CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ┠ ひまわりすいか | Main | ┠ 黒千石大豆»
◆ プロフィール

寺内郁子さんの画像
ハワイ・マウイ島での銀婚式
2008年9月

<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

北竜町の雪景色
紹介ビデオ(3分)2011年3月

北海道北竜町の
冬から初夏の自然(2010年)

ブログ内の記事に関する
 検索はこちらから▼
Google 
◆ 最近の記事
◆ カテゴリー
◆ リンク集

◆ 月別
http://blog.canpan.info/iku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iku/index2_0.xml
「ひまわりメロン」初競りで10万円@旭川青果市場! [2010年06月28日(Mon)]
2010年6月28日(月)。
旭川市の青果市場で、北竜「ひまわりメロン」の初競りが行われました。
渡辺農場の「ひまわりメロン」10ケースが競りにかけられ、最高値は1ケース10万円となりました。

「ひまわりメロン」初競り・1ケース10万円で落札@旭川青果市場
「ひまわりメロン」初競り・1ケース10万円で落札@旭川青果市場

切り分けられたメロンの甘〜い香りに誘われて、味見に集まってきた人々。
「甘〜い!」「うま〜い!」。。。声が飛び交います。

早朝6時50分、カラ〜ンカラ〜ンという鐘の音。「きたそらちメロン生産組合」の水谷茂樹さんの気合い溢れるご挨拶の後、初競りの始まりです。
 
1ケース最高値10万円! おめでとうございます!
「ひまわりメロン」の先陣をきって出荷スタート!

「ひまわりメロン」初競り@旭川青果市場(2010年6月28日) 「ひまわりメロン」初競り@旭川青果市場(2010年6月28日)

水谷茂樹さんの気合い溢れるご挨拶・「ひまわりメロン」初競り@旭川青果市場(2010年6月28日) 「ひまわりメロン」初競り@旭川青果市場(2010年6月28日)

初競りセレモニーの終了後、市場の2階の食堂で、豪華な朝食をご馳走になりました。

新鮮なお刺身、天ぷら、焼き魚、お味噌汁等等、朝食にして我が家の夕食よりも豪華なお料理です。和気あいあいの歓談の中、美味しくいただきました。

「ひまわりすいか」を発見@旭川青果市場 旭川市の青果市場での朝食

旭川市の青果市場での朝食 旭川青果市場での朝食



水分たっぷりで、口の中でとろけるほどのやわらかさ!

 上品ですっきりとした優美な甘さ!

  心とかす芳醇な香り!


「ひまわりメロン」初競り@旭川青果市場(2010年6月28日)
「ひまわりメロン」初競り@旭川青果市場


「香り、味わい、栄養」と三拍子そろって五感で楽しむことのできる

  偉大なる果物の王様メロン達に

    永遠の愛と感謝と笑顔をこめて。。。


 いくこ&のぼる

 ◀・・前へ  ひまわりメロン 関連記事  次へ・・▶ 
ひまわりメロン@渡辺農場」2010年、初集荷・初出荷 [2010年06月27日(Sun)]
2010年6月26日(土)。
渡辺農場の「ひまわりメロン」の初出荷が行われました。

「ひまわりメロン」定植15週間後@渡辺農場(北海道北竜町)
ひまわりメロン初収穫・定植15週間後@渡辺農場(北海道北竜町)


2010年3月14日の定植から15週間目。10ケース、約50個の出荷です。
1個約2Kg、糖度15度。ネットの木目細かさ、張り具合など素晴らしい青肉の「ひまわりメロン」です。

ひまわりメロン初収穫・定植15週間後@渡辺農場(北海道北竜町) ひまわりメロン初収穫・定植15週間後@渡辺農場(北海道北竜町)

「ひまわりメロン」左のメロンが5日経つと右の大きさに@渡辺農場(北海道北竜町) ひまわりメロン初出荷@渡辺農場(北海道北竜町)

渡辺農場では、2002年からメロンの二毛作に取り組んでいらっしゃいます。北竜町では2軒。別棟では、次の定植に向けての準備が進められています。

渡辺農場のメロンの苗は、割り接ぎ木による栽培方法。台木も同じメロンの苗で、病害抵抗性の強い台木です。茎の真ん中を割って差し込まれた苗は、小さな接木クリップで止められていました。

渡辺さんは、様々なお話を丁寧に語ってくださいました。
定植(ていしょく)一週間後に遭遇した猛吹雪を凌いだときのハウスの様子。メロンの成長に伴うハウス内の温度調整の難しさ。へたの中心の色の変化や最初に開いた葉の枯れ状況による収穫適期の見分け方に経験が必要なことなど。

そして「メロンには、3つの楽しみ方があります。ひとつめは目で楽しむ。ふたつめは香りで楽しむ。みっつめは味で楽しむことです。ふんわりといい香りが漂ってきたら食べ頃です」と教えてくださいました。

我が子のように大切に、かわいがって育てられたメロン達。渡辺さんの深い愛情や優しさがいっぱい伝わってくるお話の数々でした。

立派に手入れが行き届かれたご自宅のお庭。
その横には、渡辺ファミリーの一員であるボクサー犬の「モミジ」ちゃんと「カリン」ちゃんが、仲良く私達夫婦を迎えてくれました。モミジちゃんとカリンちゃんは、バイクに乗る渡辺さんと一緒に、早朝、近くの田んぼを一回り、ジョギングを楽しんでいるそうです。

メロン二毛作用の苗@渡辺農場(北海道北竜町) メロン二毛作用の苗・割り接ぎ@渡辺農場(北海道北竜町)

庭の手入れの行き届いた渡辺さんのご自宅(北海道北竜町) 渡辺ファミリーの一員であるボクサー犬の「モミジ」ちゃんと「カリン」ちゃん(北海道北竜町


午後2時、ひまわりメロンの初出荷です。JAきたそらち(きたそらち農業協同組合)北竜支所に、生産者の渡辺さんをはじめ農協関係者の方々が集合されました。

今日この日、渡辺さんのひまわりメロン初出荷は、今年の目標約37,000ケース出荷の先駆けとなります。8月のお盆過ぎのピークに向かって、農家54戸によるひまわりメロンの出荷が続きます。

「ひまわりメロン」初出荷(北海道北竜町) 「ひまわりメロン」初出荷(北海道北竜町)


自然の恵みをたっぷりと浴びて、

 ひまわりのように明るく元気な美味しい「ひまわりメロン」たちに、

   無限なる愛と感謝と笑顔をこめて。。。

「ひまわりメロン」初出荷(北海道北竜町)2010年6月27日
「ひまわりメロン」初出荷(北海道北竜町)

 いくこ&のぼる


 ◀・・前へ   ひまわりメロン 関連記事  次へ・・▶ 

「ひまわりメロン」7週間後@水谷農場 [2010年06月26日(Sat)]
2010年6月21日(月)。
私達が、水谷農場に最初に訪問した日から2ヶ月が経ちました。
農場で最初に定植したハウスのひまわりメロン達は、葉っぱも蔓も、ハウスの苗床を埋め尽くすかのように元気いっぱい成長しています。

「ひまわりメロン」7週間後@水谷農場
「ひまわりメロン」定植7週間後@水谷農場

手のひらに乗るくらいの大きさに成長したメロン達。縦の小さなひび割れが入ってきました。

茎には、まるで大気中の水分を吸収するかのように、ホワホワの産毛がたくさん生えています。

やがては横のひび割れも入ってきて、どんな素敵な網目模様を形成していくのでしょうか?
太陽の恵みをいっぱいに受けて、ビタミンをたっぷりと蓄え、甘く熟成していくメロンちゃん。。。とってもとっても楽しみです。

「ひまわりメロン」7週間後@水谷農場(北海道北竜町) 「ひまわりメロン」7週間後@水谷農場(北海道北竜町)

ひまわりメロン@水谷農場(北海道北竜町) ひまわりメロン@水谷農場(北海道北竜町)

最近着果したひまわりメロンちゃんもふっくらとした小さな実をつけ、すくすくと成長しています。


背が高くなり、実もほっそりと膨らんできたつるなしインゲン。

ご家庭用の茄子も可憐な紫の花が咲き、立派な実をつけていました。

つるなしインゲン@水谷農場(北海道北竜町) つるなしインゲン@水谷農場(北海道北竜町)

つるなしインゲン@水谷農場(北海道北竜町) つるなしインゲン@水谷農場(北海道北竜町)

隣の田んぼでは、何株にも増えた稲達。田んぼは、広大な緑の絨毯が敷かれているかのように、太陽の光を浴びてキラキラと輝きを増しています。


 偉大なる太陽の恵みと
 
   メロン達の逞しい成長のエネルギーに

     限りない愛と感謝をこめて。。。

緑輝く稲たち@北海道北竜町
緑輝く稲たち@北海道北竜町

 いくこ&のぼる



 ◀・・前へ   ひまわりメロン 関連記事 

「ひまわりメロン」5週間後@水谷農場 [2010年06月09日(Wed)]
2010年6月8日(火)
水谷農場「ひまわりメロン」を訪れました。定植から5週間が過ぎました。

鮮やかな黄色の花が咲き、雌花の根元が小さく膨らんで、赤ちゃんメロンがすくすくと育っています。葉っぱは、手のひらより大きく成長。

「ひまわりメロン」定植から5週間後@水谷農場
「ひまわりメロン」定植から5週間後@水谷農場

お日様が眩しい光を放つその日は、ハウスの中は30度前後。
10〜14時が花粉が飛びやすい時間帯とのこと。受粉のためのみつ蜂たちが、羽音を鳴らしながら飛び回っています。

「ここからが日に日に成長して行く時期。この間の水分、湿度、夜温等のきめ細やかな調整が難しいだけに、神経を張り巡らす毎日の作業となります」と爽やかな笑顔の奥様・恵さん。

恵さん担当の「つるなしインゲン・サマーキセラ」も20〜30cmの背丈となり、元気いっぱい伸びています。2kgの箱詰めにして、大阪へ出荷されるそうです。

「ひまわりメロン」定植から5週間後@水谷農場 「ひまわりメロン」定植から5週間後@水谷農場

「つるなしインゲン」@水谷農場 「つるなしインゲン」@水谷農場

メロンの出荷するときの糖度は13度以上が必要。でも、実際には15〜16度まで甘〜くなるという「ひまわりメロン」。

着果から2〜3週間でネットがはいってくるそうです。
ひび割れして、縦に深く割れていくようなものを「やくざのメロン」と呼んでいるようです。綺麗なネットも楽しみですが、「やくざのメロン」にもお会いしてみたいものです。

我が子のように、ひとつひとつ大切に育てられるメロンたち、

みんなの心を和ます素敵なメロンちゃんに

 たくさんの愛と感謝と笑顔をこめて。。。


「ひまわりメロン」定植から5週間後@水谷農場
「ひまわりメロン」定植から5週間後のハウス@水谷農場


 いくこ&のぼる


 ◀・・前へ   ひまわりメロン 関連記事  次へ・・▶ 

ひまわりメロン@渡辺農場 [2010年05月20日(Thu)]
2010年5月18日(火)。
ひまわりメロン栽培していらっしゃる渡辺靖範(わたなべやすのり)さん、奥様の慶子(けいこ)さんのハウスを訪れました。
優しい笑顔の渡辺さんはとても丁寧に穏やかに対応してくださいました。

「ひまわりメロン」@渡辺農場
「ひまわりメロン」渡辺農場の渡辺靖範さん

7棟のビニールハウスが並ぶ中、2010年3月14日定植したメロンは、10cm程の大きさに成長。しっかりとした見事な緑の葉と実です。

雌花は雌雄同一で実をつける花、雄花はミツバチを呼び寄せるために存在する花。それぞれの役目を果たしながら命を育む花たちは、可憐でありながら、逞しい。。。

畝の端いっぱいに伸びた蔓。一つの蔓に5つの実がつき、良質なメロンが二つ選択され残されていくとのことです。

弱者は除かれ、強者だけが生き残っていくという弱肉強食の世界。温室の植物にも、こんな厳しい世界が存在したのですね。

取り除かれていく花や実が存在するからこそ、実らせることのできる極上の美味しさ。。。
無駄なものというものが一つも存在しえない植物の世界。。。

「ひまわりメロン」@渡辺農場 「ひまわりメロン」@渡辺農場

「ひまわりメロン」@渡辺農場 「ひまわりメロン」@渡辺農場

立派に膨らんだ実は、座布団のような発砲スチロール製の台に乗せられていました。底を浮かせ、変色や汚れを防いで、大切に大切に育てられているのですね。

美味しい、美味しいメロンになぁ〜れ!メロンちゃん!

  すべての命を育む生き物たちに

    永遠の愛と感謝をこめて。。。


ハウス内で見学中の佐野豊副町長と渡辺さん
ハウス内で見学中の佐野豊副町長と渡辺さん


 いくこ&のぼる



 ひまわりメロン 関連記事  次へ・・▶ 

「ひまわりメロン」最後の定植と2週間目@水谷農場 [2010年05月17日(Mon)]
2010年5月14日(金)。
ひまわりメロンを栽培する水谷農場を訪問しました。以前訪問した定植の日から約2週間が経ちます。恥ずかしがりやのご主人水谷茂樹さんと明るく元気な奥さま恵さんです。

水谷茂樹さん、恵さんご夫妻
水谷茂樹さん、恵さんご夫妻

栽培しているメロンは、ファイングリーン。最後の定植が今朝終了したとのことです。
2週間経過した苗は、黄色の小さな花が咲いています。茎や葉にはしっかりとした沢山の毛。緑の葉っぱも元気いっぱい!!

「ひまわりメロン」最後の定植 「ひまわりメロン」最後の定植

「ひまわりメロン」定植後約2週間 「ひまわりメロン」定植時
下段左:「ひまわりメロン」2週間後   右:約2週間前の定植の時


一株から伸びた2本の蔓は、誘導ピンで止め、実を付ける位置を定める。一本の蔓から一つのメロンの実をつけるために、他の茎や葉、花をも取り除き、一つの実に栄養を集中させて行く。
ネット形成、甘み、香り、肉質などに優れた極上のメロンになるよう願いをこめて。。。

水分補給のための潅水チューブが畝の両脇に設置されていました。
温度調整、水分補給、さまざまなことに細心の注意を払いながら、最高の愛情を注ぎながら育てられるひまわりメロン。。。

水谷さんインゲン 水谷さんインゲン

水谷さん農場全景 水谷さん全景

ご主人の茂樹さんは、トラクターで田起こしの作業中。どこまでも続く広い田んぼ、田んぼ。。。

奥さまの恵みさんは、メロンハウスの隣のハウスでインゲンも育てていらっしゃいます。
一年中忙しい農作業の中、積雪の多い冬の間は、恵みさんは、ソフトバレーで体力づくり。本当に体力勝負の農作業です。


命を育むすべての農作物に

限りない愛と感謝をこめて。。。

金比羅公園からの遠景
金比羅公園から水田を臨む


 いくこ&のぼる



 ひまわりメロン 関連記事  次へ・・▶