CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ツガ [2011年05月18日(Wed)]

 ツガは、万葉歌では、つがのき・とがのき(原文では樛木・都賀乃樹・刀我乃樹などと表記)として詠まれています。多くは、「つがのきの いやつぎつぎに」のように、類音によって「つぎ」を起こす枕詞として用いられています。昨日は、飛鳥路を訪れたので、次の歌と口語訳を以下に紹介します。
【歌】 みもろの 神奈備山に 五百枝さし しじに 生ひたる つがの木の いや継ぎ継ぎに 玉葛 絶ゆることなく ありつつも 止まず通はむ 明日香の 古き都は 山高み 川とほしろし 春の日は 山し見が欲し 秋の夜は 川しさやけし 朝雲に 鶴は乱れ 夕霧に かはづは騒ぐ 見るごとに 音のみし泣かゆ 古思へば (山部赤人 3-324)
【口語訳】 神のいます 神奈備山に 枝を広げ 隙間なく生い茂っている つがの木の名のように つぎつぎに (玉葛) 絶えることなく このようにして 通って来たい 明日香の 古い都は 山は気高く 川も雄大である 春の日は 山が見事で 秋の夜は 川音がすがすがしい 朝雲に 鶴は乱れ飛び 夕霧に 蛙はしきりに鳴く 何を見ても 泣けてくる 当時のことを思うと
 題詞には、神岳に登りて、山部宿禰赤人が作る歌とあります。この神岳については、通説では、「雷岳」とされていたが、橘寺東南の「ミハ山」との説(岸俊男)が出されている。平城遷都により明日香は遠く離れたが、都人にとっては懐かしい”ふるさと”として意識され続けてきたようです。
 この歌の歌碑が、飛鳥寺境内にあります(揮毫は万葉学者の佐佐木信綱)。

Posted by katakago at 18:00
この記事のURL
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/25
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml