CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
新書 DNAの98%は謎 生命の鍵を握る「非コードDNA」とは何か [2017年12月21日(Thu)]
あなたの体で無駄な部分はありますか?
私の場合はお腹についた脂肪くらいで、他の部分はないと困るところばかりです。髪の毛はだいぶ薄くなってきましたが、別にいらないわけではありません。「日除け」としても働いているし、全部なくなると冬はおそらく寒いです。(中略)
進化の法則によると、「個体」のレベルでは環境に適応できたものは生き残り、そうでないものは絶滅していきます。この法則からすれば、体の中には不要なものなどあるはずがないということになります。(中略)
ところが、じつはヒトゲノムの98%は「遺伝子」の情報を持たない領域だったのです。いわば「意味のない無駄な情報」といえます。しかし、生物はこんな無駄を許すのでしょうか? じつはこの領域こそが生命を誕生させ、ヒトをヒトたらしめ、進化の原動力として働いた重要な装置であることが分かってきました。本書ではこの謎に満ちた暗黒領域「非コードDNA」に光をあて、最新の情報をもとにその役割について解説します。
こんな書き出しです。

小林 武彦 (著)
「DNAの98%は謎 生命の鍵を握る「非コードDNA」とは何か」 ブルーバックス新書
920円(税抜き)

サルとヒトで遺伝子はほとんど同じなのに、なぜ見た目はこんなにも違うのだろう?
ヒトゲノム(ヒトの全遺伝情報)のうち、遺伝子部分はわずか2%。残りの98%は「非コードDNA」と呼ばれ、意味のない無駄なものと長らく考えられてきました。意味がない=ゴミということで「ジャンクDNA」とさえ呼ばれていたのです。ところが、じつはこの”ゴミ”こそが生命の不思議に迫る重要な役割を担っていることが近年になって分かってきました。サルとヒトの違いを生み出し、老化と寿命に関わり、進化の原動力ともなる「非コードDNA」の仕組み、そして驚きの発見の数々をエピソード豊富に紹介します。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:31
テレビ 私の話を聞いてください−うつ病の親を持つ子どもより− [2017年12月20日(Wed)]
障害福祉賞2017(2) 私の話を聞いてください−うつ病の親を持つ子どもより−
2017年12月20日(水)夜8時からNHKEテレにて

障害のある人や共に歩む人の体験談を募集した『NHK障害福祉賞』。2回シリーズで、今年の入選作品を紹介します。
第2回は、優秀賞に選ばれた岩手県の菅野春華さん(21)。6年前、洪水により自宅と職場を失いました。父はうつ病を発症、感情をコントロールできなくなり、暴力的な言動が増えていきました。崩壊寸前の家庭で、菅野さんも精神的に追い詰められていきます。ある時、母がふと発した「あなたが卒業するまで頑張るからね」という一言に衝撃を受けます。菅野さんは自分がいるから両親は不幸になっていると捉え、次第に死にたいという思いを強めていきました。 菅野さんに転機が訪れたのは大学生のとき。恋人に、自らの経験を打ち明けた際、「よく頑張ったね」と言われたことでした。「一番大変なのは父だから」と、それまでは誰にも言えずに抱え込んでいたつらさを初めて認められた気がしたのです。
今回、菅野さんは作文を両親に見せ、自分の思いを伝えることに。我が子の独白を両親はどう受け止め、親子はどんな未来を描くのでしょうか。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:00
テレビ 障害と視線 個性と夢 [2017年12月19日(Tue)]
障害福祉賞2017(1) 障害と視線 個性と夢
2017年12月19日(火)夜8時からNHKEテレにて

障害のある人や共に歩む人の体験談を募集した『NHK障害福祉賞』。2回シリーズで、今年の入選作品を紹介します。
第1回は、佳作に選ばれた愛知県の中学2年生、佐々木杏夏さん(14)。脳性まひにより、車いすで生活しています。小学生のころ、自由に歩ける友達に嫉妬。「自分は特別でかわいそうな存在」と言い聞かせて過ごすようになります。中学で養護学校に進学すると、様々な障害のある同級生に接するうちに「障害」について深く考えるようになります。そこで、ある友人との出会いをきっかけに、障害者や健常者に特別なんてなく、出来ること出来ないことは人それぞれ、「障害は個性だ」と考えるようになりました。言語聴覚士になる夢に向かって進み始めた佐々木杏夏さんの姿を描きます。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:59
テレビ 辰吉家の常識 世間の非常識 [2017年12月18日(Mon)]
ノーナレ「辰吉家の常識 世間の非常識」
2017年12月18日(月) 午後10時50分からNHKGテレビでの放送

夫婦漫才!? それとも真剣インタビュー!?
じんわりと愛にあふれる不思議な夫婦の秘密に迫る!
自由奔放なファイトスタイルで無類の強さを誇り、世界王者に輝くこと3回、日本中を熱狂の渦に巻き込んだボクサー、“浪速のジョー”こと辰吉丈一郎。47歳にしていまだ現役を貫く、生きる伝説だ。
その人生を支えてきたのが、4歳上の姉さん女房、るみさん。
10年近くリングに上がっていない“無職”の夫と、わずかに残るファイトマネーを切り崩しながら生活している。
2人の関係は“あべこべ”。
ボクシングで頭がいっぱいのジョーと、その夫をうまく操縦してきた妻るみ。友人のようで、母と息子のようでもある。辰吉がボケて、るみがツッコむ。夫婦の毎日は、まるで掛け合い漫才のようだ。抱腹絶倒、なぜか元気になれる2人の会話に密着、世間的には“非常識”に見える関係が問いかける、夫婦の愛を描く。

出演は、ボクシング世界チャンピオン…辰吉丈一郎,辰吉るみさんです

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:57
テレビ がんとネット〜患者を惑わす情報の渦〜 [2017年12月17日(Sun)]
がんとネット〜患者を惑わす情報の渦〜
MBSテレビ
2017年12月17日(日)早朝 5:00-5:30
病気が判明すると患者や家族の多くが活用する情報源は、インターネットである。日本医科大学武蔵小杉病院の勝俣範之医師。ウソの治療方法や医療を否定するネット情報などによって選択に迷い、治療のタイミングを逃した患者を多く診てきた。
しかし、勝俣医師はウソのネット情報の存在を問題視しながらも、患者が先端医療に背を向けたり民間療法に走ったりする背景に既存の医療に対する患者の不信感があると考えている。
医療者の意識も変える必要があると訴える。
国立がん研究センター中央病院の後藤梯医師が興味深い調査を行った。2009年、ネットで「肺がん」を検索したところ、上位50件で表示された情報の約半数は誤りだと発表し、ネット情報の問題点を指摘した。うち1割は広告だったという。
がんの最先端治療を担いながら正しい情報の発信を模索する医師らの動きを追い、さまよう患者たちの声も聞く。がんと情報…その関係を考える。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:55
テレビ 「償いは誰が為に 〜無期懲役・受刑者Lの告白〜」 [2017年12月16日(Sat)]
2017年12月17日(日)早朝4時55分〜5時25分 ABCテレビ 
「償いは誰が為に 〜無期懲役・受刑者Lの告白〜」
質問に答える受刑者L(殺人罪、刑期10年以上、40代)
刑務所に収容された受刑者たちの償いを追跡、その本心に迫る。無期懲役囚との1年以上にわたる往復書簡で浮かび上がってきた女児殺害事件の真相。なぜ犯行の発覚を恐れたか?これまで決して明かされなかった心の闇が綴られていた。「刑務所で反省はしない」と語る元受刑者。果たして日本の刑務所の矯正処遇は効果を上げているのか?刑務所内部を徹底取材。殺人罪で懲役10年以上の刑に服す処遇指標「L」の受刑者らに問う、償いは誰が為に…

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:50
テレビ 田部井淳子 人生のしまいかた [2017年12月15日(Fri)]
田部井淳子 人生のしまいかた
2017年12月16日(土) 午後5時10分からNHKGテレビでの放送

昨秋がんで亡くなった登山家・田部井淳子さん。5年間の闘病生活を親しいディレクターが100時間以上にわたって映像で記録していた。「病気になっても病人にはならない」と宣言し、抗がん剤の副作用と闘いながら国内外の山に登り続けたその姿はどこまでも前向き。大震災で被災した東北の高校生たちを引率して毎夏登った富士山では、「一歩一歩進めば必ず頂上に着く」と生徒を励まし続けた。見る人を勇気づける“終活”の記録だ。
語りは、市毛良枝さん

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:48
テレビ 根室 ほっこり弁当冬物語 [2017年12月14日(Thu)]
2017年12月15日(金)午後10時50分〜 午後11時15分 NHKGテレビ
ドキュメント72時間「根室 ほっこり弁当冬物語」

ニシン漁が始まり、冬の足音が聞こえる北海道・根室。港からほど近い24時間営業のコンビニは、昼夜を問わず客足が絶えない。人気の秘密はずらりと並んだ手作りの弁当や焼きたてのパン。名物の「やきとり弁当」は、1日150食も売れるという。今年、日本一の水揚げを誇るサンマ漁が記録的不漁に見舞われた根室。人々はどんな思いであたたかい弁当を手にするのか。漁師町に生きる人々を励ましてきた、小さなコンビニの物語。
語りは、吹石一恵

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:34
テレビ 「もったいない」を「ありがとう」に変える奇跡の食料支援 [2017年12月13日(Wed)]
2017年12月14日(木)夜10時からテレビ大阪にて
「もったいない」を「ありがとう」に変える奇跡の食料支援
セカンドハーベスト・ジャパン 代表チャールズ・マクジルトン

まだ食べられるのに捨てられている食べ物、いわゆる「食品ロス」が日本では年間約632万トンにも上る。日本人1人当たり、毎日お茶碗約1杯分(約136g)のご飯の量を捨てている計算だ。一方で、日本人の6人に1人が相対的貧困状態にあるという。
そんな時代に、処分される食品を集めて、困っている人々や団体に届ける取り組みがじわじわと広がっている。それが「フードバンク」だ。日本ではセカンドハーベスト・ジャパンが2002年に最初の活動を始めた。率いるのは、なんと元ホームレスのアメリカ人。「もったいない」を「ありがとう」に変える奇跡の食料支援活動に密着!

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:33
たまに、加藤大臣会見概要から [2017年12月12日(Tue)]
たまに、加藤大臣会見概要から
(H29.12.8(金)10:16 〜 10:23 省内会見室)

(記者)
 障害者の事業所に提供されている食事提供体制加算について、先日厚労省の検討会で来年3月末までとなっている時限措置の廃止が提案されましたが、障害者団体や与野党の議員から反対、継続を求める声が出ていますが、今後継続すべきなのかどうかを含め、どういうあり方が望ましいとお考えでしょうか。

(大臣)
 食事提供体制加算の経過措置のあり方については、平成27年の社会保障審議会障害者部会から報告書で、他のサービスとのバランスを考えるべきという指摘をいただいているところです。しかし同時に各団体からも、利用者負担が上がった場合、それぞれの障害者の方々、あるいはご家族の生活に対して大変負担になるというお話もあります。また、各委員会でもいろいろなご指摘をいただいております。そして報酬改定に向けた検討チームでも、アドバイザーの方々からさまざまなご意見をいただいております。それらを踏まえて、予算編成の中で結論を得るべく、しっかりと議論をさせていただきたいと思います。

以上です【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 10:46
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml