CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
新書 もっと言ってはいけない [2019年05月09日(Thu)]
橘 玲 (著)
もっと言ってはいけない (新潮新書)
800円(税抜き)

◎日本人は優れているのか、愚かなのか?
 ・日本人の3分の1が日本語が読めない!?
 ・それでも日本人は先進国でトップクラス
 ・日本人は世界一「自己家畜化」された特別な民族
 ・古代の大虐殺の果てに誕生した日本人
 ・海外で成功した日本人の知られざる秘密
 ・「日本が華僑に侵されなかった」真相
 ・縄文人と弥生人のちがいは「下戸遺伝子」
 ・「内向性」にも遺伝子が関係
 ・「置かれた場所」で咲いても不幸がある
 ・日本人は「ひ弱なラン」
 ・現代の日本で幸福を感じにくいワケ
◎人種と知能の禁断の関係
 ・「国別知能指数ランキング」の衝撃
 ・白人と黒人のIQを比較してみたら
 ・IQの高い国と低い国があるという統計
 ・知能の低い国民が多いほど、その国が混乱する
 ・科挙が東アジア系の知能を上げた?
 ・アボリジニのIQは高い
 ・欧州ではなぜ北に行くほどIQが高いのか?
 ・知能の高い人が低い人から搾取する社会
 ・男の脳は極端、女の脳は平均を求める
 ・東アジアには遺伝的に「うつ病」が多い
 ・遺伝とその国の文化は「共進化」する
◎これが残酷すぎる「社会の黙示」である
 ・ネットやSNSが、実は未来の希望を塞いでいる
 ・知識社会で生き抜くための知能のハードルは上昇中
 ・知識社会に対応できるのは全体の一割
 ・リベラルな社会ほど遺伝率が上がっている
 ・高年収をもたらす性格がある
 ・恋愛、結婚、老後に遺伝が影響している
 ・年を取るほど、親に酷似する
 ・天才は難病に見舞われやすい
 ・楽観的な脳と悲観的な脳がある
 ・言語が乏しいと保守化する
 ・教育無償化で弱者はさらに苦しむ
 ・「ゲイ遺伝子」が存在する意味
 ・日本のリベラルは睾丸が小さい?
 ・やはり努力は遺伝に勝てないのか?

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:41
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml