CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年05月04日

秋野菜用の牛糞堆肥を頂きに、松本市波田へ。

食品スーパーの食品残さを活用して作られる牛糞堆肥を施肥して、食農体験の場を作る「天空の里 いもい農場」は4日、松本市波田の三村牧場を訪れ、牛糞堆肥約250キロをお分けいただきました。

IMG_4721.JPG
(三村牧場の乳牛たち)

▽「1トン施肥を・・・」。イヤ、無理っす。
そう、三村さんからアドバイスをいただいている中、天空の里 いもい農場は、中山間地域の斜面に位置するため、「農道から圃場まで運び上げないといけない」⇒「ダンプでの運搬はできない」⇒「事務局の軽バンで運搬できる量が上限」⇒「牛糞堆肥運搬は1回250キロが限度」⇒「搭乗者の体重を加味すると、最大積載量の350キロギリギリ」
こんなロジックとなります。そんなことがあり、秋野菜植え付け前の施肥と、秋野菜終了後のお礼肥として、運べる量を上限に、年に2回施肥して土づくりをしています。

IMG_4723.JPG
(乳牛用の飼料のトウモロコシを作るために、大型機械を使って施肥をする三村さん)

IMG_4728.JPG
(大型機械でまんべんなく蒔かれた牛糞堆肥)

▽「安心できる食べ物は、自分で作る!」
IMG_4730.JPG
(三村牧場代表の三村誠一さん)
天空の里 いもい農場へ、「安心できる食べ物は、自分で作る!」と、メッセージを頂戴しました。

私たちの食農体験は、種まきや収穫だけでなく、参加者へ「土づくりの背景」を共有したり、「草取り等の中間管理」を活動として提供して、野菜を作る苦労を体験していただくことを大切にしています。引き続き、三村さんから頂戴したメッセージと牛糞堆肥を活用して、活動を組み立ててまいります。

▽牛糞堆肥の詳細について
「天空の里いもい農場 循環型農業の紹介(2016年7月の記事)」をクリック
posted by 西沢 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動こぼれ話
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック