CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ シリーズ 1000日前 東京大会へ!? [2017年10月22日(Sun)]
シリーズ 1000日前 東京大会へ!?
2017年10月24日(火)から3夜連続
夜8時からNHKEテレでの放送

2020年の東京オリンピックパラリンピックが始まる1000日前(10/28)のタイミングをきっかけに、ハートネットTVでは、東京パラリンピックへの出場を目指す選手や新競技の魅力を3本シリーズでお伝えします。

第1回 パラリンピックが日本を変える!
第1回は、大阪の”千日前”で収録。パラリンピックの意義について改めて考えます。東京パラリンピックへの出場を目指す車いす陸上の若手選手に、競技にかける思いや意気込みをインタビュー。また、足を切断した人が、競技用の義足を自由にレンタルして走ることのできる「義足の図書館」の取り組みから、障害のある人のスポーツ環境について語り合います。
2020年、パラリンピック競技を盛り上げ、障害のある人の暮らしや社会のあり方をも変えていくきっかけにするためにはどうしたらいいか、考えます。 


第2回 2つの新競技 その魅力に迫る
第2回は、9月4日に正式に決まったばかりの、東京パラリンピックで初めて行われる2つの新競技の魅力に迫ります。ひとつは「パラテコンドー」。上半身に障害のある選手たちが、華麗な足技を繰り広げます。競技歴わずか1年半ながら、国際大会で優勝を果たす実力者、伊藤力選手に注目。もうひとつは「パラバドミントン」。車いすのクラスでパラリンピック出場を目指す小倉理恵選手は、子育てと仕事を掛け持ちしながら、世界ランク9位の結果を残すママさんアスリート。大舞台を目指す選手たちを通して、新競技の魅力に迫ります。


第3回 走る ―知的障害・陸上短距離 川上春菜さん―
第3回の主人公は、川上春菜さん、石川県の能登半島にある町に暮らす19歳の女性です。陸上短距離のランナーで、東京パラリンピック出場を目指して練習を重ねています。川上さんは、人と話すのが苦手で、打ち解けるまでに時間がかかります。何をやるにも興味がなさそうに見える川上さんですが、陸上競技のピッチに立つと、その体は大きく躍動し、すごいスピードで走り出します。
走る才能に目をつけた陸上部顧問とふたりで本格的に競技を始め、2年で日本代表に選ばれるまでになりました。5月のタイ・バンコクの世界選手権では日本新記録で銀メダルを獲得しました。
番組では、顧問との日々、父親との日々を通して、走ることで生きる手掛かりを得ていく春菜さんを見つめます。

ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:51
テレビ 「がんとともに歩む力を」 [2017年10月21日(Sat)]
2017年10月21日(土)午後11時00分〜 午前0時00分 の放送
NHKEテレにて
「がんとともに歩む力を」
東京・豊洲にある、がんの相談施設「マギーズ東京」が舞台。看護師とゆっくりお茶を飲みながら、自らのストーリーを語ることで、生きる力を取り戻していく。
去年10月、東京・豊洲にオープンしたがんの相談支援施設「マギーズ東京」。がん医療に精通した看護師や心理療法士などのスタッフが、がんと診断された人だけでなく、その家族、友人、医療者など、がんと関わりのあるすべての人たちの声に耳を傾けている。そこで語られる医療への迷い、副作用のつらさ、仕事や人間関係の悩み。やがて訪れた人たちは、本来の自分を取り戻していく。番組では、そのプロセスを見つめた。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:50
テレビ 「渋谷 スマホ修理店」 [2017年10月20日(Fri)]
2017年10月20日(金)午後10時50分〜 午後11時15分 の放送
NHKGテレビで
「渋谷 スマホ修理店」
舞台は東京・渋谷にあるスマホ修理店。ここには、画面のひび割れや水没が原因で動かなくなったスマホが次々と持ち込まれる。友人と過ごした夏の思い出を取り戻したいと駆け込んできたフリーター。恋人と連絡が取れず、不安を募らせる女子大生。交友関係や日々の記録の全てが詰まったスマホ。人は何を守り、どんなつながりを大事にしているのか。修理店のカウンターにカメラを据え、スマホの中身をのぞかせてもらう。
【語り】仲里依紗

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:49
新書 「リベラルという病」 [2017年10月19日(Thu)]
山口 真由 (著)
「リベラルという病」 (新潮新書)
760円(税抜き)

人間への信頼、平等の理念にもとづくアメリカのリベラリズムが今、危機に瀕している。政治や司法から、宗教観や家族観、性差や人種問題まで、伝統的コンサバティズムとの対立を繰り返してきた歴史をひもとき、トランプ政権下で大きく軋む社会の断層を浮き彫りにする。さらには、欧米のリベラリズムを奇妙な形で輸入・加工し続けてきた日本的リベラルの矛盾と限界をも鮮やかに解き明かす。

詳しい目次です。
はじめに
I リベラルという宗教
「我々は、信心深い国民である」/ペンス副大統領はクリスチャン・ライト/「人種間の平等」という宗教/差別主義者はすなわち異教徒/ポリティカル・コレクトネスとは何か/日米ポリティカル・コレクトネス格差/あらゆる表現がやり玉に挙がる/LGBTQQIAAPPO2Sって何?/リベラルの不寛容――ゼロ・トレランス/リベラル信仰の聖地、ハーバード・ロースクール/インテリ層の差別意識と後ろめたさ
II 最高裁判事という権力者
連邦最高裁はマイノリティ最後の砦/最高裁判事は大統領の代弁者か/スカリア判事の死、危機に瀕したコンサバ派/大統領選の争点となった最高裁判事/コンサバの悪夢「ウォレン・コートの時代」/「分離すれども平等は違憲」:全員一致のブラウン判決/全土で同性婚を認める:僅差のオバーゲフェル判決
III 揺らぐ家族像
トニ・モリスン『青い眼がほしい』が訴えたこと/養育費を支払わなければやがて刑務所へ/親による子どもの支配権:トロクソ対グランヴィル判決/男女一組の親・血のつながった子どもという理想像/閉じられた核家族ユニット:マイケル対ジェラルド判決/親を決める「遺伝・分娩・婚姻推定、意志・機能」/親になる「意志」の時代――新しい家族像/シュルツ論文を受け入れる:ジョンソン対カルバート判決/同性カップルによる子育てと機能主義/コンサバ州とリベラル州の鋭い対立/生殖補助医療の進歩は何をもたらすか/親という概念の根本的な変化
IV 奇妙な日本のリベラル
安倍首相は右翼で天皇はリベラル?/「人生哲学」としてのイデオロギー/政府の大小はリベラルとコンサバの分かれ道/民主党と民進党の決定的な違い/自ら財政の均衡を主張したリベラル民進党/イデオロギー的核がないのは、自民党も同じ/自民党のポジションは、アメリカでは民主党/日本では予算の配分権こそ権力の源/財務省は「小さな政府」を目指したか/突然変異としての「小さな政府」論者/なぜリベラルが橋下氏と渡り合えないか/外交・社会政策にも一貫するストーリー/人間への「信頼」、人間への「不信」/日本の哲学と相反するリベラル倫理観/リベラルは再び立ち上がることができるか/泥沼にはまる民主党/敵失を誘うしかないのか、民進党/アメリカ民主党も真似をして敵失誘発方式/穏健派と穏健派を結びつける動き
おわりに
主要参考文献

そうだったのかという、お勧め本です【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:47
テレビ 「レシピが広がる!魔法の“おかずの素(もと)”」 [2017年10月18日(Wed)]
2017年10月21日(土)午前9時30分〜 午前9時55分
NHKGテレビにて放送
助けて!きわめびと「レシピが広がる!魔法の“おかずの素(もと)”」

食事の献立、悩みませんか?そんなあなたを助けてくれるのが「おかずの素(もと)」。下ごしらえした素材を1品作り、それを使ってさまざまなメイン料理にアレンジするのです。例えば、キャベツを切って塩昆布とサラダ油であえた「塩昆布キャベツ」。これをたくさん作っておき、肉や魚などと合わせて調理するだけでバラエティー豊かな料理になるのです。簡単、おいしい、栄養満点!レシピに悩まない“魔法の料理術”を伝授します。

ご覧ください【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:46
発達障害白書 2018年版(CD-ROM付き) [2017年10月17日(Tue)]
まえがき
 『発達障害白書2018年版』における「発達障害」の表記と定義の統一について
第1部 特集 津久井やまゆり園事件を考える
Section 1 事件を分析する
 T 当事者が見た津久井やまゆり園事件
 U 加害者と精神医学
 V 日本の優生思想と障害者福祉・教育への影響
 W 神奈川県検証委員会報告書から
Section 2 事件を再び起こさないために
 T 大規模施設政策の歴史と今後のあり方
 U 津久井やまゆり園事件とマスコミ報道
 V 被害者家族を取材して
 W なくならない障害者への虐待

第2部 各分野における2016年度の動向
第1章 障害概念
 T 発達障害を取り巻く認識とその変化
 U 2016年度の発達障害・知的障害研究の動向
 V 発達障害・知的障害の増加と要因
 W 発達障害・知的障害の評価と課題
 X コミュニケーション障害という視点
 時の話題 知的障害のある子どもと抗精神病薬
 時の話題 自閉スペクトラム症の特徴を持つサル
第2章 医療
 T 災害弱者としての広汎性発達障害児
 U 注意欠如・多動症の診断・治療ガイドラインの改訂
 V 向精神薬の適応外使用と適応拡大
 W MPSAの保険認可
 X 2016年度のASDに対するオキシトシン研究から
 時の話題 日本DCD学会設立
 時の話題 混乱を招きかねない総務省勧告
第3章 子ども・家族支援
 T 多様化と向き合う子ども・家族支援
 U 早期発見、早期支援のあり方を考える
 V わが国におけるペアレント・メンターの発展と課題
 W 熊本地震における発達障害のある子とその親への支援
 X 妊娠期からの子育て支援
 時の話題 ママたちが非常事態!?
 時の話題 発達が「気になる子」の保育を支える、保育園運営企業による取り組み
第4章 教育:特別支援学校の教育
 T 特別支援教育の新たな動きとよりよい展開に向けて
 U 特別支援学校学習指導要領の改訂とその概要
 V 特別支援学校における「アクティブ・ラーニング」の実現
 W 特別支援学校における外部と連携した芸術・文化活動の意義
 X 特別支援学校卒業生の生涯学習のあり方
 時の話題 特別支援学校での「出前狂言教室」
 時の話題 北欧スウェーデンで学んだ“タクティール・タッチ”
 時の話題 知的障害・肢体不自由児への視能支援
 時の話題 意思決定の基盤を育む
第5章 教育:小・中学校等での特別支援教育
 T 次期学習指導要領と通常の学校における特別支援教育
 U 新学習指導要領等における幼稚園、小・中学校等の特別支援教育
 V 障害者差別解消法とICT機器による支援
 W 東京都における「特別支援教室」の取り組み
 X 通常の学級における授業改善
第6章 日中活動
 T 障害者総合支援法改正と日中活動の多様化
 U 重度障害者等包括支援の現在地
 V 医療的ケア児にも短期入所を
 W 支援者に求められる怒りのコントロール
 X 発達障害者支援法改正に寄せて
 時の話題 重度の障害を持った子どもたちの地域生活白書
 時の話題 障害者のための投票支援DVDを作成
第7章 住まい
 T 住まいの視点からみた地域共生社会の実現
 U 「ごちゃまぜ」共生社会が創る日本の未来
 V 建設反対運動なぜ“成就”
 W 知的障害者の高齢化と認知症
 X 社会的養護の課題
 時の話題 小規模グループホームにおけるスプリンクラー設置の動向
 時の話題 障害者の8割が貧困
 時の話題 社会的弱者の賃貸入居を支援
第8章 地域生活支援
 T 障害者総合支援法改正と地域生活支援の展開
 U 栃木市版・地域生活支援拠点「栃木市くらしだいじネット」の整備
 V 障害者の意思決定支援ガイドライン
 W 福岡市における「強度行動障がい者集中支援モデル事業」
 X 「親なきあと相談室」の開設
 時の話題 東大生が見た障害者のリアル
 時の話題 警察にも知的・発達障害の理解を
 時の話題 障害児を対象に動物園を開放
第9章 職業
 T 障害者法定雇用率の引き上げと職業生活の質の向上
 U 差別解消・合理的配慮提供の枠組みと企業の対応
 V 2018年度からの精神障害者の雇用義務化に向けて
 W 就業・生活支援センターの展望
 X 就労継続支援A型事業の運用の見直し
 時の話題 民間企業の雇用障害者数と実雇用率、ともに過去最高を更新
 時の話題 分け隔てない共生社会の実現
 時の話題 発達障害に特化した就労支援の展開
 時の話題 就労支援事業所の工賃向上と商品・サービスの実態調査
第10章 権利擁護/本人活動
 T 誰も排除しない社会の構築に向けて
 U 成年後見制度利用促進法をめぐる動き
 V 障害者差別解消法施行後の取り組みと合理的配慮に基づく疑似体験の課題
 W 本人の体験活動支援プログラム「チャレンジド」
 時の話題 合理的配慮理解キャラバン隊フェスティバル
 時の話題 重度知的障害者のシェアハウスでの自立生活
第11章 文化・社会活動
 T 障害者の文化芸術活動・生涯学習の促進の動き
 U 福祉防災コミュニティ協会の創設
 V 東京オリンピック・パラリンピックに向けた障害者の文化芸術活動の展開
 時の話題 仏・ナント市で障害者の国際文化交流事業が開催決定
 時の話題 Road to 武道館
第12章 国際動向
 T 国際的基準の確認と開発途上国支援からの考察
 U 国連における障害と持続可能な開発目標(SDGs)
 V 2016年度JICA「地域活動としての知的障害者支援」コース
 W JICAによる障害のある子どもの教育支援
 X 国際交流基金「障害×パフォーミングアーツ特集」の取り組み
 時の話題 リオ2016パラリンピック競技大会、知的障害選手の活躍

第3部 資料
 1 年表
 2 統計
 3 日本発達障害連盟と構成団体名簿
 津久井やまゆり園での事件について(声明)
 あとがき
 執筆者一覧

以上です【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:44
新書 「超高齢社会2.0: クラウド時代の働き方革命」 [2017年10月16日(Mon)]
檜山 敦 (著)
「超高齢社会2.0: クラウド時代の働き方革命」 (平凡社新書)
780円(税抜き)

加速する日本の少子高齢化。現役世代を支える力として、そしてシニア自身の健康維持のために、今後シニアの労働は必要不可欠だ。
その実現のためには、情報通信技術(ICT)をフル活用することが近道である。ICTを活用する「スマートシニア」も増加している。ICTが生み出す高齢者の新しい労働スタイル「モザイク型就労」と「高齢者クラウド」の実現で、現役世代とシニアの協働も見えてきた。
人生100年時代の新しい生き方、働き方を提唱する、五輪後の日本を見すえた必読書。

目次です
はじめに

第一章 シニア就労のススメ
これだけ延びた平均寿命
アクティブシニアの割合
従来の高齢者像と異なる今の高齢者
老後の生き方と寿命
シニア就労のススメ
高齢者の就労ニーズ
就労市場で高齢者をどう位置づけるか

第二章 シニアの日常とICT
柏市でのICT利用実態調査
アクティブシニアからスマートシニアへ
シニア情報生活アドバイザー
ICTを学ぶことの効用──アクティブであり続けるために
柏市での「ココナラ」ワークショップ
クラウドソーシングサービスに参加するシニア層
シニアのICT利用を広げるには
シニアの日常を支援するICT

第三章 モザイク型就労──ICTでシニア労働力を活かす
人口ピラミッドの再逆転
労働者としてのシニア
モザイク型就労
リビングラボの活用──研究開発をイノベーションにつなげる
時間モザイク
空間モザイク
スキルモザイク

第四章 高齢者クラウドの実用化
高齢者就労の現在
課題はホワイトカラーシニア層の受け皿
ハイスキルジョブ領域から拡大する人材スカウター
ロースキルジョブ領域から拡大するGBER
ビジネス展開へ向けた統合プラットフォーム
実用化を進めるための課題
全国規模のICTインフラの整備との連携

第五章 未来へ向けて
高齢者クラウドで変わる定年後のライフスタイル
アクティブシニアとしての生き方を考える
ジェロントロジー教育の広がり
「一億総活躍社会」「働き方改革」にICTを
明るい超高齢社会へ向けて

おわりに
あとがき

参照文献リスト

とても読みやすくお勧めです【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:23
テレビ 泥なんかに負けんばい!〜九州豪雨 被災地の6人家族〜 [2017年10月15日(Sun)]
2017年10月15日(日) 25:10からの放送

泥なんかに負けんばい!
〜九州豪雨 被災地の6人家族〜
関西は読売テレビで

福岡・朝倉市の避難所で出会った6人家族。
7月の九州北部豪雨で、3年前に建てたばかりの自宅を失いました。家族の大切な思い出のほとんどが、泥水に流されてしまった一方で、残ったのは多額のローン...。生活再建の見通しも立たず、慣れない避難所生活で体調を崩す娘たち。それを見た父親は誓います『もう一度一からやり直す!』。日常を突然奪われ、傷つきながらも前を向く一家の物語です。 「泥なんかに負けんばい!」
【制作:福岡放送】

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:08
テレビ 「ピアノとバーベルと涙〜16歳 熊本地震1年半〜」 [2017年10月14日(Sat)]
明日へ つなげよう「ピアノとバーベルと涙〜16歳 熊本地震1年半〜」
2017年10月15日(日)午前10時05分からNHKGテレビにて放送

熊本地震で2度の震度7に襲われた益城町、この町の木山中学では、生徒たちが同じ経験をした者同士、震災の悲しみを分かち合い、支えあって来た。しかしこの春、92人の卒業生は26箇所の高校へとバラバラに進学。そこで新たな壁に直面する。癒えたはずだった心の傷、目標の喪失、そして夢を追う上での“ハンデ”…。どう乗り越え、未来を切り開こうとするのか。今回はノーナレーション、子供たちの心の声に、耳をすませる。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:06
テレビ 「定年後 輝くために-居場所を探す男たち-」 [2017年10月13日(Fri)]
2017年10月13日(金)午後7時30分〜
NHKGテレビにて
「定年後 輝くために-居場所を探す男たち-」

定年後の孤独な男たちの日常とその処方せんを描きベストセラーとなった新書『定年後』。兵庫県出身の著者、楠木新さんが語る第二の人生を豊かに生きるための秘けつとは!?
「曜日感覚がなくなる」「病院以外で名前を呼ばれない」―定年後の孤独な男たちの日常とその処方せんを描きベストセラーとなった新書『定年後』。兵庫県出身の著者、楠木新さん(63)は100人超の定年退職者を取材、たとえ「不遇な会社人生を送った人でも、定年後が輝けば過去の人生の色彩は一変する」と中高年にエールを送る。著者へのインタビューや定年後の人々の姿を通して、第二の人生を豊かに生きるためのヒントを探る。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:04
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml