CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
平成30年度定期尺八演奏会(都之雨社)のお知らせ [2018年11月22日(Thu)]
IMG_1969m.jpg

 朝日カルチャーセンター芦屋教室の尺八講座に通って早10年半になります。そこで教えていただいている星田一山先生が主宰される「都之雨社」の定期尺八演奏会が、今年も来月18日(火)に兵庫県立芸文センター(神戸女学院小ホール)で開催されます。芦屋教室の受講生も出演することになっています(私は今年で8回目)。
 演奏曲目が決まると教室でも半年以上かけて練習に励みます。今回は、「本曲 春の光」(流祖 中尾都山 作曲)を演奏します(チラシ写真のように30人ぐらいで演奏)。明治44年作曲の三部合奏曲で私は二部を担当します。毎週ある尺八教室では各部に分かれて合奏練習を続けてきました。全体でのリハーサルは来月に2回予定されています。
 この曲は、三部合奏曲として尺八独特のハーモニーを創るべく作曲されたもので、『都山流百年史』では、「うららかな春の光の輝き渡る中に、森羅万象、ことごとくその陽光を浴びて、嬉々として生を楽しむ、といった精神的なものを表現している。作られた年代から見ても、三連音符、6/8拍子等が用いられた、尺八音楽としては一歩も二歩も前進した新しいものであった。」と解説されています。
 


Posted by katakago at 11:14
この記事のURL
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1456
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml