CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年02月 | Main | 2010年04月»
◆ プロフィール

寺内郁子さんの画像
ハワイ・マウイ島での銀婚式
2008年9月

<< 2010年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

北竜町の雪景色
紹介ビデオ(3分)2011年3月

北海道北竜町の
冬から初夏の自然(2010年)

ブログ内の記事に関する
 検索はこちらから▼
Google 
◆ 最近の記事
◆ カテゴリー
◆ リンク集

◆ 月別
http://blog.canpan.info/iku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iku/index2_0.xml
幸せの黄色いコペン(DAIHATSU Copen)ちゃん登場!! [2010年03月31日(Wed)]
我が家に、待ちに待った愛車「幸せの黄色いコペン(DAIHATSU Copen)」ちゃんが仲間入りしました。

全塗装で、黄色い衣をまとったひよこちゃんのように小さくて可愛いい。

犬のパグ(Pug)のようにパグっとしてて、なんとも愛嬌のあるお顔・・・

パグのようなコペン
パグのような顔の黄色いコペン


なんて素敵なレモンイエロー・・・最高!!!

見ているだけで、ひまわりのように気持ちが明るくなって、ハッピー!ハッピー!

この車体の塗装は、カスタムハウスハッピーの水上正二社長さんが愛情をたっぷり吹きかけてお色直しをしてくださいました。水上社長は、40歳半ばのやんちゃな感じで格好良い、現役モトクロス愛好家です。
3月17日に行った色合わせの時は、その場で、鉄板に調合した色を吹付け、イメージ通りのこだわりの色を作り上げてくださったのです。プロの仕事に感服です。流石!

前は白いコペンでした 色を調合します

吹きかけます 鉄板に塗って見比べます


仕上がった色は、パールも入っていて想像以上にお見事な色合い。
感動の一言・・・凄い!!!

パグのようなコペン
水上社長と記念撮影


このコペンはダイハツ北海道販売株式会社宮の森店より中古で購入しました。担当してくださった佐藤忍さんは、コペンに精通した温和で優しい方。本当にいろいろお世話になりました

佐藤さん、水上さんとのご縁に心から感謝です。ありがとうございました!

このかわいい愛車「コペン」ちゃんとともに北海道中をドライブして、素晴らしい風景に出会えるのがとても楽しみです。

今日も、神秘的な、そして素敵な太陽が私達を見守ってくださっていました。

私達に繋がっているすべてに大いなる感謝をこめて・・・

北竜町(北海道)の農道から神秘的な太陽を臨む
北竜町の農道から神秘的な太陽を臨む


◇いくこ&のぼる
大黒屋菓子舗@北海道妹背牛町(だいこくやかしほ@ほっかいどう もせうしちょう)、真心こもった美味しいお菓子に感動! [2010年03月30日(Tue)]
引越しの荷物が届き、部屋が段ボールの山になっていた時、北竜町役場・地域包括支援センター長、そして北竜町・若年認知症家族会「空知ひまわり」事務局の中村道人さんご家族の皆さんが、美味しいケーキとトロけるようなプリンを届けてくださいました。

ご家族の皆さんのあたたかい笑顔と優しい思いやりいっぱいの真心が、私達の心をやわらかく包んでくださいました。

大黒屋菓子舗(北海道妹背牛町) 
(だいこくやかしほ ほっかいどう もせうしちょう)いちごショートケーキ
大黒屋菓子舗(北海道妹背牛町) 
(だいこくやかしほ ほっかいどう もせうしちょう)
いちごショートケーキ


そして、プレゼントしてくださったお菓子は、心もお腹も甘〜く癒してくれる、「大黒屋菓子舗(だいこくやかしほ)」の苺のショートケーキ、モンブラン、チョコレートケーキ、そして、「おんぶプリン」と言う名の口の中でとろける美味しい,美味しいプリンでした。

ひとつひとつ感謝して味わいながら、美味しくいただきました。本当にご馳走さまでした。

あまりのその美味しさに誘われて、車で15分位のところの妹背牛町(もせうしちょう)にある「大黒屋菓子舗」まで行ってきました。

かわいい看板と赤い屋根のお店・・・お店のご主人は、中村道人さんの同級生です。

大黒屋菓子舗(北海道妹背牛町)(だいこくやかしほ ほっかいどう もせうしちょう) 大黒屋菓子舗(北海道妹背牛町)(だいこくやかしほ ほっかいどう もせうしちょう)

大黒屋菓子舗(北海道妹背牛町)(だいこくやかしほ ほっかいどう もせうしちょう)色鮮やかなケーキたち・その2 大黒屋菓子舗(北海道妹背牛町)(だいこくやかしほ ほっかいどう もせうしちょう)色鮮やかなケーキたち・その2


中に入ると、お菓子を焼く美味しそうな匂いがお店全体に漂い、手作りのケーキや和菓子が所狭しと賑やかに可愛く並んでいて、とても明るい雰囲気です。

お店の奥様が、手作りのお菓子について、丁寧に説明してくださいました。手作りのお菓子に対するたくさんの愛情が、そのお言葉ひとつひとつに感じられ、私達は幸せでいっぱいになりました。

ご主人のお父様、お母さまが作られているという「中花まんじゅう」、道内農場で平飼の鶏の自然卵を使った「おんぶプリン」、サクサクの皮が絶妙な「おんぶシュー」、土曜日限定のかぼちゃパイ、等々愛情たっぷり、真心いっぱいのお菓子が勢ぞろいしています。

特に、新発売の「スフレ」は、倶楽部「ラ・ボア・ラクテ(フランス語で「天の川」の意味)のメンバーが集い誕生した魅惑のスフレです。

旭川、東川、妹背牛の三箇所を拠点に夏の大三角形をイメージされたものだそうです。
ペガ・織姫@旭川、デネブ・白鳥座@東川、アルタイル・彦星@妹背牛の三星が「天の川」の伝説と重なり合い、織りなされたロマンチックなお菓子なのです。

それぞれの地域の特産の材料の味や特徴が生かされ、工夫されて生み出されたスフレです。

多くの方々の出逢いと深い感謝の気持ち、そして暖かい思いやりの心がいっぱいのこのスフレを、夫婦二人でじっくり味わいました。

この美味しさに、心から感謝です。

ありがとうございます。

大黒屋菓子舗(北海道妹背牛町)(だいこくやかしほ ほっかいどう もせうしちょう)おんぶシュー 大黒屋菓子舗(北海道妹背牛町)(だいこくやかしほ ほっかいどう もせうしちょう)中花まんじゅう

大黒屋菓子舗(北海道妹背牛町)(だいこくやかしほ ほっかいどう もせうしちょう)梅どら 大黒屋菓子舗(北海道妹背牛町)
(だいこくやかしほ ほっかいどう もせうしちょう)
出逢いのスフレ



「大黒屋菓子舗」の皆さんと美味しいお菓子たちに、

そして、中村道人さんご家族のあたたかいお心遣いに

心からの愛と感謝と笑顔をこめて・・・

大黒屋菓子舗(北海道妹背牛町)(だいこくやかしほ ほっかいどう もせうしちょう)色鮮やかな店内の様子
大黒屋菓子舗(北海道妹背牛町)
(だいこくやかしほ ほっかいどう もせうしちょう)
色鮮やかな店内の様子


大黒屋菓子舗(だいこくやかしほ)

住所:北海道雨竜郡妹背牛町1区3町内
電話:0164-32-2021
定休日:火曜日
営業時間:08:00〜20:00


◇いくこ&のぼる
ビバ!北竜町!はじめまして! [2010年03月29日(Mon)]
2010年3月25日(木)。
私達夫婦は、北海道雨竜郡(うりゅうぐん)北竜町(ほくりゅうちょう)へやってきました。

道の駅「サンフラワーパーク」を臨む(北海道北竜町)
サンフラワーパーク(温泉、宿泊、レストラン)を臨む(北海道北竜町)


3月19日、埼玉県から4日かけて荷物が到着。

ここ北竜町は、白一色の白銀の世界です。

天候は、コロコロと七変化・・・

広〜い青空に太陽さんが見え隠れしていたかと思う間もなく、次の瞬間、白い雪の花びらがパラパラ舞い始め、あっと言う間に前が見えないくらい吹雪はじめました。

農道(北海道北竜町) サンフラワーパーク(北海道北竜町) 

サンフラワーパーク入口の門(北海道北竜町) サンフラワーパークの温泉、宿泊棟(北海道北竜町)
サンフラワーパーク(温泉、宿泊、レストラン、特産品店)


町営アパートでの生活は、エントツ付きのストーブが24時間運行・・・

外とは別世界・・・あったか〜く過ごしています。

これから始まる宝物探しの探検旅行人生・・・

太陽のように明るく輝くひまわりの心と神様を象徴する竜に守られた町・・・北竜町

私達夫婦の愛車「コペン」とともに、ゆっくりとマイペースで、この町に秘められ宝物の数々を探し求めます。

その宝物のひとつひとつが、キラキラと輝き始める日々をじっくりと味わいながら・・・

北竜町2,235人の住民のひとりとして、大いなる感謝をこめて・・・

北海道北竜町の高台からの遠景
北海道北竜町の高台からの遠景


◇いくこ&のぼる