CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
セリの花 [2016年07月10日(Sun)]
IMG_8553m.jpg 
 今月の万葉カレンダーの花はセリです。この時期蓮池で繁茂したセリが花を咲かせています。
【歌】 あかねさす 昼は田賜びて ぬばたまの 夜の暇に 摘める芹これ (S-4455 葛城王)
【口語訳】 (あかねさす) 昼は班田に追われ (ぬばたまの) 夜の寸暇に 摘んだ芹(せり)ですよこれは
 この歌の題詞には、天平元年(729)の班田の時、使いの葛城王(天平八年に臣籍降下して橘諸兄となる)が、山城国から薩妙観命婦(さつのみょうかんみょうぶ)らの許に贈った歌一首、芹の包みに添えて贈ったとあります(下記の注釈書の説明から、この歌の贈答がなされたのは正しくは翌年の早春)。
 班田(天皇が田を臣下に下賜すること)についての解説を、『新編日本古典文学全集 萬葉集』の頭注より引用しておきます。『続日本紀』には、この天平元年十一月に京および畿内の班田司を任命するとあり、班田事務は十月から翌年二月末までと期限が定められており、測量、田籍図作製、受給戸口の正確な把握など繁忙を極めた。摂津国班田史生(ししょう)丈部竜麻呂(はせつかべのたつまろ)が過労の余りに自殺し、判官の大伴三中がこれを悼む歌を詠んでおり、『万葉集』に載せられている(B-443〜445)。

 蓮池では花が見頃となりました。 
IMG_8552m.jpg
Posted by katakago at 09:35
この記事のURL
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1141
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml