CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
梅花万葉集友の会学外講座(5/28) [2016年05月29日(Sun)]
 今回の学外講座は、奈良県立万葉文化館の見学・講師の市瀬先生による講義と明日香村散策。
 万葉文化館は飛鳥時代の総合工房(金銀・ガラス・鉄・銅・漆など)ー飛鳥池工房遺跡の中にあり、渡り廊下の下に炉跡などの遺構が復元展示されています(1枚目の写真はその説明の様子)。館内には、この遺構から出土した木簡(複製)や富本銭(最古の貨幣)などが展示されています。
 人形とジオラマや映像で万葉の世界を体感できる展示室や、『万葉集』や古代に関する古典籍からデータベースを備えた図書情報室があり、万葉の歌を題材にした日本画展示室(ここは有料)もあります。 

 万葉文化館を見学(案内は大谷 歩主任技師)
IMG_4006m.jpg

 飛鳥池工房遺跡から出土した木簡(天皇の文字、天武天皇を指すとみられている)
他には大伯皇子と書かれた木簡も出土
IMG_4061m.jpg

 館内展示パネルより 万葉びとの筆跡(写真は家持、虫麻呂)
IMG_4034m.jpg

 鼉太鼓(だだいこ) 雅楽の器楽合奏に舞を取り入れた「舞楽」に用いられる大型の太鼓
展示品は昭和51年複製のもので、春日若宮おん祭りで御旅所(おたびしょ)で使用される(現在春日大社が式年造替のため万葉文化館で保管展示されている)
IMG_4052m.jpg

 明日香村飛鳥222道路沿いの万葉歌碑の前で市瀬先生の解説
IMG_4072m.jpg

 歌碑の拡大(揮毫は犬養先生)
IMG_4070m.jpg

【歌】 今日可聞 明日香河乃 夕不離 川津鳴瀬之 清有良武 (B-356 上古麻呂)
【読み下し文】 今日もかも 明日香の川の 夕去らず かはづ鳴く瀬の さやけくあるらむ
【口語訳】 今日もまた 明日香の川では 宵ごとに 蛙(かわず)の鳴く瀬が すがすがしいことだろう


Posted by katakago at 20:43
この記事のURL
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/archive/1123
コメントする
コメント
プロフィール

katakagoさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/inagawamanyo/index2_0.xml