報が発令されているとのことで、この企画は中止になったとの連絡を受けました。そこで、折角予定していたこともあり一人で出かけた次第です。
 今城塚古墳は、淀川流域最大の前方後円墳で、日本最大級の埴輪祭祀場の跡が発見されています。『日本書紀』継体天皇条に、「藍野陵に葬りまつる」とあり(531年)、考古学界では、6世紀に造られた今城塚古墳が継体天皇陵だとされています。なお、太田茶臼山古墳は墳丘の形状や、円筒埴輪に含まれる石英の熱ルミネッセンス法による年代測定により5世紀の古墳と考えられています。


 古代歴史館には、出土した精巧な形象埴輪(高床の家・門・巫女・武人・水鳥・鶏・雄牛など)が展示され(写真撮影もストロボを発光しなければOKでした)、古墳公園として整備されている埴輪祭祀場では、復元埴輪で古代王権の儀礼の場が再現されています。


 
Posted by katakago at 17:05
この記事のURL
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/39
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml