CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
最新記事
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
テレビ KENDAMA "楽しい"で世界をつなげ! [2018年11月19日(Mon)]
2018年11月18日(日) 25:05 関西ではよみうりテレビで放送
KENDAMA
"楽しい"で世界をつなげ!

けん玉のワールドカップが、7月広島県で開催され各国から400人が参加。華麗な演技が披露され2日間で約5万人という観客を魅了した。
その大会の仕掛け人は、長野県松本市在住の窪田保さん。彼はこれまで国内外でけん玉の普及活動を行ってきた。一方で、集中力のアップなどを目的に五輪金メダリストの柔道家古賀稔彦さんの道場でもけん玉を練習に取り入れていた。その効果を科学的に解明しようという動きも。海外でも人気の"KENDAMA"の魅力と未来への可能性を探る。
制作は、テレビ信州

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:16
テレビ 命の終わりを決めるとき [2018年11月18日(Sun)]
シリーズ「人生100年時代を生きる」
第2回 命の終わりを決めるとき (仮)
2018年11月18日(日) 午後9時〜NHKGテレビにて放送

シリーズ「人生100年時代を生きる」、2回目のテーマは『終末期医療』について。ゲストの阿川佐和子さんは、3年前に父・弘之氏を、延命医療をしないで自然な形で看取った。「穏やかな最期はどのように迎えることができるのか」、悩んできたという。これまで国は社会保障費の抑制を図るため、高齢者の最期を支える場所を「病院」から「自宅」へと方針転換。ところがいま、看取りの段階になって病院に運ばれ、そのまま延命医療を長期間受け続けるという事態が頻発している。最先端の医療設備が整う救急救命センターでは、80歳以上の高齢者が次々と運び込まれてベッドが満床になることも。家族は、意識が戻らないまま横たわる親の姿を見て「こんなはずではなかった」と悔いる。番組では、学会と連携して、全国の救急救命センターへの調査を実施。国が進めてきた医療改革が、現場にどのような歪みをもたらしているのか、そして、患者の人生の最期に、医療はどう寄り添えばいいのか、現場で始まっている「延命中止」の取り組みを通して考える

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:15
テレビ “3.11”を忘れない [2018年11月17日(Sat)]
2018年11月18日早朝4:55〜ABCテレビで放送
「“3.11”を忘れない74
 2度目の再起 〜与えられた運命を愛す〜」

宮城県気仙沼市の菅野一代さん一家は津波で養殖の仕事と自宅を失った。その後、夫と共に養殖を再開、学生ボランティアの面倒をみた経験から民宿を開業した。震災からの復興をとげた2017年3月、再び悲劇に襲われる。漁船が転覆し、夫と義息が行方不明になり、長女が亡くなった。ショックで寝込む一代さんの心にかつて義父に言われた「与えられた運命を愛せよ」という言葉が浮かんできた…。2度目の再起を目指す民宿の女将を取材した。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:14
テレビ ついのすみかはどこに [2018年11月16日(Fri)]
シリーズ「人生100年時代を生きる」
第1回 終(つい)の住処(すみか)はどこに (仮)
2018年11月17日(土)  午後9時〜NHKGテレビにて放送

人生100年時代を迎える日本が抱える課題を見つめ、解決の糸口を探るシリーズ。3年前に父を看取り、現在も母親を介護する、作家の阿川佐和子さんとともに、2日連続でお伝えする。1回目のテーマは、お年寄りが安心して暮らすための『終の棲家』について。比較的安く手厚い介護が受けられる「特別養護老人ホーム(特養)」の待機者が30万人を超えるなか、国は施設の担い手を“官から民”へと転換しようとしている。その切り札として、7年前に導入されたのが、民間事業者が運営する「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」だ。軽度の要介護者の受け皿にしようと、国は規制を緩和し多額の補助金を投入して整備を推し進めている。しかし、いま現場では、さまざまな矛盾が吹き出している。要介護度は低くても“動き回る認知症高齢者”を数多く抱え、対応に追われる施設も少なくない。さらに特養に入れない重度の要介護者も多く入居する施設もあり、安全が脅かされる事態が起きていることが分かってきた。“救世主”と期待されたサ高住で何が起きているのか。徹底ルポと独自の大規模調査で実態を明らかにし、改善の道を探る。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:12
テレビ 「喜劇 病は気から〜高齢者700人の挑戦〜」 [2018年11月15日(Thu)]
2018年11月17日(土) 午後7時00分 NHKBS1にて放送
BS1スペシャル「喜劇 病は気から〜高齢者700人の挑戦〜」

演出家・ノゾエ征爾さんとゴールド・アーツ・クラブのメンバーたち
埼玉で世界中の高齢者劇団が一堂に会し、世界ゴールド祭りが開催された。喜劇「病は気から」では、人生の残り時間わずかとなって夢をかなえたいと思っている人、病を乗り越えて何かを成し遂げたいと思っている人など、キャリアもバックグラウンドも演劇経験もさまざまなシニアたちが集まり、歌あり、ダンスありの舞台に挑戦!前代未聞の舞台の幕開けまで、700人の劇団員たちと演出家・ノゾエ征爾のハラハラドキドキの日々を描く

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:11
テレビ 「看護師さんの心 ご存じですか?」 [2018年11月14日(Wed)]
2018年11月14日(水)午後8時15分〜NHKGテレビにて放送
「看護師さんの心 ご存じですか?」
日ごろお世話になる看護師さんを育てる日本赤十字看護大学に、爆笑問題と医師の西川史子が潜入!授業を体験し、知ってそうで知らない看護師さんという職業の奥深さに迫る。明治時代から看護師を養成してきた日本赤十字看護大学に爆笑問題と医師の西川史子が潜入!知ってそうで知らない看護師という職業の神髄に迫る。そこで見たのは、患者の心と体を癒やす「さわり方」や本音を言えない患者の心を読む授業。そして、死を前にした患者やその家族との接し方など、人との関係を極めていく看護のプロをめざす若者の姿。さらに、災害現場や避難所での看護を学ぶ災害看護学など、知られざる看護師教育を目撃。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:09
テレビ “地面師”“出し子”…認知症の人が加害者に? [2018年11月13日(Tue)]
2018年11月13日(火)夜10時からNHKGテレビで放送
“地面師”“出し子”…認知症の人が加害者に?

老人ホームで暮らす90代の男性。実は12億円の不動産取引をめぐる“地面師”事件で、地主になりすまし不法な土地売買に関わったとして起訴されている。しかし取材を進めると、認知症を発症していた男性が犯行に利用された疑いがあることが分かってきた。また、高齢で1人暮らしをしている認知症の女性が突然逮捕されたケースも見つかった。銀行からの不正な引き出しに“出し子”として利用されていたのだ。知られざる実態を追跡する。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:07
テレビ 仕事の流儀「生きづらい、あなたへ〜脚本家・坂元裕二〜」 [2018年11月12日(Mon)]
プロフェッショナル 仕事の流儀「生きづらい、あなたへ〜脚本家・坂元裕二〜」
2018年11月12日(月)午後10時25分〜
NHKGテレビにて放送

『最高の離婚』『カルテット』など、名だたるヒットドラマを手がける脚本家、坂元裕二(51)。今回、最初で最後という密着取材が許された。カメラが捉えたのは、物語にとりつかれた男の狂気と、作品に込められた祈り。3月に連続ドラマの執筆を休止すると宣言して以来、坂元は舞台脚本という制約の多いフィールドを選び、過去の自分を超えたいと、苦闘していた。心揺さぶる物語が生まれる秘密とは。半年間にわたる魂の記録!

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:13
テレビ 「ブラックアウト 〜530万人の2日間〜」 [2018年11月11日(Sun)]
2018年11月11日(日)早朝4時55分からの放送
ABCテレビにて
「ブラックアウト 〜530万人の2日間〜」

ブラックアウトの朝
9月6日、北海道を襲った胆振東部地震。
発生直後、全道295万戸の灯りが消えるという前代未聞の事態「ブラックアウト」に北海道は混乱に陥った。
そのとき市民は何を感じたか、どう動いたか。市民にとって何が足りなかったのか。何を欲していたのか。市民生活の「リアル」を改めて取材で明らかにし、 今後の課題を探る。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:08
テレビ 「北の大地からの再出発〜少年更生施設と町の人たちの半年〜」 [2018年11月10日(Sat)]
2018年11月11日(日)午前6時15分NHKGテレビにて放送
「北の大地からの再出発〜少年更生施設と町の人たちの半年〜」

北海道・沼田町には、少年院を出た子どもたちが社会へ旅立つため準備をする国の施設がある。町の人たちの優しさに触れながら再出発を誓う少年たちの前に立ちはだかるのは…
北海道・沼田町には、少年院を出た子どもたちが社会へ旅立つため準備をする国の施設がある。更生保護施設「沼田町就業支援センター」だ。窃盗などの罪を犯し少年院に入っていた子どもたち。中には家庭で親から虐待を受けた少年や今も親と疎遠な人も多い。様々な事情を抱えながらも、少年たちは町の人たちの優しさに触れ、少しずつ成長しながら自分の進路を模索する。様々な過去を背負った少年たちと町の人たちの心の交流を描く。

どうぞ【KB】
Posted by 大阪手をつなぐ育成会 at 00:11
| 次へ
プロフィール

大阪手をつなぐ育成会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ikuseikaiosaka/index2_0.xml