CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
中公新書 大阪 [2012年11月30日(Fri)]
この中公新書の発行日は、2012年11月25日。
出たばかりというか、
この時期にあえてという本です。

砂原庸介 著 
「大阪―大都市は国家を超えるか」定価882円

停滞が続く日本。
従来の「国土の均衡ある発展」は限界となり、
経済成長の"エンジン"として
大都市が注目を集めている。
特に東京に比べ衰退著しい大阪は、
橋下徹の登場、
「大阪都構想」を中心に国政を巻き込んだ変革が行われ、
脚光を浴びた。
大都市は、日本の新たな成長の起爆剤になり得るのか――。
本書は、近代以降、国家に抑圧された大阪の軌跡を追い、
橋下と大阪維新の会が、なぜ強い支持を得るのかを探る。

本文からの引用です。
本書では、「大阪」というフィルターを通して、日本における大都市の問題を議論していく。同じような議論は、「名古屋」をはじめその他の地域の大都市でも当てはまるところがある。重要なことは、従来の「国土の均衡ある発展」という理想の実現が難しくなる中で、経済成長のエンジンとなる大都市をどのように扱うべきかを考えることである。それは、本質的に特定の地名に回収されるべき問題ではないのだ。

本書を執筆することになった直接のきっかけは、言うまでもなく橋下徹と大阪維新の会が掲げる「大阪都構想」と、それに連なる政治的な変動である。2011年4月の統一地方選挙に続き、11月の大阪府・大阪市の「ダブル選挙」で勝利した大阪維新の会は、その後の国政進出を表明して日本政治の台風の目となり、その中心にいる橋下徹について毀誉褒貶の様々な評価がなされている。

しばしば目につく評価は、大きくふたつに割れている。ひとつは、橋下こそが「改革者」であり、停滞した日本政治に対して刺激を与えるとともに、将来には国政でのリーダーシップを期待するようなものである。他方で批判的な論者は、橋下が「ポピュリスト」であり、問題の多い政策を掲げながら有権者を扇動してきたとする。このような議論では、橋下徹という個人について論評し、その人格や思想をもとにして「大阪都構想」のような政策への評価を行う傾向が強い。

もちろん、政治家個人について考えることは重要である。橋下についても、その著書を読めば極めて有能な一面を持つ政治家であることは分かるし、実際にこれまでに政治に参加してこなかった層をも動員して多くの支持を取り付けることに成功していることを見れば、それを可能にした個人の人格や思想に注目して議論するのは不自然ではない。しかし、個人に注目し過ぎることは、反対にそこで提案される政策への評価を歪めることにならないだろうか。

「大阪都構想」は、その最たるものである。核となる政策であると位置づけられている以上、その主張者の意図と切り離して考えることは難しい。そして、観察する周囲の人間は、主張者である橋下の人格や思想から意図を想像し、そこから「大阪都構想」がどのようなものかを評価することになる。「大阪都構想」の内容が、必ずしも常に一貫したものとして説明されていないために、観察者側の想像で補うことができない部分には、「具体性に欠ける」という批判がつきまとうことになる。

本書では、主張者の意図を離れて、「大阪」という大都市をめぐる歴史の中で「大阪都構想」がどのように位置づけられるかを明らかにしていく。それは同時に、2011年に行われた一連の選挙で勝利した橋下徹と大阪維新の会が、なぜこれほどまでに支持を得ることができたのかについての推論を行う作業にもなっている。そのようなねらいのもとで、大都市という存在が現れた明治期にさかのぼり、日本全体と「大阪」――国家と大都市――を行きつ戻りつしながら論を展開していく。

読みたくなりましたか。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:31
たまに、NHK番組のPR [2012年11月29日(Thu)]
11月29日(木曜)午後8時から
NHKのEテレ「ハートネットTV」

みつえとゆういち ―親子で紡ぐ“認知症”漫画―

今、1冊の漫画が大きな注目を集めています。
還暦を過ぎた息子が、
認知症の母を介護する日々をつづった
『ペコロスの母に会いに行く』です。
作者は、長崎在住の漫画家・岡野雄一さん(62歳)。
とかく深刻になりがちなテーマにもかかわらず、
岡野さんは、老いて記憶を失ってゆく
母・光江さん(89歳)の変化をありのまま受け止め、
その姿を愛らしいタッチでユーモラスに描いています。
作品は思わぬ反響を呼び、映画化されることが決まり、
9月から長崎での撮影が始まっています。
日本の認知症高齢者は300万人を超え、
今多くの人たちがさまざまな困難に直面しながら
家族の介護に格闘しています。
認知症とどう向き合えばよいのでしょうか。
記憶を失いながら生きるとは
どういうことなのでしょうか。
番組では、自身も認知症の介護の経験がある
作家の田口ランディさんとともに、
岡野さんの漫画が問いかける
メッセージをひもときながら、
認知症介護のあり方を見つめ直します。
さらに番組では、
映画で親子役を務める岩松了さん(ゆういち役)と
赤木春恵さん(みつえ役)が漫画の朗読を担当し、
漫画の魅力をたっぷり紹介します。

ぜひご覧ください。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:09
社会福祉法人のあり方を国で論議 [2012年11月28日(Wed)]
内閣府の規制・制度改革委員会では、
11月27日から29日までの3日間、
ライフ(医療・介護)、農林水産の
2分野について集中討議が行われます。

それぞれの分野について、
委員会委員のほか事業者(団体)、
各分野の専門委員が出席し、規制・制度の現状の説明、
事業者や専門委員等からの意見・説明の後、
それぞれの分野ごとのテーマに関する議論が行われる予定です。

この内、介護分野については
「介護事業における事業主体(社会福祉法人)のあり方」を
テーマに、11月28日開催されます。

その様子がインターネットで動画中継されます。
【インターネット中継URL(ニコニコ生放送)】
http://www.cao.go.jp/gyouseisasshin/contents/05/move.html

また、議論のための資料が
規制・制度改革ホームページに掲載されています。
http://www.cao.go.jp/sasshin/kisei-seido/meeting/2012/togi/life/121128/agenda.html

議論は介護分野ですが障害福祉サービスでの
影響は少なからずあります。
この議論に注目ください。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:05
堤未果さんの講演会 [2012年11月27日(Tue)]
先日、フリージャーナリストの堤未果さんの
講演会に出かけました。
講演の演目は、「政府は必ず嘘をつく」
アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること
3・11以降、原発事故・放射能問題からTPPまで、
政府や東電、大手マスコミの報道は隠ぺいされたり、
偏った見方が蔓延るなど、
国民に真実が知らされない中で、
洪水のように情報が発信されている。
アメリカでは9・11の同時多発テロ以降、
大惨事につけ込んで実施される過激な市場原理主義
「ショック・ドクトリン」によって
貧困格差が拡大し続けている。
何が本当なのかが信じられなくなった今、
どうすれば私たちは真実を手にできるのか。
堤さんは日本国内の状況を追いながら、
並行して貧困大国化するアメリカに
何度も足を運び取材した。
アメリカで目にした惨状、
日本に帰るたびに抱く違和感は、
やがて1本の線としてつながる。
それは、3・11後の日本の状況が、
9・11後に格差が拡大していったアメリカの姿に
酷似し始めているということだ。
そして、その背景にあるものは、
中東の春やTPPなどと、同一線上にあるものだった。
「情報が操作され、市場化の名の下に
国民が虐げられているアメリカの惨状を見るにつれ、
このままでは日本が二の舞になる」と警告。
同名の著書になぞらえた講演会でしたが、
その迫力に引き込まれました。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 14:20
今井絵理子さんのミニライブ [2012年11月26日(Mon)]
11月24日(土)と25日(日)
第10回共に生きる障がい者展が
国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)で開催されました。

メインイベントの今井絵理子さんによる
「さわやかトーク&ミニライブ」は
聴覚障がいのある息子とともに出演でした。
歌はさすが、でもトークはちょっとといった感想でしょうか。
ニューシングルの「はなかっパレード」と
「はなかっパラダイス」をどうぞ。

そして、見逃した人は、12月15日(土)、
同じく国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)で開催の
「みなみふれあいコンサート」にも
今井絵理子さんが出演です。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 10:37
スワンも出店します。 [2012年11月25日(Sun)]
大東市立総合文化センター市民ギャラリー特別展
大阪府第1回公募展優秀賞受賞者作品展開催のお知らせ

大阪府では、
障がいのある方々が創作される創造性豊かな、
芸術性に溢れる「現代アート」として評価し、
これをマーケットにつなげていくことにより、
アーティストとしての自立に向けた
チャレンジを支援する取組みを実施しています。
昨年、その取組みの一環として、
平成22年3月に開催の
第1回公募展「現代アートの世界に輝く新星展」での
優秀賞作家4名に焦点をあてた展覧会、
「透明な画才−進化する4つの個性」を開催、
多くの方々にご来場いただきました。

そして今回、昨年の展覧会の運営を受託した、
(株)アステム主催による標記展覧会が、
大東市立総合文化センター市民ギャラリーにおいて
開催されます。

昨年の大阪府の展覧会で出展された4名の作家の
作品が展示されますので、
創造性豊かな4名の個性や世界観をご堪能ください。

そして、開催期間中には、
「スワンカフェ&ベーカリー大東店」による
パンとコーヒーの販売も行っております。
作品展を鑑賞後、
おいしいパンと香り立つコーヒーをお楽しみください。
日時   平成24年12月8日(土曜日)から12月16日(日曜日)
     午前10時から午後7時
    (スワンカフェ&ベーカリー大東店によるパンとコーヒーの販売)
     平成24年12月8日(土曜日)、9日(日曜日)
     午前11時〜午後2時
場所   大東市立総合文化センター(サーティホール)1階市民ギャラリー
     大東市新町13−30 JR学研都市線「住道(すみのどう)駅」下車 徒歩約500m
入場無料

ぜひお出かけください。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:38
新書「社会を変えるには」 [2012年11月24日(Sat)]
新書というには500ページを超える分厚い本。
読むかどうかに少し躊躇する厚さだ。
しかし、行儀よくまとめられた疲れない本。
小熊 英二 著 講談社現代新書の一冊
「社会を変えるには」¥ 1,365

「はじめに」より
私はしばしば、「デモをやって何か変わるんですか?」と聞かれました。「デモより投票をしたほうがいいんじゃないですか」「政党を組織しないと力にならないんじゃないですか」「ただの自己満足じゃないですか」と言われたりしたこともあります。しかし、そもそも社会を変えるというのはどういうことでしょうか。
いま日本でおきていることは、どういうことか?
社会を変えるというのは、どういうことなのか?
歴史的、社会構造的、思想的に考え、社会運動の新しい可能性を探る大型の論考です。
目次
第1章 日本社会はいまどこにいるのか
第2章 社会運動の変遷
第3章 戦後日本の社会運動
第4章 民主主義とは
第5章 近代自由民主主義とその限界
第6章 異なるあり方への思索
第7章 社会を変えるには

先日、毎日新聞に著者とのインタビュー記事が
載っていた。その抜粋です。【KB】

デモのくだりに限らず、「自由」はそれぞれの時代を捉える重要なキーワードとして度々、本著に登場する。工業化が進む過程の近代初期には地域共同体や理念、身分が共有され、「われわれ」という意識が成り立っていた。「われわれ」の代表を選ぶ代議制自由民主主義は、その産物だ。しかし近代化がさらに進むと、<人びとが「自由」になり、「われわれ」という意識が持てなくなって、まとまりがつかな>くなる。「ポスト工業化社会」である現代、代議制自由民主主義は、もう機能しない。
その閉塞(へいそく)感からか、日本でも昨今、ポピュリズムをめぐる議論が盛んだ。「強いリーダーを期待するのではなく、旧来的な『われわれ』からは自由になりながら、新しい『われわれ』を作るためには、みんなが参加し、対話を続けるしかない」と、小熊さんは言う。
1980年代から各地のデモに参加し、地元である東京・下北沢の再開発問題にもかかわってきた。官邸前の抗議行動を呼びかけるグループと野田佳彦首相との対話の実現にも奔走した。
「歴史を縦軸に、海外との比較を横軸に取ることで、今の日本社会の位置が分かる。そういう本を書いたつもりです。立ち位置を知った上で、自ら考え、行動してもらいたい」
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:34
大阪府障害者自立支援協議会が開催されました。 [2012年11月23日(Fri)]
11月21日、
大阪府議会で多くの付属機関のひとつとして
条例設置された「大阪府障害者自立支援協議会」の
初会合が大阪府庁近くの会議室で開催されました。
本体の会議の傘下に
10の部会を持つ大所帯の協議会のスタートです。
それぞれの部会ごとに多くの課題を持ち、
さらに国の制度変更などで
新たな対応も必要になってきます。
大阪手をつなぐ育成会では、
合計5人の委員が参画することになりました。
順次動き出します。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:32
11月は毎年「お出かけ支部連絡会」 [2012年11月22日(Thu)]
11月20日の「お出かけ支部連絡会」は、
今年4月オープンの
堺市立健康福祉プラザにおじゃましました。

月例の支部代表者連絡会に続き、
大阪府域を6ブロックに分けてのブロック会議、
午後からは堺市の相談支援の仕組みの解説と
その拠点となる「総合相談情報センター」などの
説明をうかがい、館内の見学。

昼食は地元の障害者の事業所のお弁当と
スワンのパン屋さんと、
盛りだくさんの内容に多くの参加者が
満足気に帰られました。

会員のみなさんが帰られてから、
大阪府、大阪市、堺市と構成する
相談支援4者会議も現地で開催し、
障害者虐待への対応などで情報交換しました。
【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:29
テレビ 自宅に帰れない [2012年11月21日(Wed)]
2012年11月22日(木)午後7時30分放送の
NHKクローズアップ現代は、
「自宅に帰れない〜急増する精神科病院の認知症高齢者〜」です。

介護が必要な認知症の高齢者が300万人を超える中、精神科病院への入院が急増している。その数は全国で5万2000人、12年前の2倍近くになっている。暴力や暴言、妄想などの症状が悪化し、家族や介護施設のスタッフが対応し切れなくなった上での選択だが、症状が改善した後も、家族や施設側が受け入れることができず、入院が長期化、社会的入院が広がっているのだ。さらに、刺激のない入院生活が長く続く中で、認知機能や身体機能が低下するなど、様々な問題が起きている。こうした中、精神科病院が早い段階から本人と家族を支援することで、入院そのものを減らそうという模索が始まっている。増え続ける認知症高齢者をどう支えるのか考える。

出演者は、玉井顯 さん(敦賀温泉病院院長・精神科医)

地域移行を進める施策が行われていますが、社会的入院の現実をご覧ください。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 11:14
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml