CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年03月 | Main | 2010年05月»
◆ プロフィール

寺内郁子さんの画像
ハワイ・マウイ島での銀婚式
2008年9月

<< 2010年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

北竜町の雪景色
紹介ビデオ(3分)2011年3月

北海道北竜町の
冬から初夏の自然(2010年)

ブログ内の記事に関する
 検索はこちらから▼
Google 
◆ 最近の記事
◆ カテゴリー
◆ リンク集

◆ 月別
http://blog.canpan.info/iku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iku/index2_0.xml
吉見清美先生の吉見美容室(北海道滝川市)で北竜町ご出身の今弥栄さんにセットしていただきました。 [2010年04月26日(Mon)]
2010年4月23日(土)。
美容師の全国大会で準優勝された北竜町出身の美容師さんがいらっしゃる、滝川市の吉見美容室を訪れました。昨年、主人がネットで調べものをして偶然その記事を見つけ、気になっていたのです。

店内は、イエローを基調とした明るい雰囲気。スタッフの皆さんもとても親しみやすい、和んだ心安らぐ空間です。

北竜町出身の美容師さんは「今 弥栄(こん やえ)」さん。とっても可愛くてチャーミングなこのお嬢様は、なんと、若年認知症家族の会「空知ひまわり」メンバーの二上松枝さんの娘さんだったのです。もうビックリ!!!

吉見美容室(北海道滝川市)吉見清美先生とコペン
吉見美容室(北海道滝川市)
吉見清美先生とコペンひまわり号

吉見清美先生は、1970年に美容室をオープンして以来、様々な美容コンクールで受賞され、日本着付学術会より名人の称号も授与されていらっしゃいます。

吉見美容室(北海道滝川市)
2010年4月23日 吉見美容室(北海道滝川市)

吉見美容室(北海道滝川市) 吉見美容室(北海道滝川市)
吉見美容室・今弥栄さん(下段)

落ち着いていて努力家な今弥栄さんは、今までにいくつもの賞を受賞されており、素晴らしい成績を残されていらっしゃいます。

2009年には、職業訓練法人 全日本婚礼美容家協会主催の第8回ニューブライドコンテストの決勝大会で金賞第1席・美容総合出版賞を受賞。さらに全日本美容業生活衛生同業組合連合会(全美連)主催の第37回全国大会(全日本美容技術選手権大会)の洋装ブライダル競技で準優勝をおさめられています。

巧みな手さばきで、テキパキとスムーズにカットしていく技術は、流石。素晴らしい!
カラーリングの合間にも、ネイルのピカピカケア、眉毛カットケアなど、木目細かなサービス、満点!!
セットしながらも、北竜町の人々、おいしい「田からもち」、大好きな花火大会の等など、楽しいお話も一杯!!!

吉見美容室(北海道滝川市) 吉見美容室(北海道滝川市)吉見清美さん(右)、今弥栄さん(左

吉見美容室(北海道滝川市)スタッフの皆さんと 吉見美容室(北海道滝川市)吉見清美さんとコペン

若々しくて可愛らしい吉見先生は、普段は忙しくて、なかなかお店に顔を出せないとのことですが、今日はいらっしゃってビックリ。偶然にも、今日お会いできて感激です。

吉見先生は、迎えにきてくれた主人のコペンを見つけ「わぁ〜かわいい!」と叫ばれました。すると、あっという間にコペンに同乗して、美容院の周りを一回り。。。
なんともモテモテのコペンちゃんです。イエローコペンちゃんがお気に入りで、子供のようにはしゃいでいらっしゃる吉見先生は、お茶目な可愛いひと。

心和むひとときも、最後に、お店の前で皆さんと一緒に、笑顔の記念撮影で締めくくり。
ハイ、ポーズ!

吉見先生、今さん、美容室のスタッフの皆さん、

楽しいひとときをありがとうございました。

たくさんの感謝と笑顔を込めて。。。


北海道滝川市から北竜町へ向かう道沿いにて

北海道滝川市から北竜町へ向かう道沿いにて
北海道滝川市から北竜町へ向かう道沿いにて


 いくこ&のぼる
若年認知症家族会「空知ひまわり」北海道北竜町・活動、陶芸教室@老人福祉センター [2010年04月24日(Sat)]
2010年4月22日(木)
若年認知症家族会「空知ひまわり」の支援活動のひとつ、陶芸教室が老人福祉センターにて行われました。

明るい室内は、電気窯や陶芸に必要なさまざまな道具が整えられ、たくさんの作品が並べられています。中村信治さん(ニックネーム:のぶさん)も、ごきげんな明るい笑顔で参加です。

北海道北竜町・若年認知症家族会「空知ひまわり」陶芸活動(毎週)中村信治さん
北海道北竜町・若年認知症家族会・「空知ひまわり」陶芸活動
中村信治さん

陶芸に詳しい出家くに(でや)さんを中心に、佐野とも子さん、大場ミチさん、皆さんののぶさんに対する優しくお言葉掛けや真心のこもったお心遣いに、のぶさんは嬉しそうに陶芸に励んでいらっしゃいました。

北海道北竜町・若年認知症家族会・「空知ひまわり」陶芸活動 北海道北竜町・若年認知症家族会・「空知ひまわり」陶芸活動

北海道北竜町・若年認知症家族会・「空知ひまわり」陶芸活動 北海道北竜町・若年認知症家族会・「空知ひまわり」陶芸活動
全て中村信治さんの作品(下段左)

のぶさんはとても器用な手つきで、真剣に土の成形に取り組んでいて、芸術家のようなその素晴らしい手さばきに感心しました。パークゴルフや卓球、カラオケも得意とのことで、何をやっても器用なのぶさんです。

北海道北竜町・若年認知症家族会・「空知ひまわり」陶芸活動 北海道北竜町・若年認知症家族会・「空知ひまわり」陶芸活動

北海道北竜町・若年認知症家族会・「空知ひまわり」陶芸活動 北海道北竜町・若年認知症家族会・「空知ひまわり」陶芸活動

出屋さんは、菊のように練り上げる「菊練り」、紐のように土を伸ばして積み上げていく「ひもづくり」等を優しく、丁寧に教えてくださいました。主人は、あっという間に二つも形成していました。
土の柔らかさ、堅さ、冷たさ、温かさ、そして、形作っていく難しさ、楽しさを学んだひとときでした。

皆さんとともに私達夫婦も、精一杯真心込めて、お手伝いしていきたいと思います。

楽しいひとときをありがとうございました。

北海道北竜町・ふきのとう"
路端に咲く「ふきのとう」北海道北竜町

雪解けを待ちわびて、芽吹きはじめた草花達の力強い生命力に

限りない感謝をこめて。。。

 いくこ&のぼる
「ひまわりライス」水稲播種@農事組合法人竜西農場(北海道北竜町) [2010年04月23日(Fri)]
2010年4月20日(火)。
農事組合法人竜西農場(りゅうさいのうじょう)代表の広瀬修一さんの農場で水稲播種(すいとうはしゅ)作業を見学させていただきました。
6種類の稲の苗を、21棟のハウスで育てます。その苗が育つ田んぼは、全部で57町。1町が約1ヘクタール(100m×100m)なので・・・とにかく広いのです。田植えは、きっと壮観なことでしょう。

北海道北竜町「ひまわりライス」水稲播種(すいとうはしゅ)@農事組合法人竜西農場(りゅうさいのうじょう)・広瀬修一さん(農事組合法人竜西農場 代表)2010年4月20日
広瀬修一さん(農事組合法人竜西農場 代表)

朝9時過ぎに訪れた時、皆さんが集まってお茶とお菓子の一休みタイムでした。
集まった皆さんの明るい笑顔が、ハウスの中一杯に満ちあふれていました。広大な農場が、多くの人々の協力で成り立っていることの大切さ、素晴らしさを深く感じるひとときでした。

水稲播種@農事組合法人竜西農場 水稲播種@農事組合法人竜西農場

水稲播種@農事組合法人竜西農場 水稲播種@農事組合法人竜西農場

生産担当理事の安達明広さんは「農業は、毎年が試行錯誤の取り組み。肥料を土に混合させる方法にしても、そのひとつひとつがチャレンジです。今年は例年になく雪が多く、天候不順なので、地熱が上がりません。そのため、土の乾きが悪くて作業が遅れています」と話されていました。

水稲播種@農事組合法人竜西農場 水稲播種@農事組合法人竜西農場

水稲播種@農事組合法人竜西農場 水稲播種@農事組合法人竜西農場

この日は午後から雪まじりの雨の中での作業でした。

水稲播種@農事組合法人竜西農場 水稲播種@農事組合法人竜西農場

水稲播種@農事組合法人竜西農場 水稲播種@農事組合法人竜西農場

冷たい雪、雨の中での作業は、足場も悪く真剣そのもの。
もくもくと働いている皆さんの熱い想いに感動しました。

安達明広さん(農事組合法人竜西農場 理事)
安達明広さん(農事組合法人竜西農場 理事)


広瀬修一さん、安達明広さん、竜西農場さんの皆さん、ありがとうございます。

命を育むお米に対する竜西農場の皆さんの熱い想いに

大いなる感謝をこめて、

◇いくこ&のぼる


・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

◆ 農事組合法人 竜西農場

〒078-2516 北海道雨竜郡北竜町西川15ー17

 西川事務所 0164-34-2837
 竜西作業所 0164-34-3738

・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

 ◀・・前へ   ひまわりライス 関連記事  次へ・・▶ 
「小さなホテル 燈(あかり)」(北海道稚内市)の大野さんから、夕飯の「おしながき」が届きました。 [2010年04月23日(Fri)]
「小さなホテル 燈(あかり)」の大野和子さんが、先日宿泊した時の夕食の「おしながき」を送ってくださいました。立派な、素晴らしい昆布を頂きました。本当にありがとうございます。
あの時の美味しさが再び蘇ってきて、幸せいっぱいです。

◆写真の説明文
「小さなホテル 燈(あかり)」のメニュー



  おしながき

前菜
 蒸し玉子 紅菊豚 タラコ・フキの昆布しめ 鮭昆布巻

一、ツブ、ホタテ、エビ、マグロのカルパッチョ
一、ナマコ、キュウリの酢の物、赤かぶ添え
一、鰊の酢ボイルポン酢
一、春菊、生ホッキ、ノリ、キュウリの和え物
一、イカのトマトパッチョ、ナス、パブリカ、セロリの野菜添え
一、ゴマ豆腐
一、山菜ご飯
一、豚挽肉、干しエビ、タケノコ、シイタケ、ネギ、ショウガの肉だんごスープ
一、海老しんじょう小あげ袋にインゲン、タケノコ、カボチャ、シイタケを詰めた煮物
一、カラシレンコンのチソ葉巻き揚げ
  漬け物、デザート。



素晴らしいお料理の数々、ご馳走様でした。

たくさんの感謝をこめて。。。

◇いくこ&のぼる

・宿泊したときのブログ記事
 日本最北端「宗谷岬」、オロロンラインで到達! [2010年04月05日(月)]
「ひまわりライス」水稲播種@後藤ファーム(北海道北竜町) [2010年04月22日(Thu)]
2010年4月19日(月)。
北竜町若年認知症家族会「空知ひまわり」のメンバーである後藤友子さんの農場・ファーム後藤ファミリーの皆さんの、米の種まき(水稲播種 すいとうはしゅ)作業を見学させていただきました。

「ひまわりライス」水稲播種@後藤ファーム(北海道北竜町)
後藤ファーム・水稲播種1週間前(4月12日)

播種前の土はきれいに整えられていました。

「ひまわりライス」水稲播種@後藤ファーム(北海道北竜町) 「ひまわりライス」水稲播種@後藤ファーム(北海道北竜町)

「ひまわりライス」水稲播種@後藤ファーム(北海道北竜町) 「ひまわりライス」水稲播種@後藤ファーム(北海道北竜町)

ハウスの中では、立派なベルトコンベアー式播種機が活躍。ポット育苗箱(いくびょうばこ)には、一枚に約440個もの小さなポット(凹み)があります。育苗箱はベルトコンベアーの上を動いていきます。小さなポットに床土(とこつち)が敷かれ、その上に種籾(たねもみ)が撒かれ、さらに肥料が混ぜ合わされた覆土(ふくど)が乗せられていきます。

「ひまわりライス」水稲播種@後藤ファーム(北海道北竜町) 「ひまわりライス」水稲播種@後藤ファーム(北海道北竜町)

「ひまわりライス」水稲播種@後藤ファーム(北海道北竜町) 「ひまわりライス」水稲播種@後藤ファーム(北海道北竜町)

育苗箱は、レールを走るトロッコに乗せられて、隣のハウスへ運ばれます。そして、息子さんが機械を上手に操り、平に整えられた土の上にきれいに並べます。さらに蟹のロボットのような自走式の水撒機によって水が撒かれ、ハウスの中はまるでミストサウナのよう。。。

「ひまわりライス」水稲播種@後藤ファーム(北海道北竜町)
後藤ファーム・水稲播種後

ご主人の後藤司さん(58歳)は、優しく穏やかなお話ぶりがとても印象的です。お米に対する愛情の深さが感じられ、感動的でした。
熱く語られるお米のお話だけでなく、農作業での手袋や長靴など、広い範囲に渡る深いこだわりを持っていらっしゃることに感激です。。。

奥様の友子さんは、きめ細かい気配りや心遣いが素晴らしい、とても優しい方です。
器用で何でもこなし、農園だけでなく、お漬け物、お菓子などいろいろなものを手作りされています。お土産に戴いたお手製カステラはとても美味しかったです。ご馳走さまでした。

後藤ファミリーの皆さんは、播種後の一ヶ月間、風の日、雨の日、雪の日、いつでもどこでも苗達の成長を、我が子のように大切にずっと、ずっと見守り続けます。

大切な大切な苗君達、
元気いっぱい、立派に育ってくださくいね。
生命を育む一粒一粒のお米達に心から感謝いたします。

ファーム後藤さんご家族の皆さんに
たくさんの感謝をこめて。。。

ありがとうございます。

◇いくこ&のぼる


 ひまわりライス 全記事   次へ・・▶ 

北海道小樽ドライブ(ハーベスト、ADVANCE倶楽部、小樽貴賓館、ママズキッチン) [2010年04月21日(Wed)]
2010年4月17日(土)・18日(日)。
幸せの黄色いコペン・ひまわり号で小樽ドライブに行ってきました。走行距離393km。

朝9時前頃出発。夕張郡長沼町に位置するファームレストラン「ハーベスト」に到着したのが10時半。広々とした大自然に囲まれた手作りログハウス。入り口の看板の横に置かれた古びたトラクターが、芸術品のオブジェのように佇んでいました。

レストランに隣接するショップでは、果樹園で栽培されたりんごで作られたリンゴジュースをはじめ、ジャム、レインボーカラーのドレッシング、美味しそうなロールケーキ等、色鮮やかに並べられていました。どれもこれも可愛くて、楽しいものばかりです。

4年の歳月をかけて手作りされたというログハウスは、素敵で、明るくて、木の香りがとても落ち着く内装。女性心がくすぐられました。

注文したお料理は、農園ホテトセットと白パンセット。野菜やドレッシングがとても新鮮で、美味しかったです。やみつきになりそうな素敵なレストランでした。

小樽ドライブ
ハーベスト(北海道夕張郡長沼町)にて
写真はこちらから(写真上部の右向き三角を押すと次の写真に進みます)


そして、小樽の街へ。
小樽は、明治・大正時代の建物が多く残り、石造り倉庫が運河沿いに立ち並びぶノスタルジックな雰囲気漂う街です。

光輝くカラス工芸品の数々が並ぶ北一硝子(きたいちがらす)小樽オルゴール堂には見たこともないオルゴールいっぱい。。。どれをみてもきれいでかわいくて、楽しかったです。

特に、びーどろ工芸・ADVANCE倶楽部での、吹きガラス作り体験は感動的でした。
フタッフの素敵なお兄さん、可愛いお姉さんが、とてもわかりやすく丁寧に指導してくださいました。
あめのようにとろける真っ赤なガラスに吹き込まれていく息(生命)。。。まわり続ける鉄の棒から伝わってくる熱気。。。ひとつひとつの行程が新鮮で楽しかったです。楽しい体験をありがとうございました。



次に向かったのは、北の美術豪邸・にしん御殿小樽貴賓館。にしん漁で巨万の富を築き上げて建てられたという旧青山別邸。純和風建物の中に大正ロマンを彷彿させる内装や芸術品は実に見事でした。
和風レストランでのにしん蕎がおいしかったです。

帰りは、石狩湾を臨みながら、オロロンラインを北上。途中で山道に入って、暑寒国道(451号)を通って滝川市へ。
夕食は、滝川市の江部乙町(えべおつちょう)にあるファームレストラン&カフェ Mama's Kitchen(ママズキッチン)。主人が「農家レストラン」のキーワードで検索していて偶然見つけたお店です。
田園の中にたたずむ可愛いレストラン。農家の人々の顔が見える野菜達が新鮮な豆腐カレーは、ボリュームたっぷりでとっても美味しかったです。

素晴らしいドライブ、美味しいお料理たちに
心からの感謝をこめて。。。

小樽ドライブ
小樽ドライブ・お気に入りの硝子工芸品(北海道小樽市)


◇いくこ&のぼる
「ひまわりすいか」7日目を「みずほの里・高田(秋)農場」で見学 [2010年04月19日(Mon)]
2010年4月15日(木)。
ひまわりすいかの苗植えから7日目、茎の間から小さな葉が芽をだしました。

5つの茎の間から芽が出てきたら、それ以上は増やしません。
新しく生まれたちいさな命。。。太陽の光をいっぱい浴びながら、自然の厳しさに打ち勝って、どんどん成長していくのですね。

その成長を支え、しっかりと見守って育てていらっしゃる高田さんご家族の皆さんのご苦労は、計り知れないものだと思います。

ガンバレ!ガンバレ!葉っぱくん達!!!

「ひまわりすいか」7日目・「みずほの里・高田(秋)農場」
「ひまわりすいか」7日目・「みずほの里・高田(秋)農場」


この日、新たに定植する「ひまわりすいか」ハウスのマルチングが行われていました。
ご家族の皆さんが協力し合い、それぞれに大切な役割分担を果たしながら、作業が進みます。

「ひまわりすいか」ハウスのマルチング・「みずほの里・高田(秋)農場」 「ひまわりすいか」ハウスのマルチング・「みずほの里・高田(秋)農場」

「ひまわりすいか」ハウスのマルチング・「みずほの里・高田(秋)農場」 「ひまわりすいか」ハウスのマルチング・「みずほの里・高田(秋)農場」

地熱が逃げないようにしっかりとマルチを張っていきます。
張られたマルチの両端の土をしっかりと踏んでいく作業は、お父さん、お母さんのお仕事。
大変な体勢にもかかわらず、慣れた足取りで100mのハウスの中を往復します。

「ひまわりすいか」ハウスのマルチング・「みずほの里・高田(秋)農場」 「ひまわりすいか」ハウスのマルチング・「みずほの里・高田(秋)農場」

「ひまわりすいか」ハウスのマルチング・「みずほの里・高田(秋)農場」 「ひまわりすいか」ハウスのマルチング・「みずほの里・高田(秋)農場」

ハウスの中は、まるで未来へつながるタイムトンネルのよう。


雪解けの春を待つ農場
雪解けの春を待つ北竜町(北海道)の農場


雪解けの春が待ちどおしい季節。。。春よ来い、は〜やくこい!

温かい太陽に永遠の感謝をこめて。。。

◇いくこ&のぼる


 ◀・・前へ  ひまわりすいか 関連記事  次へ・・▶ 

道の駅「サンフラワー北竜」で毎日癒されています(ひまわりの里・北海道北竜町) [2010年04月19日(Mon)]
2010年4月19日(月)。
ひまわりの里・北竜町(北海道)の道の駅「サンフラワー北竜」は、とても素敵な憩いの宿泊施設です。私達夫婦は年間ファミリーパスポートを使って、毎晩温泉で癒されています。

広々とした「サンフラワー北竜」
北竜門の竜の視点から
広々とした「サンフラワー北竜」


北竜町の町民の皆さんが、毎日の疲れを洗い流し、心も体も癒す湯治の「北竜温泉」。

そして、日本中から訪れるキャンピングカーのファミリーや近隣の皆さんが気持ちよく立ち寄れる憩いの温泉と宿泊施設「サンフラワーパークホテル」。

会議や研修で、ひとつの目標に心合わせ、一同に集う和みの「会議室・研修室」。

スタッフの皆さんが、力合わせ育んだ野菜達が並ぶ、真心のこもった料理を味わうレストラン「風車」。

北竜町で産まれ作られた特産品、ひまわりライス・黒千石などが並ぶ「サンフラワーショップ」。


ひまわりの里・北竜町(北海道)の道の駅「サンフラワー北竜」



北竜町のたくさんの人々の熱い想いと真心が繋がり、結集され、創りあげられた空間。

ひとりひとりの心に灯された小さな愛の燈が、ひとつ、ふたつと数を増し、次第に大きな大きな愛の光の輪(和)になって光り輝きを増していく。。。

太陽の恵みをいっぱいに浴びた太陽のように。。。

守護神、青龍がすべてを見守るかのように。。。


  すべてに輝く太陽を

    すべてにたくさんの感謝を

      すべてに和(やわら)ぐ愛を

竜と太陽(サンフラワー北竜)
竜と太陽(サンフラワー北竜)


◇いくこ&のぼる

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

サンフラワーパークホテル(道の駅 サンフラワー北竜
 ・所在地:北海道雨竜郡北竜町字板谷163番地の2
 ・電話:0164-34-3321、 FAX:0164-34-3251
 ・年中無休
 ・チェックイン 15:00、チェックアウト 10:00
 ・宿泊料5月〜10月
  (1泊2食・和洋室共通・お一人様あたり・消費税込み)
   大人:1室2名 8,300円より、
      1室3名以上 7,300円より 
   小人:4,900円より

 ※ 5月〜10月の土曜日・GW・一部祝前日および7月第3月曜日から8月第4金曜日の期間は、大人のみお一人様500円を加算させて戴きます。

■北竜温泉
 ・年中無休、09:30〜22:00
 ・北竜温泉のみ入湯する場合の入館料(お一人様・消費税込み)
  大人:500円、 小人:250円 

(サンフラワーパークホテル・パンレットより抜粋:2010年4月時点)

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
若年認知症家族会「空知ひまわり」4月例会に参加!(ひまわりの里・北海道北竜町) [2010年04月14日(Wed)]
2010年4月10日(土)。
北海道北竜町(ほくりゅうちょう)の若年認知症家族会「空知ひまわり」の4月例会に参加しました。参加者17名、北竜町老人福祉センターにて行われました。

事務局・中村道人(なかむらみちひと)さんの司会進行で会は和やかに進みます。干場功(ほしばいさお)代表の挨拶やお話をはじめ、若年認知症を煩い東京から2007年に北竜町に移住されてきた中村信治(なかむらのぶはる)さんとそのご家族のお話や信治さんの今後の活動支援等についてのお話。
また、7月下旬に北竜町を訪問される、数組の東京在住の若年認知症ご本人とご家族の方々についての報告等々。。。

若年認知症家族会「彩星の会」代表・「空知ひまわり」代表・干場功さん
若年認知症家族会「彩星の会」代表・「空知ひまわり」代表:干場功さん(71歳)
ベッカムヘアーで元気一杯!


お集りになられたメンバーの皆さんは、とても思いやりの深い、優しい広い心の方々ばかりです。信さんを見守る優しい眼差しやお言葉がけがとても温かです。その場全体が、明るく元気な雰囲気で包まれました。

いつも手作りの品々が並びます。今回は、お手製の手巻き寿司。美味しかったです。ご馳走さまでした。

私達夫婦に対しても、2009年12月に初めて北竜町に訪れた時以上に、温かく受け入れてくださいました。言葉に尽くせないほど、感謝の気持ちでいっぱいです。

北海道北竜町・若年認知症家族会「空知ひまわり」2010年4月例会 北海道北竜町・若年認知症家族会「空知ひまわり」2010年4月例会

北海道北竜町・若年認知症家族会「空知ひまわり」2010年4月例会・後藤さん手作りのおしんこ

北海道北竜町・若年認知症家族会「空知ひまわり」2010年4月例会 北海道北竜町・若年認知症家族会「空知ひまわり」2010年4月例会
北海道北竜町・若年認知症家族会「空知ひまわり」2010年4月例会


私達夫婦が、この雪深い北海道の地である北竜町にご縁をいただいたのは、若年認知症家族の会代表の干場功さんとの出会いからでした。

主人(53歳)は、2009年9月末、東京にある病院の精神科で初期の「アルツハイマー型認知症」と診断されました。同席した私は、お医者さまから想像することさえできない病名を告げられ、その現実を受け取ることができず、頭の中は真っ白。。。

主人は、その事実の意味するところを調べ、ネット検索に集中してパソコンから離れませんでした。私はこの病気の内容を知れば知るほど、その厳しい現状が迫ってきて、不安と恐怖で心が押しつぶされそうになりました。

そんな主人が病気の現実を知り、これからの生き方を探し求め、そして出会ったのが若年認知症家族会「彩星の会(ほしのかい)」代表・干場功さんでした。

熱心に語られる干場功さんのお話は、私達夫婦にこれからを生きていく勇気と希望を導いてくださいました。
ご主人が若年性認知症になられ東京から北竜町へ移住された中村信治さんご家族のお話、そのご家族を真心こめて支えていらっしゃるサポーターの方々のお話。若年認知症ご本人とご家族の方々への熱い想い、故郷を想う心、エネルギー溢れるパワフルな行動力、それらの大いなる熱意に共感し、感動いたしました。

北海道雨竜郡北竜町の前町長で、53歳で認知症であることを告白された一関開治さん『記憶が消えていくーアルツハイマー病患者が自ら語る』も拝読し、認知症に対する様々な取り組みも知りました。

そして2009年12月、干場代表のご紹介により北海道砂川市立病院にて、セカンドオピニオンの診断を受けるありがたい機会が与えられました。若年認知症に熱心に取組んでいらっしゃる精神神経科部長の内海久美子(うつみくみこ)先生に診察していただきました。

内海先生の診断は「脳血流の低下があるものの、現時点ではまだ、アルツハイマー型認知症とは認められません。しかし、ストレス障害のため、現在の生活を続けていると、発病する可能性もあります。環境を変化させた方がいいです。北海道は四季折々、気温の差が厳しく、脳の活性化に最適な場所です。心癒す自然の宝庫ですよ」という優しいお言葉をいただきました。

人間に与えられた病や障害は、神様からの素敵なギフト。その人に必要な存在だからこそ現れ、不必要となれば、どこかへ飛んでいってしまうもの。。。その存在に如何に気付き、如何に対処していくかが、私達人間に与えられた生きていくための課題。。。それはまさしく、如何に自分自身を愛し、繋がる人々を愛していくこと。。。

私達夫婦は、ひまわりのような明るい心をもつ北竜町の人々、豊な大自然の恵みに育まれたこの北竜町で、これからの人生をゆっくりとマイペースで、心も体もあるがままの自然体で、無理をせず生きていこうと決心しました。

北海道の大自然をドライブしながら味わい、北竜町の宝物探しを楽しみに、新しい人生を歩んでいきたいと思います。

「太陽のような花・ひまわり」
 「生命エネルギーであるお米・ひまわりライス」
  「ほとばしる栄養の宝庫である黒大豆・黒千石」

そして、神の存在のごとく、すべてのものを包み見守る、竜の町・・・北竜町

今、繋がっているすべての存在に宇宙にも届く程の感謝をこめて。。。

春を待つ・北海道北竜町・道の駅サンフラワーパーク
春を待つ・北海道北竜町・サンフラワーパーク

◇いくこ&のぼる
「そば食楽部北竜」そば打ち会を見学!(ひまわりの里・北海道北竜町) [2010年04月09日(Fri)]
 
新そばを楽しむ会(2010年11月14日)の様子はこちら


2010年4月8日(木)。

北海道北竜町(ほくりゅうちょう)「ひまわり青年会館」で、毎月8のつく日に開催されている「そば食楽部北竜」道場に行ってきました。

北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会
北海道北竜町「そば食楽部北竜」道場


この会は、2004年4月4日に開設。会長の中村尚一さんをはじめ40名ほどの会員の方々が、手打ち技術の向上や会員の親睦のため集まっていらっしゃいます。

北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会 北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会


この日も、10数名の方々が技磨きの練習に真剣に、そして和気あいあいと楽しい雰囲気で取り組んでいらっしゃいました。

私達夫婦は、三段・石井隆さんの素晴らしいそば打ちの匠の技を拝見させていただきました。がっちりとした力強い印象の石井隆さんです。

北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会 北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会


打つそば粉は、「二八そば」・・・そば粉が八に対して、小麦粉が二の割合です。

北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会・石井隆さん・そば粉


丁寧に粉を振るいにかけていきます。粉1.5kgに対して、水680ccを回し入れていきます。
みるみるうちに、サラサラだった粉がパン粉のようにザラザラになって固まっていきます。

北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会・石井隆さん・練り上げ 北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会・石井隆さん・練り上げ

北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会・石井隆さん・練り上げ 北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会・石井隆さん・練り上げ


リズミカルに、両手のひらで力強く、時に優しく、転がすように練り合わせていきます。石井三段・匠ならではの、素晴らしい力加減を披露していただきました。

さらに、こね鉢の斜面を利用して、力強くしっかりと練り上げていきます。練り上げられたそば粉たちは、カーリングで使われるストーンのような円盤状の固まりになっていきました。

北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会・石井隆さん・練り込み 北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会・石井隆さん・練り込み


その円形の固まりを手のひらで円形にのしていきます。さらに、のし棒で円形に大きく広げていき、中央に打ち粉をして、まき棒に生地を巻きつけて、向こう側に転がし、丸の生地が四角形に変身していきます。すごい技!!!

北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会・石井隆さん・地のし 北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会・石井隆さん・地のし

北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会・石井隆さん・地のし 北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会・石井隆さん・地のし


この生地が、1.5mmの薄さになるまでのされていきます。めん棒をころがす手は、軽く拳を握り、まるで魔法の「猫の手」のよう・・・。さっきまで粉だったものが混ざり合い、丸められ、さらに薄ーい、やわらかな、絹のように広げられていくこの技は、本当に素晴らしい!流石!

北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会・石井隆さん・地のし 北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会・石井隆さん・地のし


見事に広げられた生地は、横半分、さらに半分、そして半分に畳まれます。

北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会・石井隆さん・たたみ 北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会・石井隆さん・たたみ


こま板で押さえながら、立派に光輝く、重たそうな蕎麦包丁で、そばを同じ太さで、トントントンと切り分けていく・・・お見事!

北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会・石井隆さん・包丁切り 北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会・石井隆さん・包丁切り

北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会・石井隆さん・包丁切り 北海道北竜町「そば食楽部北竜」そば打ち会・石井隆さん・包丁切り


蕎麦打ち三段・石井隆名人の見事な技・・・感動をありがとうございました。

お土産にいただいた貴重なお蕎麦は、一口一口感謝し、味わって頂きながら、あっという間に、私達のお腹の中へ・・・
石井隆さん、美味しかったです。本当に、ご馳走さまでした。ありがとうございました。

石井隆さん、そして、そば食楽部北竜の皆さんに

たくさんの感謝をこめて・・・

北海道北竜町の高台から黄昏を望む
北海道北竜町の高台から黄昏を望む


◇いくこ&のぼる
| 次へ