CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年10月20日

【新企画!】リンゴのオーナー制度「収穫交流会」を開催しました

10月20日(日)天気:晴れ 参加人数:大人24人、子ども7(合計31人)
活動内容:収穫、試食・交流会

00_IMG_6930.JPG
長野市芋井地区で食農体験の場を作る非営利ボランティア団体「天空の里 いもい農場」は20日、同地区の和田農園とともに、
@中山間地域の農地の保全・継承・発展につなげること
A芋井広瀬地区の美味いリンゴを広く周知し、地域の賑わいに貢献すること
この2点を目的に、リンゴのオーナー制度「収穫交流会」を開催しました。

▽手塩にかけて育てていただいたリンゴを丁寧に収穫しましょう!
先ず初めに、芋井社会会館でオリエンテーションを実施しました。五味代表の挨拶の後に、安全に活動するための注意点を事務局から報告を行い、圃場へ移動しました。
01_IMG_6911.JPG
(オリエンテーションの様子)

02_IMG_6914.JPG
(挨拶をする五味代表(写真中央))

▽シナノスイートを収穫!
今回のオーナー制度でお借りした木は、信州リンゴ3兄弟の一つ「シナノスイート」。高密植わい化栽培のため、手の届く所に多く実っていて、収穫しやすい様子でした。しかし、圃場は斜面に面していることから、コロコロと転がるリンゴが多く、斜面下でキャッチ、という光景も見られました。
03_IMG_6915.JPG
(五味代表から収穫方法のレクチャーを受ける池内さん)

04_IMG_6917.JPG
(オーナーエリアで収穫を進める参加者ら)

05_IMG_6919.JPG
(親子で収穫体験をする藤沢さん)

06_IMG_6920.JPG
(1ケース収穫保証の確認と圃場から社会会館への運び出し作業を行う参加者ら)

▽「同じ農業者として『悔しい』気持ちです」
収穫後、圃場の前の農道で、和田蔵次様(和田農園代表)よりご挨拶を頂きました。葉とらずリンゴとして、自然の状況に近い状況で栽培したことの報告からはじまり、高齢化で、農作業の手が回らない現状のお話、台風災害で水没した収穫直前のリンゴの惨状を見て「同じ農業者として『悔しい』」と、声を震わせながら、お話がありました。
08_IMG_6925.JPG
(葉とらずリンゴについて、リンゴと葉を手に説明する和田様)

07_IMG_6924.JPG
(和田様のお話を聞く参加者)

▽感謝状を贈呈しました
オーナー一同から、雨の日も、風の日も、暑い日も、寒い日も、愛情をかけてリンゴを育てあげてくださった和田様へ感謝の気持ちを伝えようと、オーナー参加者代表の曽根様(元運営スタッフ)から和田様へ感謝状を贈呈しました。贈呈後、和田様より、来年のリンゴ栽培に向けた意気込みについてお話がありました。
09_IMG_6927.JPG
(感謝状を贈呈する曽根様)

▽リンゴのオーナー制度のクロージング
芋井社会会館に戻り、リンゴケースから持ち帰りの箱へ詰め替えの作業をした後、参加者から感想を発表していただきました。オーナー制度を通じて、育てる喜び、収穫する喜びを感じられた場になった様子が伺えました。
10_IMG_6934.JPG
(美味しそうなリンゴを見つめる岩井さんご一家)

▽おわりに
この活動に後援をいただいた芋井地区住民自治協議会の田邉会長から、5月に「プレミアリンゴと都会で評判の芋井のリンゴ。農業と観光の側面から、この場を記憶に残る場にしてほしい」というお話を頂戴しました。交流会を終え、その通りになったのではと感じました。また、都市部と中山間地域の関係人口が増えることで地域活性化につなげていく、その一助にもなった様子です。天空の里 いもい農場では、今年の「リンゴの木のオーナー制度」を総括し、来年は、さらに広がりのある企画にしていきたいと考えています。

▽参加者レビュー(抜粋。Q参加していかがでしたか?)
・とても楽しく参加させていただきました。そして、農家の方がいかにリンゴを大切に、手塩をかけて育ててくださっていることが良く分かりました。
・とても楽しかったです。春は道に迷いつつ到着。今回は、(平和学習会で作成した)のぼり旗のおかげで迷わずたどり着けました。参加した友だちとの輪も一段と固くなりました。
・山あいの新鮮な空気のもと、気持ち良い時間を過ごせて良かったです。
・とても勉強になりました。
・団体行動が楽しかったです。
・1本の木、全ての収穫という、貴重な経験になった。
・リンゴ作りの大変さがわかった。
・想像以上にリンゴが収穫できてビックリした。
・和田さんの「葉とらずリンゴ」についてのお話、心にしみました。
posted by 西沢 at 18:08| Comment(0) | リンゴの木のオーナー制度

2019年10月19日

オーナー収穫交流会の準備&援農ボランティアをしました

台風19号の上陸に伴い、長野県をはじめ、全国各地に大雨・強風の猛威を振るい、河川の氾濫や浸水、土砂崩れ等の甚大な被害をもたらしました。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
天空の里 いもい農場は、被災地域の一日も早い復旧と、被災された方々が一日も早く平常の生活に戻られることを祈念申し上げます。

発災から1週間。全国のNPOや市民活動ボランティアが続々と支援に入られています。急性期の支援活動の次に必要なものは、生活を立て直すための「お金」となります。ぜひ、多くのみなさまのご支援をよろしくお願いします。

●長野県みらい基金で取り組む「長野県台風19号災害支援基金」

●長野県で取り組む「令和元年台風第19号災害義援金」

●コープデリ連合会(コープながの)で取り組む「台風19号被害緊急支援募金」

▽長野県みらい基金寄付者と収穫交流会に欠席される方のリンゴを収穫
IMG_6878.JPG
(欠席に伴い、スタッフで池田さんのリンゴを代理収穫。1本から2ケース収穫!)
明日に予定している収穫交流会。みらい基金寄付者と諸事情で欠席される方のリンゴを収穫しました。オーナーのリンゴは、リンゴケース1箱保証としていたので、1ケース以上収穫できて一安心です。

▽みらい基金寄付に対する返礼品の準備をしました
IMG_6876.JPG
(みらい基金寄付者のリンゴ。ここから選りすぐりをお届け。)
長野県みらい基金で実施したクラウドファンディング。報告会は後日の活動で行いますが、収穫適期となったタイミングで収穫を行い、返礼品の準備をしました。
IMG_6881.JPG
(リンゴとお米と感謝状を箱詰め)

運営スタッフから直接お届けと、宅急便でお届けします。薄謝進呈となりますが、寄付者のみなさま、到着まで今しばらくお待ちください。

▽援農ボランティア、リンゴ収穫のお手伝い
DSC_0063.JPG
(和田農園のリンゴ収穫を手伝うスタッフ)
雨の合間を縫って集まった今回の裏方の活動。限られた時間で、和田農園の収穫を手伝いました。シナノスイートは、新鮮なうちが美味しくいただけるリンゴなので、一気に収穫しないといけない品種でもあります。芋井の美味しいリンゴが消費者に届けば良いなあ、と思います。
posted by 西沢 at 16:21| Comment(0) | リンゴの木のオーナー制度

2019年08月12日

リンゴの木のオーナー様、圃場見学にいらっしゃいました

IMG_6060.JPG
多くの方に芋井広瀬地区の美味しいリンゴを知ってもらいたい、と願いを込めて始めた、和田農園と天空の里 いもい農場のコラボ企画「リンゴの木のオーナー制度」。11日、オーナーの塚田様が大阪からの親族の皆様と圃場見学にお越しくださいました。

五味代表と事務局の西沢でご案内を行い、塚田様のリンゴの木に実るリンゴを見て、大喜び。これまでの成長過程や、栽培の苦労のお話をさせていただきました。

圃場見学を終え、林のトンネルを歩きながら社会会館に戻る最中に、ご一行のお話に耳を傾けると、「収穫、大変そうだね。(収穫日の10月20日)翌日、平日だけど、(大阪から)手伝いに来れないかな?」と相談されているお話をされていました。ぜひ来てほしいのはやまやまですが、無理は言えないなあ、と思いながら話を聞いていました。

今後も、オーナー様の圃場見学、喜んでお受けいたします。ぜひ、運営事務局までお問い合わせください。
posted by 西沢 at 22:35| Comment(0) | リンゴの木のオーナー制度

2019年05月12日

【新企画!】リンゴのオーナー制度「花見・花摘み交流会」を開催しました

5月12日(日)天気:晴れ 参加人数:大人24人、子ども9人(合計33人)
活動内容:オリエンテーション、オーナー木選定、リンゴの花見・花摘み体験

00_IMG_4817.JPG
長野市芋井地区で食農体験の場を作る非営利ボランティア団体「天空の里 いもい農場」は12日、同地区の和田農園とともに、
@中山間地域の農地の保全・継承・発展につなげること
A芋井広瀬地区の美味いリンゴを広く周知し、地域の賑わいに貢献すること
この2点を目的に、リンゴのオーナー制度を開始しました。

▽芋井社会会館で、オリエンテーションを実施。
先ず初めに、芋井社会会館でオリエンテーションを実施しました。代表の挨拶に始まって、和田農園から和田様、後援をいただいている芋井地区住民自治協議会から田邉会長、長野市芋井支所内の掲示板で活動PRをいただいている同支所から羽賀支所長補佐よりご挨拶を頂戴し、この企画の開始に花を添えていただきました。

01_IMG_4803.JPG
(主催団体を代表して挨拶をする五味代表)

02_IMG_4809.JPG
(左から田邉会長、羽賀支所長補佐、和田様。各位からご挨拶を頂戴しました。)
和田様からは、
圃場と栽培過程の説明の後に、「栽培を通じて、育てる喜び、収穫する喜びを感じてほしい。リンゴと話ができるような接し方ができるようになってほしい。」と、お話がありました。
田邉会長からは、
「『プレミアムリンゴ』と都会で評判の芋井のリンゴ。農業と観光の側面から、この場を記憶に残る場にしてほしい」とお話がありました。

▽オーナーの人となりを感じるアイスブレイク
04_IMG_4814.JPG

03_IMG_4812.JPG
自己紹介を3つの枠(「さんかしたきっかけ」「すきなこと・すきなもの」「なまえ」)に分けて行う自己紹介ゲームをしました。人となりがわかったところで、オーナー全員集合で記念撮影を行い、オリエンテーションを終了し、圃場へ移動をしました。

▽オーナー木を指定
参加者それぞれでオーナー木を指定し、オーナー木の証である看板を木にかけました。今から、収穫が待ち遠しい、そんな様子が参加者から伝わってくる場となりました。
05_IMG_4820.JPG
(このリンゴの木のオーナーとなった岩井さん一家)

▽花見・花摘み体験
指定の順番待ち、指定を終えた参加者は、マイリンゴの木の前に立ち、花見・花摘み体験をしました。中間管理は和田農園で対応となりますが、早速、オーナーとなったみなさんは、「リンゴの木に愛情をかけている」そんな様子が伺えました。
06_IMG_4818.JPG
(和田様・五味代表からレクチャーを受ける参加者ら)

07_IMG_4822.JPG
(マイリンゴの木で花を摘む参加者)

08_IMG_4824.JPG
(時間を忘れるほど、真剣に取り組む参加者ら)

▽次回は、10月20日の収穫ですが・・・
圃場での最後に、参加者全員から和田様へ、中間管理のお願いを伝え、圃場を後にしました。終わりの会の時に、参加者からは「中間管理も体験したい、途中でも見学に来ても良いか?」と声が上がってきました。オリエンテーリングでの和田様の呼びかけが、早速参加者に響いているように感じた場面です。

▽長野県みらい基金献金者のオーナー木です
食農体験の場を充実させるための環境整備に、天空の里 いもい農場では、長野県みらい基金クラウドファンディングに取り組んでいます。その寄付者への返礼に活用するために、いもい農場としてオーナー木を持つことにしました。3万円以上の寄付者へのリンゴ贈呈としていますが、この木から収穫されたリンゴを、比較的少額の寄付者への返礼品として、広くシェアしていきます。
09_IMG_4826.JPG
(みらい基金献金者の木)

2019年04月24日

【満員御礼】新企画!リンゴの木のオーナー制度

ボランティアで食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は、地域課題の解決の一助になることを願って、和田農園(和田蔵次代表(81))とともにリンゴの木オーナー制度を開始します。
IMG_4538.JPG
(圃場に掲げた、広瀬地区唯一ののぼり旗)

開始に先立ち、4/14(日)10:00からメールで先着受付を行い、即日、満員御礼となりました。
オーナーになられた皆さま、5月から10月の収穫まで、どうぞよろしくお願いします。

IMG_4536.JPG
(オーナーのリンゴの木の一列)
オーナー制度でお借りする和田農園の一部。高低差のある圃場で、太陽の光をたっぷり浴びて育つ立地です。手前のリンゴの木には、看板見本を設置しました。

IMG_4638.JPG
(リンゴの木に設置する看板)
オーナー様の全看板が完成しました。畑が華やかになれば良いなあと、思います。

▽「リンゴの木オーナー制度」開催の背景
いもい農場の周辺では、遊休農地が広がり、高齢・離農に歯止めがかからない状況です。和田農園も例外ではない今、地域の課題を共有し、地域コミュニティー持続を願い、新たな参加の場である「リンゴの木オーナー制度」を始めます。

▽「リンゴの木オーナー制度」開催の目的
@ 中山間地域の農地の保全・継承・発展につなげること。
A 芋井広瀬地区の美味いリンゴを広く周知し、地域の賑わいに貢献すること。

▽次年度に活かしてまいります
今回、締め切り後もお問い合わせを頂戴しました。残念ながら、お断りになってしまった皆さまにおかれては、来年の実施に向けて、お受けできる規模の検討の材料として活かしてまいりますので、引き続きご注目いただけたら幸いです。