CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2007年07月 | Main | 2007年09月»
◆ プロフィール

寺内郁子さんの画像
ハワイ・マウイ島での銀婚式
2008年9月

<< 2007年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

北竜町の雪景色
紹介ビデオ(3分)2011年3月

北海道北竜町の
冬から初夏の自然(2010年)

ブログ内の記事に関する
 検索はこちらから▼
Google 
◆ 最近の記事
◆ カテゴリー
◆ リンク集

◆ 月別
http://blog.canpan.info/iku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iku/index2_0.xml
山本空外先生のお墓参拝(合掌) [2007年08月17日(Fri)]
8月16日、念願叶って、山本空外先生のお墓参りに、主人と二人で京都知恩院に行ってまいりました。 空外先生は、2001年8月7日、99歳で天国へと旅立たれました。

猛暑続きの中、この日は、岐阜県多治見、埼玉県熊谷では、国内最高気温40.9度という、74年ぶりの記録が観測され、また、南米ペルーの太平洋岸で15日発生したM7.9地震により、日本各地で、津波が観測されていました。

この朝、4時に起きて準備をしてる時も、地震によるかなりの揺れを感じながらも、「新幹線の運行は大丈夫かな?」と暢気な会話をかわしながら、5時に家を出発し、京都駅へと向かっていました。

まわりの状況判断もせず、なんの不安も抱かずに、ただただ、「空外先生のお墓参りをしたい」という熱い想いが、京都行きを実現させていたのでしょうか?
事の重大さ、暑さへの恐怖、など何も考えなかったからこそ、実現できた行動。

京都駅に着いた時も、想像を超える暑さに驚愕・・・(尤も、「京都の夏は暑いだろうなぁ」くらいの考えしかもっていなかったのですから、しかたありませんが・・・)

すぐに、駅前のレンタカーに乗り込み、知恩院へと向かいました。
朝、10時前の京都の道路は、渋滞もなく、ナビケーターの指示通り、15分くらいで到着。



駐車場をでたところには、高さ24mもある国内最大級の木造の三門が、でーんと構え立ち、
そこをくぐると、見上げるほどの男坂を昇り切ったところに壮観に現れた建築物、御影堂・・・法然上人像が安置されている御影堂の中では、「南無阿弥陀仏・・・」のお経が響きわたり、ひんやりとした不思議な空気を漂わせていました。手を合わせ、心穏やかに、地球の平和、人々の幸福を祈ります・・・

お参りを終えた後、御影堂の脇を抜けて、方丈庭園へと向かいます。暑さで、意識朦朧、庭の美しさも堪能できずに、特別霊園をめざしました。

寺務棟にて、空外先生のお墓参拝希望を申し出たところ、お坊さんが、空外先生のお墓まで案内してくださいました。お水を汲み、お花を生け、お線香を焚いて、心安らかに、合掌・・・

その時、照りつける日差しの中、火照る体をやさしく包むかのように、一瞬冷たい風が吹き抜けていきました。脳裏には、やさしく微笑む空外先生のお姿・・・偉大なる尊い魂に少しでも触れることができたように感じられる、至福の瞬間・・・限りない感謝に心深く、合掌。

空外先生のお墓は、他の墓石とは異なり、自然の大きな石に、「南無阿弥陀仏」と刻まれておりました。



原爆を受けた広島の被災地で、被爆した人々の苦しみを自分の心と重ね合わせながらも、平和を祈り続けた56年と1日・・・数十万の人々の原爆の恐怖、苦しさの真実が心に存在するが故に、人間のあるべき心の真実を、すべてを体験された空外先生だからこそ、人々に教え、伝え、導いていくことができたのではないでしょうか・・・・・

墓石に描かれた、「南無阿弥陀仏」・・・見つめているだけで、心落ち着き、安らぎ、癒されつつ、お参りできたことの嬉しさで心いっぱいに満たしながら、知恩院を後にしました。

あまりの暑さに外を歩くことが困難だったので、冷房の効いた京都国立博物館で一休み。

この京都国立博物館は、明治30年に開館した日本を代表する博物館。約1万2千点もの文化財が収蔵されており、ゆっくりと、日本文化の至宝を思う存分堪能いたしました。

広い庭の噴水の前には、ロダンの彫刻「考える人」が、「なぜ、こんなに暑いのだろうか?」 
と真剣に考え込んでいるようにみえたのが、とても印象的でした。



そして、最後にまわったのが、上賀茂神社のお礼参り。

新しい命の旅は、この上賀茂神社からはじまりました。

去年12月24日の京都旅行のひとつひとつが思い出されます。
照り返す日差しが、チクチクと肌を刺す痛みを感じながら、一の鳥居から二の鳥居へと続く参道の真白な玉砂利をゆっくりと踏みしめていきます。暑さで朦朧とする意識は、身のしまるような、しっかりとした気持ちへと変化していきました。



そして、細殿の前の三角錐の立砂に再び出会えた瞬間、立ち昇る新たな生命の息吹が、感じられ、胸がきゅっと引き締まる思いでした。



手水舎にて、手と口を清め、第一摂社である片山御子神社をお参りして、本殿へと向かいます。

 すべての人々が、心おだやかに、幸福へと導かれますように、お守りください. そして、新しく与えられた尊い命の旅を一歩ずつ歩み、続けられていることへの永遠の感謝をこめて・・・合掌

現在、上賀茂神社では、平成27年に執り行われる第42回式年遷宮に向けて、本殿特別参拝が公開されています。

賀茂別雷命をご懐妊されたという玉依日売(たまよりひめ)さまの加茂川から流れてきた朱色の丹塗矢のお話から始まって、ご由緒等、さまざまなお話をしてくださいました。ご神職さまの貴重なお言葉と共に、お祓いを済ませ、本殿、権殿へと向かいました。
そして、国宝・本殿、権殿を間近に、千年の時空を超えて、伝え継がれた古の魂に触れることのできるようなお話は、ご神職さまのやさしい、穏やかなお言葉とともに、心の奥深くまでじーんと沁みわたり、熱いものがこみあげてきました。

数々の素晴らしいお話の後、ご神宝展へと案内され、本殿に奉納されている、貴重な文化財
を拝見することができました。

この日、京都の大文字山では、先祖の霊をお見送りする送り火が、京都の夜空を「大」の字に赤々と染め上げ、燃え続けていたことでしょう。

    人々の永遠の心の安らぎを願い、真の幸せをお祈りいたします。 

40度を超える気温の中、無事に帰ってこれたのも、空外先生が見守ってくださればこそ、成し得たような気がいたします。
    このような素晴らしい機会をお与えてくださったことを
          心より感謝いたします。
            ありがとうございます。 
                     
                   いくこ  合掌