CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2014年05月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
新書 肚が据わった公務員になる [2014年05月24日(Sat)]
テレビでおなじみの中野雅至さんの「公務員論」の展開。
ちょっと首をかしげたくなるところもありますが、閉塞感の漂う現状を打破しようという意気込みは感じます。公務員もそして公務員と付き合うことの多い人にお勧めです。【KB】

中野雅至 (著)
「肚(はら)が据わった公務員になる!  新しい仕事哲学と自分の鍛え方」 (朝日新書)
¥ 886

今や「全体の奉仕者」なんて、本人も市民も考えていない公務員の、身分保障や社会的地位、将来像は?
市町村から霞が関まで、彼らの実態を解明し、働き甲斐の指針となる「仕事哲学」を提議する。
著者は市役所からスタートした異色の元キャリア官僚。

目次です。
はじめに――非現実的な「全体の奉仕者」は、もうやめよう
第一章 公務員の環境はなぜ激変したのか?
第二章 公務員は何のために働くのか
第三章 タブー視されてきた疑問、「公務は自分に役立つのか?」
第四章 キャリア官僚の誇りは、どうすれば保たれるのか?
第五章 ノンキャリア国家公務員の本当の悲哀
第六章 日本で最も中途半端なエリート――都道府県職員の悩み
第七章 高学歴者が殺到する市町村職員の将来性は?
第八章 専門職公務員と安保・治安系公務員の悩みと懸念
第九章 公務員は「おいしい職業」か?
おわりに――肚を据える覚悟
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:18
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml