CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年04月27日

たべもの@「野草」編「食べられる野草を探して食べてみよう!」

4月27日(土)天気:曇り⇒晴れ 参加人数:大人24人、子ども27人(合計51人)
活動内容:開講式、ジャガイモ・ネギ・ズッキーニの作付け、野草の天ぷら、自己紹介ゲーム、諸団体との関わりの共有(信州環境カレッジ・長野県みらい基金クラウドファンディング・山楽会の紹介)

1_IMG_4666.JPG
長野市芋井広瀬地区の遊休農地を活用して食農体験の場を提供する天空の里 いもい農場は27日、長野市内外から51人が集まり、2019年度の活動をスタートさせました。 この日は、ジャガイモ・長ネギ・ズッキーニを植えたあと、材料費0円、天ぷらバーをして、サクサクで美味しい野草に出会いました。

▽2019年度開講式
2_IMG_4646.JPG
(大勢の参加の中で実施した開講式)

3_IMG_4648.JPG
(来賓の田邉様(芋井地区住民自治協議会会長・写真中央)、羽賀様(長野市芋井支所支所長補佐・写真右)、和田様(地主・写真左))
「大勢の人が来てくれて嬉しい。人が来てくれることが、芋井地区の活性化につながる」「きれいな空気を吸って、美味しいものを食べて楽しんで」と、田邉会長。私たちは、昨年に引き続き、芋井地区住民自治協議会の後援を頂く中で、活動を進めていきます。

▽早速、ジャガイモ・長ネギ・ズッキーニを植えました
4_DSC_0021.JPG
(長ネギにワラを敷く子ども)
長ネギの種類は「松本一本ネギ」。植え溝を大人が掘り、子どもがネギの苗を立てていくのと、肥料にワラを敷いていき、大人が土を寄せて植え付けていきました。

5_IMG_4655.JPG
(ジャガイモを定植する子ども)
ジャガイモの種類は「キタアカリ」。子ども中心に、植え溝に種芋を置き、種芋と種芋の間に化成肥料を置きました。大人中心に土寄せを行いました。

6_DSC_0033.JPG
(ズッキーニを定植する子どもたち)
ズッキーニの種類は「ブラックトスカ」。つるが伸びず、家庭菜園で簡単とのことで、事務局が育苗してきた苗を定植しました。長ネギやジャガイモ、ズッキーニともに、コツを伝えると、大人のサポートを受けながらも、自分でやってみる子どもたちがたくさんいて、「植える」という体験から何かしら学びを得ているようでした。

▽野草摘み(散策)から芋井社会会館を舞台にした交流
7_DSC_0041.JPG
(野草の説明をする五味代表)
大勢の参加人数だったため、圃場⇒松参寺の市道経由と、圃場⇒林のトンネルの農道経由の二手に分かれて野草を摘みながら社会会館に戻りました。雨上がりの澄み切った空気で、長野市街地がくっきりと見え、最高の景色の中を散策しながら歩くことができました。

8_DSC_0048.JPG
(つくしの下ごしらえは子どもが主役)
「子どもたちができることは、子どもたちに」。大人がやってしまえば早いことも、子どもができる事は子どもに任せて、下ごしらえをしました。今年は手が多いので、あっという間に終了。

9_DSC_0055.JPG
(天ぷらを揚げる、お母さんのみなさん)
「自宅では天ぷらはしない」「天ぷらは久しぶり」というお母さんがいて、ともに、芋井社会会館の調理室を舞台に、貴重な経験になった様子でした。和気あいあいの中で、野草の天ぷらをたっぷり揚げました。

10_DSC_0051.JPG
(じゃんけん列車をして楽しむ参加者ら)
調理中、手が空いた参加者を庭に集めて、じゃんけん列車(じゃんけんをして勝つと先頭、負けるとその後ろに付き、先頭が一人になるまでじゃんけんを行うゲーム)をして楽しみました。最後まで先頭だったのは、運営スタッフの谷川(写真左)でした。

11_IMG_4658.JPG
(じゃんけん列車、レリーフ前で記念撮影)
谷川を先頭に、庭から芋井小学校第2分校閉校記念のレリーフ前に向かい、その前で記念撮影。子どもが一人もいない地区に、たくさんの子どもの声が響き渡りました。

12_IMG_4663.JPG
(山の幸、野草の天ぷら御膳)
たっぷり揚げたタンポポやヨモギ、つくしの天ぷらに、カンゾウの味噌和えを作って、昼食で味わいました。サクサクと美味しい天ぷらに、ほのかに甘いカンゾウ、あっという間に完食。山の恵に「ごちそうさまでした!」


【次回の予定】
5月11日(土)
かんきょう@「散策」編「花摘みオリエンテーリング」
たくさんの野菜苗を植えたあと、フィールドの芋井広瀬地区に咲く花々をチェックポイントにオリエンテーリングをします。芋井の長い長い歴史に触れられるかも!お楽しみ!
内容:スイカ、カボチャ、トマト、ピーマン、大根、落花生、ナスなどの作付け、りんご花つみ、オリエンテーリング
posted by 西沢 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告