CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2014年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
新書 「話が長くなるお年寄りには理由がある」 [2014年09月30日(Tue)]
増井 幸恵 (著)
「話が長くなるお年寄りには理由がある」 (PHP新書)
780円(税抜き)

歳を取ると話が長くなる――あまり歓迎されない傾向だが、そこには「なるほど」と思える理由がある。本書はそのような、老後に生じる「心境の変化」を論じ、特に一種の成熟の表れである「老年的超越」について詳述する。例えば、社会とのつながりが少なくても寂しくなくなったり、何事もポジティブにとらえる傾向が生まれ、しかも努力や経験を重ねなくても、歳をとれば自然にそのような状態に落ち着くのだという。
高齢者心理学の専門家が、1831人の大規模調査(平均70歳以上の幸福感[老年的超越]の調査では日本最大)で見えてきた、高齢者の幸福な境地を語り、「生涯現役」とは異なる価値観を提示する。

目次です
第1章 「あれこれ考えないのよね」
第2章 高齢者心理学とは何か?
第3章 幸せな高齢者と「老年的超越」とは?
第4章 日本人の「老年的超越」の研究結果
第5章 長生きする人の性格とは?
第6章 高齢者の心理発達をふまえた高齢者との付き合い方
終章 「生涯現役」ともう一つの選択肢

お薦めします。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:49
テレビ リハビリ・ケア新時代 脳からの挑戦 [2014年09月29日(Mon)]
NHKEテレ
2014年9月30日(火)夜8時から3夜連続の放送
シリーズ リハビリ・ケア新時代 脳からの挑戦

いま、「脳科学」の進歩で医療や福祉の現場に大きな変化が訪れようとしています。これまで謎に包まれてきた難病や原因不明の障害のメカニズムが明らかになり、当事者の生活の質を高める新たなケアや、リハビリの可能性が開かれてきたのです。ハートネットTVでは、「福祉×脳科学」の可能性と課題に着目し3本シリーズでお伝えします。

第1回は、脳と機械をつなぐ「ブレイン・マシン・インターフェース」技術を意思伝達困難なALS患者たちのコミュニケーション支援に活用しようという臨床研究を紹介。技術の精度を高めるため日々、患者自身と医師や技師らが協力し取り組む現場に密着します。

第2回は体の筋肉が意思通りに動かなくなる難病ジストニアに対して脳科学を活用する「ニューロ・リハビリテーション」を取材し、様々な他のマヒへの応用の可能性を探ります。

第3回は、睡眠不足や睡眠リズムの崩れで日常生活に困難がある子どもたちに注目。睡眠習慣を改善し、脳を休ませることで回復していく過程を見つめるとともに、こうした不調を未然に防ぐために始まった「先制医療プロジェクト」の動きも紹介します。

3夜連続でどうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:45
テレビ 増田セバスチャン [2014年09月28日(Sun)]
NHKEテレ2014年9月29日(月)8時からの放送
ブレイクスルー
File14 反逆の原宿“カワイイ” ―アートディレクター・増田セバスチャン―

第14回の主人公は、原宿で20年間店を開き、“カワイイ”文化を発信し続けるアートディレクターの増田セバスチャンさん(44)。歌手“きゃりーぱみゅぱみゅ”さんのプロモーションビデオで、“おもちゃ箱”のようなカラフルな舞台装飾を製作して大ブレイク。現在も、CMやテレビスタジオのセットなど多方面に活躍。世界が注目する“原宿カワイイ文化”の第一人者です。

増田さんが生み出す作品は、注射器や片目のないヌイグルミなど、単純な“カワイイ”だけではないグロさ、暗さを内包し、それが多くの若者をひきつけています。その背景には、増田さんが幼少期に経験した家庭環境があります。育児に興味ない母親からネグレクトされ、父親も家から帰って来ませんでした。非行に走る妹。そんな家庭に絶望して家を飛び出し、大阪で1人暮らしを始めますが、人付き合いが苦手で家に引きこもることに。

抱えてきた“生きづらさ”を表現へのエネルギーに変え、世界が注目する創作活動を続ける増田さんの“ブレイクスルー”に迫ります。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:44
テレビ "老後破産"の現実 [2014年09月27日(Sat)]
NHKGテレビ NHKスペシャル
2014年9月28日(日)午後9時00分〜9時49分
老人漂流社会V "老後破産"の現実
高齢者人口が3000万を突破し、超高齢社会となった日本。とりわけ深刻なのが、600万人を超えようとする、独り暮らしの高齢者の問題だ。その半数、およそ300万人が生活保護水準以下の収入しかないにも関わらず、保護を受けていない。年金が引き下げられ、医療や介護の負担が重くなる中、厚労省が『生活保護ボーダーライン層』と位置づける高齢者が“破産”寸前の状況に追い込まれている。在宅医療や介護の現場では「年金が足りず医療や介護サービスを受けられない」という訴えが相次いでいる。自治体のスタッフは、必要な治療や介護サービスを中断しないように、生活保護の申請手続きに追われる一方、保護を受けずに、ギリギリで頑張る人に対しては、ヘルパーや看護師の訪問回数を減らすなどの対応で凌いでいる。
年金だけでは医療や介護さえ十分に受けられない“老後破産”の厳しい現実を密着ルポで描くとともに、誰が、どういった枠組みで高齢者を支えていくべきか、専門家のインタビューを交えながら考える。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:43
障害者雇用支援月間 [2014年09月26日(Fri)]
毎年9月は障害者雇用支援月間です。

政府広報の障害者就労支援のコーナーが新しくなりました。
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201409/2.html
制度の紹介や統計データも新しくなっていますのでご活用ください。

「平成26年度版 就業支援ハンドブック 障害者の就業支援に取り組む方のために」(1冊1782円)もネットで提供されています。
http://www.jeed.or.jp/disability/data/handbook/h25handbook.html

ご活用ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:39
テレビ 子どもの「食の貧困」 [2014年09月25日(Thu)]
クローズアップ現代
9月25日(木)夜7時30分から放送は
 お腹いっぱい食べたい 〜調査報告・子どもの「食の貧困」〜

「夏休みが終わる頃、体重が減る子どもがいる」学校教育の現場では、給食がない夏休みに食事を十分取れず、体調を崩す子どもの存在が危惧されている。背景にあるのは、貧困世帯における「食の貧困」だ。7月の厚労省の調査では、「相対的貧困」状態にある子どもの割合は6人に一人と、過去最悪の値。今回、貧困問題に取り組むNPO、新潟県立大学と共同で調査を実施したところ、「子ども一人当たりの食費が一日329円」と、子どもの成長に必要な栄養が取れないほどにまで食費が圧迫されている実態が見えてきた。食の貧困はなぜ起こり、どのように子どもに成長を脅かすのか。調査で明らかになってきた実態を分析するとともに、どうすれば貧困の連鎖を断てるのか、学校や地域で始まった先進的な取り組みを合わせて紹介する。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:41
大阪ふれあいキャンペーン実行委員会 [2014年09月24日(Wed)]
大阪ふれあいキャンペーン実行委員会が9月17日午前開催されました。
役員人事を決めたのちに、昨年度の事業報告の承認、そして、今年度の事業計画の承認、障害者週間行事の情報交換が行われました。
今年の大阪ふれあいキャンペーン実行委員会事業は大きく4つの柱です。

1 大阪ふれあいおりがみ
  ○大阪ふれあいおりがみの印刷と配布  17万部程度(予定)

2 大阪ふれあいすごろく
  ○大阪ふれあいすごろくの印刷と配布  8千部程度(予定)
  ○解説ガイドブックの作成 
   ・保護者や教師がガイドブックを使うことで、子どもたちの学びをサポートしてもらう。(HPからダウンロード・印刷して使用できるようにする)
   ・ガイドブックでは、すごろくの各マスの説明や振り返りクイズを記載。

3 障がい者週間ポスター
  ○障がい者週間ポスターの作成と配布  5,600部程度(予定)
   ・26年度も、24・25年度に引き続き、障がい者スポーツをテーマに作成。大阪府在住の障がい者馬術の選手を起用。

4 障害者差別解消法の啓発
  ○啓発チラシの作成 
  ・障害者差別解消法の施行に向けて、啓発用のチラシを作成。チラシはHPで提供し、そこからダウンロード・印刷できるようにする。
  ・チラシは、障害者差別解消法の成立と合理的配慮の内容についての2種類を作成。

大阪手をつなぐ育成会からは、10月に開催のスポーツフェスタと、1月に予定している新成人と還暦を祝う集い、そして、障害者週間に合わせ毎年梅田スカイビルで開催の展覧会やシンポジウムなどに加え、1月12日から1週間の期間つなgoodホールで行う「世界のバリアフリー絵本展」を案内しました。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:43
大阪府福祉のまちづくり審議会 [2014年09月23日(Tue)]
9月16日午後、大阪府福祉のまちづくり審議会が開催されました。審議会委員34名中26名が出席。傍聴席には車いすの人も目立ちます。小河副知事の開会あいさつの後、田中直人(島根大学特任教授)会長のもとで議事が進行。部会報告の後に「大阪府福祉のまちづくり条例」の改正について審議されました。改正内容は次の4点です。

ア.共同住宅の基準適合義務対象規模の見直し
現行 :2,000u以上または50戸以上
改正案:2,000u以上または20戸以上(ただし、2,000u未満かつ20戸〜49戸の共同住宅については、道等から地上階にある住戸までの経路のみ基準を適用。)
内容 :高齢化社会への対応や障がい者の地域移行の観点から、基準適合義務対象規模の引き下げを行う。
新たに対象とする規模(2,000u未満かつ20戸〜49戸)については、地上階にある住戸の出入口までのバリアフリー化のみ求める。(地上階に住戸がなく、エレベーターが設置されている場合は、地上階にある当該エレベーターの出入口まで)

イ.自動車修理工場の基準適合義務対象規模の見直し
現行 :200u以上
改正案:200u以上(不特定かつ多数の者が利用する部分に限る)
内容 :一般客が立ち入るエリアのみを規模算定の対象とする。

ウ.公衆便所の乳幼児向け設備の適用規模の見直し
現行 :便所における乳幼児向け設備の設置対象規模1,000u以上
改正案:便所における乳幼児向け設備の設置対象規模1,000u以上(公衆便所においては50u)
内容 :さらなる乳幼児連れの方への配慮(子育て支援)の観点から、公衆便所における適用規模を1,000u以上から50u以上へ引き下げる。

エ.共同住宅および寄宿舎における介護ベッド等の設置規模の見直し
現行 :10,000u以上の場合には共用便所に対し、介護ベッド等を設置
改正案:10,000u以上の場合(1室の面積が200u以上の集会室を設けるものに限る。)には共用便所に対し、介護ベッド等を設置
内容 :共同住宅または寄宿舎における共用便所に対する規定(10,000u以上に適用する規定に限る。例:介護ベッド)は一室の床面積が200u以上の集会室を設ける場合に限り適用する。

この後パブリックコメントの手続きの後大阪府議会で審議後、順調にいけばこれらは平成27年7月からの施行となります。
条例改正は、ほかにも多くの課題があり、上記以外は2次改正以降に持ち越されました。
【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:41
テレビ 立ち上がった"働く若者たち" [2014年09月22日(Mon)]
2014年9月23日夜10時からテレビ大阪で放送
ガイアの夜明け 第633回
もう泣き寝入りはしない!〜立ち上がった"働く若者たち"〜

先月、厚生労働省が発表した有効求人倍率は、22年ぶりの高水準だった6月と変わらず1・10倍と好調で、働き口が増えているのはたしかだ。
その一方で、やっとの思いで就職した会社で不当な扱いを受けている人たちも多いという。「最低賃金割れ」「賃金未払い」「長時間労働」などに対して、労働条件の改善を目指し、若者たち自らが立ち上がり始めた。そして、こうした労働者を支援する弁護士団体や組合も多く現れ始めた。番組では、声を上げた若者たちに密着。そこから、本当に働きやすい職場とは、一体、どうすれば作れるのかを探っていく。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:39
テレビ 坪田式教育メソッド [2014年09月21日(Sun)]
9月21日(日)夜11時MBS放送の「情熱大陸」

“ギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に…” 心理学でどんな子供もやる気にさせる、坪田信貴の教育メソッドに迫る。

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』というノンフィクションが50万部を超えるベストセラーとなっている。この本の著者でシンデレラストーリーの立役者が、名古屋で学習塾を営む坪田信貴だ。
坪田は「勉強が嫌いでも、出来なかったことが出来るようになることが嫌な子はいない」という信念のもと、独自の教育メソッド(=方法)で多くの生徒たちを個別指導してきた。
その方法は、日本の教育界ではあまりなじみのない「心理学」を応用し、学習指導に活用する、というものだ。入塾の際には学力テストのみならず、心理テストを必ず受けてもらう。生徒の性格や傾向を分析し、それぞれにあった指導やオーダーメードのカリキュラムを作るために欠かせないからだ。たとえ高校生であっても、必要があれば小学4年生レベルの問題集からスタートさせることもあるという。
この夏、そんな坪田の下に新たな入塾希望者がやってきた。番組では、面接から入塾テスト、さらには指導する様子を密着取材。型破りな教育者は、果たして本当に短期間で成績を上げる事ができるのか?話題の坪田式教育メソッドに迫る。

坪田信貴
青藍義塾(せいらん・ぎじゅく)塾長、学校法人大浦学園 理事長。 自ら生徒を指導する教育者でありながら、同時に日米をまたに掛け、IT企業など複数社を創業した起業家であり、経営者でもある。心理学を駆使した学習指導法により、これまでに1300人以上の子ども達を個別指導し、生徒の偏差値を短期間で急激に上げることで定評がある。教え子には、「高校3年生の夏まで文系クラスだったが、その後、理系に転向して国立大学医学部に合格した女の子」「高校3年生のときに学年で100番以下だったが、東京大学に合格した男の子」など、異例のエピソードを持つ者多数。本人曰く「足の短さにも定評がある(身長145cmの子どもに負けたことあり)」。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:37
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml