CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ┠ ひまわりパークゴルフ場 | Main | ┠ かかしフェスティバル»
◆ プロフィール

寺内郁子さんの画像
ハワイ・マウイ島での銀婚式
2008年9月

<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

北竜町の雪景色
紹介ビデオ(3分)2011年3月

北海道北竜町の
冬から初夏の自然(2010年)

ブログ内の記事に関する
 検索はこちらから▼
Google 
◆ 最近の記事
◆ カテゴリー
◆ リンク集

◆ 月別
http://blog.canpan.info/iku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iku/index2_0.xml
北海道の地酒「男山」は旭川市 [2011年04月04日(Mon)]
 

「名取酒六家選 若那屋内白露 木綿屋の男山」
「名取酒六家選 若那屋内白露 木綿屋の男山」喜多川歌麿筆

男山酒造り資料館入り口 男山酒造り資料館(北海道旭川市)

男山酒造り資料館(北海道旭川市) 男山酒造り資料館(北海道旭川市)

大雪山連峰の万年雪に発する伏流水「延命長寿の水」が育んだ
世界の名酒「男山」に不滅の力強さを感じる
男山酒造り資料館(北海道旭川市)撮影:2011年4月2日

◆ 北海道各地で日本酒が造られ、地酒として売り出されている。
「男山」は旭川市で、稚内市ではない。
北の誉(小樽市)、國稀(増毛町)、北の勝(根室市)。
(歴史文化Q274 ほっかいどう学検定テキストより)




 いくこ&のぼる


 ◀・・前へ   いくこのつぶやき 全記事  次へ・・▶ 

明日に架ける橋(Bridge over troubled water)に勇気づけられて・・・ [2011年04月03日(Sun)]
2011年4月3日(日)

カーラジオから流れてきた歌。。。サイモンとガーファンクル((Simon and Garfunkel)の「明日に架ける橋Bridge over Troubled Water)」。私達夫婦が、まだ中学生だった1970年にリリースされた懐かしい歌です。

その歌には、苦しい時、支え守り、心和らげてくれる数々の言葉が存在していました。その優しい温かさに、心打たれ、涙が溢れます。

私の感じたままを訳してみました。








Bridge over troubled water明日に架ける橋(いくこ訳)
When you're weary, feeling small,
When tears are in your eyes, I will dry them all;
I'm on your side. When times get rough
And friends just can't be found,
Like a bridge over troubled water
I will lay me down.
Like a bridge over troubled water
I will lay me down.
君が疲れ果て、弱気になって、
涙が頬を伝うとき、僕がその涙を拭いてあげよう
僕は君の側にいるよ。苦しくてつらいとき
そして、友達が見つからないとき、
荒れ狂う流れにかかる橋のように、
僕は、この身を君に捧げよう
荒れ狂う流れに架かる橋のように
僕は、この身を君に捧げよう
When you're down and out,
When you're on the street,
When evening falls so hard
I will comfort you.
I'll take your part.
When darkness comes
And pains is all around,
Like a bridge over troubled water
I will lay me down.
Like a bridge over troubled water
I will lay me down.
君が苦しくて落ち込んでしまったとき、
路頭に迷ってしまったとき、
夕闇が、君の心に辛く迫りくるとき、
僕が、君を癒してあげるよ
僕が、君の代わりになってあげるよ
暗闇が迫り、
全てが辛く、心が痛むとき、
荒れ狂う流れに架かる橋のように、
僕は、この身を君に捧げよう
荒れ狂う流れに架かる橋のように、
僕は、この身を君に捧げよう
Sail on silvergirl,
Sail on by.
Your time has come to shine.
All your dreams are on their way.
See how they shine.
If you need a friend
I'm sailing right behind.
Like a bridge over troubled water
I will ease your mind.
Like a bridge over troubled water
I will ease your mind.
銀色に輝く少女よ、帆をあげよう
さあ、船を出そう
君の輝ける時が来たんだよ
君の夢の全てが、この道に続いている
見てごらん、なんて輝いているのだろう
もし君に友達が必要になった時は、
僕が、君のすぐ後ろにいるからね
荒れ狂う流れに架かる橋のように
僕が、君の心を和らげてあげよう
荒れ狂う流れに架かる橋のように
僕が、君の心を和らげてあげよう



人は、決して、ひとりではなく、支え合って生きています。

どんなに辛い時でも、人の温かな思いやり、優しさに触れた時、
人は、どん底から立ち上がり、苦しみを乗り越えることができるのです。

「言葉」を通して伝えられる、心の響き合い、
そこに、闇が存在するからこそ、明るい光が見えてくる。。。



『虹の星』 『虹の星』

『虹の星』 『虹の星』
『虹の星』著者・写真:高砂淳二(小学館)



心を溶かし、和らげる言葉の響き合い。。。

大切にしたい言葉たち。。。

どうか、ひとりでも多くの心痛む人々に、温かい言葉達が響き合い

苦しみが少しでも和らぎ、安らぎますように。。。

一日でも早く、心が元気に明るくなれますように。。。


永遠に響き合う愛と感謝と笑顔をこめて。。。


 いくこ&のぼる
両親に感謝@リストランテ「フォレスタ・ヴェルデ」(旭川市) [2011年04月02日(Sat)]
2011年4月2日(土)。

4月2日、昇さんの55回目のお誕生日。

両親に感謝を込めて
@リストランテ「フォレスト・ヴェルデ」(旭川市)

この日、命を与えてくださった両親に、心からの感謝を込めて・・・

ありがとうございます


誕生日のディナー@リストランテ「フォレスタ・ヴェルデ」(旭川市)
お祝いのディナー@リストランテ「フォレスタ・ヴェルデ」(北海道旭川市)

リストランテ「フォレスタ・ヴェルデ」ディナーのスライドショーはこちら


ブルーミントンヒル・セントマーティン大聖・ロビーに飾られたハートのブーケ(北海道旭川市)
ブルーミントンヒル・ロビーに飾られた♡のブーケ(北海道旭川市)

永遠の愛を込めて・・・



 いくこ&のぼる
きらめく朝陽に包まれて・・・ [2011年03月31日(Thu)]
 

春のあたたかさを照らす、きらめく朝陽に包まれて・・・


春のあたたかさを照らす、きらめく朝陽に包まれて・・・

@北竜町公営住宅の窓より (2011年3月31日撮影)




 いくこ&のぼる


 ◀・・前へ   いくこのつぶやき 全記事  次へ・・▶ 

謹んで心からの哀悼の意を表します [2011年03月30日(Wed)]
 

胡蝶蘭


北竜町に生まれ、生涯の地北竜町の発展のために貢献された

元空知町議会議長会会長・元空知管内商工会連合会会長
佐々木哲夫さま(享年83歳)のご逝去を悼み、
謹んで哀悼の意を表し、永遠のご冥福を心よりお祈りいたします

合掌

寺内昇・郁子拝

写真引用:二宮花園



 いくこ&のぼる


 ◀・・前へ   いくこのつぶやき 全記事  次へ・・▶ 

スプリングエフェメラルと呼ばれる花はカタクリ [2011年03月29日(Tue)]
 

◆大2写真の説明文

カタクリ(片栗、学名:Erythronium japonicum Decne)

寂しさに耐え、はかなき命に燃え尽きる
華麗なる花に想いを寄せる。。。
カタクリの花言葉は「寂しさに耐える」

◆ スプリングエフェメラル(春・はかなきもの)と呼ばれる花は
カタクリ
(自然環境Q002 ほっかいどう学検定テキストより)

写真引用:ウィキペディア



 いくこ&のぼる


 ◀・・前へ   いくこのつぶやき 全記事  次へ・・▶ 

春を告げる チライアパッポと呼ばれる花はフクジュソウ [2011年03月27日(Sun)]
 

フクジュソウ(福寿草、学名:Adonis ramosa)

フクジュソウ(福寿草、学名:Adonis ramosa)

苦しみを乗り越えて、新しい生命を育んで
永久の幸福が訪れますように。。。
フクジュソウの花言葉は「幸福を招く」

◆ 春を告げる チライアパッポ(アイヌ語でイトウの花)と
呼ばれる花は フクジュソウ(福寿草)。
淡水魚のイトウが、遡上産卵する時期に咲く花がフクジュソウ
(自然環境Q294 ほっかいどう学検定テキストより)

写真引用:ウィキペディア



 いくこ&のぼる


 ◀・・前へ   いくこのつぶやき 全記事  次へ・・▶ 

ダイヤモンドダストは降水に当たるので天候は「雪」 [2011年03月25日(Fri)]
 

七色のダイヤモンドダスト2/美瑛町〔富良野・高橋真澄〕
七色のダイヤモンドダスト2/美瑛町〔富良野・高橋真澄〕

青空と雪景色をバックに、
光の中で空気がキラキラ輝く氷のダイヤモンド
見てみたいな〜♬

◆ 冬の陽射しの中できらきら光るダイヤモンドダストは
大気中の水蒸気が昇華したもの。
降水に当たるので、天候は「雪」と表現する
(自然環境Q021 ほっかいどう学検定テキストより)



 いくこ&のぼる


 ◀・・前へ   いくこのつぶやき 全記事  次へ・・▶ 

命を紡ぐ永遠の物語に心和らぐ『水の旅』岡本 洋典氏 [2011年03月23日(Wed)]
 

水の旅 (Seiseisha photographic series) 岡本 洋典(青菁社)

『水の旅 (Seiseisha photographic series) 』岡本 洋典(青菁社)

北海道をこよなく愛する岡本洋典先生の写真集。
命を紡ぐ永遠の物語に心和らぐ。



 いくこ&のぼる


 ◀・・前へ   いくこのつぶやき 全記事  次へ・・▶ 

宮沢賢治が繋ぐ絆 “Kizuna311” [2011年03月22日(Tue)]
2011年3月22日(火)。

2011年3月11日、日本を襲った東日本大震災。日本中を悲哀の渦に巻き込みました。
毎日ニュースから流れてくる映像は、現実とは信じがたいほど恐ろしい光景が、繰り返し放映されています。

史上最大の巨大地震、巨大津波の発生による多数の死亡・行方不明、被災地の方々の気持ちを想いおこす度に、張り裂けそうなほど心が痛みます。
さらに、原発問題、計画停電、ガソリン不足、電車運休、交通渋滞、物資輸送停滞、品不足などなど、たくさんの難問が課せられています。

沢山の悲しいニュースが続く中、地震発生から10日目(3月20日)に「宮城県石巻市の倒壊家屋から祖母の阿部寿美さん(80歳)と孫の任(じん)さん(16歳男子)が奇跡の生還」という嬉しいニュースが日本中に広がりました。人間の命の強さ・尊さを改めて実感した瞬間です。

こうした被災地、悲しみのどん底で悪夢のような状況においても、周りの人々の温かい支援に支えられ、想像を絶する苦しみから必死で立ち上がろうとする多くの人々の姿がそこにありました。

日本中の人々から寄せられる支援物資、義援金、そして祈りのメッセージ。
今、日本への祈りのメッセージは、世界中に広がっています。
多くの人々が、「今、自分にできることは何か?」を必死で考え、行動しています。

今まで、日常生活で不自由なく使用していた電気、ガス、水、ガソリン、食料に至るまで、使用量の減量を余儀なくされました。

しかし、人々は痛みを分け合い、自ら日常品・燃料の節約に務めています。被災者の方々の苦しみが少しでも軽減できるようにと、支援物資を送り、義援金を集め、励ましのメッセージを贈り、多くの人々が祈り続けているのです。

日本の繰り返される歴史の中で、幾度となく襲いかかってきた自然災害の時、人々はどん底に突き落とされ、倒されても、その都度立ち上がり、見事に再生を果たしてきました。
これこそが、人と人との支え合い、助け合いの精神・大和魂。。。
苦しければ苦しいほど、その大きな困難を乗り越えて立ち上がる事のできる日本人の凄さ、偉大さが示されたように感じます。


こうした中、俳優・渡辺謙さん(51歳)と脚本家・小山薫堂さん(46歳)が、東日本大震災の被災者を激励するメッセージサイト「kizuna311」を、3月15日に開設しました。

#01 「雨ニモマケズ」作:宮沢賢治 語り手:渡辺謙
#01 「雨ニモマケズ」作:宮沢賢治 語り手:渡辺謙


国内外の著名人のメーッセージを、YouTube を通じて配信。渡辺謙さんは、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」を朗読。
吉永小百合さん、役所広司さん、香川照之さん、浅丘ルリ子さんなど、多くの方々の励ましのメッセージが続々と届けられています。

いま、この国にある最高の財産は「絆」である。。。

“ Tsunami ”よりも、“ Kizuna ”という日本語を
世界の共通言語にしたい。。。


そして、渡辺謙さんが朗読する詩・宮沢賢治は岩手県出身。明治29年(1896年)8月27日、現在の花巻市で生まれ、昭和8年(1933年)9月21日急性肺炎で37年の生涯を閉じました。

宮沢賢治の生まれた1896年、6月15日に明治三陸地震発生。
生涯を閉じた年(1933年)の半年前の3月3日には昭和三陸地震が発生。
いずれの地震もマグニチュード8を超える巨大地震だったそうです。まさに宮沢賢治の生涯は、明治と昭和の時代を渡り、三陸沖地震ではじまり、三陸沖地震で終えるという、まさにふたつの地震が「生と死」を表すものとなりました。

宮沢賢治がこの世に命を受けた1896年から115年の時を超え、再び平成の三陸沖地震が襲いかかってきたのです。
私達日本人は、かつて味わったことのない困難な状況において、今この瞬間、何かを感じ、何かを受け取り、どんな行動を起こしていけばいいのでしょうか???


どんな苦しい時でも、この世に命が与えられている限り、
 決して、ひとりではないということ。。。

人は支え合って生かされているということを決して忘れてなならい。。。

いつも心に感謝の気持ちを抱いていれば、心は温かく笑顔になれる。。。

そう信じて、祈り続けます。

全ての命のために、感謝をこめて祈り続けます。。。


「銀河鉄道の夜」予告編(日本語版)
「銀河鉄道の夜」予告編(日本語版)


宮沢賢治が80年も前に書き留めておいた未完の作品「銀河鉄道の夜」。。。
銀河に沿って北十字から始まり、南十字で終わる異次元の旅。。。
それは、死者の魂を天上に運ぶ銀河鉄道の旅の物語です。。。

2006年、デジタルファインアーティストKAGAYA氏(43歳)が、その幻想的世界をプラネタリウムのドームいっぱい、360°に広がる銀河のパノラマ風景を実現させました。


心苦しい時、一瞬、心を無にして、
魂を震わせるような幻想的な銀河の世界に心ゆだねて
いつの日かきっと、心和らぎ、心温まる時が訪れますように。。。。。

東日本大震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

合掌


 いくこ&のぼる


 ◀・・前へ   いくこのつぶやき 全記事  次へ・・▶