CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年05月12日

【新企画!】リンゴのオーナー制度「花見・花摘み交流会」を開催しました

5月12日(日)天気:晴れ 参加人数:大人24人、子ども9人(合計33人)
活動内容:オリエンテーション、オーナー木選定、リンゴの花見・花摘み体験

00_IMG_4817.JPG
長野市芋井地区で食農体験の場を作る非営利ボランティア団体「天空の里 いもい農場」は12日、同地区の和田農園とともに、
@中山間地域の農地の保全・継承・発展につなげること
A芋井広瀬地区の美味いリンゴを広く周知し、地域の賑わいに貢献すること
この2点を目的に、リンゴのオーナー制度を開始しました。

▽芋井社会会館で、オリエンテーションを実施。
先ず初めに、芋井社会会館でオリエンテーションを実施しました。代表の挨拶に始まって、和田農園から和田様、後援をいただいている芋井地区住民自治協議会から田邉会長、長野市芋井支所内の掲示板で活動PRをいただいている同支所から羽賀支所長補佐よりご挨拶を頂戴し、この企画の開始に花を添えていただきました。

01_IMG_4803.JPG
(主催団体を代表して挨拶をする五味代表)

02_IMG_4809.JPG
(左から田邉会長、羽賀支所長補佐、和田様。各位からご挨拶を頂戴しました。)
和田様からは、
圃場と栽培過程の説明の後に、「栽培を通じて、育てる喜び、収穫する喜びを感じてほしい。リンゴと話ができるような接し方ができるようになってほしい。」と、お話がありました。
田邉会長からは、
「『プレミアムリンゴ』と都会で評判の芋井のリンゴ。農業と観光の側面から、この場を記憶に残る場にしてほしい」とお話がありました。

▽オーナーの人となりを感じるアイスブレイク
04_IMG_4814.JPG

03_IMG_4812.JPG
自己紹介を3つの枠(「さんかしたきっかけ」「すきなこと・すきなもの」「なまえ」)に分けて行う自己紹介ゲームをしました。人となりがわかったところで、オーナー全員集合で記念撮影を行い、オリエンテーションを終了し、圃場へ移動をしました。

▽オーナー木を指定
参加者それぞれでオーナー木を指定し、オーナー木の証である看板を木にかけました。今から、収穫が待ち遠しい、そんな様子が参加者から伝わってくる場となりました。
05_IMG_4820.JPG
(このリンゴの木のオーナーとなった岩井さん一家)

▽花見・花摘み体験
指定の順番待ち、指定を終えた参加者は、マイリンゴの木の前に立ち、花見・花摘み体験をしました。中間管理は和田農園で対応となりますが、早速、オーナーとなったみなさんは、「リンゴの木に愛情をかけている」そんな様子が伺えました。
06_IMG_4818.JPG
(和田様・五味代表からレクチャーを受ける参加者ら)

07_IMG_4822.JPG
(マイリンゴの木で花を摘む参加者)

08_IMG_4824.JPG
(時間を忘れるほど、真剣に取り組む参加者ら)

▽次回は、10月20日の収穫ですが・・・
圃場での最後に、参加者全員から和田様へ、中間管理のお願いを伝え、圃場を後にしました。終わりの会の時に、参加者からは「中間管理も体験したい、途中でも見学に来ても良いか?」と声が上がってきました。オリエンテーリングでの和田様の呼びかけが、早速参加者に響いているように感じた場面です。

▽長野県みらい基金献金者のオーナー木です
食農体験の場を充実させるための環境整備に、天空の里 いもい農場では、長野県みらい基金クラウドファンディングに取り組んでいます。その寄付者への返礼に活用するために、いもい農場としてオーナー木を持つことにしました。3万円以上の寄付者へのリンゴ贈呈としていますが、この木から収穫されたリンゴを、比較的少額の寄付者への返礼品として、広くシェアしていきます。
09_IMG_4826.JPG
(みらい基金献金者の木)

2019年04月24日

【満員御礼】新企画!リンゴの木のオーナー制度

ボランティアで食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は、地域課題の解決の一助になることを願って、和田農園(和田蔵次代表(81))とともにリンゴの木オーナー制度を開始します。
IMG_4538.JPG
(圃場に掲げた、広瀬地区唯一ののぼり旗)

開始に先立ち、4/14(日)10:00からメールで先着受付を行い、即日、満員御礼となりました。
オーナーになられた皆さま、5月から10月の収穫まで、どうぞよろしくお願いします。

IMG_4536.JPG
(オーナーのリンゴの木の一列)
オーナー制度でお借りする和田農園の一部。高低差のある圃場で、太陽の光をたっぷり浴びて育つ立地です。手前のリンゴの木には、看板見本を設置しました。

IMG_4638.JPG
(リンゴの木に設置する看板)
オーナー様の全看板が完成しました。畑が華やかになれば良いなあと、思います。

▽「リンゴの木オーナー制度」開催の背景
いもい農場の周辺では、遊休農地が広がり、高齢・離農に歯止めがかからない状況です。和田農園も例外ではない今、地域の課題を共有し、地域コミュニティー持続を願い、新たな参加の場である「リンゴの木オーナー制度」を始めます。

▽「リンゴの木オーナー制度」開催の目的
@ 中山間地域の農地の保全・継承・発展につなげること。
A 芋井広瀬地区の美味いリンゴを広く周知し、地域の賑わいに貢献すること。

▽次年度に活かしてまいります
今回、締め切り後もお問い合わせを頂戴しました。残念ながら、お断りになってしまった皆さまにおかれては、来年の実施に向けて、お受けできる規模の検討の材料として活かしてまいりますので、引き続きご注目いただけたら幸いです。