CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2013年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
新書 スローシティ [2013年05月31日(Fri)]
スローシティやイタリアの美しい村連合に共鳴した小さな町、ショッピングモールの締め出しに成功した町、フェラガモが創り上げた大農場やオーガニックの父と呼ばれた人物の住む村―。グローバル化社会の中で、人が幸福に暮らす場とは何かということを問い続け、町のアイデンティティをかけて闘う彼らの挑戦に、その答えを探る。
なぜ過疎の町が世界の憧れの的となったのか?
「どこに行っても同じ風景」にならないために、イタリアの小さな町が取り組んできたこと

イタリアの奥深い魅力に出会えます。
島村 菜津 (著)
「スローシティ 世界の均質化と闘うイタリアの小さな町」 (光文社新書)
¥ 882

日本を覆っていく閉塞感の一つに、私は、生活空間の均質化というものがあるように思う。郊外型の巨大なショッピングモール、世界中同じような映画ばかり上映するシネコン、画一的な住宅街、駅前や国道沿いに並ぶチェーン店……。だが、私たちにこの世界の均一化から逃れるすべがあるのだろうか。世界のどこにもない個性的な町など、おとぎ話に過ぎないのか。
そんなことを自問しながら、私はイタリアの小さな町を訪ねた。スローシティやイタリアの美しい村連合に共鳴した小さな町、ショッピングモールの締め出しに成功した町、モーダの王者が創り上げた大農場やオーガニックの父と呼ばれた人物の住む村――。
グローバル社会の中で、人が幸福に暮らす場とは何かということを問い続け、町のアイデンティティをかけて戦う彼らの挑戦に、その答えを探る。

目次です

まえがきに代えて――なぜ、私たちはトルーデに来なければならなかったのか?~世界の町がどこか似通ってくるという面白くもない事実について

1章 人が生きていく上で必要なもの、それは人間サイズの町だ――トスカーナ州 グレーヴェ・イン・キアンティ

2章 スピード社会の象徴、車対策からスローダウンした断崖の町――ウンブリア州 オルヴィエート

3章 名産の生ハムと同じくらい貴重な町の財産とは?――フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州 サン・ダニエーレ

4章 空き家をなくして山村を過疎から救え! ――アルベルゴ・ディフーゾの試み――リグーリア州 アプリカーレ

5章 ありえない都市計画法で大型ショッピングセンターを撃退した町――エミリア・ロマーニャ州 カステルノーヴォ・ネ・モンティ

6章 絶景の避暑地に生気をもたらすものづくりの心――カンパーニャ州 ポジターノ

7章 モーダの王者がファミリービジネスの存続を託す大農園――トスカーナ州 アレッツォ

8章 町は歩いて楽しめてなんぼである――プーリア州 チステルニーノ

9章 農村の哲学者ジーノ・ジロロモーニの遺言――マルケ州 イゾラ・デル・ピアーノ

あとがき――場所のセンスを取り戻すための処方箋

【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:53
グループホーム学会 福岡大会 [2013年05月30日(Thu)]
第10回 日本グループホーム学会 福岡大会

「混ざり合って暮らす そげんなまちにするばい」
障害があっても、高齢になっても、住みたい場所で自分らしく暮らし続けたい。それを実現するためにはどのような支援や制度、地域のあり方、環境整備が必要なのでしょうか。お互いに支えあい、混ざり合いながら暮らすグループホームの課題や全国の取り組みを踏まえて、新しい暮らし方を一緒に考えてみましょう。グループホームの世話人や入居者同士の本音さくれつする「しゃべり場」も開催します。
日時2013年6月29日(土)〜30日(日)
参加費 会員 3,000円(両日券)1,500円(1日券) 
非会員 4,000円(両日券)2,000円(1日券) 
当事者•学生 2,000円(両日券)(1日券)
入居者大集合のみ参加者(障害当事者) 500円
会場 久留米市民会館
(福岡県久留米市城 南 町16番地1)
懇親会  会費4,000円(希望者予約制) 会場:ホテルニュープラザ
主催 障害のある人と援助者でつくる日本グループホーム学会
共催主催 グループホーム学会福岡大会実行委員会 
詳しくは、日本グループホーム学会のサイトにて
http://www.gh-gakkai.com/pages/taikai.html

【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 15:51
決算理事会と評議員会 [2013年05月29日(Wed)]
本日(5/29)開催の理事会・評議員会で24年度事業報告や決算などが、原案通り承認されました。概要は6月号の「太陽の子」にてお知らせします。
そして、来年、大阪手をつなぐ育成会が当番の近畿知的障害者福祉大会の実行委員会も組織され、準備が始まりました。理事・監事・評議員そして関係者のみなさんありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 17:41
たまに、時事通信の速報そのまま [2013年05月28日(Tue)]
被後見人に選挙権=改正公選法が成立。(時事通信 2013/05/27-16:56)

成年被後見人に選挙権を付与する改正公職選挙法は27日午後の参院本会議で全会一致で可決、成立した。これにより、昨年末時点で約13万6000人とされる被後見人は、夏の参院選から選挙権を行使することが可能となる。憲法改正の是非を問う国民投票にも適用される。
改正公選法は、成年後見人が付いた人は選挙権を有しないとした11条の規定を削除。被後見人に代理投票を認め、不正を防ぐために、代理投票者の要件を「投票所の事務に従事する者」に限定した。
東京地裁は3月、被後見人の女性が国を相手に選挙権があることの確認を求めた訴訟の判決で、従来の規定について「社会的身分による選挙権の差別を禁じた憲法に違反する」とし、原告の選挙権を認めた。与野党はこれを受け、法改正の検討に着手、改正案を共同提出していた。
一方、東京高裁に控訴した政府は、改正法成立を踏まえた判決を見守りたいとして、訴訟は取り下げない方針。菅義偉官房長官は27日午後の記者会見で「東京地裁の違憲判断を確定させることになるため取り下げることはできない」と説明した。

以上です。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:13
テレビ 幼い命を支えるために [2013年05月27日(Mon)]
直近のテレビ番組を4本紹介 その4

2013年5月28日(火)夜7時30分から
NHKテレビで放送「クローズアップ現代」は
「幼い命を支えるために〜連携する医療と福祉の挑戦〜」です。

小児医療の進歩でより多くの命が救われるようになる一方で、治療を行うNICUや小児病床はパンク状態。安全に出産できる体制を確保し、その後の成長につなげるためには、ある程度回復した子どもを退院させて自宅でケアする必要がある。しかし、その体制の整備は必ずしも進んでいない。親が24時間ケアに追われ、働けなくなったり、精神的に追い込まれたりするケースも多発している。そこでいま注目されているのが、医療と福祉のエキスパートが連携して行う、訪問サービスやデイサービスだ。家族にゆとりが生まれるばかりか、デイサービスのケアや自宅で家族と触れ合う時間が増えた結果、子どもの体調が改善するケースも出てきている。患児とその家族をどのように支えていくのか。その可能性と課題を、動き始めた現場を通して考える。
出演者は、埼玉医科大学小児科教授田村正徳さん。

ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:35
テレビ カネミ油症 母と子の記録 [2013年05月26日(Sun)]
直近のテレビ番組を4本紹介 その3

2013年5月25日(土) 夜11時から
NHKEテレ放送のETV特集は、
「毒と命〜カネミ油症 母と子の記録〜」です。

食用油にダイオキシンが混入し、日本各地で1万4千人が被害者を訴えた「カネミ油症事件」。事件発覚から44年を経た去年、初めて被害者救済法が成立し、国の被害者救済の責務が法的に明記された。しかし、成立した救済法で一顧だにされなかった問題がある。それは、子どもや孫への世代を超えた「毒」の移行の問題だ。
3年前、国が公表した健康実態調査の結果では、回答者の4割が、子ども世代の症状の存在を訴えた。長崎県諫早市に暮らす認定患者・下田順子さん(51歳)もその一人。小学生のとき、家の食事で汚染油を口にし、重い皮膚症状や内臓疾患に悩まされてきた。その後結婚し、汚染油の摂取から20年後に出産。生まれてきた子どもは、幼い頃から体が弱く、成長するにつれ原因不明のけん怠感に悩まされ20歳を超えた今も、さまざまな病気や体調不良に苦しんでいる。
事件発生から45年。被害者がつないできた「命」は「毒」もまたつないでいってしまうのか。番組では、下田さん親子を中心に、声を上げ始めた被害者の姿を取材、放置され続けるカネミ油症・次世代被害の実態を報告する。

再放送は、6月1日(土)午前0時45分から

ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:33
テレビ 京都 縁切り神社 [2013年05月25日(Sat)]
直近のテレビ番組を4本紹介 その2

2013年5月24日(金)午後10時55分から
NHKテレビで放送「ドキュメント72時間」は、
「京都 縁切り神社」

京都・祇園の繁華街のほど近く。全国から人間関係に悩む人が訪れる場所がある。“縁切り神社”で知られる安井金比羅宮だ。悪縁を断ち、新しい一歩を踏み出したいと願う人が、絵馬やお札に自らの思いを書き込む。男女関係、親子兄弟などの家族の縁、地域や職場、学校の人間関係。病気やケガ、事故、災害、パソコンやアルコール依存症まで、現代を生きる上でふりかかる課題は、実にさまざまだ。悪縁と対じする人々が願う未来とは。

なお、再放送は、
5月27日(月)午後3時15分からです。

ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:30
テレビ 子どもはどこへ消えた [2013年05月24日(Fri)]
直近のテレビ番組を4本紹介 その1

2013年5月24日(金)夜7時30分から
NHKテレビで放送「かんさい熱視線」は、
「子どもはどこへ消えた〜相次ぐ虐待死の裏で〜」です。

先月、横浜の雑木林で死後9か月たった女の子の遺体が発見。
大阪では小学校に入学するはずの女の子が、実は生後間もなく殺されていたことが発覚。
各地で、入学式や健診に現れず、居所がつかめない子どもが、死亡して見つかる事件が続発している。
行政が行方を把握できない子どもたち。その数は小中学生だけでも1000人にのぼるとみられている。
社会から“消えた子ども”に何が起きているのか。
どうしたら命を救えるのか、考える。

ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 10:28
たまに、時事通信の5月23日の記事そのまま [2013年05月23日(Thu)]
安倍首相、障害者と交流

安倍晋三首相は23日午後、絵画の制作などを通じて社会参加に取り組む障害者らを首相官邸に招き、日頃の活動について意見交換して交流した。
招かれた四つの障害者団体は、官邸の庭に作品展示や菓子販売などのブースを設置。首相は各ブースで陶芸や絵画の作品を鑑賞したほか、花やデザートなどを購入した。障害者との懇談では、「仕事は楽しいですか」「何が一番大変ですか」などと質問していた。
首相はこの後、記者団に「こうした活動を多くの皆さんに知っていただくことが大切だ。政府としても全面的に(障害者の)皆さんの頑張りや才能を応援していきたい」と強調した。

以上です【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 18:16
テレビ “食のチカラ” [2013年05月22日(Wed)]
NHK総合テレビ 5月22日(水)
午後7時30分から放送
クローズアップ現代は
「人生のディナーを召し上がれ 〜終末期医療・新たな挑戦〜」です。

ガンなどの終末期の患者のケアを担うホスピスや緩和ケア病棟が次々と開設されるようになっておよそ20年。 “痛み”を取り除く「体」のケアの手段がようやく確立した今、QOLを高める次の段階として “食のチカラ”が「心」のケアのために積極的に利用され始めている。大阪の淀川キリスト教病院は去年11月、独立したホスピスを設立し、末期がんの患者に週に1度、希望する食事を叶える「リクエスト食」という取り組みを始めた。多くの患者が要望する食は「若い頃食べたバッテラ」や「お母さんに作ってもらった卵焼き」など一人ひとりの人生と深く結びついたもの。こうした食が死と立ち向かう人に大きな力を与えている。「食べて治す」「食べて癒す」ことに力を入れ始めた終末期医療の最新の取り組みを伝える。

出演者は、淀川キリスト教病院・医師の池永昌之さんです。ご覧ください。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:03
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml