CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2008年02月 | Main | 2008年04月»
◆ プロフィール

寺内郁子さんの画像
ハワイ・マウイ島での銀婚式
2008年9月

<< 2008年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

北竜町の雪景色
紹介ビデオ(3分)2011年3月

北海道北竜町の
冬から初夏の自然(2010年)

ブログ内の記事に関する
 検索はこちらから▼
Google 
◆ 最近の記事
◆ カテゴリー
◆ リンク集

◆ 月別
http://blog.canpan.info/iku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iku/index2_0.xml
「平将門首塚」そして「神田明神」参拝 [2008年03月22日(Sat)]
東京の中心、千代田区大手町のオフィス街に鎮座する「将門塚」・・・その存在を知って以来、会社の帰り道、時折、導かれるように訪れるこの場所・・・・皇居のお堀近くに位置し、ビル街の谷間に、その部分だけ異空間のように緑が生い茂る中、将門さまの放つ偉大なる光・・・一千年の時を越えて息づいている魂に触れたとき、その存在の限りない雄大さに畏敬の念を感じ、心震える・・・





そして、「平将門」といえば「神田明神」・・・それは、大手町から丸の内線で二つ目の駅、お茶の水駅から歩いて5分の所に位置する・・・そこにも、足をのばす・・・



神田明神は、神田、日本橋、秋葉原、大手丸の内、旧神田市場、築地魚市場など、108町会の総氏神様であり、天慶の乱で討伐された平将門の霊を鎮めるために、大手町に首塚が
創建された。その後、その墳墓周辺において、天変地異が頻発したため、ご本殿に奉祀られたとのこと・・・
 御祭神は、一之宮 大己貴命(おおなむちのみこと)−だいこく様ー縁結びの神様、二之宮 小彦名命(すくなひこなのみこと)ーえびす様ー商売繁昌の神様、三之宮 平将門命(たいらまさかどのみこと)−まさかど様ー除災厄除の神様





戦後以降、境内の建造物が次々と再建され、昭和51年に檜木造も隋神門が再建されるなど、「平成の御造替事業」が進められている・・・

そして、5月には、東京三大祭(山王まつり、神田祭、三社祭)のひとつである、神田祭が行われる・・・今まで一度も訪れたことのないこのお祭りに、今年は、是非参加してみたい・・・

この日は、見事な満月・・・月の周りは、大きな、大きな円を描くように、偉大で、あたたかく、眩しいほどにも鮮やかに虹色の光を放っていた・・・・・今年は、19年に一度訪れるという、春分の日と満月が重なる日・・・・・目に見えない壮大なエネルギーが沸き起こっていたに違いない・・???・・・導かれるようにここに来てしまった理由が・・・

導かれ、守られているような偉大なるエネルギーを感じ、心落ち着き、癒され、満たされた不思議な感覚・・・こんな素晴らしい感覚を味わえたことに、心より感謝いたします。


ありがとうございます。
   
    合掌  いくこ
祝!お誕生日&卒業、祝!!! [2008年03月16日(Sun)]
大きな、大きな幸せ見つけました。

今日は、息子の23歳の誕生祝いと娘の高校卒業祝いを、家族4人で過ごすことができました。なんとも、大きな大きな幸せ、夢のようです。

4人の待ち合わせ場所は、目黒駅。

レストランは、八芳園の近くのこじんまりとしたお店・・・「小町」
知る人ぞ知る素敵なレストラン「白金台 小町」

手書きのおしながきから始まる日本料理は、
一品一品、真心こめて料理された感動的なものばかり・・・



その素晴らしい、素敵なお料理は、貴重な高麗人参をはじめ、体に優しい薬膳スープから始まり、おさしみからお祝いのお赤飯まで用意していただき、ご主人の優しい、心温まる真心がいっぱい料理された数々でした。



おいしさをゆっくり、じっくりと味わった2時間。

そのサプライズは、最後のデザート、ミルクプリンが登場したときでした。

突然、お祝いのケーキ登場・・・お誕生日と卒業のお祝いのメッセージがデコレーションされ、ロウソクに火がともされたものでした。


そして、ご主人と女将さん(今日の料理を作ってくださった方)そして、店員さんが勢ぞろいして並び、私たち家族4人の前で、ハッピーバースデーの歌を合唱してくださったのです。

思いもかけない出来事に、恥ずかしいやら、うれしいやら・・・
家族4人で感動、感激を心にじっくりと味わい、かみしめ、そして、心にしっかりときざむことができました。家族4人一緒に味わうこの感動は、ほんとうに何年ぶりでしょうか・・・

子どもたちが小学校のころ、お友達とそして、家族4人で歌ったハッピーバースデー・・・あの頃の思い出のシーン、歌声がよみがえり、そして、涙で曇っては消えていく・・・・・・・・

かけがえのない、貴重な、あたたかい、素敵なひととき・・・


ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございました。

大きな真心こめてお祝いしてくださったご主人、奥様(女将さん)、店員の方々、皆様に心から感謝いたします。 ありがとうございました。

ほんの何日か前、小さな幸せに思いをはせたばかりなのに,・・・突然、思いもかけず、大きな幸せが舞い込んできました。いままでの苦しみを吹き飛ばすかのように・・・・・・

そして、今、私は思う・・・・

囚われの心を抱くより、
与えられる愛を望むより、
自分自身の心を、
あたたかい、キラキラと輝く
愛の光でいっぱいにしよう!

自分が放つ愛の光が輝けば輝くほど、
大きければ、大きいほど、
それは、かならずしっかりと受け止められるはず・・・・・
いつの日か、きっと、きっと・・・・・・・

与えられる愛を待つのを止めたとき、
うそのように、囚われの心が解放され、軽くなり、宙を舞っていった・・・・・
この自分自身の愛の光を絶やすことなく、しっかりと心に抱いていこう!
消えることのない、燃え続ける灯火のように・・・・・・


今日のこのときのように、
思いがけず、導かれた愛・・・
望まず、期待せず、
謙虚、かつ、思いやりの心を抱いて、
自ら放つあたたかい、癒しの愛の光は、
いつの日か、必ず、受け止められ、導かれていく・・・

今日のこの大きな幸せに、
心から感謝いたします。

  ありがとうございます。

      合掌  いくこ
一日ひとつ、小さな幸せの出会いに感謝!!! [2008年03月14日(Fri)]
いま、生かされている自分に感謝しつつ、
毎日の一瞬、一瞬を大切に、
ひとつの小さな幸せとの出会いに
深い感謝の気持ちを味わいながら
生きていきたいと思います。

ありがとうございます。
  
   合掌  いくこ