CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ もっと 笑える〜医療的ケア児と家族の日々〜 [2017年02月28日(Tue)]
NHKEテレの
ハートネットTV「もっと 笑える〜医療的ケア児と家族の日々〜」
2017年3月1日(水) 午後8時からの放送

「自然に笑顔がこぼれるような、穏やかな家庭を築きたい」――元木美香さんがずっと抱いてきた願いです。
豪雪地帯の山形県鮭川村。山あいにある小さな温泉街で旅館を営む元木家は、3階の一室に家族4人が暮らしています。長女の陽菜(ひな)さん(13)は、原因不明の難病により目や脳に障害があるため、日常生活を営むには、痰の吸引や栄養剤をお腹の穴から注入する経管栄養などの医療行為が欠かせない、いわゆる「医療的ケア児」です。村には訪問看護などのサービスがないことから、美香さんが医師の指導を受けて医療行為を行い、陽菜さんを育ててきました。
そんな元木家の日常には笑いが絶えません。美香さんは、陽菜さんの栄養剤のコーヒー味とミルク味を混ぜて「カフェオレ味」にするなど、楽しみながら暮らせるように工夫を重ねてきたからです。旅館の仕事を一手に担う夫・洋典(ひろのり)さんや、陽菜さんの遊び相手である次女・陽萌(ひめ)さんも、できることを見つけて楽しい家族を築き上げてきました。
家族一人ひとりが支えあう、元木家の日々を見つめます。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:56
テレビ LGBTを“当たり前”に  [2017年02月27日(Mon)]
LGBTを“当たり前”に 映画監督・荻上直子と語る
2017年2月28日夜8時からNHKEテレにての放送

映画『かもめ食堂』で一躍脚光を浴びた、映画監督・荻上直子さん。5年ぶりに発表した新作『彼らが本気で編むときは、』はトランスジェンダーが主人公の物語です。荻上さんがアメリカでの生活から帰国後、セクシュアル・マイノリティの人々と出会わなくなった日常に “違和感”を覚えたことから生まれた作品です。本来は“当たり前”にあるはずの光景をただ描きたかったという荻上さん。映画ではトランスジェンダーの主人公の日常が淡々と描かれています。誰もが“当たり前”に暮らすにはどうすれば良いのか。荻上さん、映画に出演した田中美佐子さん、ブルボンヌさんと共に語り合います

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:54
アメニティフォーラムでのメッセージ [2017年02月26日(Sun)]
先日のアメニティフォーラムでのメッセージのお問い合わせがありますが、ネットで紹介されています。
http://www.normanet.ne.jp/~ww100136/amenity
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:23
新書 ルポ 難民追跡 [2017年02月25日(Sat)]
坂口 裕彦 (著)
「ルポ 難民追跡――バルカンルートを行く」 (岩波新書)
840円(税抜き)

ヨーロッパ各国に連日大勢押し寄せる「難民」。一人ひとりの素顔、その苦悩や希望とは?受け入れ側の論理や戸惑いは?ドイツを目指すアフガン人一家に、一人の記者が寄り添い、世界的課題の実態と、背後に横たわる重い歴史に迫る。複雑で「遠い」問題がストレートに伝わってくる、同時進行ルポルタージュ。

目次です。
序章 出発
第1章 ギリシャ
第2章 旧ユーゴスラビア
第3章 オーストリア・ドイツ
第4章 排除のハンガリー
第5章 贖罪のドイツ
第6章 再会

おもしろい1冊です【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:02
テレビ 大火の街からの警鐘 [2017年02月24日(Fri)]
2017年2月26日24:55からの放送
関西ではよみうりテレビにて

大火の街からの警鐘〜検証・糸魚川大規模火災〜

年の瀬を襲った新潟県の糸魚川大火。中華料理店の鍋の空だきから延焼し、市街地を焼き尽くした。大震災による火災を除けば、40年前の山形県の「酒田大火」以来の大火となった。創業350年、新潟最古の酒蔵も焼けた。火災が拡大した大きな要因として「強風による飛び火」。そして「住宅が密集する地域性。」そして「消防力の不足」が指摘されている。酒蔵そして町の復興にかける思い、全国どこでも"あす"起こるかもしれない大火の危険性を伝える。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 11:56
テレビ 「人知れず 表現し続ける者たち」 [2017年02月23日(Thu)]
2017年2月25日(土)
午後11時00分〜 午前0時00分
NHKEテレにて
「人知れず 表現し続ける者たち」

正規の美術教育を受けていない人々が創る独創的な美術作品=アール・ブリュット。日本各地の作家たちの暮らしと創作の現場に分け入り、作品がもつ圧倒的な力の秘密に迫る。
「アール・ブリュット(生の芸術)」正規の美術教育を受けた経験のない人々が創る、何ものにもとらわれない独創的な美術作品のことで、近年世界的に注目が集まっている。担い手の中には知的障害や精神障害のある人も多く、作品はなかなか世に出てこないが、圧倒的な迫力に満ちている。誰のためでもなく、黙々と表現し続ける人たちが放つ凄(すご)み日本各地の作家たちの暮らしと創作の現場に分け入り、作品がもつ力の源泉に迫る

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:34
テレビ 脳を切る 悪魔の手術ロボトミー [2017年02月22日(Wed)]
フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿▽脳を切る 悪魔の手術ロボトミー
2017年2月23日(木) 午後9時00分からNHKBSプレミアムにての放送

科学史に埋もれた闇に迫る。今回取り上げるのは悪魔の手術「ロボトミー」!精神疾患患者の脳の一部を切除し「おとなしくさせる」手術だ。現在では人間性を剥奪する「史上最悪の外科手術」とされているが、1950年代まで「奇跡の手術」として日本を含め世界中で盛んに行われていた。なぜロボトミーは生まれ世界に広まったのか?ロボトミーの普及と改良に生涯を捧げ3500人の脳を切った神経科医を追い、その光と影に迫る!

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:32
新書 「不可能を可能に――点字の世界を駆けぬける」 [2017年02月21日(Tue)]
田中 徹二 (著)
「不可能を可能に――点字の世界を駆けぬける」 (岩波新書)
780円(税抜き)

音声デジタル図書のネットワークを創り、ホームの転落防止柵設置に尽力。日用品に点字をつけることや、道路の点字ブロックのありかたにもたずさわる。十代末で光を失った著者は、日本点字図書館での活動を中心に、時には国境を越えて、誰もが暮らしやすい社会をめざしていく。躍動感あふれるエッセイ。

目次です
序章  光を失って
第1章 デジタル化、始まる
 1.日本点字図書館へ、ようこそ 2.デジタル化の波に乗る 3.デイジー図書の登場
第2章 日本点字図書館の軌跡
 1.創立者本間一夫さん 2.日本点字図書館での日々
第3章 点字大好き人間の使命
 1.点字でつながる 2.点字で発信する―投票、教育、音楽
第4章 恐ろしいホームからの転落
 1.日本のホームで 2.ドイツの場合
第5章 バリアフリーをめざして
 1.移動するために 2.アクセシブルデザイン
第6章 国境を越えて
 1.国際協力事業を始める 2.アジアでのパソコン指導

お薦めです【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:14
テレビ その"便利"、必要ですか?〜追跡! 「サービス激化」の裏側〜 [2017年02月20日(Mon)]
企業が営業時間の短縮へと動き出すなか、あえて「24時間営業」を掲げようとしている会社があった。その狙いは...
深夜、居間で疲れ切った夫をねぎらう妻。働き方に、ある深刻な「問題」を抱えていた...
地域のドラッグストアで、ある戦略が始まろうとしていた。カギを握るのは「薬剤師」。新たな薬局の姿とは?

2017年2月21日夜10時からの放送 ガイアの夜明け
関西ではテレビ大阪で
その"便利"、必要ですか?〜追跡! 「サービス激化」の裏側〜

深夜でも気軽に食事や買い物ができる「24時間営業」や、家にいながらPCのボタン1つで商品が届く「ネット通販」−−。消費者にとっては、どこまでも便利なサービスだ。一方、サービスを提供する企業側は、厳しい競争を展開している。利用者の思わぬところで、そのサービスを支える人たちに競争のしわ寄せが及んでいることも...。当たり前と思ってきたサービスの裏側に潜む課題や問題を追い、「便利」はどこまで必要かを考える。


どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:03
テレビ つらいことはギャグになる ―漫画家・たむらあやこ― [2017年02月19日(Sun)]
つらいことはギャグになる ―漫画家・たむらあやこ― 
2017年2月20日夜8時からNHKEテレでの放送

辛いはずの病気を、ユーモアたっぷりのギャグマンガに。今、闘病生活を描いた漫画「ふんばれ、がんばれ、ギランバレー」が話題になっています。描いたのは北海道函館市に暮らす、たむらあやこさん(36)。痛みや苦しみ、辛いことこそ“笑い”に変えるのが彼女ならではの作風です。
15年前、突然、神経の病気であるギラン・バレー症候群を患い、両手足の感覚を失ったたむらさん。「諦めて一番損をするのは自分だけだ」。そんな中でも、たむらさんは描くことだけは諦めませんでした。不自由も辛さも、描けば“笑い”に変わる。たむらあやこさんのブレイクスルー。

ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:01
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml