CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2016年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ 最新科学で迫るニッポンの子育て [2016年01月31日(Sun)]
ママたちが非常事態!? 〜最新科学で迫るニッポンの子育て〜
NHKGテレビ 2016年1月31日(日) 午後9時からの放送

日本は、“世界一育児が過酷な国”と言われている。「育児の孤独感に耐えられない」「我が子が、かわいいと思えない」「辛くて仕方がない」など、母親たちの悩みは深刻だ。頼りにしたい父親の育児関与は先進国で最低レベル。孤立化する母親同士が「ママ友」という独特のサークルを形成し、その中でまた人間関係のストレスに苦しむという事態も起きている。
母親のストレスの本当の原因は何なのか?母親はどんな助けを必要としているのか?本来の育児はどうあるべきか?今、その背景と対策を、脳科学・動物行動学・生理学など最先端の科学で解き明かしていく研究が加速している。その結果見えてきたのは、人類が長い進化の歴史の中で培ってきた子育てのための能力が、母親の体の中に脈々と受け継がれているということ。その宿命と現実の狭間で、母親達が苦しみに陥っていることが浮かび上がる。これは、育児世代だけでなく、母親から生まれ、育てられた全ての人たちの知的好奇心を揺さぶる科学エンターテイメントだ。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:22
テレビ テレビの中の橋下政治(仮) [2016年01月30日(Sat)]
2016年1月31日(日) 深夜0時50分からの放送
MBSドキュメンタリー 映像‘16

テレビの中の橋下政治(仮)

先月、大阪市の橋下市長が4年の任期を終え、退任した。2008年の府知事就任以来、8年にわたった橋下政治とは何だったのかを、“テレビ”の視点から検証する。
弁護士で情報番組のコメンテーター出身の彼が、テレビをとおして府民・市民に語った言葉は、ある意味で終始一貫していた。その根底にあるものとは?
テレビの表現手法を熟知した稀代の政治家が何を語り、また何を語らなかったのか。MBSの膨大なアーカイブ映像の中から探っていく。

MBSテレビでどうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:23
テレビ 髪がつなぐ物語 [2016年01月29日(Fri)]
2016年1月29日(金) 夜7時30分からのNHKGテレビ「かんさい熱視線」は、
「髪がつなぐ物語」(仮)

先月、女優・歌手の柴咲コウさんが長い髪を切り、寄付したことが話題になった。送り先は大阪の美容室。いま柴咲さんのように髪を贈る人が増えている。「ヘアドネーション」と呼ばれる活動で、届けられた髪は、髪を失った子どもや髪が伸びにくい子どものためのウィグ(かつら)となる。ウィグをもらった子どもの喜び。役に立てるならと数年かけ髪を伸ばす人たちの思い。柴咲さんのインタビューも交え、髪に込められた物語を紐解く。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:28
厚労省専門官の公募 [2016年01月28日(Thu)]
厚生労働省では、本省の障害福祉部の専門スタッフを募集中です。障害福祉専門官、相談支援専門官、自殺対策の調査専門員など。

募集資格 は、障害福祉専門官なら
(1) 精神保健福祉士の資格を有する者
(2) 社会福祉に関連する学部を卒業し、関連科目を履修している者
(3) 精神障害者支援業務に10年以上の勤務経験を有している者で、うち5年以上指導的立場としての勤務経験を有している者
(4) 社会福祉に関して、国又は地方公共団体の審議会等における検討作業に参画するか又はそれと同等の経験を有する者

相談支援専門官なら
(1) 社会福祉士の資格を有する者
(2) 社会福祉に関連する学部を卒業し、関連科目を履修している者
(3) 障害者支援業務に10年以上の勤務経験を有している者で、うち5年以上指導的立場としての勤務経験を有している者
(4) 社会福祉に関して、国又は地方公共団体の審議会等における検討作業に参画するか又はそれと同等の経験を有する者

詳しくは厚生労働省障害保健福祉部企画課へ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:19
新書 誰でもできるロビイング入門 社会を変える技術 [2016年01月27日(Wed)]
投票やデモと異なる、政治に直接働きかける技術を解説
本書でいう「ロビイング」とは、業界団体が「もっと金よこせ」と言って政治家に圧力をかけることではない。日本ではあまり行われてこなかった、弱者やマイノリティを守るために政治に働きかけることである。圧力団体が行うロビイングとは目的が全く異なるので、「草の根ロビイング」という名称も使用する。
ロビイングはそれぞれテーマや、人によってやり方が異なるため、これまでマニュアルというものは存在しなかった。そこで、本書では暗黙の了解となっていたロビイングのルールと、様々な立場からロビイングに関わってきた方たちのテクニックを紹介していきたい。

明智 カイト (著)
「誰でもできるロビイング入門 社会を変える技術」 (光文社新書)

780円(税抜き)

目次
1章 自殺対策のためのロビイング
清水康之(NPO法人「自殺対策支援センター ライフリンク」代表)

2章 病児保育問題、待機児童問題のためのロビイング
駒崎弘樹(認定NPO法人フローレンス代表理事)

3章 いじめ対策のためのロビイング
荻上チキ(評論家、「シノドス」編集長)

4章 児童扶養手当削減をめぐるロビイング
赤石千衣子(NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事長)

5章 「性的マイノリティ」の人々に関するロビイング
明智カイト(「いのち リスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン」代表)

付録 ロビイング入門
1.国会や内閣などの仕組みや役割  
2.ロビイングにおけるさまざまな手法  
3.ロビイングをするにあたっての注意点 
4.要望書、面会、プレスリリースの作成法

お薦めです【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:51
テレビ 認知症 ジェームズとの対話 [2016年01月26日(Tue)]
シリーズ認知症 ジェームズとの対話

2016年1月26日(火) 27日(水) 夜8時から NHKEテレでの放送

26日は、当事者の声が“常識”を変える
去年11月、世界初の認知症本人のグループ、スコットランド認知症ワーキンググループを立ち上げた、ジェームズ・マキロップさん(75歳)が来日しました。
「私たち抜きに私たちのことを決めないで」を合言葉に2002年に生まれたグループは、今や行政の施策立案に参画するまでになりました。
日本でもこれに学んで、2年前に日本認知症ワーキンググループが発足しました。
声を上げ始めた日本の認知症の人たちとジェームズさんとの対話の模様を伝えます。

27日は、新しい社会への模索
ジェームズさんの旅の第2回は、2つの対話を紹介します。
一つは、企業や自治体の職員、研究者などが作るNPO「認知症フレンドリージャパンイニシアチブ」との対話。
もう一つは、医療や福祉の専門職を育てるため、ジェームズさんが地元の大学で行っているトレーニングの実演。
いずれも、認知症となった本人と周囲が希望を持って生きていくため、専門家のみならず、一般の企業や社会が発想の転換を迫られている現実を語りあいます。

2夜続けてどうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:50
障害者権利条約の第1 回日本政府報告のパブコメ [2016年01月25日(Mon)]
外務省総合外交政策局人権人道課より
障害者権利条約第1 回日本政府報告(日本語仮訳)についての意見募集
この度、障害者権利条約第1 回日本政府報告(日本語仮訳)について、広く国民の皆様から御意見をいただきたく、下記の要領により意見募集を行うことといたしました。本政府報告は、2014年に締結した障害者権利条約の規定に基づき、内閣府障害者政策委員会における障害者基本計画の実施状況の監視の議論も踏まえつつ、関係省庁と共に作成作業を進めているものです。障害者権利条約の概要及び政府報告作成に係るこれまでの政策委員会における議論の内容は、外務省ホームページ及び内閣府ホームページをご覧下さい。今回いただく御意見も踏まえ,国連障害者権利委員会に対し早期に政府報告を提出すべく作業を続けていく予定です。2016年2月13日(土)締切。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=350000127&Mode=0

奮ってどうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:20
大阪府障害を理由とする差別の解消の推進に関する条例(仮称)案のパブコメ [2016年01月24日(Sun)]
大阪府では、障害者差別解消法(平成25年6月成立・平成28年4月施行)を受けて、障がい者施策推進協議会に差別解消部会を設置して、障がいを理由とする差別の解消に向けた取組みを検討してきました。
 部会における検討結果等を踏まえて、大阪府では、「大阪府障がい者差別解消ガイドライン等による啓発活動」と「条例による相談、紛争の防止・解決の体制」を車の両輪として差別解消に取り組むことを方針としています。
 上記方針に従い、「大阪府障害を理由とする差別の解消の推進に関する条例(仮称)案」を検討しています。この条例は、障がいを理由とする差別の解消の推進に関し、基本理念等を定めるとともに、相談等の体制整備や啓発活動の実施に関し、必要な事項等を定めることにより、障がいを理由とする差別を解消し、もって共生社会の実現に寄与することを目的としています。
 つきましては、「大阪府パブリックコメント手続実施要綱」に基づき、平成28年1月27日(水)まで、府民の皆さまからのご意見・ご提言等を募集します。

http://www.pref.osaka.lg.jp/keikakusuishin/syougai-plan/sabejyoreiiken.html

奮ってどうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:18
テレビ アウトサイダーに魅せられて [2016年01月23日(Sat)]
アウトサイダーに魅せられて
2016年1月25日(月)夜8時からNHKEテレでの放送

その男についていくと、いつもちょっと変わったものに辿り着く。似顔絵だらけのコインランドリー、昆虫二万匹で作られた千手観音像、ペットボトルなどのキャップで覆い尽くされた建物…
男の名は櫛野展正さん。
福祉施設の職員をしながら、「アウトサイダーアート」と言われる表現を世に紹介してきた、アート界の異端児です。
「アウトサイダーアート」とは、障害者、犯罪者など、伝統的な美術の世界の枠組みからはみだす人々による表現。そこには、社会のアウトサイダーとして生きる日々の中で生み出された、独自の世界観が広がっている、いわば、社会の断絶から生まれる“狂気”です。
櫛野の活動拠点は、広島県福山市の「鞆の津ミュージアム」。企画の主任として、これまで、社会で見て見ぬふりをされるアウトサイダーに徹底的にこだわって紹介してきました。死刑囚、ヤンキー、オタク…。
近づき難いほどの狂気を放つ表現の奥には、“生き様”があると櫛野さんは言います。
櫛野さんはなぜ、アウトサイダーの生き様にこだわるのでしょうか。そしてその先に何が見えるのでしょうか。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:25
テレビ 漂流ポスト あなたへ [2016年01月22日(Fri)]
NNNドキュメント‘16
2016年1月24日(日)24:55からの放送
関西ではよみうりテレビ
「漂流ポスト あなたへ」です。

「東日本大震災」の津波で、大きな被害を受けた岩手県陸前高田市。深い杉木立の先に赤いポストが、ぽつん。震災などで亡くなった大切な人への手紙を受け付けている。漂う想いを受け止めたい。手紙を書くことで心を和らげて欲しい。この場所でカフェを営む赤川勇治さん(66歳)が「漂流ポスト」と名付け、2014年3月、庭先に設置した。これまでに約130通が寄せられ、原則、公開されている。メール全盛の時代。手書きの文字が明かす心の奥底に秘めた想いとは?

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:14
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml