CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年07月12日

【活動報告】「おやき作り道場」

7月7日(土)天気:曇り時々雨 参加人数:大人8人・子ども5人
活動タイトル:「おやき作り道場」畑の野菜を使ったおやき作り
活動内容:寄付金贈呈式、野菜収穫、おやき作り、社会会館掲示板の整理

IMG_0347.JPG
長野市広瀬の芋井社会会館を拠点に活動している「天空の里 いもい農場」は7日、「おやき作り道場」と銘打って、収穫したての野菜を使ったおやき作りを行い、味わいながら参加者同士の交流をしました。雨が降り続いた直後の活動だったため、本来予定していた「草との戦い、中間作業を楽しもう!」は中止し、活動の舞台を調理室に変更し、おやきをたくさん作りました。

▼収穫に汗を流しました。
米田夏菜子さん(4)は、シニア大学OBの谷川さんとともに、お父さんのフォローをもらいながら、ズッキーニ、ダイコン、ピーマンに丸ナス、長ナスを収穫していきました。存分に収穫を楽しんでいる様子でした。
IMG_0337.JPG
(ダイコンを引き抜く米田さん親子)
IMG_0340.JPG
(太くて重いダイコンを収穫)

▼おやき作り道場。おやきをたくさん作りました。
畑で収穫した野菜たちを使って、具を作り、生地に具を包んでいきました。子どもたちも大活躍。 いもい農場では、蒸し布は使わず、笹の葉でくるんで蒸し上げます。
IMG_0341.JPG
(手際よく具を包む子どもたち)
IMG_0345.JPG
(仕上げのラストスパートは、大人の出番)

▼畑の恵ランチ
ミニトマト(アイコ)、ダイコンステーキ、ダイコンサラダ、ナスなどを具にしたおやき。どれも、1時間前に畑で収穫した野菜たちで、まさに究極の地産地消。
IMG_0346.JPG
(本日のランチ)

▼芋井社会会館の掲示板を整理しました
長野市芋井支所の掲示板に壁新聞を掲示いただいた関係で、もともと支所に掲示してあったポスターを社会会館に移して掲示しました。同時に、掲示物を整理しました。曽根康平君(昨年まで参加者)の夏休みの自由研究(生き物調査)は、いもい農場でできることの可能性を広げる、シンボル的な存在です。
IMG_0343.JPG
(ポスターや年間計画、康平君の自由研究作品を掲示)

今回、草取りができなかった分、次回、雑草天国になっていないか、不安がよぎりますが、野菜天国にすべく、「草との戦い」、次回以降の活動で具体化したいと思います。(西沢)

【次回のご案内】7月21日(土)
活動タイトル:「手打ちうどん修行 ザ!手打ちうどん」こねて、踏んで、おいしいうどんを作ろう。
活動内容:草取り、長ネギ・ジャガイモの土寄せ、収穫、うどん作り
posted by 西沢 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1374355
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック