CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ 相模原障害者殺傷事件から1年(仮) [2017年07月24日(Mon)]
テレビ 相模原障害者殺傷事件から1年(仮)
2017年7月24日から26日まで3夜連続
各夜8時から
「知的障害者は嫌い、独り言も不気味」「生産性のない障害者を守れない」「障害者は不幸」。これは、事件後番組に寄せられた声の一部です。事件を悲しむメッセージが番組に多く寄せられる一方で、犯人に同調する声が今も届きます。19もの命を奪う事件は、なぜ起きたのか。ハートネットTVでは、1年の節目に、3夜連続で事件の知られざる背景や、沈黙してきた関係者の声に迫りつつ、様々な角度から改めて事件を見つめ直します。

24日は歴史編。1964年にできた「津久井やまゆり園」。事件までの半世紀を超える施設の歩みは、日本の障害者施設の歴史を象徴するような道のりでした。元職員や入所者の家族の声から、その歩みを描きます。

25日は重い知的障害の人の暮らしのあり方がテーマ。やまゆり園の入所者たちも今、この先どんな形で暮らしていくのか選択を迫られています。国の政策が「施設から地域へ」を標榜する中、本人や家族の意思を尊重しながらよりよい暮らしの場を模索している、障害者施設やNPOの取り組みから考えます。

事件から1年の26日は、生放送。冒頭で紹介したような障害者を否定する声にどう向き合うのか。「差別はダメ」という正論だけで終わらずタブーなしで「障害者」の今に、スタジオゲストと迫ります。

3夜連続でどうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:52
テレビ 宙に浮いたハンドル 検証・部活動送迎死亡事故 [2017年07月23日(Sun)]
2017年7月23日(日) 24:55から
宙に浮いたハンドル 検証・部活動送迎死亡事故
関西ではよみうりテレビにての放送

去年10月、石川県で中学校の野球部員を乗せたマイクロバスがワゴン車と衝突し、生徒2人が死亡した。運転していたのは、部員の保護者だった。部活動の送迎は誰がすべきなのか?全国の自治体を取材すると、統一されたルールがないまま、教員や保護者がハンドルを握っている実態が浮かび上がってきた。そして、各地で毎年のように重大事故が起きていることも判明した。単なる交通事故として見過ごされてきた、生徒のいのち。防ぐ手立てはないのだろうか?【制作:テレビ金沢】

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:51
テレビ AIに聞いてみた  どうすんのよ!?ニッポン [2017年07月22日(Sat)]
シリーズ AIに聞いてみた  どうすんのよ!?ニッポン (仮)
2017年7月22日(土) 午後7時30分〜9時49分
(途中、ニュース中断あり) NHKGテレビにて

「どうしたら心配のない老後を迎えられるの?」「何をしたら、子育ての環境はよくなるの?」「幸せに暮らすにはどうしたらいいの?」「どうしたらニッポンの未来は明るくなるの?」といった、私たちが感じている疑問や難問。その解決策のヒントを、AI(人工知能)が導きだし、従来にはない「一手」を考えていこうという新たなシリーズのプロローグ。NHKでは、人口動態や介護、医療、格差、消費など様々な社会を映し出す5000を超える公共のデータを入手。「風が吹けば桶屋が儲かる」といった具合に、複雑に、間接的に影響し合っているそれぞれのデータの関係性をAIが解析し、日本の社会構造を詳らかに分析した。その結果、日本を変えるカギを握っているのが、高齢者でも子どもでもなく、「40代ひとり暮らし」であることが判明。労働時間や老後の介護、空き家問題などを良くするのも悪化させるのも、「40代ひとりぐらし」の人たちの選択にかかっていることが見えてきた。さらに、大学や研究機関が持っている、匿名の個人1万人を追跡調査しているデータも解析したところ、幸せに暮らすための意外な条件や、若者世代に芽生えている、従来にはない価値観が明らかになるなど、これまで注目されてこなかった「一手」が見えてきた。AIが解析した内容を、スタジオでたっぷり味わっていく。

ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:49
相談支援従事者指導者養成研修会の資料 [2017年07月21日(Fri)]
国立障害者リハビリテーションセンター学院で、6月21日から23日にかけて開催された平成29年度相談支援従事者指導者養成研修会の資料が公開されています。
30年度から31年度にかけて研修体系が変わります。その仕組みや意思決定支援、虐待防止などの参考にご活用ください。【KB】
http://www.rehab.go.jp/College/japanese/training/29/soudansien_siryou.html
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:35
テレビ 知られざる“虐待入院” [2017年07月20日(Thu)]
2017年7月20日夜10時から
NHKGテレビにて放送
知られざる“虐待入院” 〜全国調査・子どもたちがなぜ〜

親からの虐待が原因で入院した子どもが、元気になった後も施設などに入れず、入院を続ける“虐待入院”。NHKの取材では、こうしたケースが全国の病院で相次いでいることが明らかになった。子どもたちはなぜ退院できないのか。“虐待入院”が子どもたちの心身にどのような影響を及ぼすのか。知られざる実態に迫り、“虐待入院”を減らすために何が求められているのかを考える。

ご覧ください。【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:45
テレビ 介護保険の大改革 住民力で費用を抑制! [2017年07月19日(Wed)]
2017年7月19日(水)夜10時からNHKGテレビにて放送
介護保険の大改革 住民力で費用を抑制!?

今年4月、介護保険の大改革が始まった。キーワードは「自立」と「住民力」。対象となるのは、介護保険の入り口、利用者のおよそ3割を占める「要支援1・2」の人たちだ。これまで介護士やヘルパーなど専門職が行ってきた介護予防や生活支援に、資格を持たない住民たちが積極的に関わることに。国が一律に決めていた介護サービスの内容を、今後は各市区町村が判断することになる。高齢者に自立した生活を送るよう促し、社会全体の負担を軽くすることが狙いだが、一方で必要な介護を受けられなくなるという恐れも。新たな介護保険の改革は進むのか?変わる現場の最前線から報告する。
ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 13:38
テレビ 「ゲーテが愛した街 ワイマール〜ドイツ〜」 [2017年07月18日(Tue)]
世界ふれあい街歩き「ゲーテが愛した街 ワイマール〜ドイツ〜」
2017年7月18日(火) 午後8時00分NHKBSプレミアムにて放送

18世紀末に古典主義文化が開花したドイツ・ワイマール。文豪ゲーテ初め多くの偉人によって、文学や芸術を通して「自由を尊ぶ心」が育まれ、ワイマール憲法が生まれた。その精神はナチス時代以降、危機にさらされたが、冷戦後に息を吹き返す。世界遺産の建物が立ち並ぶ街なかで、ゲーテたちの格言を街の各所に描く男性、心の葛藤を彫刻で表現する芸術家、未来を模索する学生など、自由を愛し、人生と誠実に向き合う人々と出会う。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:42
テレビ 最後の講義「石黒浩教授」 [2017年07月17日(Mon)]
最後の講義「石黒浩教授」
2017年7月17日(月) 午後10時00分
NHKBS1にての放送

「もし今日が人生最後だったら、どんなメッセージを残すのか?」。アメリカの有名大学で行われる「最後の講義」が日本でも始まる。登壇するのは世界的なロボット工学の権威で、自分そっくりのアンドロイドを作ったことで知られる石黒浩・大阪大学教授。石黒教授が語る「すべての人間はロボットになる」という驚くべきメッセージ。ロボットを通して人間の存在について考え続けてきたトップランナー。衝撃の結末をあなたは目撃する。

ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:22
テレビ パーの手がしたい 〜"筋電義手"の子どもたち〜 [2017年07月16日(Sun)]
2017年7月16日(日) 24:55〜
関西ではよみうりテレビの放送
パーの手がしたい 〜"筋電義手"の子どもたち〜

生まれつき左腕の肘から先がない神陽喜(かみはるき)くん(7)。
幼稚園の頃、「みんなと同じようにパーの手がしたい」と泣きながら訴えた。
そんな時に出会ったのが「筋電義手」。
筋肉の微弱な電気を読み取り、自分の意志で指を動かすことができるロボットハンドだ。
義手を「ぎーちゃん」と呼び、「大切な友達」と言う。
義手とともに夢を掴もうとする陽喜くんの成長と、一人でも多くの子どもたちに
筋電義手を届けるために奮闘する医師の姿を追う。

ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:28
テレビ 「生物×機械 融合研究最前線」 [2017年07月15日(Sat)]
2017年7月16日(日)午後11時30分〜 午前0時00分
「生物×機械 融合研究最前線」
NHKEテレにて

生物の驚異的な能力を機械と融合させる研究が、続々誕生。昆虫の嗅覚をチップに装着した嗅覚センサー。シビレエイの発電器官を使った発電システムなど、最前線に迫る!
生物が進化の過程で獲得した優れた能力を、機械と融合させる研究が加速している。驚異的な嗅覚をもつ昆虫のにおい感知の受容体を、マイクロチップに装着。新たな嗅覚センサーが開発された。また、シビレエイの発電器官を使って、新しい発電のシステムを実現。さらに今年3月、ハエの幼虫の薄膜を使って、これまで困難だった「生きた細胞を観察」できる技術「ナノスーツ」も登場した。驚異の新技術に迫る!

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:26
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml