CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ナツメの実 [2011年09月08日(Thu)]

 ナツメ(くろうめもどき科)の実が熟し始めました。ナツメは、アワなど5つの植物と一緒に詠まれた歌を8/8に紹介していますが、ここでは、巻16から次の歌を取り上げました。
【歌】 玉箒 刈り来鎌麻呂 むろの木と 棗が本と かき掃かむため (長忌寸意吉麻呂 O-3830)
【口語訳】 玉箒を 早く刈って来い鎌麻呂よ むろの木と 棗の木の本を 掃除するために
 題詞には、玉箒、鎌、天木香(むろ)、棗を詠む歌とあります。与えられた互いにあまり関係のない題四つを、清掃を主題にまとめた歌。宴席で詠まれた歌とみられています。作者の意吉麻呂は、このような滑稽な歌や即興の歌を得意としたようです。
 玉箒は、落葉小低木のコウヤボウキで、枝を束ねて箒とされます(玉は美称)。10月半ばには花を咲かせますが、現在は写真のような状態です。なお、むろの木はネズとする説があり、むろの木が詠まれた歌は、7/22に取り上げました。

Posted by katakago at 18:33
この記事のURL
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/163
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml