CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2007年02月 | Main | 2007年04月»
◆ プロフィール

寺内郁子さんの画像
ハワイ・マウイ島での銀婚式
2008年9月

<< 2007年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

北竜町の雪景色
紹介ビデオ(3分)2011年3月

北海道北竜町の
冬から初夏の自然(2010年)

ブログ内の記事に関する
 検索はこちらから▼
Google 
◆ 最近の記事
◆ カテゴリー
◆ リンク集

◆ 月別
http://blog.canpan.info/iku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iku/index2_0.xml
岩盤浴でいい汗かいています。! [2007年03月25日(Sun)]
夕べから降っていた雨も小降りになり、冷たくも爽やか風が、吹いています。

足の手術から7ヶ月、そして、お勤めをはじめて、6ヶ月が過ぎました。不安定さと緊張感が続いていたこともあり、体の凝りが限界を迎えていました。運動をしなけらばと毎日のように想ってはいたのですが、体がその想いについて行けず、悲鳴を上げ始めています。

そんな折、ふと目にした新聞の広告、「ワウディー志木、1周年記念、春のキャンペーン!!!」その中に「岩盤浴」の文字が・・・・直感的に心引かれ、「マンツーマン体験」とやらに参加してしまいました。一通りの説明を聞き、マシーンも少しだけ体験して、そして最後に岩盤浴を・・・・

 
ワウディー 志木

        

 
岩盤浴  20分置きの予約制です。

        

この岩盤浴とは、「ブラックシリカ」という岩盤を暖めることによって、遠赤外線、さらに、マイナスイオンまでも発生させ、その温熱効果によって、自律神経、免疫・ホルモンなどの新陳代謝を活発にするとのことです。

そして、不思議なことに、岩盤浴による汗は、サラリとした爽やかさがあり、発汗後の肌がしっとりとして、爽快感を味わうことができました。
なぜなら、岩盤浴によって発生する汗は、その水粒をより小さく小粒にする効能があるというのです。(サウナなどによる大量の汗は、大粒の「ネバネバ」の汗で、水分とともにミネラルなども排出してしまうもの)
それは、マイナスイオンの「界面活性作用」により、水のクラスターを微小にし、さらに遠赤外線の「共鳴振動」の作用で、水の粒を揺すって大粒になるのを防いでいるというのです。この小粒の汗は、効率の良い汗となるため、マグネシウムやミネラルをも失うこともなく、また、流れやすいため、抹消の微小血管まで酸素を運搬できるそうです。

そして、この遠赤外線効果は、「炭火」で焼いた秋刀魚と同じようなもので、まんべんなく、均一に体の芯からすみずみまで、じっくり、ゆっくり暖めるとのこと・・・特に、体のなかで最も代謝の盛んな「肝臓」さんを暖め、代謝を盛んにしてくれるそうですよ。

良いことずくめの効用ですが、まだあるのです。この代謝を盛んにする効果は、「燃えない脂肪」を「燃える脂肪」に変化させるので、ダイエット効果があるというのです。
この「燃えない脂肪」とは、水銀、鉛、カドミウムなどの有害金属を含んだ脂肪で、水に溶けにくく、貯蔵脂肪とともに、蓄積されやすいもの。

この岩盤浴を続けることにより、汗腺機能の働きが活発になってくると、燃えない脂肪とともに、効率よく、有害金属をも排出でき、デトックスまでも成し遂げてくださるというのです。
 
知れば知るほど、素晴らしい効用が見えてきます。
もうこれは、やるしかありません。
このような素晴らしいものに巡り会えるなんて、なんとも有り難いことでしょう。

その他にも、体のさまざまな部分の筋肉を鍛えるためのトレーニングマシンが用意され、また、ヨガ、エアロビクス、ピラテス、ストレッチなどなど最新のスタジオプログラムが週100本以上も用意されているのです。

さあ、これから、自分の体がいかに変化できるかは、自分自身の行動しだいです。
与えられた環境に感謝し、生かされている生命の大切さをしみじみと実感しながら、日々邁進できるよう、マイペースでゆっくりと歩んで行きたいと思います。

  変化しつつある自分自身のアレンジメントを楽しんでいる
           ひめ より