CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2007年09月 | Main | 2007年11月»
◆ プロフィール

寺内郁子さんの画像
ハワイ・マウイ島での銀婚式
2008年9月

<< 2007年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

北竜町の雪景色
紹介ビデオ(3分)2011年3月

北海道北竜町の
冬から初夏の自然(2010年)

ブログ内の記事に関する
 検索はこちらから▼
Google 
◆ 最近の記事
◆ カテゴリー
◆ リンク集

◆ 月別
http://blog.canpan.info/iku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iku/index2_0.xml
山本空外上人、七回忌法要に大感謝! [2007年10月21日(Sun)]
10月14日、念願叶って、山本空外上人の空外記念館を主人とともに訪れることができました。

この日は、同記念館にて、空外上人の七回忌法要と同館理事長の河波定昌・東洋大名誉教授による追悼講演会が開かれていました。

この空外記念館は、島根県加茂町大崎に位置する隆法寺山内の高台にひっそりと佇んでいらしゃいました。まわりを囲み、見守るように山々が連なり、静かに広がる田園風景は、清く穏やかな空気で包まれておりました。



駐車場から少し坂を登っていくと、木造三階建、土蔵造りのずっしりと存在感のある建物。



この建物は、一千年の耐久性をもつように設計されており、材木の接合は継手仕口により、釘や金具は使われていないとのこと。そして、屋根にいたっては、半永久的耐久性のあるチタンで葺いてあるという控え目でありながらも、落ち着いた雰囲気を醸し出していて、「二十世紀の正倉院」と評されるほどの偉大なる建物です。

平成元年10月15日、開館式が挙行されたこの記念館には、空外上人の絵画、書、工芸品に至るまで4000余点が収蔵されてるとのこと。19回目となる今年は、「空外上人と思い出の数々」とされ、愛用していた数珠、筆、万年筆、茶道具、幼年時代の写真などが展示されており、特に中央に飾られた3Dによる空外上人のお写真は、あまりにもリアルで、そこに静かに座っていらっしゃるようでした。空外上人にお会いできたような、この上もない至福のひと時を味わうことができました。深く、深く、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。   合唱


この日、午後1時半より、空外上人の七回忌法要がしめやかに行われました。

この七回忌法要に私たち夫婦が参加できたというこの上もない幸せな成り行きは、ひとつには、この記念館が10月の一ヶ月間のみの開館であること、去年からこの記念館に10月には必ず訪れようと念願していたこと、そして、もうひとつ不思議なことは、そんなある日、この七回忌法要を知らせる小雑誌が通照院から郵便で送付されたこと、すぐに記念館に電話して、七回忌法要の参加を希望したところ、電話の向こうからは、「どうぞ、どうぞ、直接記念館へお越しください」という穏やかな、やさしいお声が・・・空外上人にお会いしたいという切なる想いが届けられたのでしょうか・・・感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。

こうして、空外上人の法要をお参りすることのできる幸せをしみじみと感じながら、法要ははじまりました。



30人を超えるみなさまとともに、木魚を叩きながら、念ずること1時間・・・

  南無阿弥陀仏、

   南無阿弥陀仏、
  
     南無阿弥陀仏、

念仏の声とともに、木魚をたたく音が響き渡ります・・・30分を過ぎたころ、いままでに味わったことのないような感覚が体全体を包み込ます・・・

念仏を終え、河波定昌名誉教授による追悼講演が行われました。



「光の現象学、空の現象学」についての貴重なお話の数々・・・光の世界には、必ず空の世界が現われる・・・目に見える現象を超えたところに、目に見えないものが現れてくる・・・念仏の中には、光の現象、しいては、空の現象が必ず現れてくる・・・この空の世界を外に働きかけていくものが、空外上人の教えであるというようなお話から、奥深いすばらしいお話をたくさんしていただきました。ありがたさにこころが震えました。

講和を終え、お庭で皆さん一緒に記念撮影。


気持ちの良い秋のさわやかな風がそよぎ、庭に咲くコスモスが可憐に夕日を浴びて、きらきらと輝いていました。



こうして、みなさまとともに空外上人の法要にお参りさせていただけたことを、この上なき幸せと心より感謝申し上げます。

いつも見守ってくださる空外上人、そして、ここに導いてくださった空真さまに、
心から、深く感謝いたします。
 
 ありがとうございます。

     いくこ   合唱
出雲大社参拝、大いなるご縁に感謝! [2007年10月21日(Sun)]
10月13日〜14日、主人と「縁結びの神々の国」出雲へ行ってまいりました。

朝5時出発。JAL成田発8時20分、少し遅れて、9時40分出雲空港到着。

飛行機の小さな窓から望む空と雲の風景・・・刻々と生き物のように変化する絵模様・・・
真白な雲に一瞬、円形の大きな虹が姿を現した時は、胸がドキッ、キューン・・・

いつまでも見ていたい空の飛行を楽しむことも束の間、降り立った出雲の町は、実に清々しい、気持ちの良い空気に包まれていました。

レンタカーでまずは、出雲大社へ向かいます。

陰暦の十月は、神無月・・・全国の神様が、出雲の国に集まられ、神々が留守になられるため・・・そして、出雲では、神々がお集りになられるので、「神在月(神有月)」。

出雲大社のご祭神・大国主大神様は、天照大御神様に「国譲り」をされ、生きとし生ける者の幸せのご縁を結んでくださる神様となられ、目に見える世界である現生は天照大御神様が、そして、目に見えない世界「幽世(かくりよ・霊魂の世界)は、大国主御神様が治められることになられたそうです。

目に見えない縁を結ぶという「幽れたる神事」について、全国八百萬の神々様をここ出雲にお迎えして会議をなさるという大切な時期にお参りできるとは、実にありがたいことです。

ここにこうして、命を結ばれ、生かされているお陰様に、心から感謝の祈りを捧げます。

ありがとうございます。

正門鳥居をくぐると、そこはもう神域・・・一礼し、心静かに進みます。



心身を祓い清める祓社にて参拝し、下りの参道を進んで祓橋を渡ると、まっすぐに続く松並木・・・さらにやわらかく清められいく大気・・・



神聖なる松並木の参道をぬけると左右に二つの大国主大神の像が立ち並ぶ。
右手には、幸魂奇魂、左手は、御慈愛のご神像。



手水舎にて、手と口を清め、銅鳥居をくぐって、拝殿へとすすみます。

出雲大社のシンボルともいえる大注連縄・・・長さ8m、太さ3m、重さ1.5t・・・そのどっしりと構え立つ存在感に偉大なる力を感じました。



ここでの拝礼は、二拝、四拍手、一拝、心引き締めてお参りいたします。

本殿の両側には、全国から訪れた神ヶ様の宿舎である、西十九社、東十九社が建ち並び、
八足門にて、本殿を参拝・・・二拝、四拍手、一拝・・・人々の良縁を結び、人々の大いなる輪を広げて下さる大国主大神様に、深く感謝の心を捧げます。

釜社から反時計回りに巡りと、本殿の背後には、大国主大神の父神でいらっしゃる須佐之男命(スサノオノミコト・天照大神の弟神)さまが、静かに見守っていらっしゃいます。



国宝指定の荘厳な社である本殿は、大社造りとよばれる日本最古の神殿建築様式。延亨元年(1744年)に御造営され、以来文化6年、明治14年、昭和28年と三度の建て替えと修理を経て、今日に至っており、その昭和の御遷宮から五十有余年の歳月を経て、平成二十より
「平成の大遷宮」が始まり、平成二十五年には、本殿遷座祭が行われるとのこと。

形あるものは、いずれは滅びていく・・・悠久の時を経て、継ぎ伝えられていく永遠の魂・・・数限りない先人たちにより、受け継がれていく広大なる御神徳を、形あるものとして伝えていくものが、壮大な御神殿のよみがえりを具現化する「御遷宮」。

天照大神さまの伊勢神宮に続き、大国主大神さまの出雲大社においても、平成の大遷宮。
時の節目ともいえる、時代の移り変わり、よみがえりが行われようとしています。

時の移り変わりをしっかりと見届け、次の新しい世へと続く魂の響きを感じとり、しっかりと心に受け止めて進んでいくことの大切さをしみじみと感じました。

これから永遠に広がっていく、生きとしいけるものの幸せのご縁・・・

目に見えない幸せのすてきな輪が、限りなく広がっていくことを

心からお祈りいたします。

  ありがとうございます。

    感謝・・・合掌     

           いくこ
祝銀婚式に感謝の気持ちをこめて! [2007年10月09日(Tue)]
10月2日、結婚25周年、銀婚式を迎えました。

この記念すべき日に、思いもかけず、素晴らしいプレゼント・・・

主人の大切なご友人、池田様から、素敵なワインが送られてきました。



 池田さまのやさしい、あたたかいお心遣いに

  深く、感謝いたします。
      
     ありがとうございます。


そして、さらに、驚いたことは、主人のフラワープレゼント・・・

結婚25年にして、初めての花束・・・



嬉しさ、喜びで私の心も

  花たちの如く輝きます


その色とりどりの花たちは、今でも、幸せな香りを家中に漂わせています。

そして、3つ目のサプライズ・・・主人の勤続15年の表彰状



さらに、この日は、私の勤続1周年記念日・・・

言葉にはできないほどの、熱いものがこみあげてきます・・・

人生51年、その半分である四半世紀を家族とともに、喜びも悲しみも分かち合ってきました。

この今の幸せがあるのは、
ここに、こうして健康で自分が生かされているのは、
なによりも主人、息子、娘のお陰さま・・・

どんなに深く感謝しても、あふれるほどの感謝の気持ち・・・

愛する主人、

 愛する息子、

  愛する娘、心から、ありがとうございます。



今日のこの記念すべき良き日は、

  私が家族への感謝状を捧げる日・・・

    わがファミリーに、永遠の感謝と永遠の愛をこめて・・・

             いくこ