CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ 東日本大震災から5年 [2016年02月29日(Mon)]
NHKEテレのハートネットTV
2016年3月1日(火)〜3日(木) 夜8時からの放送
シリーズ東日本大震災から5年
東日本大震災から5年。被災地の障害者や高齢者の復興に向けた歩みをたどる3回シリーズ。

第1回 当たり前の暮らしを求めて ―障害者たちの“震災復興”―
第2回 悲しみとよろこびと―仙台・認知症グループホーム―
第3回 帰還、されど…―福島・障害者福祉は今―

第1回は、震災を機に明らかになった、障害者の厳しい暮らしの実態を見つめます。
宮城県仙台市の障害者が中心になってつくる自立生活センター「CILたすけっと」。震災の発生直後から被災した障害者に、おむつや酸素ボンベ、カテーテルといった物資を届けるなど、支援に奔走しました。その過程で浮かび上がってきたのは、震災前から多くの障害者が、自分らしく生きることを「障害があるから仕方ない」と諦め、家族以外の誰ともつながることなく不自由な暮らしを強いられてきた現実でした。人として“あたりまえの生活”を妨げているものは何でしょうか?震災前の暮らしに戻るのではなく、より多様な暮らし方を実現しようと歩み出した障害者や家族、支援者たちの歩みを見つめます。

第2回は、津波で穏やかな暮らしを奪われた認知症グループホームの5年を見つめます。
津波で建物が全壊し、そこで暮らしていた18人の認知症のお年寄りのうち7人を避難途中に失った仙台市若林区のグループホーム「なつぎ埜」。震災後、助かったお年寄りを伴い、避難所や別のグループホームなどを転々としてきましたが、急激な環境の変化から徘徊や介護の拒否などの症状があらわれるなど様々な困難に直面してきました。2年前、元あった場所の近くにようやくグループホームを再建。認知症の人たちに穏やかな暮らしを取り戻してもらおうと模索を続けています。尊い命を守れなかった無念さを抱ながら、助かった命と向き合い続ける介護士たちの復興に向けた日々を伝えます。

第3回は、原発事故によって避難生活を余儀なくされた障害者たちの5年を見つめます。
県内外に避難している障害者にとって、インフラが未整備な故郷への帰還は、健常者に比べ、更にハードルが高く、思うように進んできませんでした。ですが、国が“集中復興期間”と定める時期が終わりを迎える今、ようやくその動きが活発化し始めています。富岡町から施設ごと群馬県に避難し、一度も帰っていなかった知的障害者の入所施設。楢葉町から避難し、内陸にあるいわき市で仮の事務所をもっていた精神障害者の通所施設やグループホーム。「もう一度ふるさとで暮らしたい」という夢を実現するため、格闘する障害者や支援者の姿を通して、震災から丸5年を迎える福島の避難区域の障害者福祉の現状を見つめます。

3夜続けてどうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 11:23
新書 「貧困女子のリアル」 [2016年02月28日(Sun)]
なぜ、こんなに辛いの? 30代女子の本音
社会的に注目されている貧困女子はシングルマザーなどが多かったが、ここにきて、短大や大学を卒業した30代女性たちが貧困状態に陥っていることが表面化してきた。街金での借金、親からのDV、男性への依存など、悲惨な現状はネットや雑誌でも話題になり、反響は大きい。学歴があるのに、なぜお金に困るのか、なぜ人生を捨てたような日常になってしまうのか。親や上司の世代には理解しがたい驚くべき現実、そして意外と共感できるという同世代の女性たち。社会問題としての貧困女子を浮き彫りにする

沢木 文 (著)
「貧困女子のリアル」(小学館新書)
740円(税抜き)

先週号に掲載のニュースポストセブンの書籍案内です。

「ここ2年くらいは、カップラーメンを食べています。朝・昼・晩と3食ほぼカップラーメンです。ドラッグストアで88円のものを買ってきて、そればかり。給料は手取りで15万円と一向にあがりません」
 こう語るのは、アルバイトをしている大学生ではない。弁理士の事務所に10年勤めているという33歳の女性・Aさん。都内でひとり暮らしをしている“貧困女子”だ。
 数年前から話題になっている貧困女子は、シングルマザーなどやむを得えず困窮した生活になっている女性が対象だったが、最近注目されているのは、大学を卒業して企業などで働く30代女性だ。彼女たちは、そこそこの学歴があり、職に就いているにもかかわらず、常に金欠状態なのだという。
 フリーランス編集者・沢木文氏の著書『貧困女子のリアル』では、Aさんのように、リアルに困窮している30代の女性11人から、そのすさまじい現実と他人には明かせない本音を聞き出している。その中には手取り40万円の月給を手にしていても借金生活に陥っている38歳の女性・Bさんもいる。
「15万円を消費者金融やクレジットカードの返済に充て、10万円が家賃、5万円を母へ仕送り、10万円が生活費。光熱費、通信費、食費を払うとランチ分しか残りません」(Bさん)
 一流企業に勤めるこの女性は、同僚との付き合いでランチの外食を断れず、毎月赤字の状態に。毎月15万円以上の返済に追われる日々を長年過ごすと、精神的にも負担が大きく、摂食障害になってしまったという。
「週に2万〜3万円分のジャンクフードを買い込んで、食べては吐くの繰り返し。これをしていないと、心の均衡が保てないんです」(Bさん)
 一方では、親から甘やかされて育ち、浪費が止められずに借金が400万円もあるのに、高価なバッグなどブランド品を買い続けているという35歳の女性・Cさんもいる。30万円もするトイプードルを購入してSNSに写真を投稿しても、ひと月もしないうちに飽き、放棄されて瀕死の状態だった犬を親兄弟が保護するという始末。
 女性誌の読者モデルとして活躍し、上場企業の一般職として就職した34歳の女性・Dさんも貧困状態に陥った。職場でイジメに遭い退職し、アルバイト生活を強いられても、セレブな生活を断ち切れず、住む場所は世田谷区にこだわってしまうのだという。
 同じ業務をこなしても、給料は正社員の3分の1という契約社員の女性も生活は大変だ。上司の男性からの不倫の誘いを断ったら、職場で変な噂を流され、居づらくなり退職したという35歳の女性・Eさんのケースも悲惨だ。同窓会で出会ったイケメンの男性に惹かれて同棲してしまうが、騙されて貯金もゼロになり借金。消費者金融に返済できなくなり、親に泣きつくことに。自分の容姿に自信がないというコンプレックスから、ついイケメン男性に依存してしまったのだという。
 家電量販店、中古車販売店、墓地管理会社と転々としている34歳の女性・Fさんの場合、失業保険で食いつなぎ、次々と職業を変えていく。学生時代からの盗み癖が治らず、職場での盗みがバレないかと心配しながらの生活だと、ストレスからジャンクフードを月に1万円以上買って食べてしまうという。
 いずれの女性も、様々な理由から厳しい生活になっているにも関わらず、無駄な出費や浪費が止められない。そして親や男性などに依存してしまう。社会に出る時、就活氷河期だったとはいうものの、貧困女子のリアルな話にはやはりどこか甘えが垣間見える。あなたの部下や同僚にも、プライベートではこんな貧困状態に陥っている女性がいるかも知れない。

お薦めです【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:52
大阪府の「一緒に働くハンドブック」 [2016年02月27日(Sat)]
お問い合わせを何件かいただきました大阪府の「一緒に働くハンドブック」
知的障害者と一緒には
http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/229/00210198/02chitekihandbook.pdf
精神障害者と一緒には
http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/229/00210198/01seishinhandbook.pdf
ご活用ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:47
テレビ はじまりのごはん 3・11 写真と付箋 [2016年02月26日(Fri)]
2016年2月28日(日) 24:55からの放送
関西ではよみうりテレビ

はじまりのごはん 3・11 写真と付箋

「あの日、何をたべましたか?」この質問で人は震災を語り出す。被災地に暮らす人もそうでない人も...。震災5年、あの日の体験を語る機会はめっきり減った。時の経過によって共感は薄れ、震災は風化していく。番組では、震災直後に撮影された生活写真≠フ展示イベントを取材。来場者は写真を見て蘇る自らの体験、戒め、感謝の言葉を付箋にしたため残した。『はじまりのごはん』は誰もが自分ごと≠ニして震災に向き合うことができる装置だった。
ナレーター / 篠原ともえ
制作 / 宮城テレビ
放送枠 / 30分

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:23
新書 研究者としてうまくやっていくには 組織の力を研究に活かす [2016年02月25日(Thu)]
長谷川 修司 (著)
「研究者としてうまくやっていくには 組織の力を研究に活かす」 (ブルーバックス) 新書
900円(税抜き)

学界と企業研究所を渡り歩き、東大教授に登り詰めた著者が語る、研究者人生成功の極意!

【研究室のボスは、あなたの何を評価しているのか?】
理系の若者にとって「研究者」は憧れの職業。先輩や教授といった他人とうまく付き合い、研究室という組織の力を活かすのが、この職業で成功するコツだ。本書は、「学生」「院生」「ポスドク」「グループリーダー」と段階を追いながら、それぞれのポジションでどう判断し、行動すべきか、実例を交えて案内する。研究に行き詰まっている人も、読めばきっとヤル気が出る!
【駆け出し研究者の悩みを解消するヒントが満載!】
・先行研究に縛られず、とりあえず研究してみよう
・研究手法は教授よりも先輩から教わろう
・研究テーマが小さくても気にしない
・博士号持ちは企業でも意外と求められている
・学会発表では未来の雇い主に自分を売り込もう
などなど……

目次です
はじめに
第1章 魅力的な職業「研究者」
第2章 研究者への助走――大学院生編
第3章 研究成果の発表――うまくやっていく技術編
第4章 若手研究者として――ポスドク・助教編
第5章 独立して自分の研究グループを持つ――准教授・教授・グループリーダー編
第6章 研究とは、研究者とは
おわりに

長谷川 修司さん
1960年栃木県に生まれる。東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修士課程修了。理学博士。日立製作所基礎研究所研究員、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻助手、同助教授、同准教授を経て、現在、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻教授。専門は表面物理学、とくに固体表面およびナノスケール構造の物性。著書に『見えないものをみる ナノワールドと量子力学』(東京大学出版会)、『振動・波動』(講談社)などがある。

研究者はもちろん、組織で働く全ての人に役立つ「作法」をどうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:11
テレビ 届かなかった支援 ―利根川心中事件をめぐって― [2016年02月24日(Wed)]
届かなかった支援 ―利根川心中事件をめぐって―
2016年2月24日(水)夜8時からNHKEテレでの放送

去年11月、埼玉県深谷市で親子三人を乗せた車が利根川に突っ込み無理心中を図りました。70代の母親は長年認知症。心中を企てた三女は介護のため仕事を辞め、生活に困窮していました。近所の人たちは、三女がそれほど思い詰めているとは気づきませんでした。
なぜ、困窮した人たちは、助けを求める声を上げられないのでしょうか?そして、なぜ行政や社会は、人々の困窮に気づけないのでしょうか?
番組では、作家で貧困問題を独自に取材してきた雨宮処凛さんが現場を訪ね、考えます。スタジオでは、困窮した人々に手を差しのべるために行政や社会はなのができるのか、川崎市の生活支援などを事例にして議論します。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:21
新書 信頼学の教室 [2016年02月23日(Tue)]
中谷内 一也 (著)
「信頼学の教室」 (講談社現代新書)

得るのは難しく、失うのは簡単。
そして失ったものを回復するのはもっと難しい。
それが「信頼」。
信頼研究で知られる心理学者が、その仕組みを二人の登場人物の軽妙な対話とともにやさしく解説。
個人にとっても、組織にとっても必須の知識がとってもよくわかる!

1日目 泣いた赤鬼への信頼
2日目 信頼の特徴
3日目 価値共有から信頼へ
4日目 信頼危機状況での価値共有
5日目 信頼の決め手の変動
6日目 信頼を得るためにできること
7日目 東日本大震災後、不信の波及は起こったのか?

「7日間にわたる信頼学個人授業」
若手メーカー社員のシンジ君、最近異動した広報・管理部門における課題は社会からの信頼向上。
しかし、新しい部署では、その課題以前に部署内の信頼関係もうまくいかなくてなんだかギクシャクしている。
困ったシンジ君は、学生時代から親しくしている心理学のナカヤチ先生に連絡を取り、仕事帰りに研究室を訪ねることに……。
以降、信頼についての個人講義が7日間にわたって開かれることになった。

そこで出てくる事例は、東日本大震災時における組織の信頼調査から、DJポリス、童話「ないた あかおに」における村人と鬼の信頼関係、さらには浮気防止のための爆発時計まで。
信頼コミュニケーションの仕組みを学ぶのに最適の一冊。

お薦めです【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:02
テレビ 拡大する“官製ワーキングプア” [2016年02月22日(Mon)]
NHKGテレビ2016年2月22日(月)夜7時30分からの放送
拡大する“官製ワーキングプア”

今、保育や介護、建設現場など、公共サービスや公共工事を担う現場で、低価格の受注競争に巻き込まれ、経済的に追い詰められる労働者が増えている。京都市内のある保育所では財政削減の一環での民間委託に伴い、保育士全員が職を失った。このままでは働く人が食べていけなくなり、保育の質や安全が低下するのではと保護者に不安が広がっている。背景にあるのは、自治体が推し進めるコスト削減。公共工事を担う建設現場では若い後継者が育たず、労働者の技術の継承などが難しくなっている。国の調査によると、全国の自治体の半数近くが、違法に公共工事の予定価格を下げていることが明らかになり、そのしわ寄せが現場の労働者の雇用を劣化させ、さらなるワーキングプアを生み出している。どのように労働者の生活を守り、公共サービスの質を維持していくのか。新たな雇用政策を打ち出した自治体の模索も交えながら、対策を考える。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:35
21日のテレビ番組を2本 [2016年02月21日(Sun)]
朝日放送 2016年2月21日朝5時20分からの放送
「ママの悲鳴〜少子化対策 “逆行” 制度〜」
札幌市の鎌田こずえさん(40)は介護関係のパートで働き、3歳から中学3年生までの6人の子を病院事務職員の夫と共働きで育てている。「外食はしない」「旅行は夢」。コメは10キロ2千円以下のものを探す。切り詰めた生活の中、去年9月から下の子2人の保育料があわせて4万6千円の負担に変わった。月に3万円も値上がりしたのだ。「子ども・子育て支援新制度」によるものだ。少子化対策に“逆行”する制度の矛盾をあぶり出す。
ナレーター:小山茉美
制作:北海道テレビ放送


ドキュメンタリーWAVE「揺れる一人っ子社会〜中国・36年間の政策が生んだもの」
 
2016年2月21日(日)午後10時00分〜午後10時50分
NHKBS1での放送

36年続いた「一人っ子政策」が廃止された中国。2人目として生まれた人には戸籍が与えられず、学校や病院に行けない、列車に乗れない、就職できないなど、闇の存在としてさまざまな抑圧を受けてきた。2人目に戸籍を与えるためには、親は年収の何十倍もの罰金を払わなければならず、職場から追われるというペナルティーも課せられた。国策の陰に埋もれ苦しんでいた人々が、政策の転換によって声をあげ始めた、その現状を追う。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:10
テレビ 書家・金澤翔子30歳〜娘と母 新たな旅立ち〜 [2016年02月20日(Sat)]
2016年 2月20日(土)よる11時放送NHKEテレのET特集

書家・金澤翔子30歳〜娘と母 新たな旅立ち〜
ダウン症の書家・金澤翔子さん(30歳)。その全身からは、自由でのびのびとした「書」が生み出される。いきいきとエネルギッシュに躍動する筆。その書は、多くの人々に希望と力を与え続けている。去年3月には、ニューヨーク国連本部で「世界ダウン症の日」日本代表として招待された。いまや翔子さんの名はワールドワイドである。
そんな翔子さんを支え続けてきたのは、一緒に暮らす母・泰子さん(72歳)。書を教えたのも泰子さんだった。これまで二人三脚で歩んできた母と娘。翔子さんが30歳を迎えた去年、強い絆で結ばれた二人に大きな転機が訪れる。
翔子さんは、書家としての才能を伸ばそうと一人暮らしを宣言。母・泰子さんも自分の残りの人生を意識し、娘に独り立ちしてもらおうと、懸命に部屋探し。さらに娘を新たな書の師匠に預けた。翔子さんは、墨をつけると重さ25キロになる大筆を初めて本格的に運び、懸命に大作に挑んだ。そこで生まれた書とは・・・。
書家・金澤翔子さんと母・泰子さん、親子の新たなる旅立ちの1年を追ったドキュメント。
語り:室井滋
朗読:大沼ひろみアナウンサー

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:08
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml