CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年09月29日

クラフト@「ワラ」編「超!新米、味わおう!」

9月28日(土)天気:晴れ 参加人数:大人11人・子ども6人(合計17人)
内容:脱穀、秋野菜間引き、野菜などの収穫、超新米ごはん、ワラ遊び

00_IMG_6660.JPG
長野市芋井広瀬地区で食農体験の場を作る「天空の里 いもい農場」は28日、芋井田んぼの会の林さんに協力をいただき、天空田んぼと、田の管理でお世話になっている和田農園の田んぼの脱穀をして、すぐ精米。即、ご飯を炊いて味わいました。昼食後は、ワラを使ったクラフトをして楽しみました。

▽全員、援農ボランティア!
はじまりの会で事務局から、和田農園の田んぼの脱穀をお手伝いする心得「和田農園のお手伝いは、商品としてお金に変わるための作業です。丁寧に取り組みましょう!」を共有し、作業に取りかかりました。今日の参加者全員が援農ボランティア。みんな、それぞれ役割を持って、真剣に取り組みました。
01_IMG_6654.JPG
(天空たんぼの脱穀の様子)
02_IMG_6657.JPG
(イノシシ避けのネットの片づけ。ネットに着いた草葉を取り除く鈴木さん親子)

▽超新米を味わう準備
事務局は、脱穀作業の途中に中抜けし、コイン精米所に向かい、精米をしました。このコイン精米所は、2年前、梅雨のような長雨が続き、お米の水分過多が原因で故障させてしまった苦い思い出の場所。今年はお米の含有水分量は適正で、無事、終えることができました。
03_IMG_6664.JPG
(長野市芋井支所前にあるコイン精米所)
04_IMG_6666.JPG
(温もりが気持ち良い、精米を終えたお米)
精米したお米は、芋井社会会館に持ち帰り、長野県みらい基金で購入した炊飯器でさっそく炊き上げました。

▽畑の作業も実施
05_IMG_6670.JPG
(ズッキーニやシシトウを手にする子どもたち)
脱穀途中から、脱穀チームと畑チームに分かれて活動を進めました。畑チームでは、夏野菜の収穫、2本立ちの大根を1本立ちにし、大きく・太くなるための間引きを行いました。
06_IMG_6673.JPG
(元気よく作業を行う参加者ら)
間引きしたダイコンはかなりの本数で大変な作業となりましたが、みんなで楽しく実施しました。

▽脱穀チーム「あきらめない!」
脱穀チームでは、必要最小人数で脱穀の残りを進めました。もう少しで終了、というところでハーベスターが停止するトラブルが発生。原因は、歯車に絡んだワラ詰まり。原因除去のためにハーベスターを分解する谷川さんを、山下夫妻がサポートをしながら、脱穀を終了しました。脱穀チームみんなで、「あきらめないで良かった!」「脱穀をやり切った達成感が違う!」と、充実感を味わいました。
07_IMG_6674.JPG
(ハーベスターを分解する谷川さん)
08_IMG_6676.JPG
(恐る恐る試運転)
09_IMG_6677.JPG
(今日のヒーローの谷川さん、ナイスサポートの山下夫妻)

▽超新米、食べるのに夢中!写真を撮り忘れるほどうまい!
10_IMG_6680.JPG
(“田んぼと畑の恵”定食を食べる西沢光織さん)
昼食は、2時間前に精米したて・炊き立てのご飯をメインに、間引きダイコンのスティックサラダ、ダイコンの葉っぱの炒め物、完熟ミニトマト、ナスの味噌炒め、ジャンボズッキーニとナスの味噌汁が食卓に並びました。山岸前代表から、シャインマスカットと巨峰のゼリーの差し入れもありました。甘くてモチモチのご飯、おかわりする参加者が続出。食べることに夢中になって、食べているだけで笑顔になる場となりました。

▽しめ飾りを作る苦労を知りました
今日の活動の最後に、ワラを使ったクラフトをして楽しみました。事務局の西沢からおしゃもじの作り方の手ほどきをして、参加者とともに実践。「簡単そうに見えて、難しい!」「手の脂がワラにとられ、上手く縄にならないよ」「しめ飾りを作る苦労をはじめて知りました」と、会話をしながら楽しい時間を過ごしました。
11_IMG_6684.JPG
(ワラでしめ飾りの“おしゃもじ”をつくる参加者ら)
「昔、手に“ペッペ!”と、唾で湿らせて作っていたことを思い出したわ!」の五味代表の一言で、みんな納得の大爆笑でした。

【次回の予定】
のうぎょうB「収穫」編「もぎたて!シナノスイート」
10/19は、のうぎょうシリーズ3回目、サツマイモとリンゴ3兄弟の一つ、シナノスイートの収穫です。収穫作業、大変だけど農家さんの苦労と喜びを感じながら頑張ろう。お楽しみ!
posted by 西沢 at 10:40| Comment(0) | 活動報告

2019年09月25日

2019飯綱高原健康ウオーキングフェスティバル

「2019飯綱高原健康ウオーキングフェスティバル」(飯網高原ウオーキングフェスティバル実行委員会主催)が10月26日(土)に開催されます。さわやかな高原でLET'sウオーキング。今年は、長野ご縁スポーツ大使で、元スピードスケート選手長野オリンピック銅メダリストの岡崎朋美さんも参加します。

■日時 2019年10月26日(土)【雨天決行】
■場所 飯網高原芝生広場(大座法師池隣)
■参加人数 1,000名(予定)
■イベント内容・ウオーキング講座 チラシ参照
■参加料 高校生以上500円
■参加方法 事前申込は、TELまたはFAX。申込期限は10月23日(水)まで。
TEL026-224-5083(長野市文化スポーツ振興部スポーツ課)
FAX026-228-2461(一般社団法人長野市開発公社)
※当日申込もあります。

2019健康ウオーキング (1).pdf
(チラシ表)

2019健康ウオーキング (2).pdf
(チラシ裏)

※この実行委員会構成団体の一つに、天空の里 いもい農場の活動の後援でお世話になっている芋井地区住民自治協議会が加わっています。芋井地区の観光振興の一助になればと、紹介させていただきました。

2019年09月22日

「ながの子ども・子育てフェスティバル」出展ブースのお手伝いで参加しました

IMG_6629.JPG
信州子どもカフェ推進長野地域プラットフォーム(以下、プラットフォーム)に参画している天空の里 いもい農場は22日、ながの子ども・子育てフェスティバルに出展したプラットフォームのブースで、長野地域で広がる子どもカフェ・子ども食堂の紹介を行うお手伝いに参加しました。

ブースでは、プラットフォームのパネル展示、チラシ配布の他に、足を止めてもらうよう、8階建てのプラレール展示や、アンケートを実施しました。アンケートに応えていただいた方には、フードバンク信州さんから寄せていただいた賞味期限が迫った食品を、アンケート引換えで趣旨説明しながら渡すといった内容で取り組みました。

天空の里 いもい農場で担当したところは、アンケート回収とお礼の食品をお渡しするところ。子どもカフェや子ども食堂への関心がとても高い中でも、身近な場所で実施しているという認知はまだまだな様子でした。

私たちの活動をはじめ、地域で開催している子どもカフェや子ども食堂。もっと認知が広がって、助け合いの輪が広がると良いなあ、と思う、お手伝いの半日でした。

▽フェスティバルは23日も開催
このフェスティバルは、23日も開催します。お近くの方はぜひ、お立ち寄りください。
フェスティバルを紹介する長野市のホームページ
posted by 西沢 at 22:29| Comment(0) | 諸団体への貢献活動

2019年09月19日

クラウドファンディング、残り10日!ご協力をお願いします!

バナーNo2.jpg

長野市芋井広瀬地区の限界集落で食農体験の場を作るボランティア団体「天空の里 いもい農場」は、食農体験で大切にしたい「見て・聞いて・体験する」活動を発展させるために、長野県みらい基金のプラットホームを活用したクラウドファンディングに取り組んでいます。

4月25日の取り組み開始以来、
「21人」の皆様から、
「160,500円」のご支援をいただきました。
本当にありがとうございます。9/30(月)の終了まで、残り10日となりました。最後まで目標に向けて頑張ってまいります。引き続き、大勢のみなさまのご理解とご協力をよろしくお願いします。

▽新たな備品が続々入荷しています!
IMG_6603.JPG
長野県みらい基金では、中間目標達成次第、事業を推進できる仕組みとなっています。大勢のみなさまのおかげで、中間目標を達成することができ、農機具・調理器具追加更新を先行して実施することができました。

新しい炊飯器は、9/28の活動回で脱穀した新米を炊くことからデビューします。

追加した新しいシャベルは、10/19の活動回から、サツマイモ掘りでデビューします。

食農体験活動の充実につながる、みなさまの温かい寄付に感謝し、大勢の参加者と貴重な体験活動をシェアしてまいります。

▽寄付はこちらから!
https://www.mirai-kikin.or.jp/products/detail.php?product_id=287
(↑長野県みらい基金のホームページ)
【目標金額:48万円】
【挑戦期間:4/25〜9/30】
posted by 西沢 at 17:29| Comment(0) | クラウドファンディング

2019年09月15日

のうぎょうA「稲作」編「天空のコメ作り〜稲刈り」VOL2

9月14日(土)天気:晴れ 参加人数:大人17人・子ども10人(合計27人)
内容:稲刈り

00_DSC_0086.JPG
長野市の中山間地域、子どもが一人もいない芋井広瀬地区で食農体験の場を作る「天空の里 いもい農場」は14日、地主の和田蔵次さんに水回りなどの管理をいただいた1.4アールのいもい農場の天空田んぼと、和田農園の田んぼの稲刈りを、大人17人と子ども10人で力を合わせて、見事な秋晴れの中、実施しました。

▽和田農園のお手伝いも一緒に実施しました
01_DSC_0050.JPG
(和田さん(写真右)からお話を聞く参加者ら)
稲刈り前に和田さんからお米のできるまでのお話を聞いたのちに、稲刈りの手順があり、先ずは、いもい農場でお借りしている田んぼの隣、和田農園の田んぼのはぜかけを行いました。続いて、天空田んぼに場所を移し、稲刈り。
02_DSC_0057.JPG
(和田農園のはぜかけ)

▽農業体験?効率?相反する「手段とバランス」の稲刈り。
天空田んぼでは、農業体験重視の「お手刈り」と効率重視の「バインダー使用」のハイブリットな稲刈りを、芋井田んぼの会の林さんの応援を頂きながら作業をしました。
03DSC_0061.JPG
(バインダーを操る林さん(写真右))
先ずは、稲刈りをしやすいように田んぼの周囲を3周、真ん中部分を1往復、バインダーで刈ってから、お手刈りを始めました。バインダーは、稲を刈るだけでなく、刈った稲をまとめて縛ってくれる効率の良さ驚きの声が上がっていました。
05_DSC_0074.JPG

06_DSC_0073.JPG
(お手刈りを進める子どもたち)
驚く理由に、「お手刈り」の手間と「バインダー」の効率の比較を、身をもって体験できたこと。お手刈りをしたのちに、稲を束ねて、昨年の稲わらで縛り、はぜかけまでの一連の流れを、昔ながらの手作業で体験することができ、その作業量の違いを認識できました。参加者それぞれ、貴重な経験をすることができました。
06_DSC_0077.JPG
(縛り方のレクチャーを行う和田さんと五味代表)
07_DSC_0078.JPG
(稲束をを縛る米田さんのご一家)
08_DSC_0084.JPG
(はぜかけ作業)
09_DSC_0085.JPG
(落ち穂拾いを行う参加者ら。)

▽みんなで協力しあう大切さ、学びました。
10_DSC_0089.JPG
(和田農園の田んぼで記念撮影)
親子で協力して取り組む姿があちこちで見られました。最後に稲が雨に濡れないよう、ビニールシートかぶせて固定し、みんなで記念撮影。高所恐怖症の事務局代行(鋤柄)が、高台から何とか写真を撮影し、約2時間の稲刈りの作業を終えました。

本来であれば、お昼を食べて解散とするのですが、今日は、翌日の長野市市会議員選挙準備のため、午後は使用できない関係で、午前で活動を終了としました。終了のタイミングで、長野市内外の援農ボランティアで忙しくされている山岸前代表からブドウの差し入れがあり、疲れた身体に糖分補給をしたのちに、解散しました。(鋤柄)

【次回の予定】
クラフト@「ワラ」編
9/28は、天気次第ですが、脱穀をして、すぐ精米して、ご飯を炊いて、味わいます。そのあとは、ワラ遊び。ワラを使ったクラフト、お楽しみ!
※活動内容は変更となる場合があります。事前にお問い合わせください。
posted by 西沢 at 21:32| Comment(0) | 活動報告

2019年09月08日

のうぎょうA「稲作」編「天空のコメ作り〜稲刈り」VOL1

9月7日(土)天気:晴れ 参加人数:大人15人、子ども14人(合計29人)
内容:草取り、秋野菜の作付け、おやき作り

00_IMG_6465.JPG
長野市芋井地区で、長野市内外の市民に食農体験の場を作る「天空の里 いもい農場」は7日、稲の生育具合を受けて、稲刈りを1週間延期し、畑の草取りや秋野菜の種まきと、みんなで“おやき”を作って味わいました。

▽種まきと収穫を分担して実施しました
01_DSC_0031.JPG
(種まきとダイコンの間引きを行う参加者ら)
畑に、秋野菜の「ホウレンソウ、カブ、コマツナ、チンゲンサイ」の種をまきました。ダイコンは3本立てを2本立てに間引きをして、大きく育つよう、中間管理を行いました。

02_IMG_6468.JPG
(収穫隊の子どもたち。「頑張って収穫するぞ!」「おー!」)
種まきと同時進行で、「ミニトマト、シシトウ、ピーマン、長ナス、丸ナス、ズッキーニ」の収穫は、子どもたち中心に対応してもらいました。収穫した時の子どもたちの笑顔、恐る恐るお父さんと収穫する子ども、それぞれ、貴重な経験をしている様子がうかがえました。
03_IMG_6473.JPG
(シシトウを収穫する親子)

04_IMG_6475.JPG
(草の中のかぼちゃを捜索しながら探す子どもたち)
かぼちゃは、草に紛れて宝探しの様相。事務局から「この草むらに、かぼちゃが5個、隠れています。さあ、みんなで探そう!」との掛け声で、探し始めました。
05_IMG_6476.JPG
(かぼちゃGET!)
隠れているものを探し当てられて、親・子とも、とても嬉しそうな様子でした。かぼちゃは、6個以上あって、子どもたちの探す集中力は、すごいものがありました。

▽収穫したナスを活用して、おやき作りをしました
06_DSC_0042.JPG
(中に包む具材の下ごしらえをする参加者ら)
社会会館に戻ってから、おやき作り。お母さんたちは、談笑をしながら「生地作り・具材作り・具を生地で包んでから笹でくるみ・蒸し上げ」をしました。おやきは、「なす・キャベツ・あんこ」の3種類。子どもたちも途中から加わって、おやき作りをしました。

▽おじいちゃん、おばあちゃんへあてた絵を書きました
07_DSC_0037.JPG
(机に向かって思い思いに書いていました)
おやき作りで手の空いたお父さん・子どもたちで、敬老の日を前に、おじいちゃん、おばあちゃんに宛てた絵を書きました。テーマは、「天空の里 いもい農場は、こんなところだよ。こんなものを作っているよ」。各自の祖父・祖母に宛てた絵の手紙は、いもい農場の風景や、収穫した野菜を描いたり、“天空”の名に相応しく、飛行機の折り紙を貼り付けたり、一人で10枚も書く子どもも。子どもだけでなく、大人も絵書きに加わり、大人の一部には、亡き祖父・祖母へ伝える絵を書いていました。おやきを食べながらの交流の時間に、スタッフの谷川から、1枚1枚を紹介して共有しました。
08_DSC_0053 (1).JPG
(書いた絵を紹介する谷川)
10_IMG_6484.JPG
(おじいちゃん・おばあちゃんへ。思いのこもった絵ができました)

▽地産地消、とれたてを食す
09_DSC_0050.JPG
(昼食交流)
おやきは軽食のつもりでいましたが、3種類のおやきと、間引きした大根のマヨネーズ和え、落下したリンゴと、五味代表から大きくなりすぎたキュウリの漬物を持ち込み、ガッツリ、昼食の時間になりました。おやきは、あっという間になくなりました。形は悪くても、みんなで作ったことが、よい経験になったのと同時に、美味しくいただくことができました。

歓談の時間はあっという間に終わり、片づけをして解散となりましたが、社会会館を施錠してからも、遊んでいる子どもたちが大勢いて、みんな仲良くなっていて、とても良い光景でした。来週末の「稲刈り」、ぜひ来てね!

▽丸ナス、JAながのさんから提供いただきました
今回のおやき作りで使用した丸ナスの一部は、いもい農場の丸ナスだけでは賄いきれない状況だったので、信州子どもカフェプラットホームを通じて、JAながのさんからご提供いただきました。この場を借りて御礼申し上げます。
(前半は西沢、後半は鋤柄)

【次回の予定】
のうぎょうA「稲作」編「天空のコメ作り〜稲刈り」VOL2
9/14は、9/7から延期した稲刈りをします。お手刈り!お楽しみ!
内容:稲刈り
posted by 西沢 at 20:52| Comment(0) | 活動報告

2019年09月01日

クラウドファンディング、残り1か月!ご協力をお願いします!!

バナーNo1.jpg
長野市芋井広瀬地区の限界集落で食農体験の場を作るボランティア団体「天空の里 いもい農場」は、食農体験で大切にしたい「見て・聞いて・体験する」活動を発展させるために、長野県みらい基金のプラットホームを活用したクラウドファンディングに取り組んでいます。

4月25日の取り組み開始以来、
「19人」の皆様から、
「152,500円」のご支援をいただきました。
本当にありがとうございます。9/30(月)の終了まで、目標に向けて頑張ってまいります。引き続き、大勢のみなさまのご理解とご協力をよろしくお願いします。

▽「天空の里 いもい農場」環境整備事業の概要
バナーNo3.jpg
https://www.mirai-kikin.or.jp/products/detail.php?product_id=287
(↑長野県みらい基金のホームページ)
【目標金額:48万円】
【挑戦期間:4/25〜9/30】

この取り組みは、
「長野市芋井の限界集落で、学びと賑わいのムーブメントを作る!!」
をキャッチコピーに、天空の里 いもい農場の環境整備を行うために呼びかけるものです。

私たちは、子どもは一人もいない、14世帯40人ほどが在住する長野市芋井広瀬地区の限界集落をフィールドに、「1,000人の学びと地域の賑わい」を作るために、

@経年劣化や不足をしている「カマやクワなどの農機具・包丁やまな板などの調理器具の追加と更新」
A手狭で農機具管理が難しい備品小屋の「増改築」
Bパワーポイントや映像を活用した学びの充実に「プロジェクターの導入」

これら@〜Bの環境整備を実現し、地域にお役に立てる活動に発展させます。

ボランティアで運営する私たちの力だけでは、到底、具体化は難しく、広くお力添えを頂戴いただかないと実現できない取り組みです。
何卒、皆さまのご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

▽「天空の里 いもい農場」様々な活動の様子
IMG_6385.JPG
8/31(土)の朝焼けがまぶしい早朝と9/1(日)の午前に、草刈りとハクサイの植え直しを実施しました。

▽援農ボランティア「草刈り」
IMG_6387.JPG
(草刈り前。看板が隠れるほど草だらけ)
IMG_6395.JPG
(草刈り後。スッキリ。)
いもい農場のリンゴの木と和田農園のリンゴの木の下草刈りを8/31(土)の早朝に実施しました。消毒作業に支障をきたす雑草。ささやかですが、リンゴを育てるお手伝いをしました。

▽限界集落で食農体験の学びの場を。「ハクサイの植え直し作業」
IMG_6408.JPG
(根付かなかったハクサイ(真ん中))
8/24の活動回に、40人の参加者で植えたハクサイ。一部は枯れてしまったり、根付かなかったりしたので、多くの参加者たちが収穫の喜びを体験するために、9/1(日)に植え直しをしました。

▽限界集落に賑わいを。「リンゴの木オーナー制度」
IMG_6393.JPG
(大きな玉に成長をしているオーナー木のシナノスイート)
高齢化による離農が地域課題となっている芋井地区。少しでも農家の応援につながればと願ってスタートさせた「リンゴの木のオーナー制度」。長野市内外の20名を超えるオーナー様の木に実るリンゴは、大きな玉に成長しています。10月20日の収穫が待ち遠しいです。

▽みらい基金のリンゴの木も順調に生育中
IMG_6391.JPG
(長野県みらい基金献金者様の木)
リンゴのオーナー木の一部に、みらい基金献金者様用のオーナー木があります。この木から収穫できるリンゴは、寄付金額に応じてシェアします。

▽多くの寄付者にリンゴの美味しさを届けたい。「リターンの設定見直し」
バナーNo2.jpg
3万円以上としているリターンですが、1万円以上の寄付を寄せていただいたみなさまへシェアできるように、準備を進めています。この間の寄付者の皆さま、お楽しみに!今後の寄付者の皆様、美味しい芋井のリンゴ、ぜひ召し上がってみませんか?締切は9月30日。寄付は、以下のサイトからお待ちしています。
https://www.mirai-kikin.or.jp/products/detail.php?product_id=287
(↑長野県みらい基金のホームページ)
【目標金額:48万円】
【挑戦期間:4/25〜9/30】
posted by 西沢 at 17:57| Comment(0) | クラウドファンディング