CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年04月 | Main | 2009年06月»
◆ プロフィール

寺内郁子さんの画像
ハワイ・マウイ島での銀婚式
2008年9月

<< 2009年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

北竜町の雪景色
紹介ビデオ(3分)2011年3月

北海道北竜町の
冬から初夏の自然(2010年)

ブログ内の記事に関する
 検索はこちらから▼
Google 
◆ 最近の記事
◆ カテゴリー
◆ リンク集

◆ 月別
http://blog.canpan.info/iku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iku/index2_0.xml
銀座「KANSEI」にてのバースデーディナーに感動 [2009年05月30日(Sat)]
5月29日、銀座「Kansei(カンセイ)にて、主人とふたり、感動的なバースデーディナーを味わいました。

GINZA 「カンセイ」は、銀座、西五番街に位置する隠れ家的レストランであり、野菜ソムリエ認定レストランです。



シェフの坂田幹靖氏は、優しさと素敵な笑顔に満ち溢れた素敵な方です。岩手の食材のことや、料理方法など、いろいろとお話してくださり、素晴らしいお料理の数々に愛情をたっぷりと注いでくださいました。


76年より『山の上ホテル』に勤務。81年にフランスへ渡り、パリの『ジャック・カーニャ』で修行を積む。帰国後同ホテルに復職。85年、銀座『レザンドール』のシェフに就任。90年に独立し『KANSEI』をオープン。04年に銀座店オープン。


まず、フランス産ホワイトアスパラガスのポタージュ・・・アスパラの香りが口の中に広がり、なんとも言えない不思議な味わいです。

そして、静岡県産高糖度トマトのキャビア添えパルフェは、トマトの甘さとドレッシングのオリーブオイルとが絶妙にマッチして、素敵なハーモニーを奏でています。


さらにフランス産ホワイトアスパラガスのソテー・ソース・オランデーズ・・・オーブンで焼いたアスパラのシャキットした歯ごたえが忘れられない味わいです。


岩手県産原木しいたけのわさび添えは、たっぷりと染み込んだ味わいとやわらかさが、あわびを思わせるような、魅力的な食感でした。

南伊豆産伊勢海老のソース・アメリケーヌ・・・「Wonderful!!!」


そして、新鮮なお魚のソテー&人参のピューレ・・・人参本来の優しい甘さで癒されました。

エンディングを飾るデザートたち&豊潤な香りのハーブティー・・・ちいさな、ちいさなプチフールが、なんともかわいかったです。

心もお腹も、幸せでいっぱい、至福のひとときでした。

素敵な坂田シェフ、たくさんお話してくださったスタッフの方、



極上のひとときを、本当にありがとうございました。

素晴らしい美味しさと命を与えてくださった野菜たちに心から感謝です。

そして、この世に命を授けてくださった両親に、

人生を共に歩んでいくだんなさま、そして子供たちに、

心から愛と尊敬と感謝をこめて・・・

ありがとうございます。


いくこ 合掌
バースデ-フラワープレゼントに深深感謝!!! [2009年05月29日(Fri)]
のぼるさんからのバースデ-フラワーに感動、深深深感謝!!!




のぼるさんからの素敵なかわいいバースデ-フラワーバラ

驚き、感動、感激、そして深い感謝の気持ちハート

カードに添えられた言葉の数々・・・

乗り越えてきたさまざまな想い・・・

信頼、努力、思いやり、忍耐、許し・・・

共に過ごした27年の歳月の中に描かた

幾重にも織り成されてきた絆模様・・・

さまざまな気づきを与えられた今、

今まで描かれた絵模様に

加えられていく数々の色、

描かれていく新たな絵模様・・・

それを描いていくことができるのは、

お互いを思いやり、

お互いを理解し合い、

お互いを許し合う、

共存、共和、融合し合った二つの魂。。。

ありがとうございます。
心から感謝いたします。

最愛なるのぼるさんに

永遠の愛と感謝をこめてハートラブバラハート


いくこ 合掌
安達原 玄「仏画美術館」に深深感謝!!! [2009年05月06日(Wed)]
5月の八ヶ岳旅行は、安達原玄さん、文彦さん、そして、玄さんの描かれた仏さまにお会いするための旅です。

安達原玄「仏画美術館」は、山梨県北杜市高根町村山東割に位置し、民家が点在する中、異空間的存在で佇んでいらっしゃいました。


玄関を入る前に、そこから醸し出され空気は、あたたかく、すべてを優しく包み込んでしまうような豊かさが感じられました。

一階のアトリエ的場所には、5m四方の曼荼羅の作品が制作中であり、壁には、世界各国から集まってこられたお面たちの魂が、その曼荼羅の仏様に導かれたかのように、曼荼羅を見つめていらっしゃいました。



二階には、素晴らしい仏画の数々、この世のものとは思えない空間が広がっていました。




その中で畏敬なる光を放っていらっしゃるのが、タジキスタン共和国から永久貸与をうけていらっしゃるという「涅槃仏」さま・・・甘美な微笑みを浮かべて横たわっていらっしゃるのです。


このアジナテパ涅槃仏さまは、中央アジアで最も有名な仏教遺物のひとつとされ、13mにもおよぶ大仏は、7世紀に建立されたとされており、1959年タジキスタン南部の渓谷にあるアジナテパ僧院から発見されたそうです。

なんともいえないその優雅で、甘く、美しい微笑みは、その愛の光に触れたすべての魂がその優しさで癒され、心穏やかになっていくような不思議な光を放っていらっしゃいました。
実に幸せな気持ちで心がいっぱいに満たされました。


お話を伺った玄さんのお言葉の中に、「どんなに忙しく、疲れているときでも、この八ヶ岳の大地に横たわり、自分の身を委ねると、不思議と大地から元気パワーを戴けるのよ」・・・

この八ヶ岳の大地には、命の元気パワーを与えてくださる仏様が宿っていらっしゃるのでしょう。この大地は、美味しい果物や野菜たちの宝庫です。
きっと、この大地のエネルギーが、多くの人々に生きる命の偉大なるパワーを永遠に与え続けてくださることでしょう。

今ここに、私たちが導かれた幸せを心から感じて、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます。



8月に再び、八ヶ岳のきらめく星たちに会いに参ります。

その日を心待ちにいたしております。

永久に流れる偉大なる感謝をこめて・・・

いくこ 合掌
信州・八ヶ岳・小布施旅行 [2009年05月05日(Tue)]
5月2日〜3日、信州・八ヶ岳旅行に主人と行ってきました。

今回の旅のお伴のレンタカーは、真っ赤なオープンカー、マツダ・「ロードスター」

女性のボディラインを思わせるような滑らかなボディに身を委ね、自然の風の息遣いを肌で感じながらの走りは、バイクのような乗り心地・・・

向かった場所は、桝一市村酒造場・蔵部(長野県小布施町)、小布施美術館、ロッジ ・アボリア(AVORIAZ 長野県須坂市峰の原高原・菅平)、原村歴史民俗資料館 八ヶ岳美術館(長野県諏訪郡原村)、安達原 玄 仏画美術館(山梨県北杜村)・・・・・・



1982年の新婚旅行から、27年の時空を超え、再び訪れた信州・・・

爽やかな風、清らかな空気は、昔感じたそのまま・・・

時の流れが止まっているかのように・・・・・

27年前宿泊した「ロッジ・アボリア」のまわりの景色も昔のまま・・・


「過ぎ行く時・時空」の不思議な感覚・・・

そこに存在するすべての命の魂は、そのままに存在し、

目に見える実体は、時の流れと共に変化していく不思議さ・・・

実在と共に、時の流れと共に、変化していった心・感情のウェ〜ブ・・・

大波・小波・・・寄せては帰る・・・

森羅万象、生きとし生ける命あるすべてのものには仏が宿る・・・

善にも悪にも、すべてのものが存在する意味がそこには必ずある・・・

愛と感謝の光でそれらすべてが包まれますように・・・

永遠に続く魂の旅路・・・その中での限りある命の旅・・・

真・善・美を尽くして、あるがまま、心のままに、

これからの人生をふたりで、心ひとつにして、

歓喜とともに歩んでいきます・・・

出会ったすべてのものに沢山の感謝をこめて・・・

いくこ 合掌