CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年05月23日

【途中経過報告】農機具更新へ協力を〜日本農業新聞に掲載いただきました

バナーNo2.jpg
長野市芋井広瀬地区の限界集落で食農体験の場を作るボランティア団体「天空の里 いもい農場」は、食農体験で大切にしたい「見て・聞いて・体験する」活動を発展させるために、長野県みらい基金のプラットホームを活用したクラウドファンディングに取り組んでいます。

4月25日の取り組み開始以来、
「10人」の皆様から、
「96,000円」のご支援をいただきました。
本当にありがとうございます。引き続き、目標とする48万円に向けて頑張ってまいります。引き続き、大勢のみなさまのご理解とご協力をよろしくお願いします。

▽日本農業新聞で取り上げていただきました
2019.5.23日本農業新聞.JPG
5月23日発行の日本農業新聞で、クラウドファンディングの紹介をしていただきました。ぜひ画像をクリックしてご覧ください。

▽「天空の里 いもい農場」環境整備事業の概要
https://www.mirai-kikin.or.jp/products/detail.php?product_id=287
(↑長野県みらい基金のホームページ)
【目標金額:48万円】
【挑戦期間:4/25〜9/30】

この取り組みは、
「長野市芋井の限界集落で、学びと賑わいのムーブメントを作る!!」
をキャッチコピーに、天空の里 いもい農場の環境整備を行うために呼びかけるものです。

私たちは、子どもは一人もいない、14世帯40人ほどが在住する長野市芋井広瀬地区の限界集落をフィールドに、「1,000人の学びと地域の賑わい」を作るために、

@経年劣化や不足をしている「カマやクワなどの農機具・包丁やまな板などの調理器具の追加と更新」
A手狭で農機具管理が難しい備品小屋の「増改築」
Bパワーポイントや映像を活用した学びの充実に「プロジェクターの導入」

これら@〜Bの環境整備を実現し、地域にお役に立てる活動に発展させます。

ボランティアで運営する私たちの力だけでは、到底、具体化は難しく、広くお力添えを頂戴いただかないと実現できない取り組みです。
何卒、皆さまのご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

https://www.mirai-kikin.or.jp/products/detail.php?product_id=287
(↑詳細・ご支援方法は、上記ホームページを参照)

▽長野県みらい基金で作成いただいたチラシです。取り組み紹介のツールでご活用ください。
チラシ(いもい農場).pdf

2019年04月25日

【拡散配信】クラウドファンディング、スタートしました!

バナーNo1.jpg
長野市芋井広瀬地区の限界集落で食農体験の場を作るボランティア団体「天空の里 いもい農場」は、4月25日(木)から、食農体験で大切にしたい「見て・聞いて・体験する」活動を発展させるために、長野県みらい基金のプラットホームを活用したクラウドファンディングに取り組み始めました。

https://www.mirai-kikin.or.jp/products/detail.php?product_id=287
(↑長野県みらい基金のホームページ)
【目標金額:48万円】
【挑戦期間:4/25〜9/30】

この取り組みは、
「長野市芋井の限界集落で、学びと賑わいのムーブメントを作る!!」
をキャッチコピーに、天空の里 いもい農場の環境整備を行うために呼びかけるものです。

私たちは、子どもは一人もいない、14世帯40人ほどが在住する長野市芋井広瀬地区の限界集落をフィールドに、「1,000人の学びと地域の賑わい」を作るために、

@経年劣化や不足をしている「カマやクワなどの農機具・包丁やまな板などの調理器具の追加と更新」
A手狭で農機具管理が難しい備品小屋の「増改築」
Bパワーポイントや映像を活用した学びの充実に「プロジェクターの導入」

これら@〜Bの環境整備を実現し、地域にお役に立てる活動に発展させます。

ボランティアで運営する私たちの力だけでは、到底、具体化は難しく、広くお力添えを頂戴いただかないと実現できない取り組みです。
何卒、皆さまのご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

https://www.mirai-kikin.or.jp/products/detail.php?product_id=287
(↑詳細・ご支援方法は、上記ホームページを参照)

▽長野県みらい基金で作成いただいたチラシです。取り組み紹介のツールでご活用ください。
チラシ(いもい農場).pdf

2019年04月17日

【予告】クラウドファンディングに挑戦します!

バナーNo2.jpg

長野市芋井広瀬地区の限界集落で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は、4月25日(木)から、食農体験で大切にしたい「見て・聞いて・体験する」活動を発展させるために、長野県みらい基金のプラットホームを活用したクラウドファンディングに挑戦をします。

この取り組みは、「長野市芋井の限界集落で、学びと賑わいのムーブメントを作る!!」をキャッチコピーに、天空の里 いもい農場の環境整備を行うために呼びかけるものです。

具体的には、14世帯40人ほどが在住する長野市芋井広瀬地区の限界集落をフィールドに、1,000人の学びと地域の賑わいを作るために、

経年劣化や不足をしている「カマやクワなどの農機具・包丁やまな板などの調理器具の追加と更新」

手狭で農機具管理が難しい備品小屋の「増改築」

パワーポイントや映像を活用した学びの充実に「プロジェクターの導入」

これらを実現します。

ボランティアで運営する私たちの力だけでは、到底、具体化は難しく、広くお力添えを頂戴いただかないと実現できない取り組みです。詳しくは、募集開始とともに詳しいご案内をいたします。

何卒、皆さまのご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。