CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ シリーズ 依存症 [2017年10月31日(Tue)]
シリーズ 依存症  ギャンブル依存症 孤立する当事者と家族
罰だけでなく治療を −顕在化する“クレプトマニア“窃盗症−
2017年10月31日(火)11月1日(水)の2夜連続

特定の物質や行為にのめりこみ、健康や生活に支障があってもやめられない“依存症”。回復可能な疾患でありながら、適切な治療を受けられずにいる人が多い依存症についてお送りします。

第1回は、統合型リゾート(IR)推進法案の採択でにわかに注目が集まる“ギャンブル依存症”について。次の通常国会でIR実施の詳細を示す法案が提出される見込みですが、今の日本には、既存ギャンブルも含めた依存症対策法がありません。去年12月に設置された関係閣僚会議では、家族の申告で施設利用を制限できる仕組みや、パチンコの出玉規制などが議論されましたが、こうした国の対策に対して不十分と言い切るのは「ギャンブル依存症問題を考える会」代表の田中紀子さんです。政府の対策は入場制限ばかりで、依存症になった人をどう支援するかという視点が決定的に抜けていると言います。厚生労働省研究班の調査によればギャンブル依存症の疑いがある人は推計320万人。必要な支援を受けられずに孤立している患者と家族も多くいます。行き場を失った当事者を支援する田中紀子さんに密着。当事者や家族の苦しみを直視し、本当に必要な支援とは何か考えます。

第2回は、いま新たな依存症として注目される“クレプトマニア(窃盗症)“について。近年、万引き犯の1〜2割が経済的困難や商品目的による窃盗ではなく、窃盗行為そのものに衝動的にかられ、コントロールできなくなる依存症であることが分かってきました。しかし、日本では治療する医療機関はほとんどなく、この10年で再犯率も上昇し続けています。刑務所から出所しても治療を行っている医療機関はほとんどなく、数少ない受け皿となっている病院には患者が殺到。新規の診察を停止しているところもあります。罰は与えられても治療の機会がないクレプトマニア。番組では病的な症状に悩むも治療につながれない累犯常習者、入院治療を行っている精神科病院などを取材。クレプトマニアという依存症に社会がどう向き合うべきか考えます。

2夜ともどうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 11:23
テレビ アルス・ノヴァ −重度知的障害の息子と母の日々− [2017年10月30日(Mon)]
アルス・ノヴァ −重度知的障害の息子と母の日々−
•2017年10月30日(月)夜8時から
 NHKEテレにての放送

床に寝そべっている人、ドラムで爆音を響かせる人・・・利用者が思い思いに過ごす福祉施設「アルス・ノヴァ(意味:新しい芸術)」。何をするわけでもないこの場所が、いま福祉関係者だけでなくアーティストや著名な哲学者などからも注目されています。立ち上げたのは、自身も重度の知的障害の息子・壮さんと暮らす久保田翠さん(55)です。食事や排せつが一人でできないなど、障害が重い壮さんを育てる中で、何かをやらせる場所ではなく「やりたいことを思いっきりできる場所を作ろう」と13年前にNPOを設立。重度知的障害の人たちのありのままの姿を見て、多様な価値観を感じ取ってほしい、と施設を「観光」する事業など様々な取り組みを続けています。
さらに久保田さんはいま、重度知的障害の人たちの“新しい自立のあり方”の模索を始めています。今年21歳になった壮さんに「家族以外の支え」の必要性を強く感じているのです。立ち現れる壁に挑み続ける久保田さんのブレイクスルーをみつめます。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:25
テレビ 「認知症でも 笑顔のままで」 [2017年10月29日(Sun)]
2017年10月29日(日)午前6時15分〜 午前6時50分
NHKGテレビにて
「認知症でも 笑顔のままで」

あなたの友人が、家族が、自分自身が認知症だと言われたら…。認知症になっても絶望するのではなく、笑顔のままで自分らしい人生を送りたいと奮闘する人たちを追う。
あなたの友人が、家族が、自分自身が認知症だと言われたら…。認知症になっても、絶望するのではなく「笑顔のままで自分らしい人生を送りたい」と奮闘する人がいる。しかし実際は、認知症になると仕事を失い、孤立してしまう人が多い。どうすれば社会とつながりを持ち続けられるのか。自分の努力と職場の理解があれば認知症でも仕事を続けられることを体言する人も現れた。認知症でも自分らしく輝いている人たちの姿を描く。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:21
テレビ 深夜のドキュメンタリーを2つ [2017年10月28日(Sat)]
2017年10月29日(日) 24:55から関西ではよみうりテレビで放送
私を見て ミナマタから世界へ 魂の叫び

「苦しみは私たちだけでたくさん」と水銀被害を訴えてきた
胎児性水俣病患者の坂本しのぶさん(61)。
今夏国際的に水銀を規制する水俣条約が発効した。
45年前しのぶさんは世界に水俣病を発信した。
胎内で水銀被害を受けたその姿が衝撃を与え水俣条約へとつながっていった。
世界では今も水銀による健康被害が続いている。
「私を見て」「水俣をわすれないで」と訴えるしのぶさんを通して
終わらない水俣病と水銀被害の現実を伝える。

2017年10月29日深夜0時50分からMBSテレビにて放送
新世界物語 〜その場所で生きる人々〜(仮)
去年のクリスマスイブ。華やかな気持ちに包まれる年末に大阪・新世界にディレクターひとりでカメラを持って出かけた。いつもと変わらない時が過ぎていた新世界を歩いているとスマートボール屋さんを見つけた。そこで出会った男性は、かつて朝日新聞に18年勤めていたという。のちにホームレスとなり、福島の除染作業員を経ていま、スマートボールを打つ日々だ。「家族に会いたいとは思わない。自分で選んだ人生だから」と男性は、話す。
80歳の女性は、亡くなった息子をいまも想い続ける。月命日には、新世界近くの寺で祈る日々だ。「12月24日生まれてすぐ、亡くなった。私の体が当時、弱かったばっかりに…。どれだけ泣いたか。子どもはいまも私を恨んでいると思うから、ここへ来る」。
日ごろは、ディレクターとカメラマン、カメラ助手の3人で撮影するドキュメンタリー番組だが、今回はディレクターがカメラを手にほぼ一年、大阪・新世界に通い続けた。この間、多くの人たちと出会い声をかけ、それぞれの人生に耳を傾けた。
新世界だから…、自分の居場所があった。そんな声をよく聞いた。そこには、自分の損得やお金の欲はない。ただ、人とつながり生きていきたいという思いが幾重にも積み重なる。 現代社会へのアンチテーゼとして、記録されるべき世界が、そこにはあった。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:20
テレビ “血圧サージ”が危ない 〜命を縮める「血圧の高波」を防げ〜 [2017年10月27日(Fri)]
2017年10月29日(日) 午後9時00分〜9時59分の放送
NHKGテレビにて

“血圧サージ”が危ない
〜命を縮める「血圧の高波」を防げ〜
去年放送した「血糖値スパイクが危ない」、6月放送の「睡眠負債が危ない」に続く第3弾。テーマは「血圧」。血圧が高い状態が続く「高血圧」の患者数は、日本人のおよそ1割といわれている。ところが最近、健康診断では「血圧が正常」とされる人の中に、あるタイミングだけ、まるで高波のような血圧の急上昇(サージ)を起こしている人がいることがわかってきた。日常的にサージが起きると、慢性的に血圧が高い、いわゆる「高血圧」の人より臓器や血管の老化が進み、脳卒中などのリスクが高くなる可能性も判明。最新の調査からは、サージのリスクを抱える人は1000万人以上に及ぶとも推計されている。いま世界の研究者は、この「短時間だけ血圧が上昇する現象」を“血圧サージ”と名付け、その解消こそが健康寿命の延伸に欠かせないと指摘し始めた。国内外の研究の最前線を取材し、見えてきた“血圧サージ”と重大疾病につながるメカニズムを紹介するとともに、予防のための対策法もしっかりと伝える。今回も、HP・データ放送による双方向リスクチェックや、Twitterなどを通じて寄せられた疑問・質問に専門家が答えるといった、「視聴者参加型生放送」でお送りする。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:18
テレビ お金が“タダ”でもらえる!? 〜世界が注目・ベーシックインカム〜 [2017年10月26日(Thu)]
2017年10月27日(金)午後10時からの放送
NHKGテレビで
お金が“タダ”でもらえる!? 〜世界が注目・ベーシックインカム〜

人工知能(AI)の急速な発達により、2人に1人の職が代替されると予測される将来、人々の所得をどう保障するか。いま世界では”すべての個人に、無条件で毎月一定のカネを直接配る”「ベーシックインカム」の導入が検討されている。去年スイスでは、導入の是非を決める国民投票が行われ、フィンランドでは、貧困層向けの社会実験がスタートした。「究極のバラマキ」と批判も受ける制度は、果たして“処方せん”に成りうるのか?

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:10
新書 「もう一つの戦略教科書 - 『戦争論』 [2017年10月25日(Wed)]
守屋 淳 (著)
「もう一つの戦略教科書 - 『戦争論』」 (中公新書ラクレ)
840円(税抜き)

絶対に負けられないあなたに「最強」の古典を

歴史において多くの人を魅了してきた名著『戦争論』。プロイセンの軍人、クラウゼヴィッツが記したその内容は、レーニンや毛沢東はもちろん、アメリカをはじめとした各国の軍事に多大な影響を与え、現代においても輝きを保ち続ける。そこで内外の戦略書に精通する著者が、自著『わかる・使えるクラウゼヴィッツの戦略』をベースに、『戦争論』のエッセンスを抽出。争いにおいて予想外の事態が起こる理由とは? 「頭の良さ」が決断を迷わせる? 戦わないのも策のうち……。混沌とした現代にこそ『戦争論』は必要だ!

【目次】
第1章 争いの「本質」とは何か
「争い」の本質を見出したクラウゼヴィッツ/争いは究極のコミュニケーション/争いの本質1「相互作用」/戦いの決断も、その手段も、自分では決めきれない/争いの本質2 両極性/争いの本質3 偶然性/予想外なことが起こる理由1 情報の錯綜/予想外なことが起こる理由2 判断のバイアス/予想外のことが起こる理由3 摩擦/なぜ戦争は単純なのに、思うようにいかないのか/偶然性の阻害要因─知性/偶然性の阻害要因─意志
column 『戦争論』と独仏

第2章 天才の条件―争いで勝てる人とはどのような人なのか
「天才」の登場/天才の条件/予想外のことが起きる状況を乗り越えるために─知性と勇気/準備の重要性/潮時の見極めが達人の証し/勇気によって、沈着にもなれる/意志の力で感情を制御する/決断は、必要性の自覚から起こる/功名心の必要性/迷ったら原則、最初の判断/強情は慎むべき/定義が満たされて、成功といえる
column 『戦争論』とアメリカ、共産主義者たち

第3章 戦争の「本質」とは何か―ただ勝てばいいわけではない
戦争には独自の本質がある/戦争の本質─一対一/戦争の本質─やり直し可能/戦争と政治の関係とは/すべてを手段にするのが政治の器量/政治の視点で戦争自体見るべし/戦う主体とは何か/戦争開始の条件/争いの結果を政治につなげる/政治と軍事のすり合わせという難問/戦闘には同意が必要/勝ち、とは何か/現金と支払いの関係/戦略と戦術の違い
column 『戦争論』と日本

第4章 戦闘での勝ち方
本質から導き出される勝ち方と、その問題点/間接的効果と直接的効果/物理的な力×精神的な力/確実に頼りになる力とは何か/勝負を決める本質的要素/集中の原則/同じ相手に奇策は通用しない/早く終わらせたい戦争、長引かせたい戦争/最後の努力は絶対に必要/体力が低下した決戦/「外線作戦」と「内線作戦」/補給の重要性/人と組織が成長する要素とは何か
column 現代ビジネスにおける『戦争論』

第5章 時代状況と理論
民主化と宗教/国民戦争が生まれた時代/結果がすべてを決める/時代を変えた会戦/総力戦の意味/ツールが状況を変え、状況がツールを変化させる/時代状況と理論/天才は規則を無視する/天才と理論の関係/現実と机上とでは何が違うのか/批評の限界/批評と実践は違う/二種類ある理論/文法と理論の違い/戦いでは全体を見るべし
column 『戦争論』と『孫子』

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:22
知的障害者施設 計画と改修の手引き [2017年10月24日(Tue)]
事務局に寄贈していただきました。
砂山憲一 著
知的障害者施設 計画と改修の手引き
3500円+税

建物の老朽化や支援方法の変化、入居者の高齢化などを背景に、知的障害者施設には従来とは異なる住まい方への対応が求められている。本書では、利用者の多様な障害特性を見据えた柔軟な計画のあり方や、将来的な環境変化に対応するための可変的なディテール設計のポイントについて、増改築や改修の実例に沿って解説する。

はじめにを紹介します。
10年前、知的障害者の入所施設から、トイレを改修してほしいという依頼を受けました。知的障害者の生活実態がわからず、論文を調べたところ、知的障害者の生活について書かれたものはありますが、その生活と建築の関係について論じられたものはまったく見つけることはできませんでした。そこでとりあえず始めたのは、実際に施設に泊り込んで、入居者の方々と一緒に過ごしてみることでした。
このトイレ改修案件をきっかけに、知的障害者の住まいの設計依頼が増えてきました。同時にこの10年で、幾人かの建築家が、障害者の暮らしを真剣に考えた提案を行い、内容・デザインともに素晴らしい建築を実現してきていることを知りました。一方で、知的障害者の建築においては、使う人それぞれの特性が異なり、また支援方法も支援者によって変わってくるため、一つの建築が全ての教科書にはならない世界だということも痛感してきました。
これまで多くの知的障害者の支援員の方とお話をしてきましたが、建築の持つ力や役割はほとんど理解されていないことがありました。一緒に建築を計画した事業者の方でも、最初から建築に興味を持っている方、それほどでもない方などさまざまでした。しかし打ち合わせを重ねる中で、知的障害者の生活と建築の関係について互いに理解を深めてゆき、いつか「建築も支援の一つだ」という共通の認識を持つようになりました。
以前、自宅に暮らす知的障害者が、支援を受けながら、コンビニエンスストアに1人で買い物に行けるようになるまでの様子を記録したビデオを見ました。支援方法を伝える目的の資料ですが、そこに映っている住まいは雑然としたものでした。整理整頓して住むことが難しい人もいるとはいえ、そのような状態が普通になってしまっているのは、知的障害者の支援員の方たちに住まいへの関心がなく、また建築に携わる者からの働きかけもほとんどないことにも大きな原因があると思いました。
知的障害者の方も、気持ちよい住まいに住みたいはずで、そのためにもっとできることがあるはずです。そこで、自分で設計した建物が竣工し、1年ほど住まわれてその結果がわかった段階で日本の知的障害者の支援に携わる方へ、知的障害者の住まいにおける建築の役割を伝えなければいけないと考えました。2016年秋に東京と大阪で「建築と支援」というテーマでセミナーを開催したところ、障害福祉サービスに関わる方に多数ご参加いただき、多くの方から「建築でここまでできるのだ」「建築の工夫で支援がやりやすくなる」などの感想を頂戴しました。
この本を出版する目的は、事業者や支援員の方に「建築は支援の一つ」だということを知っていただくこと、そしてこれから設計にあたる建築家の方に知的障害者の建築に取り組む私たちの姿勢を理解し参考にしていただき、それぞれ独自の取り組みを始めていただくことにあります。障害者の建築に教科書はありません。本書に書かれていることは、私たちが実際に設計し経験したことのみであり、知的障害者のための全ての建築について網羅的な解説がなされているわけではありません。しかし、私たちが検討し開発した多くの技術や考え方を公開しています。そうすることが日本の知的障害者の住まいのレベルを全体として向上することになると思っています。 
どうぞ事業者の方や支援員の方、建築に携わる方が、ご自分の携わる施設の建築において、事業理念や支援方法、そして利用者の思いが実現するようにこの本を活用していただければと思います。日本中至る所で、障害者の住まいや施設に真剣に向き合う建築家が増え、「建築と支援」について理解される事業者や支援員の方が増えてゆくことが、障害者の皆さんの住まいを変えていくことになります。
2017年9月 砂山 憲一

貴重な本です。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:15
たまに、河北新報2017年10月18日の記事そのまま [2017年10月23日(Mon)]
<仙台市急患センター>救急なのに診療中止し休憩確保 午前3〜4時、試験的に導入
 仙台市急患センター(若林区)が午前3〜4時を医師や看護師の休憩時間とし、診療を試行的に中止したことが17日、分かった。一部の看護師は「市民が初期救急医療を受ける機会が減る」と反発し、独自に受け入れを継続している。働き方改革の推進と現場の人員拡充要望のはざまで、医療サービスが揺れている。
 センターを運営する市救急医療事業団によると、休憩時間は10日、試験的に導入した。深夜帯の勤務時間は午後10時45分〜翌日午前7時半。労働基準法上は最低1時間の休憩が必要で、休憩を取るタイミングはこれまで、看護師らの判断に委ねられていた。
 事業団の山口正浩常務理事は「平日深夜の休憩の取得状況は半分にも満たず、確実に休めるようにする必要があった。午前3〜4時は統計上、最も患者が少ない時間帯。影響は最小限に抑えられる」と説明する。
 事業団の看護師による市医療事業団労働組合の新海葉子執行委員長は「(患者を最初に受け入れる)初期救急医療機関が診療を止めてはならない。休憩は取りたいが、試行は休みを取らせようという事業団のポーズ」と強く反発。一部看護師が午前3〜4時、医師の協力を得て10日以降も独自に患者を受け入れている。
 同組合は、平日深夜に休憩が取れない原因は「勤務人数にある」と交代要員の補充を求めている。平日深夜帯の看護師は2人。医師の診察には看護師1人が介助に付くため、その間の外来の問診などに備えて最低あと1人は必要だという。
 試行では、休憩時間に重症者が来た場合、受付職員が看護師に連絡する手順になっている。新海委員長は「医学知識のない受付職員が患者の重症度を判断できるはずがない。休憩は1人ずつ交代で取る以外にない。看護師3人態勢が必須だ」と話す。
 市の車塚明宏医療政策担当課長は「深夜帯の患者は平均10〜12人で、常に休憩が取れないわけではない。他の政令市と比べ、看護師の数は遜色ない」と事業団の対応を了承している。

以上です【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:57
テレビ シリーズ 1000日前 東京大会へ!? [2017年10月22日(Sun)]
シリーズ 1000日前 東京大会へ!?
2017年10月24日(火)から3夜連続
夜8時からNHKEテレでの放送

2020年の東京オリンピックパラリンピックが始まる1000日前(10/28)のタイミングをきっかけに、ハートネットTVでは、東京パラリンピックへの出場を目指す選手や新競技の魅力を3本シリーズでお伝えします。

第1回 パラリンピックが日本を変える!
第1回は、大阪の”千日前”で収録。パラリンピックの意義について改めて考えます。東京パラリンピックへの出場を目指す車いす陸上の若手選手に、競技にかける思いや意気込みをインタビュー。また、足を切断した人が、競技用の義足を自由にレンタルして走ることのできる「義足の図書館」の取り組みから、障害のある人のスポーツ環境について語り合います。
2020年、パラリンピック競技を盛り上げ、障害のある人の暮らしや社会のあり方をも変えていくきっかけにするためにはどうしたらいいか、考えます。 


第2回 2つの新競技 その魅力に迫る
第2回は、9月4日に正式に決まったばかりの、東京パラリンピックで初めて行われる2つの新競技の魅力に迫ります。ひとつは「パラテコンドー」。上半身に障害のある選手たちが、華麗な足技を繰り広げます。競技歴わずか1年半ながら、国際大会で優勝を果たす実力者、伊藤力選手に注目。もうひとつは「パラバドミントン」。車いすのクラスでパラリンピック出場を目指す小倉理恵選手は、子育てと仕事を掛け持ちしながら、世界ランク9位の結果を残すママさんアスリート。大舞台を目指す選手たちを通して、新競技の魅力に迫ります。


第3回 走る ―知的障害・陸上短距離 川上春菜さん―
第3回の主人公は、川上春菜さん、石川県の能登半島にある町に暮らす19歳の女性です。陸上短距離のランナーで、東京パラリンピック出場を目指して練習を重ねています。川上さんは、人と話すのが苦手で、打ち解けるまでに時間がかかります。何をやるにも興味がなさそうに見える川上さんですが、陸上競技のピッチに立つと、その体は大きく躍動し、すごいスピードで走り出します。
走る才能に目をつけた陸上部顧問とふたりで本格的に競技を始め、2年で日本代表に選ばれるまでになりました。5月のタイ・バンコクの世界選手権では日本新記録で銀メダルを獲得しました。
番組では、顧問との日々、父親との日々を通して、走ることで生きる手掛かりを得ていく春菜さんを見つめます。

ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:51
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml