CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ◆本州・レストラン | Main | ┠ ひまわりライス»
◆ プロフィール

寺内郁子さんの画像
ハワイ・マウイ島での銀婚式
2008年9月

<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

北竜町の雪景色
紹介ビデオ(3分)2011年3月

北海道北竜町の
冬から初夏の自然(2010年)

ブログ内の記事に関する
 検索はこちらから▼
Google 
◆ 最近の記事
◆ カテゴリー
◆ リンク集

◆ 月別
http://blog.canpan.info/iku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iku/index2_0.xml
感謝!夫婦の新たな旅立ちの歓送会@東京ヴァンテアンクルーズ・サンセットクルーズ [2010年06月05日(Sat)]
2010年5月29日(土)。

これまでお世話になった主人の大切な方々が「寺内の会」を開いてくださいました。
私達夫婦にとって、北海道に移り住んでからの2ヶ月ぶりの東京です。

主人の商船大学の同期の友人、大学の全寮制の同室の先輩や後輩の方々、昔の仕事関係の上司や同僚、42人の方々が勢揃い。この日の為に名古屋から駆けつけてくださった同期の方もいて、感激いたしました。


写真:安達良平さん  音楽(歌・作詞・作曲):大野寿典さん「この愛に生きて」


パーティー会場は、東京竹下桟橋を出港し、東京湾を周航するレストランシップ「ヴァンテアン」号。。。レインボーブリッジをくぐり抜け、お台場を眺める東京湾サンセットクルーズです。品格のあるムード溢れる素敵な船内、豪華なお料理の数々が並びます。

東海汽船(株)のグループ会社・東京ヴァンテアンクルーズ(株)が運行する「ヴァンテアン」。。。東京・神戸商船大学卒業30周年の同期会がヴァンテアンで開催されたのが、2009年9月。30年の時を超えても尚、繋がり続ける友情の輪。。。

本当にミラクル、ワンダフル!!!

東京ヴァンテアンクルーズ
東京ヴァンテアンクルーズ

集まってくださったのは、商船大学卒業後30年以上、毎月、東京神田の小料理屋「うちだ」にて集い続けている大学時代の友人。そのかけがえの無い友情の輪を「おふくろの味」で支え続ける「うちだ」の道代ママさん。。。

主人の以前の勤務先の(社)自動車技術会の上司や同僚で、主人が退職した後も18年間にわたり、定期的に集ってきた皆さん。

また、主人が15年前にアメリカの情報システムについての視察ツアーに参加したとき、意気投合したメンバーで、視察後も集り続けている「虹の会」の皆さん。虹の会(にじのかい)の名前は、アメリカ視察中に深夜2時まで2次会(にじのかい)を続けていたからだそうです。

そして、主人の以前の仕事関係の友人達が、毎月集まっている「だるま」の会の皆さん。来月で100回目を数えます。新橋の飲み屋「だるま」で七転び八起きを期していたことから名前がついたそうです。

今回の司会をして下さった藤間修さんは、主人の東京商船大学27期生の友人で東海汽船(株)の経営企画室の部長さん。この会の企画、連絡、会場との連絡、素晴らしい司会に至まで、様々なお世話をしてくださった藤間さんです。

思い起こせば、私達夫婦の28年前の結婚式。披露宴の司会をしてくださったのは、主人の大学の同期の藤間修さんと徳永政男さん。
人生の前半と後半における大切なオープニングセレモニーの両方に関わってくださるとは、なんと幸せ!なんと偶然!(必然?)たくさんの感謝の気持でいっぱいです!

皆さん、本当に素晴らしい方々です。

こんなに多くの素晴らしい方々が、退職した主人の第二の人生を心から祝ってくださるなんて、昇さんは本当に幸せ者です。そしてこれからの人生、幸せ者の昇さんと共に歩んでいくことのできる私は、素敵な皆さんの仲間になれることが、とても嬉しく、幸せに感じています。

歓送会・寄せ書き 歓送会・八丈島の花束

歓送会記念品・ロープノットの額      歓送会記念品・天体望遠鏡

ロープノットの額 ロープノット・バブルフィシャーマンノット

尽きる事の無い歓談の中、「うちだ」の看板娘・武蔵野音楽大学生美女4人によるフルート演奏。。。
疲れた心を癒し、和ますメロディが流れます。
そして、皆さんからの素晴らしい記念品贈呈。

北海道の星の輝きを観察する天体望遠鏡(主人に似て、太くて短い形。。。)
そして、ロープノットの額。。。その結び目は、ロープ同士を結合させて結び合うバブルフィシャーマンノット。。。そこに刻まれた「Pride & Dignity」(誇りと品格)という文字。。。

船乗りにとって、ロープワークは、切り離す事のできない大切な仕事。
このロープノットは、決して解けることのない固い結び目、すべてのものを結び合うかけがえのない絆。。。それは、友の絆、家族の絆、夫婦の絆、宇宙に存在するもののすべての絆。。。その絆を結び合う友の一人一人の中に存在する「誇りと品格」。。。なんて意味深い素敵な言葉たち。。。

皆さんの宝石のようにキラキラと輝いた言葉たちが綴られたメッセージカード。。。

歓送会@東京ヴァンテアンクルーズ
サンセットクルーズ・ヴァンテアンの前で全員集合  写真:安達良平さん

さらに、残念にも参加ができなかった夫婦の友人、大野寿典さんからの夢のようなプレゼント。。。大野さん作詞作曲による「この愛に生きて」と題するラブソング。。。素敵なメッセージとともに、心溶かすような甘美な歌声が、会場いっぱいに響き渡ります。心は、言葉に表すことのできない程の感謝の気持でいっぱいになり、熱いものがこみ上げてきました。



「この愛に生きて」 作詞・作曲:大野寿典

 Love いつまでも 変わらない この想いを
 Love どうしても 伝えたい 光に乗せ

 遠く離れていても 感じ合う
 二人の想い 今この時に結ばれ

 こよい 世界にひびく このウエディングベル
 あふれる喜びを乗せて
 二人で奏でる このウエディングベル
 光のシャワーを浴びながら


そしてさらに幸せなことに、華麗な、見事なバースデーフラワーのプレゼント。。。藤間さんが八丈島から取り寄せてくださいました。この日5月29日は、私の誕生日、しかも今年は満月のバースデー。

この世に生命を授けてくださった両親に深く感謝し、沢山の気付きを与えてくれた子供達に広く感謝し、今まで支え、そして、これからの人生を共に歩んでいく主人に心から感謝することのできる尊い日。

この日をこんなに素晴らしい皆さんと出会い、共に過ごすことができたことは、最高にハッピーなハッピーなバースデーとなりました。


今ここに光輝く友情の輪、

永遠に解けることのない友情の絆、

これからの人生を仲良く共に歩んでいく私達夫婦にとってのかけがえのない宝物です。

「ありがとう」の言葉を何度重ねても尽きることのない感謝の気持をこめて

      ありがとうございます!!!

 いくこ&のぼる
『夫婦でありがとうといえる 幸せマネージメント』太田空真さんの新刊書発売! [2007年04月27日(Fri)]
太田空真さまの新刊書『夫婦でありがとうといえる 幸せマネージメント』が4月25日、ついに発売されました。!!!おめでとうございます。そして、心よりお祝い申し上げます。



その本には、4月に訪れた「奈良 飛鳥の旅」に参加したご夫婦を含め、6組の夫婦のそれぞれ歩んできた人生模様が描かれています。それは、空真さまの不思議な言葉の誘導により、過去・現在、そして未来へと続く幸せの道へと、導かれていきます。

幸せの道へと導かれる一つの方法として、「ふたりで書き込む人生チャート」があります。私たち夫婦もこのチャートに挑戦しました。

懐かしく昔を思いだしたり、未来を想像したり、お互いの性格などを見つめあいながら、いままで、こんなに真剣に主人のことをじっくりと考えたことがなかったように思います。
結婚25年という歳月が流れていたのに、自分の心の中で、考えていたこと、想っていたことを、主人が理解できる言葉として、伝えていなかったことに気がつきました。なんとなく、お互い理解できなくてもしょうがないと諦めていました。

しかし、こうして、自分自身のこと、そして、主人のこのなど、二人でむきあって、じっくりと話し合って、言葉にしていくうちに、いままで見えていなかったものがだんだん見えてきました。
そして、自分自身が主人の想いに気づき、逆に主人が私の想いに気づいてくれたことは、とても嬉しいことでした。

これから二人一緒に歩んでいく人生を思い描いていくことによって、二人の楽しみに対する考え方が、少しずつ近づいていき、想像すらしたこともないような未来が広がってきました。
そして、二人で想像したことによって、必ず、それは、一人で想っていた時よりも確実に、実現へと導かれていくのではないかと私は思います。

その未来を想像する時、お互いの好きなことを尊重し合いながらも、二人でできる楽しみを、あれやこれやと考えていました。 これからの人生、二人の子どもが独立して、それぞれの道を歩みはじめたら、本当に、二人だけの人生を思いっきり楽しんでいかなくては・・・

プロローグにある、空真さまの好きなジョン・レノンの「イマジン」・・・"Imagine"・・・本当に素敵な言葉・・・想像することは、人間が神様から与えられた最高の贈り物・・・一人で想像するより二人で、二人で想像するより三人で、それらは、お互い共鳴し合い、世界がひとつに、そして、地球がひとつになって、その想いは、宇宙へと広がっていく・・・・

この本には、幸福の道しるべとなる空真さまの言葉が、宝石のようにきらきらと散りばめられています。

そのたくさんの宝石のような言葉のなかで、私の好きな言葉は、

「好い加減」とは、「自分の好みの湯加減」で人生を楽しむことである。

完璧を求めない、完璧でない妻が、定年後の夫をささえる。

美しい会話をする夫婦には未来がある。

笑顔がある夫婦には、健康がある。


これらの言葉の中には、余分な力を抜いて、ゆったりとした気持ちで、相手を思いやる心が潜んでいます。

「好い加減」、「完璧を求めない」という心には、良いところも悪いところもすべて含めて、相手を、あるがままに受け入れようとする心が感じられます。

また、美しい会話、笑顔には、感謝する気持ち、“ありがとう”の心が込められています。

この本の中に登場するご夫婦は、それぞれ実に個性のある素敵な人生を共に歩んでいらっしゃいます。しかし、どのご夫婦にも感じられるもの、それは、お互いを感謝する気持ち、そして、”ありがとう”の心です。これらの心が共鳴しあい、引き付けあって、この本が生まれたように思います。
だからこそ、この本を手にした人は皆、幸せの道へと導かれていくような気がします。

みんなが、幸せになれる本『夫婦でありがとうといえる 幸せマネージメント』は、わたしの一生の宝物です。
そして、ここまで導いてくださった尊敬すべき空真さまに、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。

この本のお陰で、ますます昇さんへの感謝の気持ちが募る
     ひめ より
久米信行さんの『ブログ道』を読んでいます。 [2007年01月11日(Thu)]
今日は、底冷えのする寒い一日となりました。

通勤の電車の中で、久米信行さんの「ブログ道」を読んでいます。

ブログをはじめた私に、主人がそっと渡してくれました。そのやさしさに感謝です。

そこには、ブロク道の素晴らしさが、限りなく語られています。

ブログ道は、毎日、自分自身と向かい合う道
ブログ道は、一日一日を濃密に生きる道
ブログ道は、日々、新たな生き方を目指す道

そして、ブログ道は、「天」「地」「人」に繋がる道
「天命」 「地の利」そして「人の和」をも示してくれる道

                                                       それは、一本の細い道が、緻密に交差し合い、太く、広く、さらには、宇宙の彼方へと向かっていきそうなくらいの、限りない無限の可能性が秘められています。

読めば読むほど、久米さんの素晴らしい思想が込められていて、また、久米さんの偉大なお人柄が表れていて、あたかも、そこで仏様が語られていらっしゃるかのような、穏やか、やさしい気持ちになり、心があたたかくなります。

技術的なものは、少しずつ、学んでいくとして、まずは、肩の力を抜いて、日々の生活をあるがままに受け止め、自然のゆるぎに身を委ね、ゆっくりと進んでいくつもりです。

自然の花鳥風月に目を向け、広くアンテナをはり、社会の動きに耳を傾け、五感で人生を味わっていく。さらに、縁によって、人と人とがふれあい、支えあって、生きていく・・・・・

ブログ道とは、まさしくも、人生を楽しく、豊かにしていくものなのですね。

これから、もっと、もっと、学んで、楽しくブログ道を歩んで行こうと思います。

久米さん、素晴らしい教えを、ありがとうございます。

 ブログ道に燃えている、
    ひめ より