CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年01月 | Main | 2013年03月»
<< 2013年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
インタープリテーションについての講義(2) [2013年02月19日(Tue)]
昨日の記事に引き続き、2月16日(土)に実施したインタープリテーションについての講義の様子について、お伝えします。

講義の前半では、ガイダンス、インストラクション、インタープリテーション、ファシリテーションそれぞれの違いについてを、体験を通じて比較しながら学習しました。インタープリテーションが何であるかを学んだところで、いよいよインタープリテーションにより具体的にテーマを伝える方法について学びます。
次のプログラムはテーマを伝えることの大変さと楽しさを、人間ファックスというユニークなゲームで学びました。

人間ファックス

00ブログ用インプリ_021967.JPG

受講生を2つのグループに分けて、各グループの代表が伝達者となって、1枚の絵の内容をグループ内の他の受講生に伝えます。受講生は絵を見ることは出来ず、代表者の言葉による情報のみをヒントに、絵を完成させます。絵の内容を伝える代表者を送信、情報を受け取って絵を再現する受講生を受信に見立てたことから、「人間ファックス」というプログラム名がついているようです。
題材となった絵は雪だるまなど、至ってシンプルな絵ばかりですが、それを口頭のみで伝えるのは簡単ではありません。同じ絵を再現している筈なのに、送信者と受信者の個性がくっきり分かれ、完成する絵はどれも細部が微妙に異なってしまいます。私達は、見て伝えることの難しさと面白さを楽しみながら体験しました。
このプログラムについて木谷氏は、「聞いたことは忘れる、でも見たことは思い出す、体験したことは理解する、発見したことは身につく」と説明して下さいました。私達が伝えたいことと、実際に相手に伝わる内容は異なります。それを伝える為に、体験が必要、ということを、体験を通じて非常に深く理解出来たのではないかと思います。
この後、少しの休憩を挟んだ後、更にインタープリテーションについて体験をしました。


プログラム体験:

休憩終了後、ドングリ体操をしました。腕の動かし方の説明がドングリから樹木に育つまでの流れに模したものとなっていて、椅子に座ったままで背筋を伸ばしながら、樹木のことを学習出来る体操になっているようです。児童相手に森林のことを説明するには、言葉で説明するよりもこうした体を動かつつの体験はとても伝わりやすいでしょう。児童を対象にしたプログラム経験の豊富な木谷氏が得意とする分野のようです。

00ブログ後編用_02193.JPG

劇・ごちそうはどこだ:

今回の講義の為にご一緒して下さった、奥様の木谷あけみ氏と一緒に、簡単な劇を見せて下さいました。リスと樹木との掛け合いによって、リスと森の関係についてわかりやすく伝えます。冬に備えてリスは秋にドングリを集めて貯めますが、同時にリスがドングリを運ぶことにより、リスはドングリの分散を助けます。リスが食べきれなかったドングリは芽吹いて、新たな木に育つ、というわけです。
尚、この劇は季節に応じた何通りかのパターンがあるようです。今回見せて頂いた冬バージョンは、新作だったそうです。

この劇を見て、今度は私達がリスになったつもりでドングリ隠しをしました。2つのチームに分かれ、2つの部屋を使いドングリを隠し、互いに相手チームのドングリの隠し場所を探し合いました。これが、大の大人でも隠すこと、更に相手チームのドングリを見つけ出すことに夢中になってしまいます。最終的に隠し合いをした全てのドングリが見つかりましたが、もしリスが全部のドングリを回収してしまうと、芽吹いて新しく育つ木がなくなってしまうだろうということを木谷氏が説明して下さいました。
こうして、木とリスとの共生関係を、体験を通じて楽しみながら学習することが出来ました。

私は誰でしょう:

代表者1人が動物役となり前に出ます。しかし、動物役は自分が何の動物であるかを知らされません。そこで、他の参加者に質問をして、自分が何という動物であるかを当てるというクイズです。尚、質問への答えは、はい、いいえのみです。限られた質問方法で正解を探り当てることにより、その動物のことを体験を通じてより深く理解出来る、というのがこのプログラムの狙いです。

00アクセサリー.JPG
00ブログ後編用_02205.JPG

ふりかえり

他にこの日は、伸びる絵本、暦クイズ、おまけのクラフト体験などを実施しました。楽しみながら多くのプログラムを体験しましたが、更に何を学んだかを再確認(ふりかえり)して、それを参加者で共有(分かち合い)することにより、インタープリテーションの目的を果たすことが出来ます。受講生からは、様々な感想が挙がりました。

・それぞれのプログラムは楽しみつつも、しっかりとした目的がそこにあった。明確な目的なしでは、ただのガイドに終わってしまうことを実感した。
・(いきものマイスターは能登の里山の生物多様性を伝えることを目的とするが)自分は伝えるだけではなく、自分自身もプレイヤーの1人でありたい。しかし、同時に話題の提供もしていきたい。
・自分が楽しむことと、相手を楽しませること、両方が大事だと感じた。
・この日のインタープリテーション体験では、写真、絵、劇、絵本、暦の知識など、色々な技術が用いられていた。今回のように多彩なプログラムを実行する為にも、色んな技術を身につけたい。他に、良いと思えるものは真似て自分のものにしていきたい。

木谷氏はいしかわ自然学校のインストラクター養成課程では、良いものは何でも真似た方が良いとお話されています。木谷氏がこの日に見せて下さったプログラムも、今まで自分が見たプログラムの良い所をアレンジして自分なりに作り替えたものだそうです。
最後に、この日の講義のまとめ及び、木谷氏への質問時間を取って、この日の講義を終了しました。お忙しい中、この日の講義の為に金沢から珠洲までお越し頂いた木谷氏に、この場で改めてお礼させて頂きたいと思います。
インタープリテーションについての講義(1) [2013年02月19日(Tue)]
2013年2月16日(土)、いしかわ自然学校でインストラクターを務められる木谷一人氏をお招きして、インタープリテーションについての講義を実施しました。

いきものマイスターでは先進地視察として2012年11月24日・25日に長野県軽井沢町でエコツアー事業などを行うピッキオという団体を訪問し、ネイチャーツアーを体験し、スタッフによるインタープリテーションを体験しました。少々訊き慣れない言葉ですが、このインタープリテーションとは、自然・文化・歴史などをわかりやす人々に伝えると共に、その知識だけではなくその裏側にあるメッセージを伝える行為や技能を差します。今回の講義では、そのインタープリテーションを自分達で体験して学習します。

00ブログ用インプリ_021969.JPG

講師としてお招きした木谷一人氏は、いしかわ自然学校(石川県内における自然体験プログラムの実施・提供を行う団体)インストラクターを務められる他、いしかわ自然学校が人材育成の為に実施するインタープリターセミナー及びインストラクター養成課程の講師、金沢市夕日寺で森のようちえんの活動「森の子育てサロン」の案内、ネイチャーゲームの案内などの活動をされています。

今回の講義では、「インタープリテーションとは何かを知る。インタープリテーションの手法を体験する。自分のスタイルについて考える機会とする。」という目標が設定されました。講義についての概要説明と共に、受講生には講義のレジュメが配布されます。レジュメには記入欄が設けられており、受講生は「本日の講座で得たいもの、持ってかえりたいもの」という項目に各自の目標を書き込みます。

インタープリテーション概要:

概要説明の後に、体験を通じたインタープリテーションについての学習をしました。ここでは、混同されやすいガイダンス、インストラクション、インタープリテーション、ファシリテーションそれぞれを比較して体験します。

ガイダンス、インストラクション:

00ブログ用インプリ_021968.JPG

まず、木谷氏は「ふゆめがっしょうだん」という絵本を題材に、まるで動物の顔のようなユーモラスな冬芽を紹介して下さいました。絵本の中では、動物に見立てた冬芽の気持ちになったような言葉が綴られています。
冬芽を動物の顔に見立てる準備が出来たところで、次に用意された数枚の冬芽の写真を使い、受講生それぞれが冬芽の気持ちになったつもりで台詞を考えました。他の受講生は、その台詞がどの写真を示すのかを当てていきます。ある冬芽は山羊の顔に見立ててメエ〜という山羊の鳴き声がつけられました。人の顔・枝を人が手を振る様子に見立てられた写真には、「こっちだよ」と呼び掛けるような台詞がつけられました。
受講生各自によるユニークな台詞はどれも個性的ながら、写真の内容を上手に伝えるものでした。このように、見た目そのままを伝えることが、ガイダンス、インストラクションに相当します。では、インタープリテーションやファシリテーションは、どう違うのでしょうか?次の体験で学習します。

インタープリテーション:

00ブログ用インプリ_021971.JPG

新たに用意された写真を見て、受講生各自が思い出について語ります。花火の写真については夏の思い出、和太鼓の舞台についてはかつて自身で太鼓を叩いた思い出など、各自が写真だけでは伝わらない思いを語ります。冒頭で「自然・文化・歴史などをわかりやす人々に伝えると共に、その知識だけではなくその裏側にあるメッセージを伝える行為や技能」との説明をしたように、インタープリテーションとは、見たままだけではなく、その背景を伝えることが重要となります。私達が能登の自然を伝える時も、その自然の背景にある意義を伝えることがより重要となるでしょう。

ファシリテーション:

ファシリテーションとは、「会議、ミーティング等の場で、発言や参加を促したり、話の流れを整理したり、参加者の認識の一致を確認したりする行為で介入し、合意形成や相互理解をサポートすることにより、組織や参加者の活性化、協働を促進させる手法・技術・行為の総称。」と説明されています。
受講生はグループに分かれ、新たに用意された写真について語り合いました。ここでは、先に触れたガイダンス・インストラクションやインタープリテーションに加え、互いに意見を出し合うことにより、写真について抱いた感想や考えについての共有を行いました。このように、異なる意見同士を調整し合い参加者同士での協働活動という形でファシリテーションを体験するのが、ここでの狙いです。

ここまでのプログラムでは体験を通じて、ガイダンス、インストラクション、インタープリテーション、ファシリテーションについてを学びました。ここから先は、具体的にテーマを伝える方法について学習しました。ここから先の講義では、体験を通じたインタープリテーションにより具体的にテーマを伝える方法、および、この日の講義のふりかえりとまとめを行いました。今回の講義の続きについては、次回の記事で紹介させて頂きます。