CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年12月05日

2018ボランティアのつどい「楽縁祭」に初出展!

IMG_3446.JPG
長野市芋井広瀬地区に3世代の参加者が集い、食農体験を中心とした交流の場を作る天空の里 いもい農場は12月2日(日)、長野市ふれあい福祉センターを会場に開催された2018ボランティアのつどい「楽縁祭」に初めて出展しました。

天空の里 いもい農場のブースでは、「活動を内外にPRすること」「諸団体との交流を通じて、活動の充実につながるきっかけを得ること」を目指して、ブース展開をしました。具体的には、「7分30秒の活動報告の映像を視聴する」または「Facebookで『いいね!』」で天空リンゴをプレゼント。プレゼント時に、さまざまな角度からいもい農場のレビューを教えていただきました。

IMG_3449-1.jpg
(五味美穂子副代表、事務局の西沢と西沢の次女の3人で参加。)

▽たくさんのレビュー、ありがとうございました!
レビューの中から、一部を紹介します。
・ 楽しそう。参加してみたい。
・ 「天空」の名前がいいね!
・ 世代間交流、良いね。広瀬の●さん宅に月1~2回訪問するけど、(いもい農場の)看板のあるあたりから長野市街地を見下ろすと、癒される。
・ 草取りは大切な活動。
・ 芋井に住んでいる同じ職場の人に、チラシを渡したいので、3枚ください。
・ (野菜を贈呈した団体から)野菜の提供、ありがとうございました。
・ いもい農場のように、地域振興の活動、興味あります。

IMG_3455.JPG
(活動報告の映像を見入る参加者ら)

今回の出展を通じて、まだまだ認知度が足りないな、と感じるのと同時に、同じ長野市内で様々なボランティアで頑張る方々と交流することで、自分たちも元気をもらえる場となりました。次年度のボランティアのつどいにも、2019年度の楽しい活動報告を持ち込み、たくさんのレビューをいただけるように検討していきたいと思います。今回いただいたレビューの全ては、1月に開催する総会で共有し、2019年度の活動につなげていきます。(西沢)
posted by 西沢 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動こぼれ話
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1410691
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック