CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ウツギ [2011年05月22日(Sun)]

 ウツギ(ゆきのした科)は、万葉歌では、うのはな(原文は宇能花・宇能波奈などと表記)として詠まれています。
【歌】 卯の花の 咲く月立ちぬ ほととぎす 来鳴きとよめよ 含みたりとも (大伴家持 Q-4066)
【口語訳】 卯の花の 咲く月が来たぞ ほととぎすよ 来鳴きとよもせ まだ蕾であっても
 この歌の題詞には、4月1日に、掾久米朝臣広縄の館で酒宴を催した時の歌と記されています。当時、ほととぎすは、卯の花が咲くとともにやって来るとされていました。この4月1日は、太陽暦の5月6日にあたり、まだ卯の花の咲く時期ではありませんが、『萬葉集釈注』によれば、「その卯の花が咲く月の到来という、暦の上の季節感によってほととぎすを待つ心を述べている」とあります。
 卯の花が詠まれた24首のうち18首には同時にほととぎすが詠まれています。また、家持は、ほととぎすに特別な愛着を寄せており、ほととぎすが詠まれた153首のうち64首までが家持の歌です。
 こちらでも、ここ数日早朝にほととぎすの鳴き声を耳にしました。 
Posted by katakago at 19:44
この記事のURL
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/32
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml