CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
新書 「反〈絆〉論」 [2015年01月31日(Sat)]
中島 義道(著)
「反〈絆〉論」 (ちくま新書)
760円(税抜き)

東日本大震災後、絶対的価値となった“絆”という一文字。テレビは「優しさ」を声高に称揚するようになり、列島中がその大号令に流されて、権威を当然のものとして受け入れてしまったかに見える。だが、そこには暴力が潜んでいないだろうか。陰影のある、他の「繊細な精神」を圧殺する強制力がはたらいているのではないだろうか。哲学にしかできない領域から“絆”からの自由、さらに“絆”への自由の、可能性を問いただす。

第1章 “絆”は重苦しい
第2章 “絆”は有益である
第3章 組織における“絆”
第4章 (なるべく)他人に同情しない
第5章 (自他の)孤独を尊重する
第6章 生命は最高の価値か?
第7章 “絆”からの自由・“絆”への自由
付録(美談が覆う真実もある(東京新聞)
『がんばろう日本』という暴力(新潮45)
「いい人」だからこそ陥る「みんな一緒主義」(児童心理))

一人でじっくり考えたい人にお勧めです。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:04
テレビ 大阪の大問題 子どもの貧困 [2015年01月30日(Fri)]
テレビ大阪
報道特番 大阪の大問題 特集:子どもの貧困
2015年1月30日(金) 17時13分〜18時00分
長谷川豊がお届けする報道特番の第2弾!日本の子どもの6人に1人が貧困?中でも大阪の子どもは深刻な貧困状態に・・・シングルマザーの現状から見えるものとは?.

昨年4月から始まった中学1年の全員給食。「まずい」「少ない」といった論争が起きているが、そもそも昼ごはんを食べられない子どものための全員給食ではなかったのか?離婚であっという間に貧困に。他人事ではないシングルマザーの厳しい現状や貧困家庭の現状を取材、キャスター長谷川豊が詳しく解説する。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 10:32
新書 人事評価の「曖昧」と「納得」 [2015年01月29日(Thu)]
会社から受ける人事評価に、不満や“もやもや”とした感情を抱いている人が多いだろう。その原因は、人事評価というものが必ず「曖昧」にならざるを得ない点にある。にもかかわらず、人はその評価に「納得」して受け入れることがある。なぜか? これまでにない視点と豊富な具体例から、日本の人事評価の実態と現実的な対処法を明らかにする一書!

江夏 幾多郎(著)
「人事評価の「曖昧」と「納得」」 (NHK出版新書 447)
740円(税抜き)

目次です
第一章 人事評価の成り立ち
第二章 曖昧化する人事評価
第三章 曖昧さの中での納得
第四章 職場や従業員に寄り添う人事評価

(NHK出版 編集担当者 伊藤周一朗)
「会社から自分は評価されているか?」と、会社勤めのみなさんは一度は考えたことはあるものでしょうか。“人事評価”というものには、常に“不安”や“不満”がつきまとうものです。
1990年代のいわゆるバブル崩壊後から、勤続年数や年齢によって職場での地位や賃金が上がる「年功序列」から、仕事の成果に応じて給与や昇格を決定する「成果主義」への、移行の取り組みがなされてきたと言われます。また、その「成果主義」的な取り組みが失敗だったのではないか、とさえ言われるようになりました。
しかし、本書の著者である江夏幾多郎氏は、そもそも日本企業が年功主義的であると言われてきたこと自体が、「俗説の類である」と喝破します。実のところ、日本は戦後間もないころから、職務の価値にもとづいて社内等級を与え、役割の達成度にもとづき昇給や昇進を決める「職務主義」が目指されていたのです(第一章「人事評価の成り立ち」)。このことを一つとっても、いかに日本企業における“人事評価”が「曖昧」であるかがよくわかるでしょう。
なぜ「曖昧」な評価でも「納得」をさせることができるのか? 著者は「納得」を生む「公正」とは何かを十分に吟味した上で(第二章「曖昧化する人事評価」)、「『曖昧だからよくない』という発想を一度やめることがかえって合理的なのかもしれません」展開、さらに膨大なフィールドワークをもとに「曖昧な中での納得」のメカニズムを明らかにします(第三章「曖昧さの中での納得」)。その上で、理想的な人事がどうあるべきかを結論づけていきます(第四章「職場や従業員に寄り添う人事評価」)。
自分の評価に疑問を感じている人、また人事担当として苦労されているみなさんに、ぜひ一読をいただきたい一冊です。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:39
テレビ 障害者の家族(1)誰にも言えなかった苦しみ [2015年01月28日(Wed)]
NHKEテレ2015年1月29日(木)夜8時放送
WEB連動企画“チエノバ”
―障害者の家族(1)誰にも言えなかった苦しみ―
1月と2月は、「障害者の家族が抱える悩み」について考える2か月連続のシリーズ。

「障害がある子どもが生まれ、正直、どう向き合っていけばいいのかわからない」
「親は障害のある兄にかかりきりで、孤独だった。兄なんかいなくなってしまえ、と考えてしまい、そのたびに罪の意識にさいなまれる」
「統合失調症の母のことを、誰にも知られたくない…」
番組には、以前から、障害のある当事者だけでなく、その家族からも様々な「声」が寄せられています。
障害のある子どもを育てる「親」、兄弟姉妹に障害がある「きょうだい児」、障害のある親から生まれた「子どもたち」や、精神疾患などを発症した父や母と向き合う「子どもたち」…。家族の障害をどう受容するのか?自分の人生との折り合いをどうつけるのか?

1月の放送では、様々な立場の家族から寄せられた「声」を紹介し、それぞれが抱える問題を考えます。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:31
テレビ 詩人・吉野弘さん 静かなブームの秘密 [2015年01月27日(Tue)]
『 祝 婚 歌 』しゅくこんか 吉野 弘
二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派過ぎないほうがいい
立派過ぎることは
長持ちしないことだと
気づいているほうがいい
完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい
二人のうち どちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい
互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで疑わしくなるほうがいい
正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気づいているほうがいい
立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には色目を使わず
ゆったりゆたかに
光を浴びているほうがいい
健康で風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと胸が熱くなる
そんな日があってもいい
そしてなぜ 胸が熱くなるのか
黙っていてもふたりには
わかるのであってほしい

NHKGテレビ 2015年1月27日(火)夜7時30分からの放送
“いまを生きる”言葉 〜詩人・吉野弘さん 静かなブームの秘密〜

「正しいことを言うときは 少しひかえめにするほうがいい」−「祝婚歌」で知られる詩人・吉野弘さん(享年87)が亡くなって一年、いま静かなブームを呼んでいる。何げない日常や光景の中に、人間の弱さや優しさ、他者とかかわって生きることの意味をうたった吉野さんの詩は、これまでもドラマ「ふぞろいの林檎たち」(山田太一)のセリフに登場したり、ロックアーティスト・浜田省吾のアルバム中に引用されたりしたほか、いくつもの教科書に掲載されてきた。その吉野さんの言葉が、先行きの見えない混沌とした時代の中で、共感をよんでいるのだ。今回、終戦直後、22歳の頃に書かれた未発表原稿が書斎から見つかった。軍国青年だったという吉野さんは、その反省から、詩人として“人のために生きる決意”を記している。“いのち”“日常”“大切な人”を詠むことにこだわった吉野さん。彼の言葉に、いま人々はなぜひかれているのか、その秘密に迫る。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:26
大阪府福祉基金の申請が始まります [2015年01月26日(Mon)]
平成27年度大阪府福祉基金地域福祉振興助成金」助成対象事業を募集

1 申請できる団体 
 大阪府内で障がい者や高齢者、児童などへの支援活動等、府民福祉の向上に寄与する活動を行っている団体。
 (非営利団体であること。法人格の有無は問いません。ただし、団体の定款等を定めている必要があります。)
 
2 助成対象事業
■ 障がい者や高齢者、児童等の福祉の向上に寄与する草の根活動
■ 若年性認知症の発症初期の「空白の期間」解消を目的としたモデルとなる事業
■ DV被害者等とその子どもの回復支援・居場所作りモデル事業
■ アートを活かした障がい者の就労支援事業−障がい者の現代アート市場への参入支援システムづくり−

3 受付期間

平成27年1月26日(月曜日)から2月20日(金曜日)まで(受付最終日までの消印有効)

4 受付場所
 大阪府社会福祉協議会(大阪府ボランティア・市民活動センター)
  〒542−0065 
  大阪市中央区中寺1−1−54 大阪社会福祉指導センター 3階
  【受付時間】 月曜日・水曜日・金曜日・土曜日 午前9時から午後5時まで
           火曜日・木曜日 午前9時から午後9時まで
  【閉所日】 日曜日・祝日 
  【電話】 06−6762−9631
  【ファックス】 06−6762−9679

5 問合せ先
 大阪府福祉部地域福祉推進室地域福祉課企画調整グループ  電話06−6944−6657

6 その他
 ・申請内容の審査の結果、交付しない場合もあります。    
 ・平成27年度予算に係る大阪府議会での審議の結果、予算が成立しなかった場合、申請受付後であっても助成金は交付できません。予めご了承ください。

※詳細は、関連ホームページ及び添付資料をご覧ください。
http://www.pref.osaka.lg.jp/chiikifukushi/kikin/index.html

【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:17
テレビ 人生はどこまで楽しくなるのか [2015年01月25日(Sun)]
2015年1月25日(日) 午後9時00分〜9時49分放送
NHKスペシャルは、
ネクストワールド 私たちの未来 第4回は、
「人生はどこまで楽しくなるのか」

ファッションやグルメ、一家団らんなど、人生の楽しみを形作るものが、テクノロジーによって大きく変わろうとしている。色や形が変化する洋服や、自然食材に頼らず化合物によって味のパターンを無限に作り出せる究極のグルメ、我慢しないで出来るダイエット法。中でも、ゲーム界から発展したバーチャルリアリティ(仮想現実)の技術が進化し、部屋に居ながら世界中を旅できる「どこでもドア」の実現が近づいている。さらに、画期的なのは亡くなった人がデジタル空間に残したデータを元に、人格を再現しようという試み。亡くなった大切な人と永遠の語らいを続けられることも夢ではない。現実とは別の「もう一つの世界」「もう一つの人生」を手にできる未来で、私たちの人生はどれだけ楽しくなっているのか?
【ドラマあらすじ】
舞台は2045年。バーチャルリアリティの世界に浸る青年と少女の物語。部屋に居ながら世界中に行ける「バーチャル旅行」に夢中の青年は、幼い頃に出会った少女のことが今も忘れられない。一方、最愛の母親を亡くした少女は、父親の手によってホログラムの技術で母親が蘇ったことに激しい葛藤を抱いていた。蘇った母親は、作りものなのか、本物なのか。葛藤する少女。そして青年と少女は、運命的な出会いを果たす。
【番組ナビゲーター】神木隆之介
【ドラマ出演】古畑新之、小島藤子、ホラン千秋
【脚本・演出】落合正幸

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:02
テレビ 人間のパワーはどこまで高められるのか [2015年01月24日(Sat)]
2015年1月24日(土) 午後9時00分〜9時49分放送
NHKスペシャルは、
ネクストワールド 私たちの未来の第3回
「人間のパワーはどこまで高められるのか」

人間が新たな身体能力と知性を獲得しつつある。それをもたらしているのは、人と機械を融合である。「ウエアラブル・ロボット」を装着した兵士は、重装備をモノともせず、何時間でも戦い続けられる。一般社会では、ロボットの腕を装着して仕事や家事を効率化しようという研究も始まった。さらに頭脳をアシストする「ウエアラブル・コンピューター」はコンタクトレンズ型なども登場し、いつも身につけられるようになり、人間の知的能力も向上すると言われる。
究極の形は、脳の情報をコンピューターにそのままコピーすることで人間を肉体から解放し、デジタル空間で永遠に生き続けること。人間の能力はどこまでパワーアップするのか。【ドラマあらすじ】
近未来ドラマは、ロボット技術が劇的に進化した2045年の町が舞台。人間がロボットを装着し、ロボットもまた人間そっくりに進化している。
物語は、ショーウィンドウのアンドロイドマネキンに恋をした、老人の禁断の恋。老人が恋を成就させるために取った行動は、自らが機械になることだった・・・。
【ドラマ出演】平泉成、篠田麻里子
【脚本・演出】落合正幸

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:01
映画「シンプル・シモン」 [2015年01月23日(Fri)]
物理とSFが大好きなシモンは、気に入らないことがあると自分だけの“ロケット”にこもり、想像の宇宙へ飛び立ってしまう。そんなシモンを理解してくれるのは、お兄ちゃんのサムだけ。でも、シモンのせいでサムは恋人に振られてしまう。彼女がいなくなって、落ち込むサム。そのせいで自分のペースを乱されるシモン。サムに「完璧な恋人」さえいれば、生活が元通りになると考えたシモンは、サムにぴったりな相手を探し始める。そして、偶然出逢った天真爛漫なイェニファーに狙いを定め、ある計画を実行に移すが・・・。

2011年のアカデミー賞外国語映画賞のスウェーデン代表に選出され、国内でもトーキョーノーザンライツフェスティバル2012をはじめ、各地の映画祭で大好評だった本作が「もう一度観たい!」「シモンに会いたい!」というたくさんのお客様の熱烈な声にお応えして、ついに劇場公開が実現!これが長編デビュー作となる新鋭アンドレアス・エーマン監督は、アスペルガー症候群の主人公の眼に映る世界をユーモアたっぷりに描き出し、シモンというユニークで愛すべきキャラクターを生み出した。北欧デザインのインテリアやファッションもカラフルな、誰もが心満たされるキュートでハッピーな物語。

支部代表者連絡会にて予告編を上映しました。

大阪・路地カフェにて、1月24日(土)10時30分と13:30分の2回上映(当日700円)
問合せ080-1436-9530

【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:59
福助人形 [2015年01月22日(Thu)]
支部代表者連絡会にて少し紹介しました。

幸せを招く縁起物として、江戸時代から親しまれてきた福助人形。堺市に寄贈された福助人形などのうち、堺や京都をはじめ、全国各地で伝えられてきた約160点を堺市内外13カ所で2月2日まで展示。

ウィキペディアによると、
福助人形(ふくすけにんぎょう)は、幸福を招くとされる縁起人形。正座をした男性で、大きな頭とちょんまげが特徴。頭が大きな人の比喩にも用いられる。

元々は、文化元年頃から江戸で流行した福の神の人形叶福助。願いを叶えるとして茶屋や遊女屋などで祀られた。叶福助のモデルとなった人物も実在したと言われている。松浦清の『甲子夜話』にも登場する。当時の浮世絵にも叶福助の有掛絵が描かれ、そこには「ふ」のつく縁起物と共に「睦まじう夫婦仲よく見る品は不老富貴に叶う福助」と書かれている。

一説に、享和2年8月に長寿で死去した摂津国西成郡安部里の佐太郎がモデルである。もともと身長2尺足らずの大頭の身体障害者であったが、近所の笑いものになることをうれい、他行をこころざし東海道を下る途中、小田原で香具師にさそわれ、生活の途を得て、鎌倉雪の下で見せ物にでたところ、評判がよく、江戸両国の見せ物にだされた。江戸でも大評判で、不具助をもじった福助の名前を佐太郎に命じたところ、名前が福々しくて縁起がよいと見物は盛況であった。見物人のなかに旗本某の子がいて、両親に遊び相手に福助をとせがんで、旗本某は金30両で香具師から譲り受け、召し抱えた。それから旗本の家は幸運つづきであるのでおおいに寵愛され、旗本の世話で女中の「りさ」と結婚し、永井町で深草焼をはじめ、自分の容姿に模した像をこしらえ売りにだした。その人形が、福助の死後、流行した、という。

加藤元悦の『我衣』には、「(文化元年)春の頃より叶福助といふ人形を張抜にせし物大に流行して、一枚絵そのほか種々の物に准へて持運び、後には撫牛の如く蒲団を幾枚も重ね、これを祭れば福祐を増すとて、小き宮に入れて売るものあり」とある。

大田南畝の『一話一言』には、「享保三年冬より、叶福助の人形流行」とある。

節分までに縁起物めぐりをどうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:54
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml