CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年01月 | Main | 2009年03月»
◆ プロフィール

寺内郁子さんの画像
ハワイ・マウイ島での銀婚式
2008年9月

<< 2009年02月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

北竜町の雪景色
紹介ビデオ(3分)2011年3月

北海道北竜町の
冬から初夏の自然(2010年)

ブログ内の記事に関する
 検索はこちらから▼
Google 
◆ 最近の記事
◆ カテゴリー
◆ リンク集

◆ 月別
http://blog.canpan.info/iku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iku/index2_0.xml
登山家、小西浩文さん講演会に感動! [2009年02月17日(Tue)]
2月16日、新宿文化センターで開催された、登山家、小西浩文さん講演会に主人と参加しました。



小西浩文さんは、世界で最も過酷とされている8000メートル峰、14座無酸素登頂を目指していらっしゃる尊敬すべき素晴らしい方です。現在、6座無酸素登頂制覇を成し遂げられていらっしゃいます。そして、2009年3月、自己の記録を更新する7座目の無酸素登頂、「マナスル(8163m)」への挑戦に挑むのです。

8000メートルの世界は、酸素量・気圧ともに三分の一、気温がマイナス35度という普通の人間の肉体では到底たどりつくことのできない極限の世界です。

まさに神の領域ともいえる世界なのです。





こうした極限の世界では、次から次に襲い掛かってくる自然界への恐怖に対し、その環境、状態を瞬時に察知し、判断し、処理していく能力が必要とされます。

その一瞬一瞬が生死を分ける瞬間であり、一瞬たりとも気を抜くことができない世界なのです。こうした神業ともいうべき才能が、小西浩文さんの中には秘められていて、これこそ、神さまが小西浩文さんに授けられた使命であり、ギフトのように感じられます。

小西浩文さんは、1962年3月15日生まれの46歳、15歳のとき、本格登山を始められ、大好きな世界の峰をめざして登り続けるていらっしゃる登山家です。

何故、このような過酷な世界を求め続けていらっしゃるのでしょうか?

それも、無酸素で挑むという究極の状況をあえて選んで挑戦なさっていらっしゃるのです。

畏敬なる自然を、自分の肉体と心で全て体感したい。自分のチャレンジを通じて、生きるということ、諦めずに目標を達成するという強い心、日本人としての可能性を追求し、人類に貢献したい」と考えていらっしゃるということです。


小西浩文さんは、31年間の登頂において、頂上に足を下ろしてときに最近感じられることは、「多くの人々の想い」であるとおっしゃいました。その「想い」に接すると涙があふれてくるような不思議な感覚である「想い」・・・「愛」「感謝」「喜び」思いやり」・・・その「想い」を宝物として、多くの人々に伝え、分け与えていく喜びを感じていらっしゃるそうです。


そして、小西さんが最も人間として大切になさっていることは、「信頼」&「裏切らない心」・・・どんなにお金や学歴や容姿が偉大であろうと、その人の人格の中に「信頼」が存在していなければ、人間として、受け入れることも、認めることもできない・・・この言葉は、私の心に強く、深く響きました。



命をかけて接している人間関係だからこそ、そこに「信頼」が何よりの「命の絆」と成り得るのです。

小西さんは、毎日、筋肉トレーニングとともに、瞑想を続けていらっしゃるそうです。
どんな場所でも、10分くらいの瞑想で自分の奥深くに入り込み、意識の切り替えを行うことができるそうです。

さらに努力なさっていることは、意識をプラスの思考に24時間向けていくことだそうです。

怒り、あせり、憎しみ、嫉妬、自己卑下、あらゆるマイナスの感情が自分から沸き起こった時、あるいは、まわりから負の波動が伝わってきた時には、十歩前進する間に、それらのものを取り除き、消し去り、それらの感情や波動をプラスの感情、正の波動に切り替える努力を24時間続けていらっしゃるそうです。
負の波動を受け取ることは、感情が落ち込んで暗くなり、人生を楽しむことができなくなる、
そんな感情を一瞬でも自分の中に取り入れてしまうことは、人生において損なことであり、与えられた命に対して申し訳ないと・・・人生を楽しむためには、意識を少しでもプラス方向に高めていく努力が必要であり、それは、一瞬、一瞬がその時であり、24時間、意識をそこに向けていく努力が必要になってくるのです・・・ここに意識えを向けていく努力こそが、小西浩文さんが、神の領域に魂が達することのできる偉大なる証となっているように感じられました。

小西さんのこうしたお言葉の数々は、私にとって、これからの人生を生き抜いていくための大きな勇気となり、土台となって、ずっしりと大地に根をはる力(エネルギー)を与えてくださいました。

究極の挑戦を続ける揺ぎ無い精神力、

決して最後まで諦めることのない強靭なマインドコントロール、

この偉大なる小西浩文さんの魂は、

日本を、世界を、そして宇宙を駆け巡り、

生きとし生けるものすべてに、

何事にも屈することのない強烈な光、

「夢」と「勇気」と「幸せ」の光を照らし続けることでしょう。。。

7座目「アナスル」の頂上にて、神の光である「想い」という宝物をしっかりと受け取り、私達に届けてくださることを、

神様が、小西浩文さんを成功に導き、ずっと見守っていてくださることを

心からお祈りいたしております。



この尊敬すべき、偉大なる小西浩文さんとの出会いに導いてくださった、

小林良生さんに心より深く感謝いたします。

    ありがとうございます。


   いくこ   合掌
安達原 玄さん「写仏の里 八ヶ岳まんだらミュージアム」支援者会参加 [2009年02月11日(Wed)]
2月10日、安達原 玄さん「写仏の里 八ヶ岳まんだらミュージアム」支援者会に参加しました。
表参道「青学会館」で行われた支援会は、玄さんを尊敬し、心から愛されていらっしゃる多くの方々の熱い熱気で満ち溢れていました。

昨年12月に行われた福島正信先生のドリームプラン・プレゼンテーション2008において、みごと本選出場を成し遂げられ「80歳の夢」を熱く語られたお釈迦様のような、尊敬すべき素晴らしい方です。



玄さんは、1929年、山梨県生まれの今年80歳。50歳のとき川崎で個展を開いたのをきかっけに、全国各地で仏画、曼荼羅展を開催し、その活動は、ヨーロッパ、アメリカにも広がっていきました。
平成7年、山梨県高根町に「安達原玄仏画美術館」を開館。現在は、全国各地で仏画教室を開き、400人以上の生徒さんを抱えていらっしゃるということです。



安達原玄さんは、仏画を写して描く「写仏」に取り組んでいらっしゃる女流仏画師です。
50年ほど前、京都の古いお寺で出会った荘厳な曼荼羅に、一瞬にして人生がかわってしまうほどの衝撃をうけられたそうです。
それまで体の中にあった氷のような冷たいものが、スーッと溶けていく感覚を覚え、この追体験をするために仏画を始められました。そして、17年間描き続けた時、これは、一人ではなく、みんなで描いてこそ大きな祈りになっていくことに気がつかれたその瞬間、生み出されたのが、「写仏」という描写法。

玄さんは、ゆっくりと穏やかに、ひとつひとつの言霊を響かせ、輝かせながら、
次のように語られました。

「写仏」は、わが心の中にいらっしゃる仏様との対話であり、祈りです。その祈りと愛とが循環することによって、心が安らかになり、癒される不思議な世界・・・描いているうちに、肉体の感覚がなくなり、宇宙の光になっていくような感覚になります。今、一番感じることは、「調和」というもの。ひとつひとつの魂が、仏さまに心を合わせ調和しあってこそ大きな光となっていくことができるのではないでしょうか。。。。

     山 ================  山

玄さんの仏さまそのもののお顔、お姿、そして、お言葉ひとつひとつ、描かれた仏画の数々の中にいらっしゃる仏様に出会ったとき、私はその尊厳さ、素晴らしさに感動し、心震わせました。まさに、玄さんの魂は、仏さまに導かれ、仏さまそのものと一体となり、光となって、私たちの心に愛の光を降り注いでいらっしゃいます。

写仏をすることによって、私たち人間のどんな魂の中にも存在する、慈悲の心、思いやりの心、そんな心を見出せないでいる人々の心に光が注がれていくのです。
玄さんは、そんな私達に、仏さまと出会い、対話するための橋渡しをしてくださっているのです。

ひとつの小さな光でも、それがたくさん集まり、共鳴しあい、調和することによって、愛と感謝と幸福の大きな大きな光の輪になることができることを、玄さんは導き、伝えてくださっているのです。

玄さんの夢は、2011年に清里に「写仏の里 八ヶ岳まんだらミュージアム」を建設されること。このミュージアムは、美術品を展示するという一般のミュージアムではありません。
玄さんの尊厳なる仏画作品はもちろんのこと、全国の写仏に取り組む人々が集い、熱い熱を発信する心のふるさとなります。

玄さんの「80歳の夢」は、もはや夢ではなくなっています。

それは、共鳴と調和により、仏さまが導かれる、現実のものとして、しっかりと動きはじめています。
私達が、その大きな光の輪の一光になれることを、心から願っています。




私もいつの日か、清里の曼荼羅美術館を訪れ、尊厳なる仏さまの真実の魂に触れてみたいと心からお祈りいたしております。





尊敬すべき安達原玄さんと
   
  その玄さんと魂をともにする方々との

   こんなに素晴らしい出合いを与えてくださったことに

       宇宙にも響くほどの

           大いなる感謝の気持ちをこめて


         いくこ  合掌
中村敏樹先生、日本ベジフルマイスター「品目(2)」 [2009年02月09日(Mon)]
日本ベジフルマイスター「品目(2)」です。講師は、中村敏樹先生です。

果菜類に続き、葉根菜類を学びました。

品目は、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、ハクサイ、コマツナ、チンゲンサイ、カラシナ類、ホウレンソウ、、ダイコン、カブ、ニンジン、ゴボウ、レタス類、チコリー類などです。

果菜類と葉根菜類の基本的違いは、果菜類は、栄養生長と生殖生長の両方が同時に進行しますが、葉根菜類は、栄養生長をほぼ終えてから後は、生殖生長だけをするということです。

栄養生長とは、植物の種が発芽し、茎ができ、根をのばし、葉を大きく広げて、体を作る生長をいいます。やがて、体の中に、花の芽ができ、発育して、蕾になり、花が咲きます。そして、花のめしべにの受精により、めしべの子房が大きくなって果実になり、果実の中に種ができます。このように、花・果実・種となる生長を生殖生長
といいます。

その中でも、ブロッコリー、カリフラワーは、特別な存在です。

原始型ケールから野生キャベツが生まれ、その野生キャベツから、まず蕾の着いた花茎が肥大したブロッコリーが現れ、そして、突然変異で花蕾が白化(白子:アルビノ)したのがカリフラワーです。故に、カリフラワーの可食部は白い花の蕾ということになります。






頭部の大きなつぼみを食用とする花頂蕾(ちょうからい)型
脇から次々と育つつぼみを食用とする側花蕾(そくからい)型
頭部にできたつぼみと脇から出てくるつぼみの両方を利用する頂花蕾・側花蕾兼用型などがあります。
最近は、長い茎も丸ごと食べられるスティックタイプのブロッコリーのほか、新芽を食べるブロッコリー・スプラウトなどが商品化され、人気を集めています。

ブロッコリーは、「栄養宝石の冠」と呼ばれているほど、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素を豊富に含む緑黄色野菜です。

ブロッコリーには、>イソチオシアネートと呼ばれる辛味成分を含むため、抗がん作用が高いといわれており、特に、新芽には、スルフォラファンが、同量のブロッコリーより、20〜50倍多く含まれており、体内に入った発ガン性物質を解毒する酵素を活性化させる働きがあるとされています。

その他にも、たくさんの野菜たちの素晴らしさを教えていただきました。

野菜たちは、その体に秘めているたくさんの栄養を、自らの命を削ってまで、私達人間に命の要素となるエネルギーとして与えてくださっていることに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

すべての野菜たちに秘められている、

  神秘的な命のエネルギーに

     永遠の感謝の気持ちをこめて。。。


       いくこ  合掌