CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
新書 「崩れる政治を立て直す 21世紀の日本行政改革論」 [2018年11月30日(Fri)]
牧原 出 (著)
「崩れる政治を立て直す 21世紀の日本行政改革論」 (講談社現代新書)
880円(税抜き)

安倍晋三政権に不利な情報が記載されている公文書の廃棄、官邸に居座る官僚の専横など、政治と行政の崩落は国民を失意のどん底に陥れている。一部の政治家や官僚の首をすげ替えても、事態は好転しそうもない。政と官の制度設計は事前に考えられたものか、制度作動は順調かの原則論に基づきつつ、戦後の歴代首相の政治手腕とその成果、小泉純一郎政権の成功、民主党政権の失敗から、現安倍政権の政治主導、行政崩壊の核心に迫る。

第一章 変わる改革、動く制度
第二章 第二次以降の安倍晋三政権の行き詰まり
第三章 自民党長期政権と自らを動かす官僚制
第四章 小泉純一郎政権以後の自民党と官僚制
第五章 民主党政権の失敗から学ぶこと
第六章 政権交代後の官僚制を再生するには? 

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 10:20
テレビ 「フランス!遊び心あふれるインテリア雑貨」 [2018年11月29日(Thu)]
世界はほしいモノにあふれてる「フランス!遊び心あふれるインテリア雑貨」
2018年11月29日(木) 午後10時45分NHKGテレビで放送

パリから南仏へ!インテリア雑貨を探す旅!フランス人のカリスマバイヤー・マルトさんとの買い付けに密着。パリの街を知り尽くすマルトさんの行く先々には誰も知らなかった素敵な雑貨が。作家がつくる世界でたったひとつの陶器、美しい色彩の糸で織られたランプシェード…それは暮らしを心地よくしてくれる遊び心溢れるモノたち。舞台はさらに南仏・プロヴァンスへ。三浦春馬&JUJUも南仏の豊かな暮らしに癒やされる!

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:07
テレビ 「アイドル、介護士として 岩間沙織」 [2018年11月28日(Wed)]
ハートネットTV リハビリ・介護を生きる「アイドル、介護士として 岩間沙織」
2018年11月29日(木) 午後8時〜 NHKEテレで

80年代、人気を博した体育会系アイドル「セイントフォー」が再活動した。50代のメンバーの「体の動きのキレがすごいと!」とSNSで評判だ。メンバーの1人、岩間沙織(53)にはもうひとつの顔がある。訪問ヘルパーと介護タクシーのドライバーだ。日に5〜7軒巡ることもあるハードな世界だが「頑張れるのはセイントフォー時代があったからこそ」と語る。舞台と介護の共通点は「相手を楽しませること。喜ばせることかな」

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:06
新書 さいはての中国 [2018年11月27日(Tue)]
安田 峰俊 (著)
さいはての中国 (小学館新書)
820円(税抜き)

行ってはいけない!!
アジアのシリコンバレー・深センをさまようネトゲ廃人、広州に出現したアフリカ人村、内モンゴルの超弩級ゴーストタウン、謎のゆるキャラ勢揃いの共産党テーマパーク、さらには日本や東南アジア、さらには北米カナダまで。現代中国を炙り出す弾丸ルポルタージュ11連発!!

もくじです。
【序章】 中国人による中国人のためのチャイナタウン 埼玉県川口市
【第1章】 中国のシリコンバレーをさまようネトゲ廃人たち 広東省深セン市
【第2章】 10万人の黒人が住みつく「リトルアフリカ」に潜入 広東省広州市
【第3章】 「習近平の聖地」を巡礼してみた 陝西省富平県・延川県
―コラム― 中国共産党テーマパークで遊ぶ 湖北省武漢市
【第4章】 突如「新首都候補」にされた田舎町 河北省「雄安新区」
【第5章】 ゴーストタウン「鬼城」の住人たち 内モンゴル自治区
―コラム― 世界一のラブドール工場を見学 遼寧省大連市
【第6章】 日本の友好国が「赤い植民地」と化した カンボジア・プノンペン特別市
【第7章】 新「慰安婦博物館」と元「中国人慰安婦」の虚実 江蘇省南京市
【第8章】 カナダの「反日グランドマスター」に会う オンタリオ州トロント市

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:22
テレビ あるボクサーの死 〜精神医療を問う父の闘い〜 [2018年11月26日(Mon)]
2018年11月26日(日に日付が変わってすぐの 0時50分からMBSにて放送
あるボクサーの死 〜精神医療を問う父の闘い〜

ボクシングフライ級世界チャンピオンを目指すひとりのプロボクサーがいました。武藤通隆さん(28)。ボクサーをしながら、高校の数学教師でもあった彼は、プロ3年目の2015年12月、第8戦を戦い、次の試合に向けてトレーニングを始めていました。ところが、通隆さんは、2016年4月、自ら命を断ちました。ついこの前までリングで闘っていた息子は、なぜ死んだのか...。
57歳の父親にとって通隆さんは、離婚後、ひとりで育てた自慢の息子でした。ところが、2016年2月に心理的混乱に陥り、精神科を受診。すると、統合失調症と診断されました。向精神薬を注射され入院。投薬治療が開始されましたが、約2週間後、主治医は症状が安定したと判断し、退院を決めました。けれど、実際は、退院前夜に興奮状態になり、身体拘束され、更に強い向精神薬を注射されるような状況だったのです。主治医からは、「経営上の理由で、退院後3ヶ月間は再入院できない」と言われていました。にもかかわらず、退院後に本人自ら再入院を希望しましたが、許されませんでした。再入院できず、ただ向精神薬を規則正しく飲み続ける息子の顔は、どんどん覇気が無くなっていったと、父親は言います。そして自ら命を断ったのです。
どうして息子は、自殺したのか?疑問がぬぐえない父親は今年4月、真実を知りたいと裁判を起こしました。父親は、息子の退院に際しての医師の言葉が忘れられないと言います。「薬を飲ませてさえいれば、大丈夫...」。番組では、患者の心を診るべき精神科医療はどうあるべきなのか...、を考えます。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:30
テレビ 企業が注目!発達障害 能力引き出す職場改革 [2018年11月25日(Sun)]
2018年11月26日(月)夜10時からNHKGテレビで放送
企業が注目!発達障害 能力引き出す職場改革

15人に1人ともいわれる発達障害。高い能力を持っていてもコミュニケーションが苦手なことなどから職場で孤立しがちだった。しかしいま、人手不足に加え、きちんと能力を引き出せば大きな戦力になることから企業のニーズが高まっている。なかには発達障害の人材活用に成功し業績アップにつなげるIT企業も現れた。ポイントは、障害の特性にあわせて社内環境を変えたり柔軟に休暇が取得できたりする多様な働き方を受け入れるきめ細かな配慮だ。他にも、特定の仕事だけを担当させられたりして意欲を失う人が多かった反省から、キャリアアップの道を開いた衣料関連の会社も登場するなど、能力を引き出すノウハウが蓄積され始めている。企業で潜在能力を発揮し始めた発達障害者の姿を紹介する。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 14:05
新書 「全国マン・チン分布考」 [2018年11月24日(Sat)]
松本 修 (著)
「全国マン・チン分布考」 (インターナショナル新書)
1100円(税抜き)

誰もなし得なかった空前絶後の画期的大研究!
女陰語はなぜ大っぴらに口にできないのか?
学術的にも高い評価を得たベストセラー『全国アホ・バカ分布考』の著者が、
全国市町村への膨大なアンケートに基づき女陰・男根語の方言分布図を作成。
言語地理学で丹念に読み解き、古文書、春画などをつぶさにあたる。そして至った驚くべき結論とは。一気読み必至の面白さ!
放送禁止用語に阻まれた『探偵!ナイトスクープ』の幻の企画が書籍で実現!
カラー版女陰・男根方言全国分布図付き。

阿川佐和子さん推薦!
そこのあなた! ニヤけてないで。
本書はまことの学問です。
下品じゃない! 軽薄でもない!
この問題をこれほど真面目に分析解説した本が、かつてあっただろうか。
松本さん、よくぞ立ち上がってくださいました。
長らくモヤモヤしていた秘かな疑問がスカッと晴れました。

担当編集者より
いきなりお金の話で恐縮ですが、本書執筆にあたり、松本修さんが投じた私費は、なんと3000万円です。本書でも触れられていますが、内訳は膨大なアンケート整理へのアルバイト料、神保町の古書店で大人買いした史料等々。発売に先駆け開かれた記者会見で、間寛平さんに「あほちゃうか。でも男前」と言われたほどです。そんなに投じても、とにかく研究を成し遂げたかった松本さん。この本を貫いているのは、学者も太刀打ちできないほどの研究者魂。さらに、関西のバラエティ番組を牽引してきたTVマンならではのエンタテインメント精神です。そしてその影に隠れている繊細な文学青年の心。この三つが融合して、めくるめく知的冒険の最中にふと切ない気持ちに囚われるような、エンタメ研究本ができました。368ページもありますが、一気読み必至ですよ〜。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:21
テレビ 大都会サバイバル [2018年11月23日(Fri)]
大都会サバイバル
2018年11月23日(金) 午後10時45分 NHKGテレビで放送

世界有数の大都会・東京でも、自給自足は出来る?「電気なし、ガスもストップ…」もし大災害が起こり、物流が滞ってしまったら、という想定のもと、内藤大助と鈴木奈々、岡田結実が東京のど真ん中でサバイバル生活に挑戦する。冷蔵庫も使えず、生鮮食品は全滅。電車も使えない。そんな状況の中、備蓄品と身近で調達できる野草や昆虫、魚介類などを使って、おいしい料理はできたのか?災害時に役立つさまざまな知恵も紹介する。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:19
テレビ オレグの自立〜発達障害と向き合う青年の物語〜 [2018年11月22日(Thu)]
「オレグの自立〜発達障害と向き合う青年の物語〜」※字幕
2018年11月23日(金)
午後10時〜 NHKEテレにて放送

自閉症のオレグは、ロシアに暮らす21歳。病に理解がない母親にスパルタ教育を受けて育つが、劇団に入ったことを契機に同世代の友人の輪をつくり、親からも自立していく。
「あなたは怠けているだけ」「頑張れば普通になれる」と、母のマリナから常に厳しい言葉を浴びてきたオレグ。内気で心優しき青年は、劇団でも同世代の女子たちを前にドギマギするばかり。だが、ドンファンの主役に抜擢され、心を開ける友ができたことで自信をつけていく。(2015年IDFA長編ドキュメンタリー最優秀賞)

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:18
テレビ 「もう一人のイルカと奏でる音楽」 [2018年11月21日(Wed)]
ハートネットTV リハビリ・介護を生きる「もう一人のイルカと奏でる音楽」
2018年11月22日(木) 午後8時〜NHKEテレで放送

シンガーソングライター・イルカ(67)は11年前に夫でプロデューサーの神部和夫さんをパーキンソン病で亡くした。次第に体が動かなくなり、自宅に引きこもった夫、イルカは介護に専念にするために、歌手を辞めようとも思った。でも「イルカの半分は僕だ」という夫の言葉で歌い続けた。去年リリースした「人生フルコース」は二人が出会ってからの人生を歌にしたものだ。「人生がフルコースなら還暦後はデザート。これからも…」
司会は、阿木燿子さんほか

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:16
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml