CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ┠ 北海道ドライブ | Main | ◆北海道への移住»
◆ プロフィール

寺内郁子さんの画像
ハワイ・マウイ島での銀婚式
2008年9月

<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

北竜町の雪景色
紹介ビデオ(3分)2011年3月

北海道北竜町の
冬から初夏の自然(2010年)

ブログ内の記事に関する
 検索はこちらから▼
Google 
◆ 最近の記事
◆ カテゴリー
◆ リンク集

◆ 月別
http://blog.canpan.info/iku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iku/index2_0.xml
安達原 玄「仏画美術館」に深深感謝!!! [2009年05月06日(Wed)]
5月の八ヶ岳旅行は、安達原玄さん、文彦さん、そして、玄さんの描かれた仏さまにお会いするための旅です。

安達原玄「仏画美術館」は、山梨県北杜市高根町村山東割に位置し、民家が点在する中、異空間的存在で佇んでいらっしゃいました。


玄関を入る前に、そこから醸し出され空気は、あたたかく、すべてを優しく包み込んでしまうような豊かさが感じられました。

一階のアトリエ的場所には、5m四方の曼荼羅の作品が制作中であり、壁には、世界各国から集まってこられたお面たちの魂が、その曼荼羅の仏様に導かれたかのように、曼荼羅を見つめていらっしゃいました。



二階には、素晴らしい仏画の数々、この世のものとは思えない空間が広がっていました。




その中で畏敬なる光を放っていらっしゃるのが、タジキスタン共和国から永久貸与をうけていらっしゃるという「涅槃仏」さま・・・甘美な微笑みを浮かべて横たわっていらっしゃるのです。


このアジナテパ涅槃仏さまは、中央アジアで最も有名な仏教遺物のひとつとされ、13mにもおよぶ大仏は、7世紀に建立されたとされており、1959年タジキスタン南部の渓谷にあるアジナテパ僧院から発見されたそうです。

なんともいえないその優雅で、甘く、美しい微笑みは、その愛の光に触れたすべての魂がその優しさで癒され、心穏やかになっていくような不思議な光を放っていらっしゃいました。
実に幸せな気持ちで心がいっぱいに満たされました。


お話を伺った玄さんのお言葉の中に、「どんなに忙しく、疲れているときでも、この八ヶ岳の大地に横たわり、自分の身を委ねると、不思議と大地から元気パワーを戴けるのよ」・・・

この八ヶ岳の大地には、命の元気パワーを与えてくださる仏様が宿っていらっしゃるのでしょう。この大地は、美味しい果物や野菜たちの宝庫です。
きっと、この大地のエネルギーが、多くの人々に生きる命の偉大なるパワーを永遠に与え続けてくださることでしょう。

今ここに、私たちが導かれた幸せを心から感じて、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます。



8月に再び、八ヶ岳のきらめく星たちに会いに参ります。

その日を心待ちにいたしております。

永久に流れる偉大なる感謝をこめて・・・

いくこ 合掌
信州・八ヶ岳・小布施旅行 [2009年05月05日(Tue)]
5月2日〜3日、信州・八ヶ岳旅行に主人と行ってきました。

今回の旅のお伴のレンタカーは、真っ赤なオープンカー、マツダ・「ロードスター」

女性のボディラインを思わせるような滑らかなボディに身を委ね、自然の風の息遣いを肌で感じながらの走りは、バイクのような乗り心地・・・

向かった場所は、桝一市村酒造場・蔵部(長野県小布施町)、小布施美術館、ロッジ ・アボリア(AVORIAZ 長野県須坂市峰の原高原・菅平)、原村歴史民俗資料館 八ヶ岳美術館(長野県諏訪郡原村)、安達原 玄 仏画美術館(山梨県北杜村)・・・・・・



1982年の新婚旅行から、27年の時空を超え、再び訪れた信州・・・

爽やかな風、清らかな空気は、昔感じたそのまま・・・

時の流れが止まっているかのように・・・・・

27年前宿泊した「ロッジ・アボリア」のまわりの景色も昔のまま・・・


「過ぎ行く時・時空」の不思議な感覚・・・

そこに存在するすべての命の魂は、そのままに存在し、

目に見える実体は、時の流れと共に変化していく不思議さ・・・

実在と共に、時の流れと共に、変化していった心・感情のウェ〜ブ・・・

大波・小波・・・寄せては帰る・・・

森羅万象、生きとし生ける命あるすべてのものには仏が宿る・・・

善にも悪にも、すべてのものが存在する意味がそこには必ずある・・・

愛と感謝の光でそれらすべてが包まれますように・・・

永遠に続く魂の旅路・・・その中での限りある命の旅・・・

真・善・美を尽くして、あるがまま、心のままに、

これからの人生をふたりで、心ひとつにして、

歓喜とともに歩んでいきます・・・

出会ったすべてのものに沢山の感謝をこめて・・・

いくこ 合掌

ディズニーシー・海の人魚姫アリエルに会いに行く! [2008年10月31日(Fri)]
10月26日、ディズニーシー(TDC)、あこがれの人魚姫・アリエルに会いに、主人と一緒にいってきました。




マーメイドラグーン・アンダー・ザ・シー。。。

夢のような海底王国、

絵本からそのまま抜け出したような、

愉快な仲間たちが、楽しく遊ぶ海の世界。。。

ラグーンシアターでは、

ピンクとブルーのカクテルライトが降り注ぎ、

海の世界を染め上げる。。。

セバスチャン、ジェリーフィッシュ、ブロー・フィッシュ。。。

あこがれの人魚姫・アリエルが、

輝く海中のごとく、優雅に、楽しく、自由に宙を舞う。。。

そこは、海底洞窟。。。海上から差し込む太陽の光。。。

七色に輝くいろんな形の貝殻たち。。。キラッ。キラッ。キラッ。。。

水の泡の中のひとつ、ひとつに煌めく、宝石のような愛。愛。愛。。。

クルクル、クルクル、まわってまわって。。。

お母さんのおなかのなかにいるときのような、

あたたかくて、穏やかで、

限りなき喜び、幸せな想いが

そこ、あそこに満ち溢れている。。。

ありがとう。。。ありがとう。。。

この涙に彩られた幸せを、

共に分かち合える日は、

もうすぐそこに。。。

いくこ。。。
風に乗って、高速移動! [2008年05月04日(Sun)]
風に乗り、風を切って、高速移動。

耳を刺激する風の音、

地面を斜めに走り抜く快感、

小刻みに伝わるバイブレーション、

一体となって味わう左右の揺れ、

高速の風に乗ったときの、

体が浮き上がるような気持ち良さ・・・

感情を超越した融合感、

味わったことのない快感が、

体中をかけめぐる・・・

       いくこ



「平将門首塚」そして「神田明神」参拝 [2008年03月22日(Sat)]
東京の中心、千代田区大手町のオフィス街に鎮座する「将門塚」・・・その存在を知って以来、会社の帰り道、時折、導かれるように訪れるこの場所・・・・皇居のお堀近くに位置し、ビル街の谷間に、その部分だけ異空間のように緑が生い茂る中、将門さまの放つ偉大なる光・・・一千年の時を越えて息づいている魂に触れたとき、その存在の限りない雄大さに畏敬の念を感じ、心震える・・・





そして、「平将門」といえば「神田明神」・・・それは、大手町から丸の内線で二つ目の駅、お茶の水駅から歩いて5分の所に位置する・・・そこにも、足をのばす・・・



神田明神は、神田、日本橋、秋葉原、大手丸の内、旧神田市場、築地魚市場など、108町会の総氏神様であり、天慶の乱で討伐された平将門の霊を鎮めるために、大手町に首塚が
創建された。その後、その墳墓周辺において、天変地異が頻発したため、ご本殿に奉祀られたとのこと・・・
 御祭神は、一之宮 大己貴命(おおなむちのみこと)−だいこく様ー縁結びの神様、二之宮 小彦名命(すくなひこなのみこと)ーえびす様ー商売繁昌の神様、三之宮 平将門命(たいらまさかどのみこと)−まさかど様ー除災厄除の神様





戦後以降、境内の建造物が次々と再建され、昭和51年に檜木造も隋神門が再建されるなど、「平成の御造替事業」が進められている・・・

そして、5月には、東京三大祭(山王まつり、神田祭、三社祭)のひとつである、神田祭が行われる・・・今まで一度も訪れたことのないこのお祭りに、今年は、是非参加してみたい・・・

この日は、見事な満月・・・月の周りは、大きな、大きな円を描くように、偉大で、あたたかく、眩しいほどにも鮮やかに虹色の光を放っていた・・・・・今年は、19年に一度訪れるという、春分の日と満月が重なる日・・・・・目に見えない壮大なエネルギーが沸き起こっていたに違いない・・???・・・導かれるようにここに来てしまった理由が・・・

導かれ、守られているような偉大なるエネルギーを感じ、心落ち着き、癒され、満たされた不思議な感覚・・・こんな素晴らしい感覚を味わえたことに、心より感謝いたします。


ありがとうございます。
   
    合掌  いくこ
山本空外上人、七回忌法要に大感謝! [2007年10月21日(Sun)]
10月14日、念願叶って、山本空外上人の空外記念館を主人とともに訪れることができました。

この日は、同記念館にて、空外上人の七回忌法要と同館理事長の河波定昌・東洋大名誉教授による追悼講演会が開かれていました。

この空外記念館は、島根県加茂町大崎に位置する隆法寺山内の高台にひっそりと佇んでいらしゃいました。まわりを囲み、見守るように山々が連なり、静かに広がる田園風景は、清く穏やかな空気で包まれておりました。



駐車場から少し坂を登っていくと、木造三階建、土蔵造りのずっしりと存在感のある建物。



この建物は、一千年の耐久性をもつように設計されており、材木の接合は継手仕口により、釘や金具は使われていないとのこと。そして、屋根にいたっては、半永久的耐久性のあるチタンで葺いてあるという控え目でありながらも、落ち着いた雰囲気を醸し出していて、「二十世紀の正倉院」と評されるほどの偉大なる建物です。

平成元年10月15日、開館式が挙行されたこの記念館には、空外上人の絵画、書、工芸品に至るまで4000余点が収蔵されてるとのこと。19回目となる今年は、「空外上人と思い出の数々」とされ、愛用していた数珠、筆、万年筆、茶道具、幼年時代の写真などが展示されており、特に中央に飾られた3Dによる空外上人のお写真は、あまりにもリアルで、そこに静かに座っていらっしゃるようでした。空外上人にお会いできたような、この上もない至福のひと時を味わうことができました。深く、深く、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。   合唱


この日、午後1時半より、空外上人の七回忌法要がしめやかに行われました。

この七回忌法要に私たち夫婦が参加できたというこの上もない幸せな成り行きは、ひとつには、この記念館が10月の一ヶ月間のみの開館であること、去年からこの記念館に10月には必ず訪れようと念願していたこと、そして、もうひとつ不思議なことは、そんなある日、この七回忌法要を知らせる小雑誌が通照院から郵便で送付されたこと、すぐに記念館に電話して、七回忌法要の参加を希望したところ、電話の向こうからは、「どうぞ、どうぞ、直接記念館へお越しください」という穏やかな、やさしいお声が・・・空外上人にお会いしたいという切なる想いが届けられたのでしょうか・・・感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。

こうして、空外上人の法要をお参りすることのできる幸せをしみじみと感じながら、法要ははじまりました。



30人を超えるみなさまとともに、木魚を叩きながら、念ずること1時間・・・

  南無阿弥陀仏、

   南無阿弥陀仏、
  
     南無阿弥陀仏、

念仏の声とともに、木魚をたたく音が響き渡ります・・・30分を過ぎたころ、いままでに味わったことのないような感覚が体全体を包み込ます・・・

念仏を終え、河波定昌名誉教授による追悼講演が行われました。



「光の現象学、空の現象学」についての貴重なお話の数々・・・光の世界には、必ず空の世界が現われる・・・目に見える現象を超えたところに、目に見えないものが現れてくる・・・念仏の中には、光の現象、しいては、空の現象が必ず現れてくる・・・この空の世界を外に働きかけていくものが、空外上人の教えであるというようなお話から、奥深いすばらしいお話をたくさんしていただきました。ありがたさにこころが震えました。

講和を終え、お庭で皆さん一緒に記念撮影。


気持ちの良い秋のさわやかな風がそよぎ、庭に咲くコスモスが可憐に夕日を浴びて、きらきらと輝いていました。



こうして、みなさまとともに空外上人の法要にお参りさせていただけたことを、この上なき幸せと心より感謝申し上げます。

いつも見守ってくださる空外上人、そして、ここに導いてくださった空真さまに、
心から、深く感謝いたします。
 
 ありがとうございます。

     いくこ   合唱
出雲大社参拝、大いなるご縁に感謝! [2007年10月21日(Sun)]
10月13日〜14日、主人と「縁結びの神々の国」出雲へ行ってまいりました。

朝5時出発。JAL成田発8時20分、少し遅れて、9時40分出雲空港到着。

飛行機の小さな窓から望む空と雲の風景・・・刻々と生き物のように変化する絵模様・・・
真白な雲に一瞬、円形の大きな虹が姿を現した時は、胸がドキッ、キューン・・・

いつまでも見ていたい空の飛行を楽しむことも束の間、降り立った出雲の町は、実に清々しい、気持ちの良い空気に包まれていました。

レンタカーでまずは、出雲大社へ向かいます。

陰暦の十月は、神無月・・・全国の神様が、出雲の国に集まられ、神々が留守になられるため・・・そして、出雲では、神々がお集りになられるので、「神在月(神有月)」。

出雲大社のご祭神・大国主大神様は、天照大御神様に「国譲り」をされ、生きとし生ける者の幸せのご縁を結んでくださる神様となられ、目に見える世界である現生は天照大御神様が、そして、目に見えない世界「幽世(かくりよ・霊魂の世界)は、大国主御神様が治められることになられたそうです。

目に見えない縁を結ぶという「幽れたる神事」について、全国八百萬の神々様をここ出雲にお迎えして会議をなさるという大切な時期にお参りできるとは、実にありがたいことです。

ここにこうして、命を結ばれ、生かされているお陰様に、心から感謝の祈りを捧げます。

ありがとうございます。

正門鳥居をくぐると、そこはもう神域・・・一礼し、心静かに進みます。



心身を祓い清める祓社にて参拝し、下りの参道を進んで祓橋を渡ると、まっすぐに続く松並木・・・さらにやわらかく清められいく大気・・・



神聖なる松並木の参道をぬけると左右に二つの大国主大神の像が立ち並ぶ。
右手には、幸魂奇魂、左手は、御慈愛のご神像。



手水舎にて、手と口を清め、銅鳥居をくぐって、拝殿へとすすみます。

出雲大社のシンボルともいえる大注連縄・・・長さ8m、太さ3m、重さ1.5t・・・そのどっしりと構え立つ存在感に偉大なる力を感じました。



ここでの拝礼は、二拝、四拍手、一拝、心引き締めてお参りいたします。

本殿の両側には、全国から訪れた神ヶ様の宿舎である、西十九社、東十九社が建ち並び、
八足門にて、本殿を参拝・・・二拝、四拍手、一拝・・・人々の良縁を結び、人々の大いなる輪を広げて下さる大国主大神様に、深く感謝の心を捧げます。

釜社から反時計回りに巡りと、本殿の背後には、大国主大神の父神でいらっしゃる須佐之男命(スサノオノミコト・天照大神の弟神)さまが、静かに見守っていらっしゃいます。



国宝指定の荘厳な社である本殿は、大社造りとよばれる日本最古の神殿建築様式。延亨元年(1744年)に御造営され、以来文化6年、明治14年、昭和28年と三度の建て替えと修理を経て、今日に至っており、その昭和の御遷宮から五十有余年の歳月を経て、平成二十より
「平成の大遷宮」が始まり、平成二十五年には、本殿遷座祭が行われるとのこと。

形あるものは、いずれは滅びていく・・・悠久の時を経て、継ぎ伝えられていく永遠の魂・・・数限りない先人たちにより、受け継がれていく広大なる御神徳を、形あるものとして伝えていくものが、壮大な御神殿のよみがえりを具現化する「御遷宮」。

天照大神さまの伊勢神宮に続き、大国主大神さまの出雲大社においても、平成の大遷宮。
時の節目ともいえる、時代の移り変わり、よみがえりが行われようとしています。

時の移り変わりをしっかりと見届け、次の新しい世へと続く魂の響きを感じとり、しっかりと心に受け止めて進んでいくことの大切さをしみじみと感じました。

これから永遠に広がっていく、生きとしいけるものの幸せのご縁・・・

目に見えない幸せのすてきな輪が、限りなく広がっていくことを

心からお祈りいたします。

  ありがとうございます。

    感謝・・・合掌     

           いくこ
榛名山・榛名湖、夫婦タンデムツーリングを初体験! [2007年09月27日(Thu)]
9月24日、榛名山・榛名湖に、初の夫婦タンデムツーリングに行ってきました。
「夫婦タンデムツーリング」などと、何気に書いてしまいましたが、これは、いままでの人生における大事件、夢のまた夢・・・いや、夢にさえでてこないような出来事なのです。
この世に生を受けて、51年・・・足の痛みと共に歩んできた30年・・・そんな私が、タンデムツーリングに挑戦してしまったのです。

「行ってみようか・・・」急に思い立ち、翌日には、レンタルバイクで、出発していました。

レンタルショップは、成増駅からバスで20分・・・朝10時、開店と同時に到着。
初めてのヘルメットは、思うようにスムーズにかぶれず、手袋ももってなかったので、とりあえず、修理用の軍手などお借りして、いざ、出発!!!

はじめて、バイクたるものに乗ったにもかかわらず、なんの違和感もなく乗っている自分がとても不思議・・・その遠い昔、同じようなものにのっていたのではないかと感じるくらい、懐かしい気さえするのです。

関越自動車道、練馬インターを入り、川越、鶴ヶ島を超え、高坂サービスエリアで、コーヒーブレイク・・・再び、気合をいれて、ゴー、ゴー!!

ところが、ところがです。高速道路を出発してまもなく、なんとなく、ペダルから足が外れているような、いやな感覚があったので、道路の端にとめてもらいました。
実は、私の足は、手術をした左足のしびれが残っているため、感覚があまりつかめないのです。

すると、なんと、なんと、靴をはいていなかったのです。どこで、どうやって、脱げてしまったのか、まったくわかりません。

「在り得ない!!!」・・・言葉がでないほどの驚き・・・しかし、このままでは走れないので、次のインターチェンジで降りて、靴屋を探すことにしました。

「ここで降りなさい」と神様が示してくださったのかなぁ〜とのんきなことを考えていると、降りたすぐの所に、「CAINZ HOME]の看板が・・・やはり、神様からの贈り物・・・
靴なしで歩いていると、入ってすぐの場所にとび職用の地下足袋が・・・これなら絶対に脱げない・・・子ども用の22.5センチがあったので、手袋と一緒に購入・・・



とりあえず、安心・・・再び、高速に入り、目的地の榛名湖目指します。

高速道路は、スムーズに流れています。回りの景色を楽しみながら、快適に走行・・・
すべてを信じ、身も心も、そして、命をも主人に委ねているので、不安や恐怖など微塵も感じないことが、自分でも本当に不思議なくらいです。

スピードがかなり上がっていった時、体中の力がスーと抜けて、軽くなり、ふわぁ〜と浮いてしまいそうな感覚に捕らわれる・・・そんなとき、主人につかまっている私の手に「トントン!」とサインを送る主人・・・居眠りでもしてるのではないかと心配してくれたのでしょうか・・・
この「トントン」のシグナルは、主人に守られているという安心感が広がり、嬉しさと幸せを感じる瞬間・・・・・そして、このスピードに乗るというなんとも不思議な、そして、気持ちのいい感覚は、いままで味わったことのない別世界・・・こんな世界があったとは・・・


関越自動車道の花園、本庄児玉、高崎、前橋のインターを通り越し、軽快に飛ばしながら、沼田I.Cを降りていきます。

街道沿いのお蕎麦屋さんで一休み。

このころから、霧がかかってきて雨まじり・・・雨具を着込んで、いざ目指すは榛名湖。この榛名へ続くルートは、ヘアピンが連続する本格的なワインディングロード・・・と後で知ってビックリ・・・しかし、このカーブがなんとも気持ちがいい・・・バイクの動きに合わせ、左右に身を傾け、バイクに身を委ね、バイクと一体となる・・・う〜ん、たまりません・・・

爽快感をじっくり味わいながら、登りきった場所に榛名湖が広がっていました。



湖では、色とりどりのボートが浮かび、楽しんでいました。
「榛名富士」は、霧にかすみ、ぼんやりしていましたが、晴れていたら、素晴らしい景色が広がっていたに違いありません。





下りは、雨のため、滑りやすくなっていたので、主人も、スピードを落して慎重にハンドルをきっていきました。

帰りの高速道路は、ずっと一緒に、満月に近い、まんまるお月さまに見守られながら、無事、帰途につくことができました。

今回の走行距離、330Km・・・

いまここに、主人とともに、バイクに乗って無事帰ってきた自分が存在する・・・50年間、足の痛みと共に過ごし、どこへも行くことができなかった自分が、今は、こうして、主人と一緒にタンデムツーリングを楽しんでいる・・・なんと、ありがたいことでしょう・・・

私が、ここまで来ることができたのは、多くの人々のご縁、そして、守り、支えてくださった人々のお陰なのです。この「ご縁」と「お陰」に支えられ、護られて、私が生かされていることのありがたさを、痛いほど身に沁みて感じることができました。

ありがとうございます・・・涙とともに、つぶやき続ける、ありがとうございますの言葉・・・

そして、なにより、いつもそばにいて、見守り、導いてくれる主人に心から感謝します。

これから、二人で歩んでいく人生行路・・・どんなタンデムツーリングの世界が広がっていくのでしょうか・・・とっても、とっても楽しみです・・・

   「ご縁」と「お陰さま」に

     心から感謝いたします。

       ありがとうございます。

            いくこ     合掌
沖縄旅行・その10 (首里天楼・すいてんろう) [2007年09月26日(Wed)]
=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=
◆沖縄旅行
その1その2その3その4その5
その6その7その8その9その10
=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=

そして、いよいよ最後の晩餐、それは、夢のような素敵な方との出会いでした。

国指定重要無形文化財(組踊)保持者である赤嶺正一氏との出会いを空真さまが導いてくださいました。



赤峯氏との出会いに相応しい、琉球舞踊と宮廷料理のすばらしい店内・・・

琉球舞踊と宮廷料理 首里天楼(すいてんろう)」(那覇市牧志1、TEL 098-992-6259)


なんだか、竜宮城に連れてこられたようで、まさに夢ごこち・・・ほんとうは、これは、夢かもしれない・・・・・

食べたこともないような、珍しい沖縄料理に、舌鼓を打ちながらも、赤嶺氏の実に素晴らしいお話に心奪われていました。





赤峯氏は、穏やかで、笑顔がとても優しい、素敵な方です。感動的なお話の数々は、海のような広さと太陽のようなあたたかさが、心に沁みわたり、しあわせでいっぱいになりました。

 「舞とは、祈りのかたち・・・

  赤嶺氏は、静かにかたりかける・・・・・」


    
このような素晴らしい出会いを導いてくださった
空真さまに、心より、深く、深く感謝いたします。
   
ありがとうございました。 いくこ  合掌
沖縄旅行・その9 (沖縄そば) [2007年09月26日(Wed)]
・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=
◆沖縄旅行
その1その2その3その4その5
その6その7その8その9その10
=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・=

お昼の食事は、空真さまお勧めの「沖縄そば」・・・地元沖縄人、おなじみの「沖縄そば」の店







お値段もリーゾナブルで、いかにも食堂といった雰囲気・・・もちもちとしたおうどんのような歯応えのおそば・・・お肉の昆布もとってもおいしく、紅しょうが、唐辛子入りお酢をたっぷりかけていただきました。

心は、満足・・・

 お腹は、満腹・・・

「クワッチー・サビタン・・・ごちそうさまでした」


そして、さらにつれていってくださったところが、ここ、



沖縄野菜をはじめ、乾物、雑穀、お豆、海藻、等など、ありとあらゆる日常生活料理の素材が並べられていました。そして、食堂もあり、おいしい食事もいただけます。


   
地元の採れたて新鮮野菜が輝いています・・・


こんなに、たくさんの、いろんな顔の沖縄元気野菜に出会えたことを

 心から感謝いたします。

  ありがとうございます。   いくこ
| 次へ