CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ ワザあり“介護” 旅・食・アートの力 [2013年09月30日(Mon)]
NHKEテレのハートネットTV 夜8時から
2013年10月1日(火)から3日(木)の3回連続の放送は、
シリーズ ワザあり“介護” 旅・食・アートの力

第1回 ―旅―
10月の特集は、「ワザあり“介護”」です。要介護の状態になっても、自宅や施設に閉じ込もるのではなく、旅に出たり、家族そろってレストランで食事を楽しみたい。そんな願いをかなえることで、生きる力や意欲を取り戻す、民間の介護サービスが注目されています。
第1回でとりあげるテーマは「旅」。特別な訓練を受けた「旅行ヘルパー」が付き添うことで念願がかない、ふるさとの親類、友人に会いに行った認知症の女性の「感動旅」、近所のファミリーレストランに年に4、5回息子と出かけることが在宅介護の長続きの秘けつになっているという「ちょっと近くの『非日常』旅」などを紹介。
さまざまな旅を通して、高齢者と介護者の「生活の質と潤い」を充実させる、新しい介護のカタチを考えます。

第2回でとりあげるテーマは「食」。高齢になると、栄養が偏ったり回数が減ったりと食事がおざなりになりがちです。最近は介護食品や配食サービスも充実してきましたが、それだけでは十分ではないと、町の高齢者の食事を支え続けてきた食堂、また、一人暮らしや「老老介護」の夫婦が、オシャレしてフレンチのコースも楽しめるレストランなど、とっておきの「食」を紹介します。
人生の最後まで残る喜びとも言われる、「食」によって、高齢者と介護者の「生活の質と潤い」を充実させる、新しい介護のカタチを考えます。

第3回でとりあげるテーマは「アート」。認知症など、高齢にともなう病気や障害によりできないことが増えても「その人らしさ」を表現し、評価してもらえる「臨床美術」を紹介します。プロの絵画技術を高齢者にわかりやすく伝える訓練を受けた「臨床美術士」の導きで、個性的な作品を作り笑顔になる認知症のお年寄りたちや、絵を書くことで生きがいを取り戻した男性など・・・。あるデイサービスで行われているプログラムを見つめながら、アートで「生活の質と潤い」を充実させる、新しい介護のカタチを考えます。

シリーズでご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:32
新書 「里山資本主義」 [2013年09月29日(Sun)]
多くの書評が出ていますが、
やはり今年1番のお勧めの本です。

藻谷 浩介 (著), NHK広島取材班 (著)
「里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く」
(角川oneテーマ21) ¥ 820

毎日新聞2013年9月1日の書評をそのまま紹介します。【KB】

◇バイオマス発電にみる林業再生への光
多くの人に読んでもらいたい本である。ひとつの中心は、第一章と二章。NHK広島放送局のディレクター夜久恭裕氏の筆になるものである。
日本の製材業は衰退し続けている。輸入材におされ、国産材は振るわず、日本の森は荒れている。こうした中で、岡山県の山あいにある真庭市の従業員200人の製材所にスポットが当てられる。社長の中島(なかしま)浩一郎さんの奮闘である。
製材にともなう木くずを利用し、バイオマス発電を試みる。融資が受けられずに苦労するが、10億円を投資し、1時間に出力2000キロワットの発電にこぎつける。これで製材所の年間電力1億円分をまかない、余った電力を電力会社に売る。だが1キロワット3円では採算に合わない。しかし、2002年、法律により9円になり、年5000万円のプラスを生む。今まで木くずは産業廃棄物として処理費2億4000万円を払っていた。その削減分がプラスになる。さらに残る木くずを筒状に固めてペレットにし、石油にかわる燃料にする。町の支援もあって、家庭用ストーブ、農業ハウス用ストーブが普及し、ペレット販売がキロ20円ちょっとで軌道にのる。これは石油に対抗できる値段である。役場も小学校も使う。
夜久ディレクターは、バイオマス燃料の先進国オーストリアにとぶ。中島氏もしばしば訪れた先進バイオマス国である。そこで見たものは、大きな製材会社がつくる生産量年間6万トンのペレット工場で、驚いたのは、ペレット需要者宅に運ぶ大型タンクローリー車である。車からの一本のホースが各家庭の貯蔵庫にペレットを送り、もう一本で燃えかすを吸い上げる。スイッチひとつでペレットに触れることのない、全自動ボイラーが整備されている。
注目しなければならないのは、経済面で石油に対抗できることである。同じ熱量当たりにして灯油の2分の1の値段であり、これがバイオマスボイラー等の設備費の高さを補っている。この経済性がオーストリアのエネルギー生産量の28・5%を再生可能エネルギーにし、その比率を高めている。
また、バイオマスの国オーストリアは、1978年に国民投票で原発の稼働を拒否し、99年憲法に原子力利用の禁止を明記したという。
本書を読むとドイツとの違いに気づく。ドイツは経済性のない太陽光発電を高価で買い取り、そのつけを庶民にまわしている。これらにならったスペインでは行きづまり、買取制度を廃止した。日本は、この悪(あ)しき例に学び、より高い価格で買い取り、そのつけを消費者にまわしている。バイオマス発電もキロワット当たり9円でなりたつものを20円をこえる買取価格にした。バイオマス発電に成功した真庭市などは、23億円の融資を受け、出力1万キロワットの発電所の建設に入り、中島氏は高知県の限界集落といわれる大豊町に請われて、従業員55人の製材所とバイオマス発電所の建設にむかっている。このような試みの中に、日本の林業の再生の光が見出(みいだ)せるのかもしれない。
つづく章では、瀬戸内海の周防大島に都会から入った人たちの創意工夫の地域おこしと、広島県庄原市の社会福祉法人が、逆転の発想で、デイサービス、保育園、レストラン等を地元の人たちの協力によって複合経営し、生きがいまでつくりだしていく姿が紹介されている。安心のネットワークとお金が地域内を循環する「さとやま」である。これが未来をつくるサブシステムであることを藻谷浩介氏が解説している。
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:23
本の紹介 「避難弱者」 [2013年09月28日(Sat)]
9月19・20日に高松市で開催された全国社会福祉法人経営者大会
その会場で参加者に配布された資料のひとつに
相川 祐里奈 (著)
「避難弱者: あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか? 」
¥ 1,890 がありました。

原発から爆発音が聞こえた―放射線が飛び交う中、自らの危険を顧みず老人に寄り添った介護士たちの奮闘と葛藤を克明に描き出す感動のルポ。

2011年3月11日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか?「終わりだ。原発が爆発した」「やれることはやっぺ」「死に物狂いでくっついてこい!」「利用者がこのまま死んでもいいというんですね」「もう限界です」「県知事命令は受けている」「逃げるな!」「誰を残すかなんて、そんなの選択できないですよ」「私たちに死ねっていうんですか!?」「寒い寒い」「酒でも飲んで、2人でなんとかすっから」「これで誰も死なせなくて済む」「動かしたら死んじゃうんじゃない?」「やっぱり、高齢者には避難は無理なんだ」「老人殺し」
「最後は俺がケツを拭くから」「いいよ! おらあ受けるよ」「職責もなんもねえけど、困ってたらほっとけねえべ?」「やっぱりご飯はうめえな」「こんなときに不謹慎に大笑いして」「俺、多分、ギリギリまで帰らないから」「家族をおいてまで、利用者をケアするのか」「子どもができなくなったら、どう責任とるんだよ!」「私だって、赤ちゃんが産みたい……」「弱者が淘汰されていくのかと思うほど簡単に亡くなっていく」「おらがこんな状況だから、みんなおらのこと置いて逃げんだべ」「なあに言ってんの、最後までおいていかないよ。……最後まで、一緒だよ」

本の帯に黒川清国会事故調 元委員長の推薦がついています。
ここかしこに1人ひとりの現場の人たちの生き様があぶり出されてくる。
苦悩がある、多くの感動がある、そして多くの悲劇がある。
この報告から、何を学ぶのか。このような現実にどう対応していけばよいのか。
これは私たち1人ひとりに突きつけられた課題である。
【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:21
介護保険部会の審議 [2013年09月27日(Fri)]
一方、国の社会保障審議会介護保険部会は課題をひとつずつつぶしていくように審議が続く。
8月28日は、これからの政策の中核となる「地域包括ケアシステムの構築」
9月4日は、生活支援・予防給付等と認知症施策など
9月18日は、在宅サービスと施設サービス関連
9月25日は、利用者負担の集中審議、負担増と負担軽減とのメリハリ
そして、10月2日は、急激に進む都市部の高齢化対策
さらに、10月16日と30日は残された課題を審議し、11月14日と27日と取りまとめへのスケジュールが刻まれている

障害者部会の資料は厚生労働省のサイトで新着表示がなく掲載されるが、介護保険部会は新着表示されるので探しやすい。やはり見る人の数が圧倒的に違うせいか。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:13
9月24日の社会保障審議会障害者部会 [2013年09月26日(Thu)]
先日(9月24日)の国の社会保障審議会障害者部会の資料がネットで公開されています。
議題は、重度訪問介護の対象拡大、ケアホームとグループホームの一元化とサテライトの導入、地域移行支援の対象拡大、障害支援区分への見直しなど。
グループホームなどへの「スプリンクラー義務化が「暮らす場」の選択肢を奪わないように」と、育成会では意見書を提出しています。
これらの論議を受け再度検討会が10月4日に開かれ取りまとめ案が出されます。
この検討会取りまとめ案を障害支援区分の部分を除き、10月15日に再度障害者部会で審議する予定です。
障害支援区分は全国での試行結果を終え11月19日に審議。
精神障害者の検討部分も含め、来年度の政府予算案の裏付けとともに12月26日に今年5回目の障害者部会が開催される予定です。

今年2回目となった9月24日の障害者部会の資料は下記サイトでご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000023963.html
【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:53
たまに、NHKニュースそのまま [2013年09月25日(Wed)]
9月24日のNHKニュースです。

国連開発目標に障害者の権利も

国連総会で、24日から各国の首脳による一般討論演説が行われるのに合わせ、「障害と開発に関するハイレベル会合」が開かれ、国連の新たな開発目標の中に障害者の権利についても盛り込んでいく方針を確認しました。
ニューヨークの国連本部で23日、開かれた会合にはパン・ギムン事務総長を始め加盟国の首脳や障害者団体の代表など800人余りが出席しました。
この中で、パン事務総長は「皆で力を合わせ、すべての人が能力を生かし、夢を実現する機会がある世界の実現を目指そう」と呼びかけました。
会合には歌手のスティービー・ワンダーさんも出席し、即興で歌を披露したあと、「科学技術が進歩し、その恩恵を誰もが受けることができるようになることで、私たちのような目が不自由な人たちの可能性が広がることを期待している」と述べました。
ことしの国連総会は国連が2015年までの世界の貧困の解消や経済発展に向けて掲げてきた「ミレニアム開発目標」に続く新たな取り組みの設定も主要なテーマとなっています。
会合では、障害がある人の多くが開発途上国で暮らしているものの、「ミレニアム開発目標」には障害者の権利が十分に含まれていないとして、2015年以降の新たな取り組みはすべての面で障害者にも配慮した内容とする方針も確認されました。
以上です【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 12:41
テレビ 逃れられない人を守れる社会を [2013年09月24日(Tue)]
NHKEテレのハートネットTV
2013年9月26日(木)午後8時からの放送は
「町永俊雄×この人―逃れられない人を守れる社会を・青田由幸―」

「ハートネットTV」の前身番組、「福祉ネットワーク」の元キャスター・町永俊雄。

いま、福祉ジャーナリストとして活動を続ける町永が、さまざまな困難の中で懸命に生きる人たちの“声なき声”に耳を傾ける新インタビュー・シリーズ。

1日目に訪ねるのは、デイさぽーと・ぴーなっつ代表理事・青田由幸さん。
2011年3月11日、青田さんは福島第一原発から25キロメートルの南相馬市にある福祉施設「ぴーなっつ」にいました。
原発事故の発生後、青田さんは現地に残り障害者・高齢者を支援し続けました。
事故発生後、町永俊雄は、東京のスタジオから緊急生放送でさまざまな情報を送り続けました。
しかし、青田さんたちの実情を知り、伝えることができたのは、4か月後のことでした。
災害で真っ先に犠牲となるのは、社会的に弱い立場の人々。
あれから2年半―、
私たちはこの経験から何を学ぶべきなのか。
そして、真の“復興”のためには何が必要なのか。
青田さんへのインタビューから考えていきます。
出演者は、町永俊雄さん(福祉ジャーナリスト)
青田由幸さん(NPO法人さぽーとセンターぴあ 代表理事)
ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:47
テレビ 心を写すシャッター [2013年09月23日(Mon)]
目撃!日本列島
NHKGテレ 
9月25日(水)午前 11:05〜 11:28
 (関西地域向け)
「18歳 夏〜心を写すシャッター〜」

全国の予選を勝ち抜いた高校生たちが、北海道の野山を舞台に写真を撮り、高校日本一を争う「写真甲子園」。
20年の歴史で初めて手足が不自由な生徒が通う学校が選ばれた。
彼らの課題は、技術は高いが、学校の外での活動がほとんどなく、人に撮影協力を求めるコミュニケーション。
特にキャプテン尾崎由季さんは、人に話しかけるのが苦手な内気な少女。心の壁を破って話しかけ、良い笑顔を引き出したい。
18歳の奮闘を伝える。
ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:45
テレビ「福マガ 9月号」 [2013年09月22日(Sun)]
NHKEテレのハートネットTV
2013年9月25日(水)午後8時からの放送は、
「福マガ 9月号」

9月号の特集は、今月18日から開催される「国際福祉機器展」。荻上チキが、世界中から集められたおよそ2万点の福祉機器を取材、「荻上目線」で可能性を探ります。
もう一つは「地域包括ケアシステム」。超高齢社会に向け国は、高齢者のケア・支援を地方自治体に委ねる方針を打ち出しました。戸惑いが広がる中で、先駆的な取り組みをしているのが小田原市内にある特別養護老人ホーム。ここは3年前、住宅街のど真ん中に足湯をオープンさせてお年寄りの“たまり場”をつくり、悩みや困りごとをいち早くキャッチする仕組みを作りました。さらに食事の準備が困難な高齢者へ配食サービスも始め、一人一人の好みに合わせた食事を365日提供しています。福祉ジャーナリストの宮武剛が現場を取材し、リポートします。
ほか東京パラリンピック決定など、福祉の旬なトピックをわかりやすく解説します。
出演者は、荻上チキさん(評論家/シノドス編集長)
宮武剛さん(ジャーナリスト、目白大学大学院客員教授)
森山愛子さん(演歌歌手、タレント、介護福祉士)
ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:43
テレビ 人工ボディー [2013年09月21日(Sat)]
NNNドキュメント‘13
2013年9月22日(日)24:50〜 25:20放送は
「人工ボディー 新たな体に魂を吹き込む」

事故や先天的な疾患によって、身体の一部が欠損した人たち…彼らに寄り添いながら“人工ボディー”を製作する技師がいる。福島有佳子さん(42)。徹底的にリアルさを追求し卓越した技能をもつ福島さんの元には、毎日多くの依頼者が訪れる。生まれた時から左手首から先が欠損している松田佳奈さん(19)もその一人。中学時代に人工ボディーを作ったが、違和感がありあまり着けていなかった。しかし大学生になり、お洒落や化粧をして周囲の視線を意識する年頃になった今、装着の機会が増えている。そんな依頼者一人ひとりの心の揺れを、静かに見守る福島さん。「前に進むことをためらう人の、背中を押すことが仕事」と語る女性技師と、人工ボディーによって新たな人生を歩む人たちの姿を伝える。
ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:42
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml