CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | 2007年02月»
◆ プロフィール

寺内郁子さんの画像
ハワイ・マウイ島での銀婚式
2008年9月

<< 2007年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

北竜町の雪景色
紹介ビデオ(3分)2011年3月

北海道北竜町の
冬から初夏の自然(2010年)

ブログ内の記事に関する
 検索はこちらから▼
Google 
◆ 最近の記事
◆ カテゴリー
◆ リンク集

◆ 月別
http://blog.canpan.info/iku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iku/index2_0.xml
「地球交響曲四番」に感銘! [2007年01月28日(Sun)]


東京ウイメンズプラザで上映された「地球交響曲第四番」を観賞してきました。



その映画は、KNOBのディジュリドゥ(天然空桐木)の音色で始まりました。
ディジュリドゥとは、1000年以上も前から、オーストラリア先住民アボリジニが祝いの儀式や人々の癒しに使っていたという、世界最古の木管であり、それは、ユーカリの木でできていて、中は、シロアリが食べつくして空洞になっているそうです。
循環呼吸という呼吸法で演奏されるので、音が途切れることなくサークルしていきます。唇の振動で響く木の音は、イルカやクジラともコンタクトできたといわれるほど神秘的な楽器なのです。
その音は、宇宙を想わせるような異空間的な音であり、あるときは、母体の体内(子宮)の鼓動のようであったり、またあるときは、ジャングルの中の動物たちの鳴き声のようであったり、自然界に発生する大きなうねりのようであったり、実に摩訶不思議な音なのです。あたかも、その空洞が宇宙と繋がっていて、宇宙と交信できる小さなトンネルの様にさえ思えてくるのです。

その不思議な音色と共に、「地球交響曲第四番」ははじまります。 

「地球は、それ自体が大きな生命体である。
全ての生命、空気、水、土などが有機的につながって生きている。
これをGAIA(ガイア)と呼ぶ。ジェームズ・ラブロック」


まさしく、「ガイヤ理論」の創始者である、ジェームズ・ラブロックの登場に始まり、野生チンパンジー研究家であるジェーン・グドール、ビッグ・ウェイブ・サーファーであるジェリー・ロペス、最後に、版画家の名嘉 睦稔、それぞれ4人の生き様をみごとに描いています。
彼らには、それぞれ形は違えども、共通するものが流れている・・・
それは、宇宙からのメッセージを確実にキャッチし、受け止め、心の波長と共鳴させ、宇宙の生命体とともに生きづいていること・・・自然に身を委ね、生きとし生ける生命がお互いに生かされながら、ひとつに繋がって生きていることを心で感じとっていること・・・そんな素晴らしい彼らが、21世紀に生まれ育つ子供たちに「生命」を伝えようとしている・・・
人間と地球、地球と自然、自然と宇宙、限りなく広がる生命体、どれほど多くの子供たちに、どのような形で、言葉で、その素晴らしさ、尊さ、大切さを伝えていくことができるのでしょうか・・・

今、静かに、そして素早い速度で、「愛・LOVE」が地球を包み込みはじめています。

限りない生命を感じ、涙する
   ひめ より
落ち込んだときのこそ、ありがたや、ありがたや! [2007年01月22日(Mon)]

人間だれでも、明るく元気なときばかりではありません。

人と人とが、支えあい、触れ合い、交じり合って生きているかぎり、失敗したり、悲しんだりすることは、多々あると思います。

そんな困難が降りかかってきたときこそ、自分が試されるとき。その困難を乗り越えることができたとき、自分自身の魂が磨かれ、次なるステージへとステップアップできるチャンスなのです。

そんなときのおまじないの言葉、

「ありがたや!あるがたや!」

自分を磨いてくださる困難さん、ありがとうございます。

この暗闇を彷徨っているときだからこそ見えてくる光。

その光は、明るいところでは見ることの出来ない光。

例えば、やさしい、おもいやりのある言葉や仕草、その人が普段見せない、意外な心(光)に触れることができたり・・・

また、普段はなにげなく、通りすぎていく道端の小さな花が、きらきらとが輝いていて、とても愛しかったり・・・

暗闇であればあるほど、その光は、何倍にも輝いて見えてくる・・・

与えてくださった光に感謝し、その感謝に報いるためにも、同じ間違いを繰り返さないよう考え、努力していくことが大切なことだと私は、思うのですが・・・・・

いつも心の中で「ありがたや!」とつぶやいている
       ひめ より
谷中、根津、下町散歩 [2007年01月14日(Sun)]
冬の澄み渡る青空の下、「やねせん(谷中、根津、千駄ヶ谷)」の名称でお馴染みの谷中、根津に行ってきました。

今日は、はじめての、ちょっぴり淋しい、ひとり下町散策です。

墓地や寺院が数多く立ち並ぶ道、昔ながらの長屋が続く細い路地など、情緒あふれる風景は、古き良き日本の姿そのもの。文豪にも愛され、名作が誕生したこの町をそぞろ歩くと、ゆったり、のんびりとした空気が流れていきます。

まずは、JR日暮里西口をスタート。
そば屋の川むら、佃煮の中野屋、そして香ばしいしょう油のかおりが漂う谷中せんべい。店先に並べられた丸いガラス瓶のおせんべいたちが、なんだか懐かしく感じられ、ついついつられて、パリポリ、パリポリ・・・・・



おせんべいを頬張りながら進んで行くと、美しい夕焼けを望めることから名づけられた「夕焼けだんだん」・・・猫ちゃんの日向ぼっこが似合いそうな石段です。



石段を下ると、谷中銀座商店街。・・・レトロな雰囲気が人気の人の温もりを感じる商店街・・・まず目に入ってくるのが、手作りの飴のお店「後藤の飴」・・・いろんな形をした、色とりどりの飴たちが、キラキラと輝いています・・・

さらに進むと、おいしそうな匂いが漂います。肉屋の「すずき」・・・若いカップルが歩きながら食べている大きなコロッケがおいしそ〜うラブ

 
大人気のメンチカツ 147円
 

 
そして、和菓子の店、豆腐店、などなど右に左においしさを感じて、おなかもグーグー・・・・・

さらに道は続き、「よみせ通り」へと出ます。すると、「10円まんじゅう」と書かれたかわいい旗。この町で親しまれている人気の店「谷中福丸饅頭」・・・ひとくちサイズのちいさなお饅頭は、ふっくらとしてやわらかく、ほんのりとした甘さが、心もおなかも和ませてくれます。木のベンチに腰掛けて、お茶をいただきながら、ひとやすみ。
 


風情を楽しみながら、そぞろ歩いて行くと、かわいいお店を見つけました。 江戸時代から5代続く江戸千代紙の専門店 「いせ辰」  あまりのかわいさに誘われて、ついつい買ってしまった小さなピンクの花柄の茶巾袋・・・・・その他にも、和手ぬぐい、千代布、小風呂敷、見ていたらきりがありません。

これらの昭和の時代さながらのアンチィークなお店が連なる中、この町谷中は、お寺があちこちにひしめいています。谷中は、江戸時代、明暦の大火により消失した神田などの寺院が移転し、寺町を形成したとのこと。とにかく、寺院の多い下町です。たくさんの魂に見守られているからこそ、他では味わえないような、落ち着いた、ゆったりとした雰囲気をかもしだしているのでしょうか・・・・・

最後に訪れたのが、根津神社。総漆塗りの華麗な権現造建築は、国の重要文化財に指定されているものです。豊かな緑に包まれた神社は、春には約50種3000株のつつじが色鮮やかに咲き誇るとのこと、春にもう一度訪れてみたいです。



境内には、乙女稲荷神社に奉納された赤い千本鳥居が立ち並び、その中をゆっくりとくぐっていくと、荘厳な気持ちへと導かれていきます。


昭和の古き良き時代の面影をとどめた老舗や建物が、訪れる人々の心を魅了するこの町。日本の良さをしみじみと味わい、日本人として生まれてよかったという想いとともに、この日本の素晴らしさを残し、伝えていく大切さを強く感じました。

今度訪れる時は、主人と一緒にゆっくり歩いてみたい町です。

  江戸東京の下町をのんびりと満喫した
        ひめ より
東京カテドラル、ニューイヤーコンサートに感涙! [2007年01月13日(Sat)]
昨日、主人と息子と3人で、東京カテドラル聖マリア大聖堂のニューイヤーモーツァルト記念コンサートに行ってきました。

今回の演目は、モーツァルトによる「教会ソナタ」。大型パイプオルガンと4つの弦楽器(2つのヴァイオリン、チェロ、コントラバス)による演奏は、日本でも珍しく、この大聖堂でも今回が初めてだそうです。そして、パイプオルガン奏者は、イタリアから二度目の来日という、フィエゾーレ大聖堂の公認オルガニストであるミケーレ・マンガネッリさん、あまりの素晴らしい演奏に、拍手が鳴り止みませんでした。

大聖堂の時空を越えた荘厳な空気の中、いままで耳にしたこともないような神秘的なハーモニーが奏でられ、別世界へ誘われたかのように感じられました。

目を閉じれば、さまざまな風景がそこに広がっていました。あるときは、どこまでも続く草原の草木を揺らす風のささやきであったり、あるときは、大海原に続く滝の真っ白な輝きであったり、また、あるときは、レインボーに輝く光の波であったり、それらのすべてが、荘厳なる音に導かれて、躍動的に、あるいは、やさしく、穏やかに動き、踊っていました。

その響きのあまりの素晴らしさに、幸福感でいっぱいになり、体中があったかくなり、涙が溢れてきました。 隣の二人、主人と息子も、それぞれの世界に想いを馳せていました。

そして、いつの日か、今回参加できなかった娘が、この素晴らしい世界を、味わうことのできる日が訪れますように・・・・・

こんな素晴らしい世界を、家族三人が、共に味わい、出会えたことに感謝です。そして、なにより、ここに導いて下さった尊敬すべき空真さまに心から感謝いたします。

ありがとうございます。

そして、教会の西隅に位置された「ルルドの洞窟」が、神秘的な光を放ってライトアップされており、不思議な空気に包まれていました。これは、フランスのルルドの洞窟が再現されたもので、多くの奇跡を生み出した、聖母マリア様のいらっしゃる聖地です。若い青年が手を合わせ、祈りを捧げていました。

心が満たされ、魂が洗われる、至福なひと時でした。

感動、覚め止まぬまま、池袋に行き、琉球豚彩「かつ里」にて、薬膳豚しゃぶしゃぶを食べました。はじめての沖縄料理に舌鼓。とってもおいしかったです。御ご馳走さまでした。  主人、息子ともども、お腹も、心も大満足の夜でした。 心から感謝です。



幸せいっぱい、感動いっぱいの
  ひめ より
久米信行さんの『ブログ道』を読んでいます。 [2007年01月11日(Thu)]
今日は、底冷えのする寒い一日となりました。

通勤の電車の中で、久米信行さんの「ブログ道」を読んでいます。

ブログをはじめた私に、主人がそっと渡してくれました。そのやさしさに感謝です。

そこには、ブロク道の素晴らしさが、限りなく語られています。

ブログ道は、毎日、自分自身と向かい合う道
ブログ道は、一日一日を濃密に生きる道
ブログ道は、日々、新たな生き方を目指す道

そして、ブログ道は、「天」「地」「人」に繋がる道
「天命」 「地の利」そして「人の和」をも示してくれる道

                                                       それは、一本の細い道が、緻密に交差し合い、太く、広く、さらには、宇宙の彼方へと向かっていきそうなくらいの、限りない無限の可能性が秘められています。

読めば読むほど、久米さんの素晴らしい思想が込められていて、また、久米さんの偉大なお人柄が表れていて、あたかも、そこで仏様が語られていらっしゃるかのような、穏やか、やさしい気持ちになり、心があたたかくなります。

技術的なものは、少しずつ、学んでいくとして、まずは、肩の力を抜いて、日々の生活をあるがままに受け止め、自然のゆるぎに身を委ね、ゆっくりと進んでいくつもりです。

自然の花鳥風月に目を向け、広くアンテナをはり、社会の動きに耳を傾け、五感で人生を味わっていく。さらに、縁によって、人と人とがふれあい、支えあって、生きていく・・・・・

ブログ道とは、まさしくも、人生を楽しく、豊かにしていくものなのですね。

これから、もっと、もっと、学んで、楽しくブログ道を歩んで行こうと思います。

久米さん、素晴らしい教えを、ありがとうございます。

 ブログ道に燃えている、
    ひめ より
お弁当作りがはじまります。 [2007年01月10日(Wed)]
今日は、澄み渡る青空、とても良いお天気です。

通勤の電車の窓には、眩しいほどの太陽の光が差し込んで、あったかくて、気持ちい〜い・・・いっぱい、いっぱい、元気パワーをいただきました。

お天とうさま、ありがとうございます。

娘の学校がはじまり、今日から5時起きで、お弁当づくりがはじまります。

おかずは、なににしようかな?

ご飯は、五穀米か玄米にしています。

そして、かならず、添える物は、梅干です。

去年、その感動的な梅たちに出会いました。

その梅たちは、豊かな気候風土に恵まれた温暖地紀州、和歌山南部の南高梅農園「てらがき農園」で生まれ育ちました。 てらがきさんの愛情をたっぷり受けて、おいしく、おいしく、育ちました。有機栽培によって、丁寧に、大切に育てられたので、お嫁に出すのが愛しくて、愛しくて・・・その愛情が、送られてきた箱の中に隙間無く、詰め込まれていました。

その自然の素朴なすっぱさが、なんともたまりません。それは、元気パワーの源です。毎日、一粒、一粒、大切にいただいています。梅さん、おおきに! おおきに!

私たちは、食べ物によって、命が与えられ、生かされています。

命ある食べ物に、心から感謝し、そして、ありがたく、いただきます。

 今日もたくさんの元気パワーをいただいた、
         ひめ より
いたるさん、お帰りなさいライブ! [2007年01月08日(Mon)]
いたるさん、お帰りなさいライブ!」にいってきました。
 
新宿文化センターにて、14:00より、いたるさんのトーク、そして、くまぷぅさん&Yayoiさん、古市さんらのエンディング演奏等、中味の濃いライブとなりました。

いたるさんは、「心のままに生きたい」という想いを胸に、アメリカでの1年間を熱く語ってくれました。その旅の中で、一番印象に残った言葉、それは、出合ったある一人の青年がまっすぐに眼をみつめながら叫んだ言葉「Life is imagination!!!」・・・・・

自分自身の中にある、大きな、熱い想い・・・その想いを実現するための最初の一歩。

この一歩さえ、勇気を出して踏み出せば、今まで見えなかったものが、必ず見えてくる・・・・
・・・・今あるものは すべて ゼロからのスタートやった・・・・等など 本当に素敵な言葉の数々を伝えてくださいました。

「言霊」とは、奇跡を引き起こすための神様からの贈り物、この意味の大切さ、深さがしみじみと伝わって、胸が熱〜くなりました。

この一年が、こんな素晴らしい言葉、そして素敵な出会いでスタートできたことを心から感謝いたします。

ありがとうございました。

      熱〜い想いで胸がいっぱいになった、
            ひめ より
輪王寺で護摩焚きに参加 [2007年01月06日(Sat)]
今日は、家族4人で日光の輪王寺に行ってきました。朝6時出発、池袋7時18分のスペーシアにて、東武日光に向かいました。

輪王寺では、毎年、護摩焚きに参加いたします。護摩修行とは、ご本尊御宝前に於いて、清らかな火を燃やし、数々の供物を投入して、願主の所願成就を祈願する、密教独特の修法です。

七福神に見守られながら、燃え上がるお護摩の火とお坊さんのお経の声が混ざり合い、響きあって、まさにそこは、異空間・・・・深い呼吸をゆっくりとしていると、チャクラが開き、宇宙のエネルギーをいっぱい吸い込んで、吐きながら、宇宙に返していく・・・・・

めらめらと燃え上がる火によって、心の迷いを焼き清め、そのお加護をいただきながら、生きる力を授けていただけるという、ありがたいものです。  心が落ち着き、体も軽く、元気になりました。

 
護摩炊き


帰りには、宝物殿にて、曼荼羅を拝見し、その素晴らしさに大感動しました。

 
 
 金剛界曼荼羅   北斗曼荼羅


曼荼羅とは、密教における修法(加持祈祷)の本尊として飾られた仏画のひとつです。

鬼門徐札にもしっかりと「気」をいれたいただきました。
 
鬼門徐札


家族一同、身の引き締まる一日でした。

       感謝、感激いっぱいの ひめ より
いままでの自分 [2007年01月05日(Fri)]
今日は、いままでの自分についてのつぶやきです。

この50年を振り返ってみると、痛みと我慢の人生でした。しかし、この50年があればこそ、感謝の心いっぱいの今の私が存在するのです。いままでの人生、痛みに感謝です。

なぜ、どうして、私がこんな痛みを背負って、生きていかなければならないのか・・・・・・自分を責め、ただ、じっと自分さえ我慢して、痛さに耐えていれば、みんなが幸せになれると信じ込んでいた日々・・・・・それは、とんでもない考えちがいだったことを・・・・・・

この30年間、痛みに耐え、自分を支えてくれていた「脚」に対して、申し訳ないという思い、そして、ありがとうという思いがあふれ、愛しささえ感じられるようになってきたのです。

嫌いだった自分を、愛すること。そこからはじめなければ、人を愛することはできないのだと悟ったのです。自分の痛みを考えることを止めて、人の為に尽くす。意を尽くし、心を尽くして、人を愛していく。 自分の中の神を愛してこそ、人をも愛することができる。

そう考えることができるようになってから、霧がはれていくように、まわりが明るく輝きはじめました。そして、すべてのものに感謝することができるようになってきたのです。

その時、痛みは消えていました。

その人生は、スタートしたばかり。これからです。いかに行動していけば、魂を磨いていくことできるのか?すこしづつ、すこしづつ、ステップアップしていけるよう力を尽くします。

      未熟で、たよりない ひめより
新しい命のはじまり [2007年01月04日(Thu)]
明けましておめでとうございます。

はじめまして、よろしくお願いいたします。

いくこです。

去年は、本当にいろいろなことがありました。

素晴らしい人たちの出会いがあり、たくさんの幸せをいただきました。

こんなに感謝で心がいっぱいになったのは、50年生きてきて、はじめてです。

去年、足の手術をして、新しい命が与えられました。
この与えられた新しい命に、感謝の気持ちをいっぱい、いっぱい吹き込みながら、これからの人生をゆっくりと歩んでいきたいと思います。

結婚して25年、50歳からの人生は、いままでとは、全く違う心でスタートすることができると確信しています。

なぜなら、両親に感謝し、家族に感謝し、すべてのものに感謝する気持ちが溢れるように心を満たしているからです。特に、主人への感謝の気持ちが大きく、大きく、広がっています。

この新しい命の旅のスタートを記念して、このブログはじめようと思います。

どんな言葉が綴られていくのか、自分でも楽しみです。

まずは、家族への感謝の言葉、のぼるさん、ありがとう!
ひろしくん、ありがとう!
まいちゃん、ありがとう!

どれだけ多くの人に、どれだけ多くのありがとうを伝えることができるのでしょうか・・・

あるがままを、明るく、元気に、進んでいきます。

    世間しらずで、なにもできない、ひめ より
| 次へ