CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
新書 弁護士の格差 [2018年02月28日(Wed)]
弁護士の格差 (朝日新書)
秋山謙一郎 (著)
720円(税抜き)

弁護士サバイバル時代到来――時代を如実に映す《弁護士の格差》を追え!
かつて「聖職」ともいわれ、多額の報酬と尊敬を得られた職業「弁護士」の世界にも
《格差》の波が拡がっている。
その5割が所得400万円以下といわれる経済格差、
金バッジをつけながら一度も裁判経験がないというスキル格差、
はたまたトンデモ先生≠フ無法な実態に呆れてものがいえない意識格差まで徹底ルポ。
「過払い金整理」「離婚調停」の落とし穴から、 アディーレ事件の本質をも詳述する渾身作。

目次です
【プロローグ】
●〈勝ち組〉なのか〈負け組〉なのか
●「アディーレ」夜明け前
●「いい先生」か「悪い先生」か
●「多すぎる」弁護士たち
●《スキル格差》の実態
●〈法律家〉か〈サービス業〉か
【第1章】 弁護士が教える弁護士の探し方と選び方
●いったい、いくらかかるのか
●拡がる弁護士の《費用格差》
●《費用格差》が生まれた理由
●弁護士の人気商売〞化
●料亭だけの世界から、ファミレス、激安店まで
●いい弁護士の選び方
●誰かしら6人介せば辿り着く
●不倫で慰謝料を請求された独身女性の場合
●〈街弁〉ベテランの重鎮弁護士――旧日弁連報酬基準
●〈新興法律事務所〉――事件〞次第で弁護士費用が変わる
●打ち合わせは「ファミレス」の〈格安弁〉
【第2章】 弁護士の《経済格差》
●切実な低所得化
●弁護士による「横領」
●ビジネス〞としての良し悪し
●組織力〞の〈新興大手〉法律事務所
●個人商店・商店街〈街弁〉vs大手流通店〈新興大手〉
●広告・宣伝の効果はほとんどなし
●新時代の三種の神器
●「地道に仕事をすれば仕事は得られる」
●ベテラン〈街弁〉事務所のこだわり
●カネにならない〞刑事事件
●〈ヤメ検〉といえども民事事件
●刑事事件の費用額の相場
●〈私選弁護人〉と〈国選弁護人〉の差
●「裁判所が嗤う事件」も引き受ける時代へ
●SLAPP訴訟の実態
【第3章】 〈旧司組〉vs〈新司組〉――その《格差》とは?
●食えない資格ナンバーワン
●プラチナ〞からシルバー〞、銅〞へ
●合格率約2%から約23%へ
●〈旧司法試験〉の難関伝説
●不合格から「ひと桁合格」へ
●真の力量格差
●法科大学院制度の功罪
●実務における違い
●事件の小口化〞で金脈
●弁護士増えれども増えない事件
●「数」を捌けない弁護士という職
●「年200万円」という嘆き
【第4章】 弁護士の《意識格差》
●在日コリアン弁護士の《意識格差》
●〈ヤメ判〉弁護士の実像
●弁護士会を否定する弁護士が出てくる時代
●本物は表には出ない
●「依頼者に寄り添う」弁護士とは
●弁護士人口「6万人」時代へ
●「専門性」が意味するもの
●「得意分野」や「ライフワーク」を持つ実像
●志を持つにもカネがいる
●増加する〈企業内弁護士〉
●「法テラス」の孕む問題
【エピローグ】
●司法制度改革の真の目的
●〈法の僕〉か〈依頼者の僕〉か
●時代のケジメ
●司法へ臨む姿勢

お勧めです【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:53
テレビ 自分の見た目と生き方について本音でしゃべってみた [2018年02月27日(Tue)]
自分の見た目と生き方について本音でしゃべってみた
2018年2月27日(火)夜8時から NHKEテレでの放送

今、あざや腫れなど、「見た目の症状」がある人たちが、モデルや作家などとして活躍の場を広げ、自分らしさを表現しています。番組では、見た目の症状がある人どうしで話してみたいという5人と、「見た目問題」NPO法人の代表が集まり、恋や家庭、学校生活など、日々の人間関係について本音でおしゃべり!
血管腫(診断当時)がある作家・藤沢あゆみさんは、独自のモテテクを伝授する恋愛本でヒット連発。モテの極意は「自分にOKを出すこと」だといいます。しかし集まった5人の中には、自分で自分を肯定するのはなかなか難しいという意見も・・・。「自分ではなく、周りの人が自分にOKを出してくれることもある?」、「自分の本当の問題は見た目ではなかった?」さまざまなエピソードを交えて、自分らしく生きる方法を語り尽くします!

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:48
テレビ 「ローズアパート〜ひとつの老いのかたち〜」 [2018年02月26日(Mon)]
映像’18「ローズアパート〜ひとつの老いのかたち〜」
2018年2月26日(日)深夜 1時15分〜2時15分  毎日放送に手の放送

清水寺など観光客でにぎわう京都の東山地区の近くにひっそりとたたずむ「ローズアパート」。50年以上前にに建てられた2階建ての木造アパート。現在、半分以上が空き部屋だが、65歳以上の高齢者を中心に7世帯が肩を寄せ合って暮らしている。 2年前のお正月、夫婦で暮らす高道夫さん(81)と妻の初子さん(83)夫妻の部屋の風呂が壊れて修理が出来ないため、違う部屋を無償で使えることになったのだ。やがて、道夫さんがこの部屋に住人を「コーヒー飲めへんか?」と誘うようになり、毎日1回、コーヒー部屋に住民が集まるようになった。距離が縮まり、困ったことがあるとお互い助け合い、声をかけ合う。高齢者の誰もが施設に入れるわけではない。アパートに住む高齢者たちは生活保護を受け、出費を切り詰めているため、日々の暮らしは楽ではない。高齢者同士が寄り添って、何とか持ちつ持たれつ生きている。番組では、様々な人生を経てこの「ローズアパート」にたどり着いた高齢者たちの姿を追い、寄り添い助け合う意味を考え、来る高齢化社会で老いゆく人が「尊厳」や「希望」を持ち続けることが出来るのかを問いかける。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:46
テレビ 「眠れない子どもたち "睡眠障害"という病」 [2018年02月25日(Sun)]
2018年2月25日(日) 24:55から 関西ではよみうりテレビにての放送
「眠れない子どもたち "睡眠障害"という病」

どんなに眠くても眠ることができなくなった中学生。
昼間、どこにいても突然寝てしまう小学生。
今、子供たちを「睡眠障害」が襲っている。
カメラは睡眠障害に苦しむ子供たちの実態をつぶさに追った。
子供たちを悩ますのはその症状だけではない。
実態が理解されず、怠け者や不登校児のレッテルを貼られてしまうことや進学問題。
さらには、糖尿病や精神疾患につながる健康不安も、子供たちの将来に影を落としている。
まだ理解が進んでいない子供たちの睡眠障害。
これは特別な子供だけの問題ではない。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:44
テレビ 「それでも、父に。 〜LGBTと「見えない壁」〜」 [2018年02月24日(Sat)]
2018年2月25日(日)早朝4時55分〜5時25分
ABCテレビで放送
「それでも、父に。 〜LGBTと「見えない壁」〜」
三味線奏者・藤村由慈さんは元女性。
国内の13人に1人が該当するといわれる性的マイノリティ、LGBT。盛岡市の藤村由慈さんもその1人。手術を受け、戸籍上も女性から男性になり、女性との結婚も果たした。今願うのは、凍結保存しておいた自分の卵子を使い、遺伝子上も繋がった子どもを持つこと。しかし、そこに立ちはだかったのは「法の未整備」が壁となり、国内では望む形での妊娠・出産は出来ないという現実。「普通の」幸せを求め、模索する夫婦を見つめた。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:43
テレビ 「居場所があれば立ち直れる〜累犯障害者 社会で生きるために〜」 [2018年02月23日(Fri)]
2,018年2月24日(土)午後11時〜 午前0時
「居場所があれば立ち直れる〜累犯障害者 社会で生きるために〜」
NHKEテレでの放送

障害がありながら、必要な支援を受けられず、犯罪を繰り返す“累犯障害者”。どうしたら再犯を防ぎ、立ち直りにつなげられるか?求められる支援のあり方を見つめる。
長崎県地域生活定着支援センターの所長を務める伊豆丸剛史さん。知的あるいは精神的な障害がありながら必要な支援を受けられず、犯罪を繰り返す“累犯障害者”の支援を続けている。服役を終えた障害者のために、生活保護の申請や住む場所や働き口の確保などを手伝う。再犯を防ぎ、更生に導くことができれば、本人にとってだけでなく、社会にとっても大きなメリットがあるという。伊豆丸さんたちの取り組みを見つめる。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:41
テレビ 奇跡の高度成長の裏で60s [2018年02月22日(Thu)]
2,018年2月23日(金) 午後10時30分〜 午後11時
シリーズ 欲望の経済史〜日本戦後編〜 第2回「奇跡の高度成長の裏で60s」
NHKEテレにて放送

「奇跡」とも称される戦後の高度成長。所得倍増計画、東海道新幹線開通、東京オリンピック開催…、華やかなビッグイベントが続き人々が夢に向って走った60年代。サラリーマンのライフスタイルも変わり、東京は大都会となり活況を呈する。しかしそこで同時に進行していたのは物質的な豊かさのみに目を奪われることへの懐疑だった。急速な成長はどのようにもたらされ、その裏側に何が?警鐘を鳴らしていたのは意外な人物だった?

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:40
テレビ 思いをかたちに〜自閉症の人たちの日常〜 [2018年02月21日(Wed)]
思いをかたちに〜自閉症の人たちの日常〜
制作:OBS
2018年1月21日(日)早朝 5:00〜5:30
MBSで放送
生まれつきの脳機能障害が原因とされる「自閉症」。人によって症状は異なるが、対人関係を築くのが苦手で、コミュニケーションに障害がある人が多い。一方で、強いこだわりや独特の感性など目を見張るような特性を持つ人もいる。
大分県にある障害者支援施設「めぶき園」では、重度の自閉症の人たち約30人が暮らしている。県内では唯一、自閉症を専門とする入所施設だ。めぶき園では、自閉症者の特性を生かすため、一般的な障害者施設のように下請けの作業をするのではなく、絵画や造形などアート分野での自由な制作を促している。
17歳のときから27年間、園で暮らす山田聖さん(44)は、モザイク画を制作する。山田さんは、顔しか描かない。40年以上、同じ顔ばかりを描き続けているという。自分の思いを口にすることはない山田さんが、「顔」を描く理由は、母の教えにある。母は、どんな思いで顔の描き方を教えたのだろうか―。
めぶき園の日常を通じて、自閉症の人たちの思いや家族とのつながりを伝える。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:35
テレビ HEART-NET TIMES [2018年02月20日(Tue)]
HEART-NET TIMES
2018年2月20日(火)夜8時からNHKEテレでの放送

最新の福祉ニュースをジャーナルな視点でお届けする生放送番組!今回の注目トピックは、1月に”文春砲”で話題となった音楽プロデューサー・小室哲哉さんのニュースにも関わるテーマ、「孤独」です。折りしも同月、イギリスで「孤独担当相」なる大臣が、世界で初めて誕生しました。イギリス国内では現在、高齢者や障害者、子育て中の親や介護者など、900万人もの人が孤立を感じるといいます。さらに「孤独」は身体的・精神的に健康に悪影響を与え、経済的に約4.9兆円の損失になるという試算も。実は「孤独」への危機感は、今世界中に広がっています。アメリカでは、元公衆衛生局長官が「孤独は深刻な伝染病だ」とする論文を発表。そして、先進国で人々の「孤独」が最も深刻だといわれるのが、実は日本です。2040年には一人暮らしの割合が全世帯の4割に達するほか、今後は高齢者・介護者の増加によって「孤独」が一層蔓延すると心配されています。私たちに誰もが無関係ではない「孤独」にどう対処していけばよいのか、生放送で議論!そのほか、重要なニュースをわかりやすく読み解きます。

どうぞご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:33
テレビ 日本人の"変わる働き方" 北欧に豊かに暮らすヒントがあった! [2018年02月19日(Mon)]
2018年2月19日(月)夜10時からテレビ大阪にて放送
日本人の"変わる働き方" 北欧に豊かに暮らすヒントがあった!

政府の「働き方改革」を受け、徐々だが変わりつつある日本人の働き方。
残業が減り、"出来た時間"を持て余すサラリーマンも増えてきている。
今回のジパングは、「いかに働くか」「充実した時間をいかに過ごすか」を考える。
そのヒントは、北欧の"世界一幸福な国"と言われる、デンマークにあった。
デンマーク語で「居心地がいい」「心安らぐ」といった意味をもつ"ヒュッゲ"という言葉。デンマークの人達は、職場で、家で、レストランで"ヒュッゲな生活"を楽しんでいた。
「働く時間」「職場環境」が変わっても、充実した時間を過ごせるかは、働く人次第。
未来の日本、未来の日本人のために今、"働き方"を考える・・・。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:31
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml