CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ 「大阪・西成 24時間夫婦食堂」 [2018年05月31日(Thu)]
ドキュメント72時間「大阪・西成 24時間夫婦食堂」
2018年6月1日(金) 午後10時45分からNHKGテレビにて放送

再開発が進む大阪・西成。町の一角に、40年以上続く24時間営業の食堂がある。店の売りは大盛りのメニューと聞き上手なマスターとママ。2人にグチや悩みを聞いてもらおうと、絶えることなくお客さんがやってくる。仕事を求めて西成にたどり着いたという派遣社員の男性。子育てに悩むシングルマザー。かつて、この店でバイトをしていた男性は、いつか子どもにも働いて欲しいと語る。小さなカウンター越しに交錯する人間劇場。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:58
テレビ  運命の分岐点「スヌーピー最後のメッセージ」 [2018年05月15日(Tue)]
アナザーストーリーズ 運命の分岐点「スヌーピー最後のメッセージ」
2018年5月15日(火) 午後9時〜NHKBSプレミアムにての放送

2000年2月13日、アメリカの新聞で50年連載された世界的マンガ「ピーナッツ」が終了した。負け続きの野球チームを率いるチャーリー・ブラウンや飼い犬のスヌーピーたち。独特のユーモア溢れる世界はどのように生まれたのか?作者チャールズ・シュルツをよく知る友人やアシスタントが証言。最終回の前の晩、連載終了を見守るように亡くなったシュルツ、その不思議な一致の理由とは?切なくも心温まるアナザーストーリー。
【司会】沢尻エリカ,【語り】濱田岳

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:49
テレビ 僕・・・婿に入りました〜葉山げんべい物語〜 [2018年04月24日(Tue)]
主人公は婿入り男36歳▽あの有名ブランドの再建頼られ‥しかし▽営業は上手くいかず‥ご機嫌な性格が苦境に▽しかも年上の妻は妊娠▽果たして再建できるのか?

ザ・ノンフィクション 僕・・・婿に入りました〜葉山げんべい物語〜
2018年4月24日(火)26時25分〜27時27分、関西テレビでの放送

今回の主人公は、葉山英三郎さん、36歳。実は、英三郎さん、知る人ぞ知るビーチサンダル専門店「げんべい」を営む葉山家に婿入りした人物。しかし、今、英三郎さんは、「げんべい」経営の危機に陥り、厳しい対応を迫られていた…。 「げんべい」と言えば、湘南っ子は「げんべい」を履いて大人になると言われるほど、湘南にはなくてはならない150年を誇るブランド。有名企業とのコラボレーションも多数あり、これまでプロ野球球団やファッションブランド、ミュージシャンなど200以上と組んできた。 妻の邦子さんは6歳上の姉さん女房。2人は友人の紹介で知り合い、約半年の交際で結婚。ところが、その間に「げんべい」の先代が急逝。邦子さんが、急遽6代目社長を継ぐことになった。途方に暮れる邦子さんを前に、英三郎さんは婿入りを決めたのだった。しかし、英三郎さんが婿入りした時、「げんべい」はある理由をきっかけに、売り上げが激減していた。これまで家族経営でやってきた「げんべい」。しかも、英三郎さんは商売未経験者。若い二人に150年の老舗の重圧が伸し掛かる。そんな矢先、頼みの綱である妻であり社長でもある邦子さんの妊娠発覚。婿、英三郎さんの責任は益々重くなる。果たして、「げんべい」は復活できるのか!? 婿殿、英三郎さんの1年を追った。
語りは、 平泉成さん

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:51
テレビ 「僧侶たちの原発事故」 [2018年04月21日(Sat)]
2018年4月21日(土)午後11時00分〜 午前0時00分
「僧侶たちの原発事故」
NHKEテレにての放送

震災と原発事故がもたらした悲劇と向き合い、人知れず活動を続ける福島の僧侶達がいる。宗教者として自らの役割を問い直した3人の僧侶の7年間の日々を見つめる。
原発事故直後の福島で私たちは、混乱状況に陥った人々を支えようと奔走する僧侶たちと出会った。彼らは寺院も故郷も奪われ、避難先で人々が次々に亡くなる極限状況に置かれることとなった。その中でひとりの宗教者として一体何ができるのか、彼らは自らの役割を問い続けてきた。番組では、それぞれのやりかたで檀家や門徒の心を支えるみちを模索してきた、3人の僧侶たちの7年間の軌跡を描く。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:48
テレビ テレビのバリアフリー [2018年04月15日(Sun)]
2週連続でテレビのバリバラ 日曜日の夜7時からNHKEテレにての放送
2018年4月15日(日)
テレビのバリアフリー@
障害者の声からテレビに潜むバリアをあぶりだす企画。第1回は視覚障害編。この冬盛り上がった平昌五輪。しかし「実況を聞いてもすごさがわからない」、「フィギュアスケートは音楽がなっているだけ」など不満をもつ視覚障害者は多い。テレビを楽しめないことで世間から取り残されていると感じる人も…。そこで、人の顔や、絶景の映像に音声解説をつけ伝えることにNHKアナウンサーが挑戦!果たして、面白さは伝わるのか?

2018年4月22日(日)
テレビのバリアフリーA
障害者の声からテレビに潜むバリアをあぶりだす!第2回は知的障害者の「ニュースがわからない!」という声と向き合う。「むずかしい漢字が多い」「読むのが早くて聞きとれない」、さらに「政治のニュースがわからず選挙で困る」という深刻な問題も。今回も、NHKアナウンサーがわかりやすいニュース解説に挑戦。知的障害者にもわかる伝え方を考えると、“わかりづらくてちょっと困っていた”というあなたにも役に立つことが!?

ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:48
テレビ 「大都会ねずみパトロール」 [2018年04月12日(Thu)]
2018年4月13日(金)
午後10時45分〜 午後11時10分
NHKGテレビにて放送
「大都会ねずみパトロール」
都内にある「ねずみ駆除」の業者に密着。春先には月に1000件もの依頼が舞い込み、24時間体制で駆除に走り回る。繁華街の飲食店にアパート、学校や病院もあれば、お寺・大使館からのSOSも。深刻なケースではねずみがコードをかじったせいで、電話やネットが不通になることもあるという。再開発の工事や空き家問題などが拍車をかけていると言われる「ねずみ騒動」。駆除に密着し、“東京の今”をルポする。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:44
テレビ 「欲望の経済史〜ルールが変わる時〜特別編」 [2018年04月08日(Sun)]
BS1スペシャル「欲望の経済史〜ルールが変わる時〜特別編」
2018年4月8日(日) 午後10時からNHKBS1で放送

今、経済に注がれる眼差しが熱い。英EU離脱、トランプ現象、揺れる世界経済…。資本主義の歴史とは、際限のない欲望のドラマだ。千年近くの壮大な経済史を、欲望という視点から捉える、異色のドキュメント。
なぜ、世界同時不況は起きるのか?なぜ、バブルは繰り返すのか・・・?
総合、BS1で反響を生んだ「欲望の資本主義」、さらにEテレで好評の「欲望の経済史」の特別編。どこに「ルールが変わる」ポイントがあったのか?全5章の旅に出る。「資本主義の終焉」も叫ばれる今だからこそ考える、知の冒険。資本主義の流れを読み解く異色の欲望の考現学。世界経済のフロントランナー、経済史の専門家などに取材、エピソードをまじえ構成する。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:28
テレビ ピョンチャンパラリンピック メダリスト凱旋 [2018年03月27日(Tue)]
ピョンチャンパラリンピック メダリスト凱旋
•2018年3月27日(火)夜8時からNHKEテレにての放送

メダルラッシュに沸いたピョンチャン・パラリンピック。日本からは、アルペンスキー、クロスカントリースキー、バイアスロン、スノーボード、パラアイスホッケーの5競技に38人の選手が出場し、数々のメダルを獲得しました。
そこで、パラリンピック閉幕の翌週、凱旋帰国したばかりのメダリストの皆さんをスタジオにお招きします。熱戦の様子とメダル獲得の瞬間をVTRで振り返ったり、コースを再現した模型を使って勝敗を分けたポイントを選手に解説してもらうなどしながら、興奮冷めやらぬピョンチャンの熱気を生放送でお届けします。“冬の花形”アルペンスキーで世界トップレベルの技術を誇る日本チーム。“雪原のマラソン”クロスカントリースキーで肉体の限界に挑んだベテラン選手。そして、今大会で初めて正式な競技として採用されたスノーボードでは、ライバル選手との激戦の模様とメダル獲得への軌跡をたどります。
さらに、現地キャスターを務めた風間俊介さんとともに、2020年の東京大会に向けて日本勢が活躍するためのヒント、そしてその先に、パラスポーツが社会全体に対して果たす役割や可能性についても考えていきます。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:36
テレビ “健康長寿”究極の挑戦 [2018年03月25日(Sun)]
シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク  第7集(最終回)
“健康長寿”究極の挑戦
2018年3月25日(日) 午後9時00分〜9時49分
NHKGテレビにて放送
「人体」のフィナーレを飾る第7集は、これまで困難だったがんや心疾患などの難病の治療に挑む科学者たちの最前線に迫る。臓器同士がメッセージ物質を使って会話を繰り広げる人体の巨大ネットワーク。その研究において今最も注目されているのが、「エクソソーム」と呼ばれる1万分の1ミリほどの小さなカプセル。体中のあらゆる細胞が放出するこのカプセルには、様々な機能を持つメッセージが大量に詰め込まれていて、私たちの健康や命を守る重要な役割を果たしている。一方でがん細胞もエクソソームを分泌しており、血管細胞に働きかけて酸素や栄養を供給させたり、免疫細胞を手なずけて攻撃を止めさせたりするなど、自らの増殖のために巧みに利用していることが分かってきた。そして今、医療の現場では、エクソソームなどのメッセージ物質をコントロールすることで、がんの転移を押さえ込んだり、傷ついた心筋細胞を再生したりするなど従来は不可能だった新たな治療法の開発が急ピッチで進んでいる。メッセージ物質を駆使した医療のパラダイムシフト。世界初公開の顕微鏡映像や迫力のCGを駆使して、健康長寿への最新の挑戦を伝える。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:34
テレビ リハビリ・介護を生きる キャンサーギフトなんかじゃない何か 編集者・松さや香 [2018年03月22日(Thu)]
リハビリ・介護を生きる キャンサーギフトなんかじゃない何か 編集者・松さや香
2018年3月22日(木)夜8時から NHKEテレにての放送

働く若い女性から共感を得ている本があります。
自身の乳がんの体験を赤裸々に綴った『彼女失格 恋してるだとか、ガンだとか』。著者は、松さや香さん41歳。
憧れの雑誌編集の仕事につき、恋人からのプロポーズを待ちわびていた29歳の時に、若年性乳がんに罹患しました。ですが松さんは諦めませんでした。「仕事も生きることも、子どもも、オッパイも、全部あきらめたくないんだ」
治療費を稼ぐため、術前の抗がん剤治療に苦しみながら出版社での勤務を続けました。術後も放射線治療、ホルモン療法などゴールがなかなか見えない日々、そして闘病を支えてくれた恋人の浮気が発覚……がんの治療が一段落して『彼女失格』を書きました。「普通に働いているキャンサーというロールモデルが見つけられなかった。それなら自分でそれを記そう」と思ったと言います。
「がんになったことは人生の一部だが、私の全てではない。得たもの失ったものもあるけれど、わたしはがんの治療をきっかけに自分の人生を取り戻せたと感じている」という松さんの思いを聞きます。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:06
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml