CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
人はなぜ他人を助けるのか? [2011年12月31日(Sat)]
今年の締めくくりはこの1冊。
小田亮 (著) 「利他学」 (新潮選書) ¥ 1,260

「自分の遺伝子を後世に残すこと」が生物の
最大の目的ならば、なぜ人は赤の他人を助けるのか? 
なぜ自分が損をしてまで、
震災の被災者に物資や義援金を贈るのか? 
「情けは人の為ならず」という言葉と「進化」との関わりは? 
生物学、心理学、経済学、哲学などの研究成果もまじえ、
人間行動進化学がヒトの不可思議な特性を解明する!

多くのデーターや実験で楽しく読めました。

目次です。

まえがき

第一章 なぜ人間はかくも利他的なのか
四つの「なぜ」/「しくみ」と「機能」の関係/自然淘汰と適応/複雑な器官は進化によってできるのか?/心や行動も進化する/進化的適応環境/なぜ自分に損な行動をするのか?/血縁個体への利他行動/血縁度とハミルトンの法則/赤の他人への利他行動/情けは人の為ならず/マルチレベル淘汰

第二章 何が利他行動を起こさせるのか
利他性をどうやって測るのか?/「目」があると利他的になる?/ロボットの「目」/実験室の外ではどうなる?/なぜ目があると利他的になるのか?/「強い互恵性」による罰/分配者の心理を調べる/分配者は目の絵をどう感じたのか?/鏡と利他性/モテたいから気前よくする?/実験は現実の再現なのか?/共有された社会的責任

第三章 なぜ利他行動が維持されるのか
裏切り者を探せ/裏切り者検知のメカニズム/利他主義者の検知/検知メカニズム間の関係/人は見た目で分かるのか?/利他主義の程度は外見から分かる/利他主義者は外見だけで信頼される/利他主義者はよく記憶されるのか?/なぜアメよりもムチなのか?/利他行動と感情/人は誰に対して同情するのか?/感謝と間接互恵性/「逆行的互恵性」の進化

第四章 「やり手」と「受け手」のダイナミクス
印象の違いを探る/何が違いを生み出しているのか?/信号の進化/微笑みは正直な信号/日本人の場合は?/コストがかかる信号は信頼される/利他行動のコストは重要か?/進化的軍拡競争/知能の進化/言語という信号/擬態としての利他性/言語と評判

第五章 利他性はどこから来たのか
サルでもできる利他行動?/頼まれれば助けるチンパンジー/おせっかいなサル/共同繁殖と利他性/ヒトの生活史と利他性/複雑な食物獲得と分配/長い成長期間と寿命/介護の誕生/学習と文化/文化というユニフォーム

第六章 利他性はどこへ行くのか
日常生活のなかでの利他性/利他行動の背後にある要因を分ける/利他主義のニッチ/親切さには何が影響しているのか?/なぜ見られていなくても利他行動をするのか?/一五〇人のための脳?/なぜ他人に親切にしなければならないのか?/オデュッセウスの鎖/規範から制度へ/制度と進化した心/災害時に出現するユートピア

あとがき
参考文献

良いお歳を!!!【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 08:25
アメリカのエリートの姿を知る [2011年12月30日(Fri)]
優れたリーダーが出てこない日本。
今の日本に必要なのは、
新時代のエリートを生み出す「エリート育成システム」。
しばしば日本のお手本としてあげられる、
米国のエリート教育。
日本はそこから何を学ぶべきで、
何を学ぶべきでないのか。
本書は米国製エリートたちの強みと弱みを検証し、
これからの日本が進むべき道を示す。

佐々木 紀彦 (著)
「米国製エリートは本当にすごいのか?」 ¥ 1,575

スタンフォードで見たエリートたちの真実
サンデル教授が大人気の日本。
米国留学ブームに沸く中国・韓国。
世界中で、ハーバード、スタンフォードなど
トップ大学への需要が爆発している。
だが、われわれは米国のエリート教育と
エリートたちについて多くを知らない。
「米国の一流大学は、どこがすごくて、どこが見掛け倒しなのか?」
「米国エリートたちのもつ、強みと弱みとは何か?」
「日本は彼らから何を学ぶべきで、何を学ぶべきでないのか?」
スタンフォードでの留学経験と
記者としてのリサーチを元に
エリートたちの生態を描く。

先日、産経新聞に掲載された書評を引用します。
成熟した新世代のアメリカ論
日本のリーダーたちは、なぜこれほど頼りないのか。東日本大震災後、政官財の要人の悲惨な対応ぶりを見て、多くの国民が感じた疑問だろう。
「アメリカでは、政府でも民間でも、およそ人の上に立つものは、みなその地位相応に怜悧(れいり)でございます。この点ばかりは、全くわが国と反対のように思いまする」と勝海舟が報告したのが150年前。そのまま、今日に至る。
平均的な人材レベルは高いのに、上に行くほどダメになるのは、まともなエリート育成の仕組みがないからではないか。本書を貫くのは、そうした問題意識だ。
著者は経済誌『週刊東洋経済』の記者。2年間休職し、米国名門大スタンフォードの大学院で国際政治経済を専攻した。得た結論は「感嘆するところもあるが、そうでないところもある。ただし、日本が学ぶべきところは数多い」というもの。日本で流布する米国大学についての過大評価を訂正しつつ、学部4年間で最低480冊の課題図書を読ませる膨大な知識のインプット量や、歴史的教養の重視など、米国エリートの知的筋力の源泉を的確に指摘する。
また、米国の強さの本質は「軍事」と「経済」にあるとして、留学で学んだ国際政治学の紹介にも力を入れており、この分野の格好の入門書にもなっている。
先月8日に初版6千部でスタートし、1カ月で5刷3万部を発行。版元の東洋経済新報社は「予想をはるかに上回る好調ぶり。ビジネス書としては珍しく女性にも売れている」と驚く。
昭和54年生まれの著者は、アメリカという国に特に憧れを感じずに育った世代だ。途上国的な対米コンプレックスがついに消え、こうした成熟したアメリカ論が生まれるようになったのは、同世代として慶賀にたえない。(東洋経済新報社・ 1575円)(磨井慎吾)

以上です。お勧めします。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:38
新書「公務員革命」 [2011年12月29日(Thu)]
太田肇さん筆者自身が投稿する文章。

東京近郊の市に住むYさんが、こんな話を聞かせてくれた。
Yさんのお母さんが市役所の窓口を訪れたときのことである。そこにいた職員に手続きのしかたを尋ねたところ、黙ったまま身振り手振りで教えてくれた。お母さんはてっきり、その職員は言葉が不自由なのだと思い、障害者を雇用している役所に感心したそうだ。ところが、用事が済んでたまたまその職員に目をやる と、彼は仲間とふつうに会話しているではないか。お母さんがそれを見てあきれたのは言うまでもない。
その話を母親から聞かされたYさんは、市の職員に対して良いイメージをもっていなかった。
ところが、しばらくたってそのイメージを一変させる出来事が起きた。
Yさんは自宅でぎっくり腰に襲われ、一歩も歩けなくなった。やむなく救急車の世話になることになった。すると、やってきた救急隊のスタッフたちはYさんの容態に気をつかいながら、とても迅速に救護してくれた。至れり尽くせりの行き届いた処置だったという。
んは、その仕事ぶりに感激すると同時に、これが同じ市の職員なのかと信じられない気持ちになったという。
同じ公務員でも、やる気のある職員とそうでない職員はそれほど違うのか。そう受け止める人が多いだろう。
しかし、かりに押し黙ったまま応対した窓口の職員と、水際だった処置をした救急隊員の立場が入れ替わったら、果たして今と同じ仕事ぶりをみせるだろうか? 持ち場が替わって長年その仕事を続けたら、態度が入れ替わってしまうかもしれない。
救急隊員は仕事に使命感をもつことができ、常に市民から感謝される。だからますますモチベーションは高まる。いっぽう窓口の職員は、仕事が単調なうえ、市 民からは良い仕事をして感謝されるより、手際の悪さに不満を漏らされることのほうが多いのではないか。つまり救急隊員は「表の承認」を得る機会が多いのに 対し、窓口の職員は「裏の承認」が中心である。
両者の対照的な働きぶりをみると、公務員の"やる気"のあるなしは、必ずしも本人の資質によるものではないし、成果主義によるものでもないことがわかる。そして、今後の公務員改革もおのずとその方向性がみえてくる。

そしてこの著者の著書。
太田 肇 (著)「公務員革命: 彼らの〈やる気〉が地域社会を変える」 (ちくま新書) ¥ 777

財政難にあえぐ地方自治体。
住民サービスの質を維持するためには、
公務員が受け身の姿勢ではままならない。
これからの時代、地域社会が元気であるかどうかは、
すべて公務員の“やる気”にかかっている。
その数およそ三五〇万人。
この巨大な人的資源を活用するためには、
いたずらにバッシングするのではなく、
彼らのモチベーションを改善して積極性を引き出すべきだ。
本書では、財源も役職も不要の、
「スーパー地方公務員」の育て方を考え、
地域社会が豊かになる方途を描く。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:25
サービス管理責任者会議開催 [2011年12月28日(Wed)]
昨日(12/27)、今年3回目の
サービス管理責任者会議を開催しました。

大阪手をつなぐ育成会の各事業所から、
15名のサービス管理責任者が中央支援センター会議室に集まり、
今年度の大阪府研修の受講報告と、
各事業所の利用者全員の個別支援計画の作成と
モニタリングの状況報告、
さらに障害者制度改革の動向や24年度政府予算案などについて
情報交換を行いました。

サービス管理の制度が導入され5年が経過しましたが、
当初は戸惑いのあった利用契約の締結や重要事項の説明、
個別支援計画の作成と管理もかなり慣れてきたところです。
事業所によっては利用者に分かりやすい
個別支援計画の作成に精力的に取り組み、
その工夫点を交換する姿も見られます。

また、制度改革の見通しや来年度の報酬改定案(+2%)、
相談支援や虐待防止の強化策などに
活発な意見交換が行われました。

これで今年の会議は終了。
皆さん穏やかで良いお歳をお迎えください。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:55
メディア時代の子どもと保育 [2011年12月27日(Tue)]
5年前の本ですが今月電子書籍として出されました。
小林 紀子 (著)
「メディア時代の子どもと保育―求められる遊び経験と保育者の専門性」¥ 1,260
フレーベル館の21世紀保育ブックスの1冊です。

本書では、
メディア時代の子どもに生身の身体を通した
遊び経験の復権を願い、
「求められる遊び経験」とは何かを、
生身の身体を通した遊びの重要性、
子ども自ら環境とかかわり遊びを生み出す過程の意義、
現実と虚構を往還することの意義、
経験の共有とストーリー生成、
「メタファーの思考法」とストーリー生成、
求められる保育者の専門性
などの側面から論じていきます。

目次です。
第1章 メディア時代の子ども(消費社会を生きる子ども;希薄化する生身の身体を通したかかわり)

第2章 求められる遊び経験(保育の場に「生身の身体経験としての遊び」を!;環境から「行為可能性としての情報」を読み取る子ども ほか)

第3章 求められる保育者の専門性(保育者の専門性とは;保育者としてのメディアリテラシーの獲得を!)

第4章 保育者として遊びの読み取りを!―遊び研究の試み(感情の読み取りから遊び理解を深める―東京都文京区立本駒込幼稚園の取り組み;遊びカードの活用から遊び理解を深める―横浜市私立幼稚園協会の取り組み ほか)

終章 メディア時代に生の実感を!

電子書籍は、文字と図表の大きさのバランスが
あまり良くないのでちょっと読みづらかったです。
当然拡大して読めばいいのでしょうが、
ベージを繰りながら図表を見るのは電子書籍には
不向きです。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 11:29
ドキュメンタリー「年金不信」 [2011年12月26日(Mon)]
国民の生活を守るための「年金制度」。
今、この制度への不信感が広がっている。
社会問題となった「年金記録問題」。
その陰で、解決に至っていない「もう一つの年金問題」がある。
全国に12万人以上いると言われている「無年金障害者」。
年金は、決して“老後のため”だけのものではない。
あまり知られていない障害年金の制度を通して、
年金は誰のための制度なのかを静かに問いかける。

2011年12月31日(土) 6時02分〜7時00分「年金不信」
 ABCテレビ

この番組<朝日放送>「年金不信」は、
平成23年日本民間放送連盟賞 ”NAB Awards 2011”
テレビ報道番組部門最優秀を受賞しました。

障害年金は、未成年で重い障害を負った場合には
20歳を過ぎると無条件に支給される一方で、
20歳以上で重い障害を負った場合には、
保険加入期間の2/3以上の期間の保険料の支払いが
支給要件となっていることはあまり知られていない。
誰のため、何のための年金かを静かに問いかける。
丁寧な取材と映像構成により、
無年金障害者が直面する現実の厳しさを伝え、
国民に十分に理解されていない
障害年金の問題点を啓発した。

そしてもう1本。
第46回 NHK障害福祉賞
橋 尚太(知的障害)「自分の生い立ち」
NHK(教育テレビ) 12月29日(木)午後8時〜8時29分

今年で46回目の「NHK障害福祉賞」が発表された。
この賞は、障害者自身の体験や、
障害児・者の教育や福祉の分野での実践記録などに贈られる。

佳作に選ばれた16才の高校生、高橋尚太さん。
知的障害があって幼いころは感情をうまく表現できず、
人付き合いが苦手だったという。
両親の支えや友人との出会いを通して、
尚太さんがたくましく成長してきた日々を振り返りながら、
作品にこめられた思いに迫る。

こちらも、ご覧ください。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:23
大阪市戦略会議2日目 [2011年12月25日(Sun)]
大阪市戦略会議2日目に様子を
12月24日のNHKニュースからお届けします。

大阪市の橋下市長が各部局の担当者から報告を受け
市の改革方針を決めていく戦略会議は2日目に入り、
生活保護の問題や文化行政のあり方をめぐって
協議が行われています。

きのうから開かれている大阪市の戦略会議は、
橋下市長が市の事業や政策などについて
各部局の担当者から現状や課題を聞いて
今後の改革方針を決めていくもので、
2日目のきょうは13の部局との協議が予定されています。

このうち、午前中に行われた健康福祉局との協議では
受給者が全国で最も多い生活保護の問題について、
部局側から不正受給の排除と
受給者の就労支援を強化することが重要だと報告されました。

これに対して橋下市長は
「生活保護の制度については国の言いなりになっていたらとんでもない状態なので、制度改正が伴うものに関しては厚生労働省に対してもいろいろ言いたい」と述べ、
生活保護を受けることができるかどうかを
認定する業務などは本来、国がやるべき仕事と位置づけ、
全国の自治体と連携して
国に訴えていきたいという考えを示しました。

また、こども青少年局との協議では
幼稚園の民営化について議論が交わされ、
局側から規模が小さい幼稚園は
民間に購入してもらいにくいといった課題が説明されました。

これに対し、橋下市長は
「誰も買ってくれないのは元々ニーズがないからではないか。本来は経営が成り立たない形なのに公がやっているのではないか」と述べ、
障害のある子どもに対応しているような場合を除き、
整理して民営化を進めるよう強調しました。

待機児童の解消についても
「ありとあらゆる手段を使って取り組んでもらいたい」などと述べ、
保育所の設置面積基準の緩和などを含めて、
解決策を模索していくよう指示しました。

さらに「ゆとりとみどり振興局」との協議では
文化行政のあり方について意見が交わされ、
局側から、市が補助金を出している
大阪フィルハーモニー交響楽団や文楽といった
文化事業について、
行政から独立した第三者機関を新たに設けて
補助金の審査などを行う考えが示され、
橋下市長も了承しました。
協議の後、担当の野々村節子局長は
「第三者機関で文化行政全体を見直す体制を早急に作って、文化事業を補助・支援していきたい」と話しました。

25日は大阪市戦略会議3日目予備日です。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:25
速報 24年度当初政府予算案 [2011年12月24日(Sat)]
本日(12/24)閣議決定の24年度当初政府予算案を速報でお届けします。

厚生労働省の障害福祉関連の24年度当初予算案から

・平成24年4月に+2 0%の障害福祉サービス費用(報酬)の改定を行い福祉介護職員の処遇改善、通所サービス等の送迎を含む障害者の地域生活の支援、障害福祉サービスの質の向上等を推進

・通所サービス等の送迎事業(従来は基金事業→報酬改定の中で取込み)

・ 災害に備えた「心のケアチーム」の体制整備 1 億円(新規)

・障害者の地域移行等の受け皿となるグループホーム等の整備、障害者への相談支援や障害児支援のための拠点整備、障害者支援施設の耐震化・障害者向け避難所の整備を推進
※ 別途、23 年度4次補正で30 億円を計上。また、11 億円を一括交付金化。

・市町村等向けの統合補助金に、障害者への相談支援や障害児支援のため、地域で主導的な役割を果たす事業者への助成(人員配置等)のメニューを追加。
※ 22 年12 月成立の障害者自立支援法等の一部改正に伴い、一部メニューは自立支援給付に移行しており、実質、23 年度比+10 億円

・貧困の連鎖を防止するため、生活保護受給世帯などの子どもやその親へ日常的な生活習慣を身につけるための支援などの養育支援や子どもの進学に関する学習支援を実施

・「障害者就業・生活支援センター事業」の事業拠点を増設し(322 か所⇒327 か所)、就労支援を強化

・市町村における地域包括ケアシステムの構築を推進するため、各市町村に存在する地域包括支援センターの機能強化(ネットワーク会議の開催や広域支援員等の派遣)を通じ、医療・介護分野などの多職種間の連携を強化

・23 年度に引続き、福祉用具や介護ロボット等の実用化を支援するため、試作段階にある機器等を対象として、臨床的評価や介護保険施設等におけるモニター調査等を実施

【平成23年度第4次補正予算案】
・障害者自立支援対策臨時特例基金の積み増し・延長(平成24年度末) 、815億円
障害者自立支援対策臨時特例交付金に基づく基金事業の所要額の積み増し及び平成24年度までの期間延長を行い、事業所の運営の安定化支援、設備等の整備、法施行に伴い必要な地方自治体の経費助成等を実施する。

・社会福祉施設整備等の追加財政措置、30億円
社会福祉施設等施設整備費補助金に係る各自治体からの整備計画に対応するための所要額を計上し、障害福祉サービス提供体制の基盤整備を促進する。

詳細は政府公表資料等で確認してください。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 17:10
新書「デザインの教科書」 [2011年12月24日(Sat)]
デザインとは何か。
近代以前の社会ではデザインは
職業や階級制度の記号でもあった。
どのような衣服を身につけ、どんな日用品を使い、
どういった住まいで生活するのかは
自由に決められなかった。
19世紀に入り、
社会システムの変化に伴ってデザインも
旧制度から解放される。
市場経済のシステムに委ねられた現代のデザインは
新しい生活様式を提案し、
消費への欲望を喚起するものになった。
著者はこうした歴史をひもときながら
「誰もが等しく望む自由で心地良い環境を生み出すことの実践としてある」のがデザインだと言う。
社会的にもデザインに対する意識が高まる中で、
制作側ではなく使い手の生活を通してデザインを論じる。

講談社現代新書 柏木博著「デザインの教科書」756円

目次
第1章 デザインって何?
第2章 二〇世紀はどのようなデザインを生んだか
第3章 心地良さについて
第4章 シリアスな生活環境のためのデザイン
  1 貧困解決とデザイン
  2 生きのびるためのデザイン
  3 ユーモアを持った器用人のデザイン
第5章 デザインによる環境問題への処方
第6章 デザインを決める具体的な要素
  1 色彩
  2 素材がデザインを生む
  3 ものと人間との相互作用
第7章 趣味とデザイン
第8章 デザインの百科事典――デザイン・ミュージアムの展示

デザインがわかれば生活はもっと豊かになる
消費のためのデザインから生活のためのデザインへ
「デザインとは何か」という基本的な質問から、
デザインを決める要素、
現代デザインが求められている役割の変化まで、
受け手・使い手の立場でデザインを知るための絶好の入門書。
【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:01
国民ID制度が日本を救う [2011年12月23日(Fri)]
国民への番号付与は「世界の常識」である。
もし日本でも実現していたら、
東日本大震災の被災者支援はもっとスムーズに進み、
「消えた年金」問題も生じず、
「役所たらい回し」も減っていたかもしれない。
経済効果は年間3兆円以上との試算もある。
アレルギー反応を示すより、
「番号がないことのマイナス」を真剣に問い直すべきだ。
導入後の社会のイメージ、情報漏洩の防ぎ方など、
制度の根幹を徹底解説。

前田 陽二 , 松山 博美 (著)
 「国民ID制度が日本を救う」 (新潮新書) ¥ 714

詳しい目次です。

まえがき

第1章 あたりまえのことができていない国
「111歳の男性」がミイラに/国民の実在を確認するための3つの制度/「家族単位の制度設計」がアダに/身分証明書がない国/漢字で管理することの限界/漢字が原因で複雑になった「消えた年金」問題/社会基盤としての国民ID

第2章 国民ID制度は世界の常識
エストニアの国民番号制度/国政選挙で世界初のネット投票/入学願書も一括登録/納税、交通機関、運転免許/医療の電子化で効率が劇的に改善/情報連携で効果アップ/個人情報を3つに区分けして管理/スウェーデンでは自己情報をダウンロードできる/40年前から使っているデンマーク/用途別にIDを分類し、相互に連携させるスロベニア/オーストリアは情報連携を厳格に管理/人口規模は問題ではない/アメリカは社会保障番号で統一管理/韓国では官民で番号共有/失敗があったとしても……

第3章 IT戦略の「失われた10年」
青写真なきIT基盤整備/利用率が1%に満たない電子申請/紙の手続きを電子にしただけ/10年間何も進まなかった電子政府/失敗の要因は「国民目線」の不在/エストニアの進め方/住基ネット騒動という不幸/住基ネット反対の論拠を検証する/国民ID制度導入に関する課題の整理

第4章 国民IDの不在が生み出す深刻な問題
「書類の海」におぼれる難病患者/国民ID導入に向けた政府の動き/「共通番号制度」の構想/現行制度の虚をついた保険金詐欺事件/東日本大震災で活用された住基ネット/データのバックアップ不全/自動車が流されても廃車申請できない?

第5章 行政システムを一気に変える起爆剤
年金手帳、医療保険証、介護保険証が1枚のICカードに/医療と介護の連携が実現/医療費支払い状況がネット上で確認可能に/利用可能なサービスが行政側から通知される/「消えた年金」問題が起こらなくなる/年金改革ができるようになる/「クロヨン」是正で大幅税収増も/金融所得の一体課税が可能に/補助金給付や税控除も効果的に/申請や届出が大幅に簡素化される/親族の死亡時手続きが簡便になる/「ワンストップ行政サービス」が現実に/行政からの連絡が漏れなくできる/企業には法人税減税以上の効果/自己情報がコントロールできる/直接民主主義が実現できる/年間3兆円以上の導入効果

第6章 情報漏洩はこうして防ぐ
情報漏洩はなぜ起こるのか/「技術」で防ぐか「運用」で防ぐか/内部の犯行はアクセス記録で防止/セキュリティの高いICカード/IDカードの発行は運転免許センターに委託せよ/住所の記載は不必要/ルール設定とチェックの仕組み/第三者機関が運営をチェック/個人情報保護法の成立/国民IDの3種類の管理モデル/日本の国民ID制度のモデル検討

第7章 便利で公平で安心な社会を目指して
犯罪者、スパイ、テロリストに優しい国/紙と人の無駄を排す/新しい市民サービスの開拓を阻むな/申請主義は時代遅れ/行政機関にも内部統制を/プロセスの「見える」化/「世帯」から「個人」の時代へ/個人情報を「個人識別情報」と「個人属性情報」に分けよ/導入のための費用はどうすべきか/国民IDは「権利」である

あとがき
参考文献・資料
【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 08:47
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml