CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2007年01月 | Main | 2007年03月»
◆ プロフィール

寺内郁子さんの画像
ハワイ・マウイ島での銀婚式
2008年9月

<< 2007年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

北竜町の雪景色
紹介ビデオ(3分)2011年3月

北海道北竜町の
冬から初夏の自然(2010年)

ブログ内の記事に関する
 検索はこちらから▼
Google 
◆ 最近の記事
◆ カテゴリー
◆ リンク集

◆ 月別
http://blog.canpan.info/iku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iku/index2_0.xml
片山雄介「味噌っ粕の会」・発芽玄米麹で味噌仕込みに初挑戦! [2007年02月24日(Sat)]

春風が吹き荒れる今日、オフィス和蔵・片山雄介さんの主催する「味噌っ粕の会」に参加し、発芽玄米麹で味噌事仕込みに初体験してきました。

池袋から、湘南新宿ラインに乗って、新川崎へ。そこから徒歩10分、鹿島田駅に到着。この会を紹介してくださった高橋さんと13時待ち合わせ。駅近くのかわいい洋食屋さんで「ロールキャベツと魚のグリル」のランチをいただきました。おしゃべりに夢中で、大変!集合5分前、急いで会場へ。

すでに皆さん、ワキアイアイ、和やかな雰囲気。
大豆は、昨晩から蔵の素入りの水で浸漬され、2時間茹でたもの。
温かい大豆をポテトマッシャーで丁寧に潰していきます。



Photo by katayama

片山さんの楽しい会話と笑い声が響き渡り、「おいしくなぁ〜れ」と愛情たっふりこめて・・・そして、塩と発芽玄米麹を混ぜ合わせたものを、潰した大豆に、少し茹で汁を加えながら混ぜ、ハンバーグのように具を丸めていきます。さらに、ホーローの容器に空気がはいらないように、バシッと投げ込んでいきます。表面を平らにして、ラップを敷き、3kgの塩を重石にして乗せます。あとは、1年間、ゆっくりと発酵させ、おいしくなる時期を待つのみ。

実習を終え、片山さんのとても貴重な講話。数年前、和蔵会主催の「秋の定例交流会」で伊勢神宮を訪問した時の”火無浄酒”に纏わるお話。伊勢の外宮では、「火無浄酒(ほなしのきよさけ)」が神酒として供されていたそうです。一般的な日本酒は、米のデンプン質を麹の糖化作用によって、アルコール発酵させるもの。しかし、古代の人々は、麹を使わずに、米と水だけで、酒を造っていたとのこと。
この「火無浄酒」をヒントに発芽玄米を原料とした酒造りに取り組んだのが、且專c本家の寺田啓佐氏。こうして、古代の酒の智恵が生かされ、誕生したのが、発芽玄米酒「むすび」。



まさに、この発酵玄米酒「むすひ」(musubiと読む)こそが、発芽玄米と水だけで造られた、火入れも濾過もしない生酒、「火無浄酒」なのである。

さらに、火入れをしないことにより、日本酒造りで恐れられている「火落菌」が発生する。この火落菌は、乳酸菌の一種で、日本酒の中でのみ生育するもの。しかし、この菌が発生すると、濁ったり、酸っぱくなったり、変な臭いものとなることから、60°程度の温度で火落菌を死滅させる「火入れ」の製法が取り入れられているという。

この酒を腐らせ、造り酒屋が最も嫌う「火落菌」に注目した寺田社長。酒の世界だけに生存する火落菌の役割、大きな存在価値があるにちがいないと考えた寺田社長のスケールのおおきな発想。

「むすひ」は宇宙の根源的な生成化有(生み育て)の力を有する「産霊(うぶすな)」の意味を持っている。そして、神と自然と人を結ぶといった願いが込められている、と寺田氏は語っています


この宇宙における新しい生命の育みは、この世に存在する陰と陽、(正と悪?)との関係によって成り立っている。正には正の、悪には悪のそれぞれ大切な役割があり、お互いに共存しあってこそ、生命が成り立っていく。悪をすべて排除するのではなく、お互いの役割を認め合い、受け入れ合うことが、良い方向へ導かれる鍵となるのではないでしょうか・・・・・

心が宇宙へ飛んでいったところで、「むすひ」の試飲となりました。ちょっぴりなめてみると、発酵独特の香りがほんのり、そして、酸味の強いどぶろくのような摩訶不思議な味、お酒を飲めない私には、おいしいのか、まずいのかよくわかりませんが・・・・とにかく、この生命力のあるお酒は、腸内の微生物バランスを良くし、免疫を高めるとのこと。健康にはとても良いお酒だそうです。

最後に、味噌の味比べ。7年味噌、3年豆味噌、1年味噌、半年味噌と食べくらべてみましたが、やはり、年を重ねるごとに熟成が増し、味になんともいえない深みが加えられていまた。お湯を加えて味噌スープで、また、そのまま人参スティックにつけて、大変おいしくいただきました。ご馳走さまでした。

自宅にて、おいしい、おいしい、味噌仕込みができますように・・・大いなる願いをこめて・・・・・

この世に存在するすべての生命に感謝の心を抱いた
      ひめ より
ムットーニ・ワールドに魅了!!! [2007年02月18日(Sun)]

久米信行さんが、以前ブログで紹介されていたムットーニ氏の世界を覗いてきました。

「ムットーニのからくり書物」・・・それは、京王線「芦花公園」駅を降りて、閑静な住宅街を抜け、歩くこと5分。素敵な佇まいの世田谷文学館にて、開催されています。ロビーに設置された小さな読書コーナーでは、お父さんと坊やが絵本読みや紙芝居を楽しんでいるのが、なとも微笑ましい光景・・・そして、中庭の池には、たくさんの立派な鯉が、気持ち良さそうに泳いでいます。




ムットーニの世界の入り口の扉が開かれと同時に、未知の世界、別世界へと誘われます。・・・光と音と人形が織り成す、小さな箱の中での数分間の舞台・・・8つの物語がひとつひとつ区切られたブースの中で光のファンタジーを繰り広げている・・・見事なまでの光の世界の中で、意思を持って語りかけてくるような、ゆっくりとした人形の動き、そこに流れる語り口、歌声、メロディが融合し、混ざり合い、調和しあって、ムットーニ氏独特の世界が展開されています。

そこへ、なんとムットーニ氏が登場。この上なき幸せかな。いくつかの舞台にムットーニ氏の巧妙な語り口が加えられ、その舞台は、さらに幻想的な、素敵な物語へと誘われていきす。



今までの作品は、すべてムットーニ氏オリジナルの作品でしたが、今回の作品は、世田谷文学館からの文学作品を題材とした、はじめての試みだそうです。萩原朔太郎「猫町」、海野十三「月世界探検記」、中島敦「山月記」、夏目漱石「夢十夜」、村上春樹「眠り」、ジュール・シュぺルヴィエル「海の上の少女」、レイ・ブラッドベリ「刺青の男」より「万華鏡」、などの原作をもとに、ムットーニ氏自身の心の在り方、想いを見事に表現した作品となっています。




その中で最も、心ひかれたのは、、宮沢和史「書きかけの歌」を題材とした”The Spirit of Song”・・・「詩人のポジションを、自分の世界から逃げられない囚われ人」としたとムットーニ氏は語る・・・Book型の箱から、天使が静かに現れてくる・・・ 
本の中には、囚われていた心が、天使とともに解き放たれ、外の世界を自由に飛び回る・・・
詩人の心にあるプライド、自尊心、自負心などの自分のためだけの、あるいは、他のものを排除しようとする心は、自分自信を凝り固め、自分の世界に頑なに閉じこもってしまうもの。他のものを受け入れるやわらかさ、あたたかさを失っている。だからこそ、その心が、天使とともに、解き放たれたとき、あたたかさを取り戻し、天使の真珠色の輝きとなって、煌く。

詩人にとって詩(うた)とは何だろう。
もしかすると、彼は
自らの詩の囚われ人かもしれない。
だとしたら、その詩に出てくる「君」とは
いったい何だろう。
詩人によって生み出されてしまった彼女。
彼女こそ、その詩の精霊であるかもしれない。
      ムットーニ


帰り道、ふと見上げた青空、
雨上がりの冷たい、気持ちのいい風が、頬をくすぐり、
その青さ、空の広がりに吸い込まれそうになりながら、
心、魅了されつつ、
ずっと、ずっと、その空を見つめていました。


お話の玉手箱をそっとのぞいて、心きらめく
     ひめ より
亀有の両さま、よろしく!! [2007年02月11日(Sun)]

わが息子は、就職が決まり、4月から独立して、一人暮らしです。
彼が、これから暮らしていく町、それは、亀有。

そんな亀有に行ってきました。

 北口の改札を出るとすぐに、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のこち亀でおなじみの両津勘吉の銅像が出迎えてくれました。



「やぁ〜元気かい!ようこそ、いらっしゃいませ〜」と笑顔で歓迎してくださってるようです。右側には、こち亀交番が、小さくともどっしりとした存在感を表していました。



「両さま、どうぞ、ひろしくんをお守りくださいませ。よろしくお願いいたします。ラブ

線路沿いを歩いて、8分くらいかな?  彼がこれから住むアパートが見えてきました。建物は築20年くらいの古いものですが、メンテナンスがとてもしっかりしていて、室内は、白い壁紙が張り替えられいて、とてもきれいで、清潔感のあるものでした。部屋は、東向きの4階なので、朝日が拝めるとは、なんとありがたいこと、言うことなしです。

彼が一人で探して、自分の意思で契約を決めてきたのです。これから始まる未知の世界・・どんな世界が彼を待ちわびているのでしょうか? 親として、あたたかく、じっと見守るしかないのですが・・・                                               そんな彼は、はじめの一歩を踏み出すための扉の鍵を探しに、遠いアラスカの地に旅立ちました。いままで味わったことのない大自然のエネルギーに抱かれて、人生の宝物となる鍵をしっかりと握り締めて帰ってくることを、心より願っています。

そんな想いで胸が熱くなりながら、ぶらぶらと歩いて、静かな住宅街を抜けると、駅に近い商店街は、下町を思わせるような風情を漂わせていました。お惣菜屋さんのコロッケ(30円)のおいしそ〜な匂い・・・会社の帰り、お腹をすかせた彼は、アツアツのコロッケを頬張りながら、家路に着くのでしょうか・・・・・
駅前は、どれにしようかと迷ってしまうほど、飲食店でひしめきあっています。乾杯

その亀有銀座商店街は、5つのブロックに分かれていて、それぞれのブロックごとに賑わい活気づいていて、下町の情緒溢れる風情が漂っています。

また、その昔、「芸人の町亀有」と呼ばれていたようで、芸能荘というアパートには、ビートたけしをはじめ、浅香光代、二葉百合子などの多くの芸人が住んでいたそうです。たくさんの映画館や食堂が、庶民的な雰囲気を醸し出している理由がそこにあるのかもしれません。

そんな日本の古き良き風情を残しつつ、一方南口には、次世代型ショッピングセンター「アリオ亀有」が隣接しています。それは、10のシネマ、123の専門店「アリオモール」からなるもので、買い物して、映画を観て、食事をして、1日楽しんでも飽きないような空間が広がっています。

今、こんなに亀有が活気づいていて、面白い町だと知り、なんだか嬉しい気分。拍手

これから当分の間、亀有を楽しめそうです。

亀有の面白さを発見して、ワクワクしている
      ひめ より
にしん蕎麦に舌鼓!!! [2007年02月09日(Fri)]

今日は、なんだかどんよりと曇っていて、肌寒い一日となりました。
こんな日には、あたたかいお蕎麦を・・・
今日は、なんと「にしん蕎麦」です。尊敬するくうしんさまよりいただいた「にしんの甘露煮」をお蕎麦とともにいただきいました。
まぁ〜なんともおいしいにしん蕎麦・・・(にしんが大きくて、器から、ピョンピョン飛び跳ねています。)



京都旅行の弁天茶屋でいただいたにしん蕎麦を思い出しながら・・・
そして、京都で買った、「七味家」の七味とうがらしをふりかけて・・・ぴりっと一味、ひきしめて・・
今が旬の菜の花のおひたしを添えて・・・うぅ〜ん春のいい香り・・・
おまけに、黒豆も一緒に・・・ほんのり甘さがたまりません・・
おいしくて、おいしくて、心も体もあたたまりました。
ご馳走さまでした。合掌

黒豆と言えば、くうしんさまに紹介していただいた「丹波篠山いのうえ黒豆農園」の黒豆は最高です。
「黒豆に命をかけている」という情熱的な店主、井上敬介さんの販売する黒豆は、丹波篠山産の黒豆。粒が大きく、みごとな味わい。この土地で、古くから良質の黒大豆が栽培されてきたのは、粘土質の土壌と昼夜の激しい温度差が好条件となっているからとのこと。

お正月に、黒豆新聞に掲載されたレシピを参考にして、愛情たっぷり振りかけながら、じっくり、ゆっくり煮込んでみました。
実においしかったこと、それは、黒真珠のように艶やかで、ふっくらと柔らかく、かつて味わったことのないようなおいしさでした。

さらに、感動的なものが、「飲む黒豆(黒豆の煮汁)」です。
黒豆には、イソフラボン、アントシアニン、サポニン、レシチンなどの栄養素が含まれているために、せきやのどの治療に良いとされているので、最近、セキで苦しんでいた母に、この「飲む黒豆」を贈ったところ、がんこだったセキがとまったという嬉しい知らせが舞い込んできました。

この素晴らしい効き目に感動した母は、気管支炎や喘息を患っていらっしゃる方に次々とお裾分け。定期購入しているにもかかわらず、追加注文しています。黒豆さま、ありがたや、ありがたやです.

今日は、にしんさま、黒豆さま、そして菜の花さまに、たくさんの生命のパワー、元気パワーをいただきました。

ありがとうございます。   合掌

至福の味わいに、感謝、感激の
    ひめ より
ひめの心のつぶやき! [2007年02月07日(Wed)]

今日は、心のあるがままの想いを綴っていきます。

かつての私は、悲しいこと苦しいことがあると、すべてを自分の中に仕舞い込んでいたために、自己免疫疾患などに心が囚われていました。それがまちがいであると悟った今、あるがままに、心を解き放そうと決心しました。

この50年、小さな世界で家族に甘え、頼って生きてきたために、社会の常識というものを知らず、「そんなこと知らずに、よく生きてきたね」と周りの人々にいつも言われていました。

だからこそ、50歳の就職が決まったとき、「世の中は、厳しいからね。いままでのように甘くしてくれると思ったら大間違いだよ。心して、お役に立てるようしなさい」と主人に、しっかりと釘をさされてはいたのですが・・・・・

最初は、簡単な雑用でよかったのですが、4ヶ月を過ぎ、2月1日付けで、庶務全体を仕切っていたベテランの方が移動で部署が変わってしまったために、引継ぎもなく、突然のように仕事が山となりました。


「どうして、そんなことがわからないの!!」大きな声で怒鳴りたいのをぐっと我慢して、言葉尻を強めているのが、ビシビシと伝わってくるのを感じながら・・・本当にごめんなさい。彼女には、申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが、自分で自分の不甲斐無さが空しいやら、悲しいやら、・・・・・

いままで、「痛さ」が生活の中心を占めていたので、人との接点をできるだけ避け、人との会話もままならない日々だったので、どのように会話し、どのように説明してよいのかわからない・・・・・

しかし、ここで悲しんでばかりはいられない。今、歩き始めたばかりなのだから・・・これを乗り越えなければ、前へは進めない・・・

困難であればあるほど、それを成し得たときの喜びは大きいはず・・・そう信じて、そうしっかりと心に刻んで・・・

涙・・涙・・涙は、心を浄化させる清らかな水。流れのままにながせばいい・・・思う存分流せば、また、元気になれる・・・

50歳にして、仕事が与えられたことに心から感謝して、明日も精一杯お役にたてるよう、マイペースで全力投球いたします。


アラスカの州花 ワスレナグサ(私の大好きな花)
    わすれなぐさをあなたにドキドキ大

  つぶやくことで、元気になれた
      ひめ より