CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
性悪説の本です [2011年06月30日(Thu)]
一口に言って、普段、
性善説で物事を考えたり勧めたりしている人にとって、
性悪説の人間論もおもしろい、ということか。

狡猾に、したたかに……勝ち抜く技術
マキャベリの思想は、自力で生き抜く技術である。
これは現代の厳しい環境で働く私たちにも
重要なスキルだ。
仕事人として結果を出し、評価されるための実践講座。

ちくま新書  内藤 誼人 著
「使えるマキャベリ ─のし上がるための心理術」 756円

厳しいビジネス環境は、
弱肉強食の国際関係に似ている。
自分の力を持つこと。
他人などアテにしないで、自分の力で生き抜けること。
ルネッサンス期イタリアの政治思想家
マキャベリの基本思想でもある。
さらに、成果を上げること。
仕事とは、頑張ったから…だけでは通用しないのだ。

評価される振る舞い方から、
会社でのコミュニケーション術まで平易に解説。
狡猾ながらも、信頼されるビジネスパーソンになるための、
マキャベリの教え。
どの業界でも、誰でもすぐに実行できる。

第1章 負けないための発想―マキャベリ思想の基礎
第2章 仲間づくりのリアリズム―マキャベリの人間関係術
第3章 巻き込み、協力させる―マキャベリの組織術
第4章 思いどおり動かす―マキャベリの部下掌握術
第5章 勝ち抜く人間の行動―マキャベリの自己強化術
第6章 とにかく結果を出す―マキャベリの成功術
【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 07:18
あっと驚くお笑いメニュー [2011年06月29日(Wed)]
大阪・梅田のビアガーデンで見つけました。

「流したこ焼き」
全長4メートルのパイプをなぜか揚げているのに
「たこ焼き」が転がり落ちてきます。

「雨の御堂寿司」
あの欧陽韮韮の名曲をもじった、
60センチの長い巻き寿司
御堂筋のシンボル いちょう並木にちなんだ銀杏や
雨に見立てた春雨入りです。

「なんでや麺!」
幅5センチの、目を疑うほど極太なラーメン 
思わず「なんでやねん!」とツッコミたくなり
どやっ顔になりそう。

「タイガー豚勝つ」
豚カツが、竹炭入りパン粉とマスタードソースで
タイガーカラーに変身!
長さ60センチの大きさにもびっくり

「大阪名物パチパチパン」
人気コメディの定番ギャグが菓子パンに!
パンの上の綿あめとキャンディーが
口の中でパチパチ弾けます

「それ、チーズなん」
インド風のチーズナンです

この酷な暑さを吹き飛ばす
楽しく愉快なひと時を。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 17:47
人生図書館 [2011年06月28日(Tue)]
大阪市中央区西心斎橋1-10-28 心斎橋M404号室
それは人生が交差する場所
人生図書館

本を選ぶとき、気づかぬうちに自分の
「心の声」に耳を傾けている気がします。
誰もが、自分が迷った時に、読み返す
「人生の一冊」があるのではないでしょうか。
そんな「人生の一冊」にメッセージをつけて、
ここに置きに来て下さい。次の誰かのために。
そして人生に迷った時、ここをのぞいてみて下さい。
人生の先輩の知恵を借りるために。
ここは、本を通して様々な人の人生が交差する
「人生図書館」、なのです。
人生図書館には、「出会いの五箇条」なる
図書館を楽しむための掟があります。
本との出会い、人との出会い、想いとの出会い。
そんな出会いを楽しんでください。

「出会いの5箇条」
最初に目に入った本こそ、一期一会
開いたページに書かれた言葉に、一語一会
メッセージカードには、一語一絵
そこで出会った人と、一娯一笑
今日の出会いに、一期一恵

 7月 1日(金)午後7:30〜7:55 
NHK総合テレビ かんさい熱視線
「見知らぬあなたに贈る“私の一冊”
〜大阪・心斎橋 人生図書館〜」

・・・あなたの人生を変えてくれた一冊の本は?そんな問いかけに答えた125人の薦める本を集めた「人生図書館」。大阪・心斎橋に開館して1年、悩める若者たちが集う場となった。吉村昭さんの小説「漂流」や有田直子さんの手記「昏睡Days」など、人生の岐路に立たされ悩んだ時に救われた本ばかり。見知らぬ人の体験が、本を通じて若い世代に受け継がれてゆく場を見つめる。・・・
【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 07:22
8月末までの制度改革スケジュール [2011年06月27日(Mon)]
8月末までの障がい者制度改革のスケジュールが、
本日(6/27)の第33回制度改革推進会議で示されました。

制度改革推進会議の作業チームの
文書意見提出期限が6月30日。

この日は、厚生労働省主催の都道府県担当課長会議も
召集されていますが、こちらは改正障害者自立支援法や
児童福祉法、そして障害者虐待防止法の事柄が
中心となります。

そして、7月8日が修正補足版の作成。
7月12日に正副座長会議があり、
8月8日の第34回制度改革推進会議にて、
障害者総合福祉法案の骨子素案がまとめられます。

一方総合福祉部会は、
6月23日各チームの報告がありましたが、
7月26日に総合福祉部会としての
報告書の取りまとめ作業を行い、
総合福祉法案骨子素案がまとめられます。
8月9日のこの素案の論議を経て、
8月30日の総合福祉部会にて
取りまとめが予定されています。

最終の調整前に8月19日に正副座長会議も予定され、
25年8月からの施行を目指す
障害者総合福祉法案の最初の重要局面を迎えます。
【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 15:47
たまに、NHKニュースそのまま [2011年06月26日(Sun)]
昨夜(6/25)のNHK関西ローカルニュースからそのまま。

京都放送局からです。【KB】

子どもたちが羽を休める場に

虐待を受けた子どもなどを一時的に保護する施設、
「子どもシェルター」が、この秋、
関西で初めて京都で設立されることになり、
記念のシンポジウムが25日、京都市で開かれました。

「子どもシェルター」は、虐待や非行など
さまざまな問題を抱えて行き場がない子どもたちに、
一時的に寝泊まりする場所を提供して
自立に向けた支援を行う施設で、
全国で5か所に設立されています。

この子どもシェルターが関西では初めて
京都府内に設けられることになり、25日、
関係者が参加して記念のシンポジウムが
京都市下京区で開かれました。
シンポジウムでは東京でシェルターを設立した
弁護士の坪井節子さんが、設立から7年間で
190人の子どもを受け入れた経験を振り返り
「子どもにたくさんの大人が関わって、ひとりぼっちにしないというメッセージを送り続けることが何より大切だ」と訴えました。
その上で「これから子どもシェルターが全国に誕生して、行き場をなくして孤独を感じる子どもが減ってほしい」と話しました。

京都の子どもシェルターは、
ことし秋をめどに運営を始めたいということで、
運営に参加する京都の弁護士の吉田雄大さんは
「子どもたちが羽を休められる場所にしたい」と
話していました。
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 07:50
つながりのシェアへ [2011年06月25日(Sat)]
シェアは分かち合い、分かち合うこと。
そのシェアが第1世代から第2世代、そして第3世代の時代へ

第1世代シェアは、たとえば、お隣さんに醤油を借りる。

第2世代シェアは、ネットを使ってデータやファイルを共有。
しかし、デジタルデータ。

第3世代シェアは、ネットを使って醤油をシェア。
ネットによるコミュニティやソーシャルネットワークを使うことで、
再び現実のモノのシェアが可能になる世界。

この第3世代シェアを考える。

6月28日(火)放送のNHKクローズアップ現代
“シェア” 〜誰かと何かを“共有”したい〜

・・・いま、消費者の間でモノやサービスを共有しようという「シェア」が広がっている。車を共有するカーシェアの会員数はこの一年で4.5倍。ビニール傘などの日用品の共有から、オフィス、一軒家のシェアまで、その動きは今、急速に拡大している。背景にあるのは大量消費社会への疑問。そして若年層を中心にした、「シェア」を通して「誰かと繋がりたい」という欲求の高まりがある。インターネットの普及によって、地縁や血縁とは異なる、趣味や好みを「共有する」コミュニティが誕生し、「シェア」の広がりを後押ししているのだ。さらに、「シェア」によって誕生した新たなコミュニティは、跡継ぎ不足に悩む農業を応援し未来の地域社会の形を探ろうというプロジェクトなどにもつながり、いわば「夢」の共有にも発展している。大量消費を追求してきた人々の前に現れた新しい価値観「シェア」。その可能性に迫る。・・・
午後7時30分から、NHK総合テレビで。

第3世代シェアという視点で
見てみてはいかがでしょう。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 08:11
残り1カ月。地デジカです。 [2011年06月24日(Fri)]
昨年から大阪手をつなぐ育成会でもPR活動をしてきました。
7月24日の地上デジタル放送への完全移行まで
残り1カ月(東北被災3県を除く)。

「高齢者や障害者への周知」
「大都市圏の未対応世帯」
「2台目テレビ」
という3つの課題の解決に向け準備が急がれます。

なぜこの3つの課題なのか。

まず、「高齢者や障害者への周知」は
このような行政情報そのものがうまく伝わらず、
何かにつけ後回しとなると言った伝達の課題があること。

「大都市圏の未対応世帯」は、
付き合いが希薄な都市部で孤島のような生活があること。
共同アンテナや共同整備などの対応がなかなか進まない。

そして、「2台目テレビ」は切り替えの技術的知識不足。
なぜか、1台切り替えれば自動的に
2台目以降も対応できるという誤った知識があること。
ここに費用の問題ものしかかる。

今、見ているテレビの画面の右上に「アナログ」の文字が
表示されている家庭は、
早急に地デジのご準備を。

問い合わせ先は、
デジサポ(総務省テレビ受信者支援センター)へ。
各都道府県にあるデジサポで受け付け。
そして、総務省地デジコールセンターへ
電話0570・07・0101
(IP電話などからは03・4334・1111)【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 07:49
たまに、セミナーのご案内 [2011年06月23日(Thu)]
第8回エル・チャレンジセミナーのお知らせ
〜楽しくはたらき、楽しく生きる〜

大阪知的障害者雇用促進建物サービス事業協同組合(愛称:エル・チャレンジ)は、多くの企業や行政関係者に支えられ、また多くの仲間たちにも支えられ、今日まで400人以上の訓練生を一般企業へ送り出すことができました。

エル・チャレンジセミナーは、2004年第1 回の「働きたい!そんな気持ちを実現するアイデアと工夫」から始まり今まで、総合評価一般競争入札の提案や、ソーシャルインクルージョンの理念、中間労働市場など常に、社会と福祉をつなぐセミナーを開催してきました。
今回は、「楽しくはたらき、楽しく生きる」と題しまして、東北大学の菊池武剋名誉教授にご講演いただき、つづいて、働きつづけるための契約制度やサポート体制を考えるセミナーを開催したいと思います。

2011年 7月 4日(月)13時から17時まで
場所:アネックスパル法円坂(旧大阪市立中央青年センター)7階 なにわのみやホール
住所:大阪市中央区法円坂1−1−35

<基調講演> 「楽しくはたらき、楽しく生きる」東北大学名誉教授 菊池武剋 氏

<分科会1> 「働き続けるための契約制度」
大阪府総務部契約局 総務委託物品課
福井県立大学教授 吉村臨兵 氏
一般社団法人 大阪ビルメンテナンス協会
NPO法人 釜ヶ崎支援機構 事務局長 沖野充彦 氏
コーディネーター エル・チャレンジ理事長 冨田一幸

<分科会2> 「働き続けるためのサポート体制」
大阪府福祉部障がい福祉室自立支援課
障がい者雇用を進める企業から
NPO法人 大阪精神障害者就労支援ネットワーク JSN門真 所長 金塚たかし 氏
エル・チャレンジ 事務局次長 堀川大介 氏
コーディネーター 東北大学名誉教授 菊池武剋 氏

参加費 資料代として2000円
申し込みお問い合わせは、「第8回エル・チャレンジセミナー」実行委員会まで
〒540−0006
  大阪市中央区法円坂1−1−35 大阪市教育会館5階(アネックスパル法円坂) 
  FAX 06−6920−3522  TEL 06−6920−3521

多数ご参加ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 09:58
新書「ウェブ時代の音楽進化論」 [2011年06月22日(Wed)]
幻冬舎ルネッサンス新書 望月 寛丈・著
「ウェブ時代の音楽進化論」880円

インターネットの普及とデジタル技術の向上によって、
音楽を取り巻く状況は劇的に変化している。
プロではない一個人が、
自作曲を全世界に向けて発信できるようになった。
彼らこそが、次世代のアーティストなのだ。
新たな音楽は、ポップスとどう違い、
どう解釈されるべきなのか。
制作技法や作品の特徴はどうなるのか。
転換期を迎えた音楽文化の激変する未来を予測した意欲作。

目次は、
第1章 ポップスの正体(その使命はエンタテインメント;音楽を売る構造;テレビ×歌唱・演奏+若年層=魅せる要素;軸となるもの;政治と文化;文化の中心;大きな手のひらのなかで)
第2章 次世代のアーティスト(フュージックの誕生;歴史は繰り返す)
第3章 起こりゆく地殻変動(台頭する小さな主役達;ネットの流儀;進化する道具;止まらない蠕動)
第4章 新旧の狭間で(通じない常識;ポップスの終焉;溶解する組織)
第5章 まだ見ぬルール(技術が文化を変える;変わる作品観;新基準の登場;楽器はどう変わるか)

これからの音楽は規模より個性。
真のアーティストこそ報われる時代がやってきた。
音楽から社会を考えたい人にはおすすめの本です。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 07:27
マルマルモリモリ [2011年06月21日(Tue)]
マル・マル・モリ・モリ みんな 食べるよ〜
ツル・ツル・テカ・テカ 明日も 晴れるかな〜?

あちこちの携帯で着信がマルモリ
カラオケボックスでは必ずどこかの部屋でマルモリ
宴会の出し物で若者軍はマルモリ
ネットの閲覧回数もマルモリダンスがすごい
日本各地でマルモリのリズムに乗って
みんなが踊りださんばかりのブーム

「マルモリ現象」が起こっている
JINにはまっているなどで何のことかわからないという人に、
念のため、
「マル・マル・モリ・モリ!」は、
ドラマ「マルモのおきて」の主題歌で、
ドラマの終わりに歌って踊る場面。
被災地宮城県の元祖丸森町の復興を連想する人も。
とにかくこのマルモリで日本が元気になる。

マル・マル・モリ・モリ
ぷかぷか お風呂
つるつるぴかぴか
ゴシゴシブラシ
皆さんグッナイ また明日

ドラマはまもなく最終回とか
しかしながら、「マルモリ現象」はまだまだ続きそう。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 12:38
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml