CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ  運命の分岐点「スヌーピー最後のメッセージ」 [2018年05月15日(Tue)]
アナザーストーリーズ 運命の分岐点「スヌーピー最後のメッセージ」
2018年5月15日(火) 午後9時〜NHKBSプレミアムにての放送

2000年2月13日、アメリカの新聞で50年連載された世界的マンガ「ピーナッツ」が終了した。負け続きの野球チームを率いるチャーリー・ブラウンや飼い犬のスヌーピーたち。独特のユーモア溢れる世界はどのように生まれたのか?作者チャールズ・シュルツをよく知る友人やアシスタントが証言。最終回の前の晩、連載終了を見守るように亡くなったシュルツ、その不思議な一致の理由とは?切なくも心温まるアナザーストーリー。
【司会】沢尻エリカ,【語り】濱田岳

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:49
テレビ NHKハート展(3)「おまつり」 [2018年05月14日(Mon)]
NHKハート展(3)「おまつり」
2018年5月15日(火) 午後8時から
NHKEテレにて放送
障害のある人が書いた詩に、各界の著名人がアート作品を寄せる「NHKハート展」。今回紹介する詩は、『おまつり』。詩を書いたのは、茨城県石岡市に住む瀬尾敦大くん(8歳)。生まれつき関節が硬く筋肉が弱いため、立って歩くことが困難で、なかなか自由に動き回ることができません。そんな敦大くんが大好きなのが、毎年9月に行われる「石岡のおまつり」。年に一度のおまつりを心待ちにする敦大くんの日常を見つめます。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:55
テレビ 障害者×働く [2018年05月13日(Sun)]
Eテレ2018年5月13日(日)夜7時からの「バリバラ」は、
障害者×働く

今年4月、障害者の法定雇用率が引き上げられた。しかし現状でも達成できていない事業者が半数にのぼる。障害者の就労はなぜ進まないのか?取材を進めると、就職を希望する障害者をネタに補助金ビジネスに走る事業所や障害者の特性に配慮しない企業側の無理解も浮かび上がる。障害者の働く場はどうあればいいのか、本人が求めていることと制度のあいだにズレはないのか、あらためて障害者の「働く」について考える。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:53
第18回大阪府障がい者スポーツ大会 [2018年05月12日(Sat)]
 この大会は、第18回全国障害者スポーツ大会(今年10月に福井県で開催)の選考会を兼ねており、府内から889名の選手が出場し、熱戦が繰り広げられます。
 また、5月13日開催の開会式の総合司会を、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属「女と男」和田ちゃんと市川氏が担当し、「大阪府障がい者スポーツ宣伝部長」就任のお披露目を行います。
 観戦者の皆様の応援が選手の大きな励みになります。多くの方々のご来場をお待ちしています。
  
実施競技及び会場、開催日時
■開会式・陸上競技:万博記念競技場 吹田市千里万博公園5−2
  5月13日(日曜日) 開会式:午前9時45分から 競技開始:午前10時30分から 
■水泳:東和薬品RACTABドーム 門真市三ツ島3−7−16
 5月19日(土曜日) 開始式:午前10時15分から 競技開始:午前11時00分から
■アーチェリー:浜寺公園アーチェリー場 堺市西区浜寺公園町
 5月20日(日曜日) 開始式:午前10時00分から 競技開始:午前10時30分から 
■ボウリング:イーグルボウル 大阪市淀川区宮原4−3−9
  5月26日(土曜日) 開始式:午前9時45分から 競技開始:午前10時00分から 
■フライングディスク:ファインプラザ大阪 堺市南区城山台5−1−2 
 5月27日(日曜日) 開始式:午前10時00分から 競技開始:午前10時30分から 
■卓球:東和薬品RACTABドーム 門真市三ツ島3−7−16
  6月2日(土曜日) 開始式:午前10時00分から 競技開始:午前10時30分から
  
参加者数
 (1)陸上競技:346名
 (2)水泳:101名
 (3)アーチェリー:7名
 (4)ボウリング:171名
 (5)フライングディスク:129名
 (6)卓球:135名  以上889名
  
主催:大阪府

以上です【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:51
新書 「そしてドイツは理想を見失った」 [2018年05月11日(Fri)]
現代ドイツを切り口に「理想」と「自由」の関係までを考察した渾身の1冊。
第二次世界大戦後の泥沼から理想を掲げて這い上がり、いまや世界最強国家の1つともいわれるようになったドイツ。しかし、じつはその実情はといえば、理想主義に足をとられてエネルギー・難民政策に失敗し、EUでもオーストリアのクルツ首相はじめ、「反ドイツ」の動きが止まらない……。
そして、盤石だと思われていたアンゲラ・メルケル政権は、2017年の総選挙で実質的には敗北を喫し、右派政党AfD(ドイツのための選択肢)が第三党へと躍り出た。あの「民主主義の優等生」が、いつの間にかこうした混乱に陥っていたことを、ご存じだろうか。
「理想のない政治はよくないが、政治が理想に支配されてしまうと、国家は破綻する」。ドイツ在住三十余年、その内実を現場から見つめつづけた川口氏は、そう語る。
ドイツがその理想を託すEUは、このまま空中分解してしまうのか? 日本で報じられないドイツメディアの日本・中国評から、「自由」と「規制」の関係までを深く考察した、どうしてもいま日本人に伝えたい「理想」「自由」「国家」の本質。

川口マーン惠美 (著)
「そしてドイツは理想を見失った」 (角川新書)
860円(税別)

目次です。
序章 SNS規制法案が可決された日
第1章 戦後ドイツとナチズムとの闘い
第2章 最強の女帝・メルケルの正体
第3章 なぜドイツと中国は仲良しなのか
第4章 矛盾に満ちたエネルギー・難民政策
第5章 EU内でも止まらない「反ドイツ」
第6章 そしてドイツは理想を見失った
終章 理想を追い求めても自由は手放すな

読みやすい文章でお勧めの一冊【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:43
テレビ 「旅する美容室」 [2018年05月10日(Thu)]
2018年5月11日(金) 午後10時45分〜 午後11時10分
NHKGテレビにて
「旅する美容室」

“美容室の宅配”が急速に拡大している。介護福祉施設など、外出が難しい人々の元へ出張し、カット・パーマなどを行う「訪問美容」。「美容室の時間だけはワガママが言える」という母親や、若い頃の写真を手にこだわりの髪型をオーダーする高齢者。きれいに髪が整った自分と対面すると、表情がやわらいでくる。老いゆく体や日々の疲労に悩みながらも、「美しくありたい」と願う人たち。“美”の先にある希望を見つめる。
語りは仲里依紗さん

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:38
テレビ 「ホームレス イケメンモデルの秘密の生活 [2018年05月09日(Wed)]
2018年5月11日(金)
午後10時00分〜 午後10時50分
NHKEテレにて
「ホームレス イケメンモデルの秘密の生活」<字幕>

高級スーツを着こなしモデルや写真家として活躍するマーク・レイ、52歳。“業界人”の彼が選んだ生き方は、なんと“ホームレス”。彼が見つけた幸せとは…
彼が夜になると向かうのは、マンハッタンにあるアパートの屋上。この屋上の物陰でビニールシートをかぶって寝ている。彼はニューヨークで生きていくために「家を持たない=住居費を使わない」ライフスタイルを選んだのだ。家族も恋人も持たないで生きていく人生。彼が守ろうとしている何か?彼にとっての幸せとは何か?ニューヨークのかっこいい映像と音楽にのせておくる幸せ模索物語。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:37
新書 団塊絶壁 [2018年05月08日(Tue)]
大江 舜 (著)
「団塊絶壁」(新潮新書) –
760円(税抜き)

団塊世代の足元に、人生の断崖絶壁≠ェ広がっている。
認知症、がん、人間関係、お金等々、悩ましい問題は山積。うまくやっている人、やれない人は何が違うのか?
ビートたけし、堺屋太一、弘兼憲史、ガッツ石松、山折哲雄、曽野綾子……医師から各界の賢人、達人に総力取材。
「『決まり事』を作って認知症に備えよ」「『安楽死』は誤解だらけ」「男性ホルモンが幸福の源になる」
――知らなかったでは勿体ない「70歳から」の歩き方。

第1章 「人間関係」が左右する認知症
古希を迎えた団塊世代/ 仕事人間があぶない/ 荒れ狂う父親/ そもそも認知症とは
帝大教授の晩年/ 薬漬けでただ生きる/ 猶予は8年ある
「団塊」名付け親・堺屋太一氏の警告

第2章 色恋も虐待もある「老人ホーム」
老人ホームの今/ ホームの1日/ こんな入居者が嫌われる/ 人材不足と虐待
国家の倒産危機/ 不真面目と手抜き

第3章 子や孫を喰らう「がん特効薬」「最先端医療」
前立腺がんになって/ 夢の薬が招く地獄/ 効く患者、効かない患者
雨後の筍のように生まれる画期的新薬/ 脳卒中にも画期的治療法が
弱った心臓に「ハートシート」/ 打ち出の小づち/ 歪んだ不老不死思想
人間は食べられなくなったら亡くなるもの

第4章 億万長者と無一文の分かれ目
そのうちなんとかなるのか/ 無一文になった友/ 旅行費用5250万円
各大陸の最高峰へ/ 生活保護世帯と大差ない/ 4世代「複合地獄」
借金ちゃらの解放感

第5章 「死ぬまでセックス」の効用と副作用
暴走セックス老人/ シニア向け風俗体験/ 風俗嬢の話/ 東大名誉教授のセックス論
アンチエイジングとセックス/ 「怖いものがなくなった」年寄り
きっかけはバイアグラ

第6章 誤解だらけの「安楽死」
キリストは尊厳死したか/ 安楽死を望んだ億万長者/ 政府に抗議しながらの安楽死
米国では5つの州が/ 尊厳死とは別物/ 「平穏死」が自然の摂理
「誤嚥性肺炎製造工場」/ 「意思があるうちに」

第7章 病院で死ぬか、自宅で死ぬか
死が家の中にあった時代/ 「看取り率」の高い町/ 世界最低レベルのQOD
希望していたホスピスでの最期/ 「どんどん飲んで下さい」

第8章 「墓」「葬式」は本当に必要か
白洲次郎の遺言/ 葬式は、要らないのか/ 葬式に利便性は必要か/ チルド冷蔵室
焼香は割愛/ 多額の「手切れ金」/ 戒名はいるか

第9章 男性ホルモンが幸福の源になる
女性はなぜ元気なのだろうか/ 前立腺がん患者は急増
女性も男性ホルモンの影響を受けている/ ホルモンと社会性の関係
居場所は死守すること/ ホルモンが経済を動かす/ 男性の更年期とは

第10章 「世代ヒーロー」たちの反・団塊論
ビートルズの存在/ ライフネット生命会長の団塊論/ 腕力でのし上がれ
落ち着かない世代/ 「名人じゃなくて良かった」/ 終身雇用と年功序列
人生の「儲けもの感」/ アメリカ文化の刺激/ 一人でいたい

第11章 「おたおたするな」とたけしは言った
堺屋氏の予言/ 猛烈なエンジン/ 弘兼氏の3つのススメ/ おたおたするな

楽しめる1冊【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:35
テレビ “ひとりぼっち”をみんなで考えようプロジェクト [2018年05月07日(Mon)]
ハートネットTV「“ひとりぼっち”をみんなで考えようプロジェクト」
2018年5月7日(月) 20時00分〜20時30分 の放送
NHKEテレにて

日本の未来をどうしたい?みんなの知恵を結集し、社会課題をブレイクスルーするプロジェクト第3弾が発動!“ひとりぼっち”から抜け出すには?どんな居場所や機会が必要?

みんなの力で社会をブレイクスルーし、未来を変えていく「ブレイクスルー2020→」。第3弾は「“ひとりぼっち”をみんなで考えようプロジェクト」。学校、家庭、職場、地域に自分の居場所がないと悩む人たちが、自分らしく生きるための社会とは?どんな機会や居場所が必要?。そもそも“ひとりぼっち”はいけないことなの?。第一線で活躍する実業家、当事者、視聴者とともに、実現に向けて継続的に具体的に行動していきます。

ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 10:31
テレビ ついのすみか 限界集落6人 [2018年05月06日(Sun)]
2018年5月6日(日) 25:00から、関西ではよみうりテレビの放送
ついのすみか 限界集落6人

広島県の北西部に位置する安芸太田町・那須集落。町の中心部から車で30分の山に囲まれた集落に暮らすのは、4世帯6人。78歳から89歳の高齢者ばかりだ。冬の間の住民は2人。4人は町の施設で冬を越す。集落消滅の危機を感じながら、それでもここに住み続ける理由がある。そんな集落に、一度は故郷を離れた65歳の男性がこの春、戻ってくる。ついのすみかをつなぎとめようとする住民たちの日々を見つめる。制作は、広島テレビ

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:12
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml