CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
tenku-imoi-rogo-blue軽.jpg
広報用写真.jpg

2019年03月24日

「はきものをそろえる」ポスターを譲っていただきました

天空の里 いもい農場は24日、活動の拠点である芋井社会会館で、調味料などの確認や、文房具の整理、掲示物を2018年度から2019年度に切り替えといった、主にインドア関係の準備を行いました。

▽「はきものをそろえる」ポスターを譲っていただきました。
IMG_4288.JPG
(譲っていただいたポスターをはじめ、活動計画、圃場レイアウト、手洗いの仕方といったリスク管理のための掲示物などなど)
天空の里 いもい農場は、長野市内外から、さまざまな年代の方々が集まります。この間、社会会館の玄関は、参加者の思い思いの方向に向いた靴で埋め尽くされ、「きれいに並べられないか・・・」と考えていました。この度、事務局の娘がお世話になった円福幼稚園(長野市篠ノ井)様より、故・藤本幸邦(こうほう)さん(円福寺元住職・円福幼稚園名誉理事長)が作られた詩「はきものをそろえる」のポスターを譲っていただきました。

「はきものをそろえる」
はきものを そろえると 心もそろう
心がそろうと はきものもそろう
ぬぐときに そろえておくと はくときに 心がみだれない
だれかが みだしておいたら だまって そろえておいてあげよう
そうすればきっと 世界中の 人の心も そろうでしょう

天空の里 いもい農場では、詩に書かれたことを実践することで、参加者同士の心をそろえていきたいなあ、と考えています。併せて、「たすけあい」のポスターも頂戴しました。さまざま人々が集まる活動を、たすけあいの気持ちで進めていきたいと思います。この場をお借りして、譲っていただいたことに、御礼を申し上げます。

▽圃場の様子も見てきました
IMG_4291.JPG
(備品の管理小屋・・・入口のシートはビリビリ、風雨を防ぐ対処が急務)
2015年に各所から譲っていただいた廃材を使って、参加者と一緒に建設した備品管理小屋。私たちの活動は農機具が無ければ成り立たないので、管理する小屋は、一番大切な場所と言えます。春を迎え、、小屋の入口や周りを覆っているブルーシートはボロボロになってしまい、中にしまってある農機具や耕運機、テントなどが雨ざらしのピンチになってしまいました。早急に対処を考えていきたいと思います。

IMG_4289.JPG
(長ネギがチョコンと顔をだしていました)

posted by 西沢 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動こぼれ話

2019年03月23日

週刊長野新聞と長野市民新聞に掲載いただきました

WEB参加者募集.jpg

長野市民新聞と週刊長野新聞に掲載いただきました。是非、ご高覧ください。

▽3月23日(土)長野市民新聞
2019.3.23長野市民新聞.jpg
※クリックして大きく見ることができます

▽3月23日(土)週刊長野新聞
2019.3.23週刊長野.jpg
※クリックして大きく見ることができます 

ただいま、参加者大募集中!
ぜひ、野菜を育てて、とれたてを味わいましょう!

詳しくは、以下のリンクをクリック!

2019_WEB_PDF.pdf

◆申込方法:下記メール宛に「参加者の代表名」「参加人数(大人・子ども)」「住所」「連絡先携帯番号」を明記の上、お申し込みください。後日、活動案内をお送りします。2次元バーコードからも申込OKです。
※ お預かりした個人情報は、企画運営の目的のみで使用します。

QR_Code1545738034.png
(申込フォーマット付き2次元バーコード)

【申し込み・問い合わせ】
天空の里 いもい農場 運営事務局(西沢) 
メール:imoi.hirose@gmail.com  
TEL:090-9358-3286

2019年03月22日

臨時総会のお知らせ

ボランティアで食農体験の場を作る天空の里 いもい農場では、組織の信頼と信用向上を図り、市民活動団体を取り巻く社会環境に対応した運営に近づけるために、「会則」・「プライバシーポリシー」の設定を検討しています。

設定に向けた協議の場と臨時総会を下記の日程で開催します。参加希望の方におかれては、運営事務局まで申し込みをお願いします。尚、臨時総会での議決は正会員のみとなります。



【臨時総会事前協議会】
日時:3/30(土)13:00〜14:00頃
会場:長野市ボランティアセンター

【臨時総会】
日時:4/6(土)11:00〜12:00頃
会場:天空の里 いもい農場の圃場(または芋井社会会館)
議題:会則・プライバシーポリシー設定の件、他


問合せ・申込
天空の里 いもい農場 運営事務局(西沢)
TEL:090-9358-3286

以上
posted by 西沢 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営会議や懇談etc…

2019年03月16日

活動用の野菜苗づくりを開始しました

食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は16日、活動で育てる夏野菜の種まきをしました。

IMG_4222.JPG
(今年、育てる野菜たちの一部)
昨年度、種から育てる野菜は「ミニトマト(アイコ)」のみでしたが、今年は、種類を増やしてみました。苗で購入してしまうと分からない、野菜の成長過程を観察していきたいと思います。

IMG_4225.JPG
(事務局宅の一日中、日の当たる出窓を温室代わりに育苗を行います)
野菜たちは、1カ月半ほど事務局宅で育苗を行い、いもい農場に植える予定です。今後の成長、お楽しみに!

2019年度の参加者、絶賛、募集中!!(こちらをクリック)
posted by 西沢 at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動こぼれ話

2019年03月12日

天空の里 いもい農場とは?

天空の里 いもい農場とは?

20180505_103152(0).jpg


ここは天空かと見間違えるほど、美しく見晴らしの良いロケーションにある、「芋井広瀬地区」。長野市中心部からほど近いこの場所を拠点として、子どもから大人、シニアまでの幅広世代の参加者に「食農体験の場」を提供しているボランティア団体です。

子どもたちが、幼い頃からたくさん土に触れ、作物作りの楽しさと大変さを学び、虫や草花とともにあることの大切さを知ることで心豊かに育ってほしいーそんな願いで活動に取り組んでいます。

HP.jpg


gomi200.jpg


天空の里 いもい農場は、作物の収穫や本格的に農業を勉強することを目的にした活動ではありません。私たちは、この活動を通して、自然豊かな中山間地域「芋井地区」に食農体験と交流できる場を作ることで、ここに人々が集い、旬の野菜を育て収穫し、笑いあう「子どもたちの声」を響かせたいと考えています。そしてみんなが「いもいのファン」になってくれたなら…そんな願いを抱いています。
代表 五味 美穂子



「ロゴマーク」に込めた想い

tenku-imoi-rogo-blue軽.jpg


「活動の内容の具現化」に合わせて、「農作業で、土に親しみ、農機具を大切に使いながら継続した農業体験を営む」をテーマにデザインをしました。このロゴマークのもと、活動を通じた社会的責任を果たしながら、楽しい食農活動を企画してまいります。

ロゴマークは「2016年度くらしささえあい応援金」を活用して作成しました。


命名の由来

由来.jpg



【天空の里 いもい農場 運営事務局 所在地】
〒388-8007 長野市篠ノ井布施高田1140-1
電話:090-9358-3286(西沢)  メール:imoi.hirose@gmail.com 

2019年03月10日

信頼される団体のための助成金活用&組織評価セミナーに参加しました

ボランティアで長野市芋井地区で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は10日、運営スタッフの谷川と西沢で長野県NPOセンター・(一財)非営利組織評価センター(JONE)が主催するセミナー(会場:もんぜんぷら座)に参加し、組織基盤強化に向けた手法について学習を深めました。

IMG_4213.jpg
(マイクを使わずに、心に響くマイク以上の声量で、参加者一人ひとりに語り掛ける講師の山田泰久氏)

講師は、このBLOGのプラットホームでお世話になっている、NPO法人CANPANセンター代表理事で、一般財団法人非営利組織評価センター業務執行理事の山田さん。前半は、助成金活用についてを、助成金の性格や、団体の成長につなげていくための助成金活用法、助成側が望む視点などを、事例を折り込みながら解説いただきました。後半は、組織評価入門として、非営利組織評価センター(JONE)の紹介の後に、JONE組織評価の自己診断シートを用いていもい農場の自己評価を行い、「(現在)できていること・できていないこと」を可視化。第三者組織評価を活用することのメリットについて説明がありました。

このセミナーを通じて、天空の里 いもい農場の組織運営で活かせるたくさんの内容を吸収することができました。信頼される団体になれるよう、できることから形にしていこうと思います。

IMG_4211.JPG
(もんぜんぷら座のイベントコーナーに掲示中の青が基調のポスター(A2サイズ2枚))
市民活動サポートセンターまんまるさんで、ポスターを掲示いただきました。目立つ箇所に掲示いただき、ありがとうございました。(西沢)
posted by 西沢 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動こぼれ話

2019年03月03日

【援農ボランティア】剪定枝の片づけ

長野市芋井地区で食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は2日・3日の両日、和田農園からの作業依頼に応えて、援農ボランティアを実施しました。

▽傾斜地故に、手間がかかる作業でした
和田農園から依頼されたのは、剪定した枝を、細かく切ってリンゴの株元に戻す作業。その上にワラを敷いて、腐らせて堆肥にするとのことです。循環型のリンゴ栽培だなあ、と感じる作業でした。
IMG_4173.JPG
(剪定枝が散乱している斜面を、細かく切り刻んできれいにしていきます。)

IMG_4170.JPG
(剪定枝を細かく切って根元に戻す作業を行う谷川と五味)

IMG_4166.JPG
(太い枝は、太枝切ハサミでバッサリ。)

▽これ、なんだかわかるかい?
リンゴの木の株元に敷くワラを積んであった場所に、不思議なわら細工のような塊。和田さんは、作業に飽きた子どもに見せてくれました。これは、野ネズミの巣だそうで、事務局がそっと持ち上げてみると、ホロホロと崩れてしまいそうな柔らかさと、生ぬるい温かさ?を感じました。ワラが無くなり、逃げてしまったのかどうかはわかりませんが、珍しいものを見せていただきました。
IMG_4178.JPG
(写真左上、和田さん。右下、ビクビクしながら持ち上げる事務局)

▽参加者大募集!
引き続き、2019年度参加者を大募集中です。写真の圃場で、野菜を作って、とれたてを味わいませんか?
詳しくは、こちらをクリック!
IMG_4157.JPG
(天空の里 いもい農場の圃場)



posted by 西沢 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸団体への貢献活動

2019年02月28日

2019年度活動推進のための打ち合わせを行いました

IMG_4142.JPG
(雪解けと同時に、春の味覚がアチコチに芽吹いていました)

食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は28日、五味代表と事務局の西沢で、後援をいただいている芋井地区住民自治協議会、地主さん宅を訪問し、活動スタートに向けた打ち合わせを行いました。

▽芋井地区住民自治協議会と長野市芋井支所での打ち合わせ
活動スケジュールや地元の招聘計画について共有し、芋井の魅力を伝える特別企画として、初企画の「リンゴのオーナー制度」、2回目となる「葛山(かつらやま)ハイキング」、地域の歴史に目を向ける「平和学習会」の具体化に向けて協議を行いました。

IMG_4140.JPG
(支所入口にポスターを掲示いただきました。)

▽地主さん宅での打ち合わせ
活動計画の共有の他に、初企画の「リンゴのオーナー制度」や「平和学習会」の詰めの打ち合わせを行いました。平和学習会のフィールドは、「疎開児童 記念の碑」が建つ松参寺。74年前のイメージが湧くように、と、地主さんから無人となっている松参寺を管理している寛松寺さんへ、境内に入れるよう調整をしていただき、疎開児童が暮らしていた場を見学できることになりました。

IMG_1011.jpg
(無人となった松参寺。特別に境内を見学しながら、当時の話を聞きます。写真は2018年8月撮影)

▽広報活動や打ち合わせなどで市内アチコチへ・・・
広報活動で市民活動サポートセンター「まんまる」や、子育てひろば「じゃんけんぽん」・「このゆびとまれ」、活動充実につなげるための打ち合わせで長野県みらい基金、平和学習会でお世話になる寛松寺さんへ直接ご挨拶に伺いました。

IMG_4146.JPG
(子育てひろば「このゆびとまれ」(長野市篠ノ井)さんに設置いただいたチラシ)

活動計画の報告を終えると、いよいよシーズンインです。2019年度の活動、この間になかった角度から活動を組み立てていくので、今からワクワクです。(西沢)

2019年度参加者募集!詳しくはこちらをクリック!
posted by 西沢 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営会議や懇談etc…

2019年02月20日

はじめまして!新執行部の3人です!

長野市芋井地区をフィールドに食農体験の場を作る天空の里 いもい農場は17日、運営事務局の自宅兼事務所で、新体制になって初めての3役ワーキング会議を開催し、総会で確認された企画のブラッシュアップと、新企画の検討を行いました。

▽新執行部からメッセージ。顔の見える運営を目指します。
IMG_4017.JPG
(新執行部の3人といもい農場応援隊の子どもたち。中央:五味美穂子新代表、右:浦中綾子新副代表、左:西沢和宏事務局長)

この間、名前は出てくるけど、誰が運営しているのか見えなかった天空の里 いもい農場。今後は、顔が見えることで安心して参加できる状況を作るために、運営体制の見える化に取り組んでいきます。その一環で、先ずは、新執行部の3人から一言メッセージをお届けします。

【五味 美穂子 新代表】
この度、新代表に着任しました、長野市芋井地区に在住の五味(73)です。3世代の皆さんと芋井の村と畑が賑やかになることを目指していきます!
※好きなこと「自然に任せたスローライフ」

【浦中 綾子 新副代表】
4年前に東京から長野に移住した、長野市富竹地区に在住の浦中(40)です。幼稚園教諭・保育士の免許所有を活かして、子どもたちと自然の中で、たくさんの経験ができる活動を目指していきます。
※好きなこと「子どもたちの笑顔を見る事♪」

【西沢 和宏 事務局長】
前身団体のいもい野遊び塾(コープながの主催)で3年、天空の里 いもい農場で5年、事務局を務めている、長野市篠ノ井地区在住の西沢(42)です。参加して楽しかった、と思っていただけるような企画を、縁の下から支えてまいります。
※好きなこと「野菜を育てて、とれたてを食う」

▽新企画目白押しの2019年度天空の里 いもい農場
今回の新3役ワーキング会議で揉んだ内容は、諸団体との打ち合わせを経て、世に送り出していく予定です。発表まで、今しばらくお待ちください。お楽しみに!(西沢)
posted by 西沢 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営会議や懇談etc…

2019年02月17日

2019年度「天空の里 いもい農場」参加者募集(BLOG&Facebook先行)

WEB参加者募集.jpg

3月から4月にかけた本格的な募集案内に先行して、BLOG&Facebookで2019年度の参加者募集を行います。

長野市街地を見下ろす所にある畑をフィールドに、野菜を育てて味わったり、いろいろな生き物と出会ったり、普段のくらしの中ではできない体験をしませんか?大人も子どもも、新しい発見があるかも。2019年は、年間15回の活動を予定しています。参加者は、多くの企画回で、収穫物のお土産があります。ぜひ、参加をお待ちしています!

チラシは、以下をご覧ください。
2019_WEB_PDF.pdf

◆申込方法:下記メールアドレス宛に「参加者の代表名」「参加人数(大人・子ども)」「住所」「連絡先携帯番号」を明記の上、お申し込みください。後日、活動案内をお送りします。
※ お預かりした個人情報は、企画運営の目的のみで使用します。

【申し込み・問い合わせ】
天空の里 いもい農場 運営事務局 
メール:imoi.hirose@gmail.com  
TEL:090-9358-3286
posted by 西沢 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 参加案内