CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
新書 「欲望の民主主義 分断を越える哲学」 [2018年03月14日(Wed)]
丸山 俊一 (著),‎ NHK「欲望の民主主義」制作班 (著)
「欲望の民主主義 分断を越える哲学」 (幻冬舎新書)
800円(税抜き)

世界の知性が見る「民主主義の限界と現実」とは? 大反響のNHK異色教養ドキュメント、 待望の書籍化! 世界中で民主主義が劣化している。アメリカのトランプ現象、イギリスのEU離脱、フランス極右政権の台頭など、多数の民意を反映した選択は、目先の利益のみを優先し、自国の生き残りを賭けたものばかりだ。協調、共和といった精神からかけ離れたむき出しの欲望が民主主義と結びつき、社会の分断は加速する。今、世界の知性たちは何を考えるのか──?若き天才哲学者、マルクス・ガブリエルら六人が考察する政治変動の深層と民主主義の混迷。世界の現実を知る必読書。

目次です
1 迷走する「民主主義」―世界を覆う分断(三つのシナリオの先に―ヤシャ・モンク)
2へのイントロダクション ホッブズが迫る人間の本質を考える
2 アメリカの激情 フランスの憂鬱―人々の心の底を暴き出せ(ただすべてを焼き尽くしてほしかった―ジョナサン・ハイト)
民主主義のイノベーションのために―シンシア・フルーリー
3へのイントロダクション 「五月革命」とは何だったのか?空転したエリートたちの想いと大衆の本音
3 「二つの革命」の負の遺産―「歴史の終わり」は来ない(生き延びるためにゲームのルールを知れ―マルセル・ゴーシェ
パイロットがいない飛行機のゆくえ―ジャン=ピエール・ルゴフ
4へのイントロダクション ヨーロッパ知性の真価が問われる時
4 民主主義の定義を更新せよ(世界は存在しない 民主主義は存在する―マルクス・ガブリエル)

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:57
この記事のURL
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/archive/3038
コメントする
コメント
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml