CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ◆北海道北竜町 | Main | ┠ 素敵な人々»
◆ プロフィール

寺内郁子さんの画像
ハワイ・マウイ島での銀婚式
2008年9月

<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

北竜町の雪景色
紹介ビデオ(3分)2011年3月

北海道北竜町の
冬から初夏の自然(2010年)

ブログ内の記事に関する
 検索はこちらから▼
Google 
◆ 最近の記事
◆ カテゴリー
◆ リンク集

◆ 月別
http://blog.canpan.info/iku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iku/index2_0.xml
祝!長谷川満さん、美香さんご夫妻のご結婚お祝い!「WAZA 銀座」にての会食に幸福感満載! [2009年06月26日(Fri)]
「Real Tokyo Dininng Waza 銀座」にて、長谷川満さん、美香さんご夫婦と私達夫婦4人で、素敵なDinarを味わいました。銀座ミキモト・ギンザ2・ビル7Fに位置する「Waza 銀座」は、野菜ソムリエ認定レストランです。




長谷川満さん、美香さんご夫妻は、実に爽やかな素敵なカップルです。


満さんは、「誠実」と言う名の決してぶれることのない、しっかりとした一本の心の柱を持っていらっしゃいます。美香さんは、満さんの「真の誠実さ」をしっかりと受け止め、感じ取って、
マリアさまのような大きな暖かい愛で甘く、優しく、ふんわりと包んでいらっしゃいます。

お二人を取り巻く穏やかさ、柔らかさが伝わってきて、こちらまで幸せいっぱいになってしまいました。愛の素晴らしさを実感したひとときでした。

ありがとうございました。

今日のディナーコースは、新鮮野菜たっぷりのメニューです。

料理長おすすめの季節野菜の前菜




 
季節野菜のムース
 




女性に大人気の野菜のチーズフォンデュ


とろけるようなチーズの優しさ、まろやかさに、
お口の中も、心の中もトロトロ・・・

主菜の日向豚の炭火焼き、
いわい鶏の炭火焼き、
新鮮魚の炭火焼きたちが、勢ぞろい。。。
炭火焼きの香ばしさが、ほのかに香って、
幸せいっぱい・・・

さらに、元気野菜たっぷりパスタ。。。

そして、最後を飾るのは、パティシエ特製デザート

その甘いデザートにも勝るお二人の甘〜い甘〜い会話の数々ドキドキ大ドキドキ小ドキドキ大

本当にご馳走様ラブ  

心もお腹も幸せいっぱい乾杯

今年、7月7日、満月の七夕の夜は

素敵な素敵な記念すべき

長谷川ご夫婦の結婚記念日、

満月のフルパワーをいっぱいに浴びて、

7&7、ダブルレインボーカラーの

ミラクルパワーが最大に炸裂する夜、

この日の幸せは、過去から繋がり、

未来へと発信していく極上の幸福。。。

このお二人の幸せが、無限の「愛の星の輝き」となって、

宇宙いっぱいに、降り注がれますように・・・



  長谷川満さん、美香さんご夫妻、おしあわせにドキドキ大


ご結婚、おめでとうございます。

  永遠のお幸福を
  
     心よりお祝いし、お祈りいたしております。


いくこ 合掌
銀座「KANSEI」にてのバースデーディナーに感動 [2009年05月30日(Sat)]
5月29日、銀座「Kansei(カンセイ)にて、主人とふたり、感動的なバースデーディナーを味わいました。

GINZA 「カンセイ」は、銀座、西五番街に位置する隠れ家的レストランであり、野菜ソムリエ認定レストランです。



シェフの坂田幹靖氏は、優しさと素敵な笑顔に満ち溢れた素敵な方です。岩手の食材のことや、料理方法など、いろいろとお話してくださり、素晴らしいお料理の数々に愛情をたっぷりと注いでくださいました。


76年より『山の上ホテル』に勤務。81年にフランスへ渡り、パリの『ジャック・カーニャ』で修行を積む。帰国後同ホテルに復職。85年、銀座『レザンドール』のシェフに就任。90年に独立し『KANSEI』をオープン。04年に銀座店オープン。


まず、フランス産ホワイトアスパラガスのポタージュ・・・アスパラの香りが口の中に広がり、なんとも言えない不思議な味わいです。

そして、静岡県産高糖度トマトのキャビア添えパルフェは、トマトの甘さとドレッシングのオリーブオイルとが絶妙にマッチして、素敵なハーモニーを奏でています。


さらにフランス産ホワイトアスパラガスのソテー・ソース・オランデーズ・・・オーブンで焼いたアスパラのシャキットした歯ごたえが忘れられない味わいです。


岩手県産原木しいたけのわさび添えは、たっぷりと染み込んだ味わいとやわらかさが、あわびを思わせるような、魅力的な食感でした。

南伊豆産伊勢海老のソース・アメリケーヌ・・・「Wonderful!!!」


そして、新鮮なお魚のソテー&人参のピューレ・・・人参本来の優しい甘さで癒されました。

エンディングを飾るデザートたち&豊潤な香りのハーブティー・・・ちいさな、ちいさなプチフールが、なんともかわいかったです。

心もお腹も、幸せでいっぱい、至福のひとときでした。

素敵な坂田シェフ、たくさんお話してくださったスタッフの方、



極上のひとときを、本当にありがとうございました。

素晴らしい美味しさと命を与えてくださった野菜たちに心から感謝です。

そして、この世に命を授けてくださった両親に、

人生を共に歩んでいくだんなさま、そして子供たちに、

心から愛と尊敬と感謝をこめて・・・

ありがとうございます。


いくこ 合掌
フードセラピー カフェ マナにて、野菜料理満喫! [2008年10月27日(Mon)]
フードセラピーカフェ”マナ”にて、旬の美味しい野菜料理を満喫してきました。



2007年11月にオープンしたこのお店は、ジュニアマイスター(日本ベジタブル&フルーツマイスター協会)の講座でご一緒させていただいたお友達が働いていらっしゃるということで、ご紹介をうけました。

お店の場所は、港区虎ノ門3に位置し、このあたりは、外資系企業の密集地となっているので、近隣で働く、健康意識の高い人々の大人気になりそうな予感・・・

「フードセラピーカフェ」と称しているだけあって、店内の家庭的な雰囲気が漂い、スタッフの方々との暖かい会話に包まれ、ゆったりと落ち着いて食事の時間を過ごすことができました。

野菜たちへの想いが込められた優しい言葉と共に、旬の新鮮な野菜たちが、真心こめて、大切に、丁寧に料理され、五感にビンビン響くほど、美味しさを表し、その素晴らしさを私達にしっかりと伝えてくださいました。

私達(主人、息子、私の三人)は、シェフお薦め、野菜中心お任せコースを戴きました。









一品、一品に真心が込められていて、

それぞれの野菜の個性がしっかりと主張され、

ひとつひとつのおいしさが、

素敵なハーモニーを醸し出して、

五感をくすぐり、極上の味わい・・・

思いやりいっぱいのお母さんの味・・・

ご馳走様でした、乾杯本当においしかったです。

ありがとうございます。。。合掌  いくこ
野菜レストラン「農家の台所」の野菜たちに感動! [2007年05月26日(Sat)]
昨日、Rayさん(地球探検隊の中村隊長の奥様)のブログでご紹介があった、野菜のレストラン「農家の台所」に行ってきました。

国立駅南口から徒歩5分、大学通りをまっすぐ、スターバックスを通りすぎ、モスバーガーのすこし先、壁から突き出し、大根が目印です。ポポロビル南館3階。斜め前には、紀伊国屋があります。


私の実家が小金井で、両親は、国立の紀伊国屋によく買い物をすることもあり、国立は、馴染みの場所・・・父、母、姉を引き連れて、4人で行ってきました。

この「農家の台所」は、元ソフト・オン・デマンド社長の高橋がなり氏プロデュースの国立ファーム直営レストラン。  “ものづくり”という観点で農業を見直し、野菜と生産者の顔が確実に見える信頼性の高い経営、さらに、消費者に野菜の素晴らしさ、奥深さを体験することのできるレストラン。

「王様のブランチ」やNHKなど、テレビで紹介されたこともあって、お店の前は、行列ができていました。その廊下の壁一面には、選挙ポスターさながら、契約農家の方々の顔写真ポスターが紹介されています。 まさに、ものづくり職人の熱い意気込みが感じられました。



待つこと30分・・・お腹もグーグー鳴り出したころ、待ちに待った順番がまわってきました。テーブルは、掘り炬燵式・・・内装も田舎の農家を思わせるようなレトロな雰囲気・・・サラダバーの台所は、井戸や土間さながらの造り・・・中央では、「トロ箱栽培」の野菜たちが、眩いばかりの新鮮な輝きを放っている。



この「トロ箱野菜」は、発砲スチロールの箱の中で、収穫直前の状態まで大切に育てられた野菜たち。自宅用に1箱1500円〜の販売となっており、今、一番の人気者が、ミニキャベツやミニカリフラワーだそうです。どの野菜たちも、みな活き活きとした力強さがビンビン伝わってくるようでした。



メニューは、もちろん野菜が主役。すべてのコース料理に朝採り地場野菜が使われているとのこと。  今日いただいたランチは、余り野菜の日替わりランチ(味噌味の豚肉入り野菜炒め)、天ぷら定食(野菜5種、きのこ1種、海老の天ぷら)、黒米ごはん、お味噌汁、漬物、そして、おかわり自由のサラダバー付きです。





そして、野菜ジュースに、デザートもいただきました。グラス
野菜ジュースは、何種類もあり、迷ってしまうほど・・・生産者の方々の名前のついたジュース・・・ニイクラファームジュース、陽子ファームジュース、村悟空ジュースなどなど、工夫をこらし、それぞれの野菜のうまみがミックスされ、優しい味わいが醸し出されていました。

デザートは、いちごの香り満載のいちごの杏仁豆腐、いちごアイスクリームをいただき、ほんとに、どれもこれも美味しかったです。ご馳走さま拍手  合掌

帰り際、通風でお肉しか食べない父が、お店のスタッフの方に、
 「いつもは、野菜を食べないのに、今日はとてもおいしかったよ、ありがとう!」
と声を掛けるほど、本当に心もお腹も大満足したようでした。

こんなに素敵なお店を紹介してくださったRayさんに心から感謝している

   ひめ より
にしん蕎麦に舌鼓!!! [2007年02月09日(Fri)]

今日は、なんだかどんよりと曇っていて、肌寒い一日となりました。
こんな日には、あたたかいお蕎麦を・・・
今日は、なんと「にしん蕎麦」です。尊敬するくうしんさまよりいただいた「にしんの甘露煮」をお蕎麦とともにいただきいました。
まぁ〜なんともおいしいにしん蕎麦・・・(にしんが大きくて、器から、ピョンピョン飛び跳ねています。)



京都旅行の弁天茶屋でいただいたにしん蕎麦を思い出しながら・・・
そして、京都で買った、「七味家」の七味とうがらしをふりかけて・・・ぴりっと一味、ひきしめて・・
今が旬の菜の花のおひたしを添えて・・・うぅ〜ん春のいい香り・・・
おまけに、黒豆も一緒に・・・ほんのり甘さがたまりません・・
おいしくて、おいしくて、心も体もあたたまりました。
ご馳走さまでした。合掌

黒豆と言えば、くうしんさまに紹介していただいた「丹波篠山いのうえ黒豆農園」の黒豆は最高です。
「黒豆に命をかけている」という情熱的な店主、井上敬介さんの販売する黒豆は、丹波篠山産の黒豆。粒が大きく、みごとな味わい。この土地で、古くから良質の黒大豆が栽培されてきたのは、粘土質の土壌と昼夜の激しい温度差が好条件となっているからとのこと。

お正月に、黒豆新聞に掲載されたレシピを参考にして、愛情たっぷり振りかけながら、じっくり、ゆっくり煮込んでみました。
実においしかったこと、それは、黒真珠のように艶やかで、ふっくらと柔らかく、かつて味わったことのないようなおいしさでした。

さらに、感動的なものが、「飲む黒豆(黒豆の煮汁)」です。
黒豆には、イソフラボン、アントシアニン、サポニン、レシチンなどの栄養素が含まれているために、せきやのどの治療に良いとされているので、最近、セキで苦しんでいた母に、この「飲む黒豆」を贈ったところ、がんこだったセキがとまったという嬉しい知らせが舞い込んできました。

この素晴らしい効き目に感動した母は、気管支炎や喘息を患っていらっしゃる方に次々とお裾分け。定期購入しているにもかかわらず、追加注文しています。黒豆さま、ありがたや、ありがたやです.

今日は、にしんさま、黒豆さま、そして菜の花さまに、たくさんの生命のパワー、元気パワーをいただきました。

ありがとうございます。   合掌

至福の味わいに、感謝、感激の
    ひめ より